美容のスペシャリストが教えるキレイ

ほうれい線に効くスキンケア方法や顔の体操!美容家に聞く改善法5つ

本日のキレイの先生

高木 亜佐香 先生

今回のテーマは、「ほうれい線」です。

京都府京都市下京区 痩身インドエステ・美肌エステ専門店 フェリーチェ の高木 亜佐香 先生にインタビューさせていただきました。

老けた印象を強めてしまうほうれい線は、大きく2段階に分けられ、まずはお肌の乾燥などによってシワが入り、それがたるみによって深い溝(みぞ)になっていくといいます。

そのため、ほうれい線のケアは、そのシワを作らせないことが大切になるそうです。

ほうれい線を改善するためのスキンケアのポイントや、顔のエクササイズの方法などを、高木先生に教えていただきました。

目次

ほうれい線の原因
・シワがたるみによって深いほうれい線に
・スキンケア方法や生活習慣がほうれい線の原因に

ほうれい線の改善方法
・スキンケアは化粧水からクリームまでの一連の流れで
・化粧水からクリームまでの一連の流れでお手入れを行う
・ほうれい線のシワを防ぐのにローションパックも有効
・頬骨を持ち上げる顔の体操もおすすめ
・ほうれい線にはインナービューティーも大事
・ほうれい線におすすめのサロンケアとは

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

ほうれい線の原因

高木先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「ほうれい線」です。

先生のサロンのお客様にも、ほうれい線を気にされている方はいらっしゃいますか?

はい、いらっしゃいますよ。

中には、20代でもほうれい線を気にされている方もいらっしゃいます。

ほうれい線が出ていると、見た目の印象も変わると思います。

そうですね、例えばご年配の人のお顔を描くとき、ほうれい線のところに線を入れ、目尻に線を入れて、おでこに線を入れ、口元に線を入れ、といったように、お顔に線を入れていくと思います。

そこからもわかるように、ほうれい線があることで、実際の年齢よりも高めにみられやすくなってしまいます

シワがたるみによって深いほうれい線に

ほうれい線は、何から起こるんですか?

ほうれい線の第一段階として、お肌の乾燥と年齢によるシワが入ります

それが、最初の老化のサインです。

それから老化が進むと、重力で頬のお肉が落ちてきてたるみが起こり、そのシワが入っているところが溝(みぞ)になって、深いほうれい線になります。

そうすると、ほうれい線は、大きく2段階に分けられるんですね。

はい、ですので、まずはシワを作らないようにすることが大事です。

ほうれい線は何から起こる?

1. 乾燥や年齢によるシワが入る
2. 老化が進むと重力で頬の肉が落ちてたるんでくる
3. シワが溝に広がって深いほうれい線になる

スキンケア方法や生活習慣がほうれい線の原因に

日々の生活習慣で、ほうれい線の原因になることはありますか?

まずは、スキンケアという点では、クレンジング・洗顔による影響があります

クレンジング料に含まれている界面活性剤(かいめんかっせいざい・本来混ざらない水分と油分を混ぜ合わせるための材料)は、例えると台所用洗剤と同じようなものです。

ですので、クレンジング料を、汚れを落とすだけの目的でお選びになっていると、お肌に負担をかけて老化を早めてしまいます。

そこから、お肌の乾燥やほうれい線につながる場合もあるんですね。

はい、ですので、クレンジング料は、お肌のことが考えられていて汚れも落としてくれるようなものをお選びになっていただきたいです。

それから、化粧水・美容液・乳液・クリームというスキンケアの一連の流れには、意味があります。

ただ、サロンのお客様にお聞きしても、お手入れを化粧水と乳液で終わらせている方もいらっしゃいます。

中には、化粧水だけしかお使いになっていない方もいらっしゃいます。

そうしてスキンケアの一連の工程をこなせていないと、お肌の乾燥を招きやすくなります。

後は、体内で活性酸素の量が増えると、老化を早めてしまい、それもほうれい線の原因になります。

それは、食事による影響もありますし、タバコ・ストレス・寝不足・お酒の飲みすぎなども良くありません。

その中でも特に大きな要因が、食生活です

バランスの悪い食生活は、老化を早めます。

例えば、コンビニで食事を済ましたり、スナック菓子やチョコレートをたくさん摂ったりして、添加物の多い食生活を送っていると、体内で活性酸素の発生量も多くなるので気を付けていただきたいです。

後は、筋肉は、動かしていないと衰えてきます。

それは、お顔の筋肉にもいえることで、無表情でいることが多かったりすると、お顔の筋肉は衰えが早くなりますし、硬くもなります

そういったことも、お顔のたるみやほうれい線につながります。

ほうれい線の改善方法

スキンケアは化粧水からクリームまでの一連の流れで

ほうれい線を改善するには、どうしたらいいですか?

いちばん大切なのは、ほうれい線の最初の段階になるシワを作らないように努力することです。

シワはお肌の乾燥からも起こるとのことでしたら、スキンケアでの保湿も大切になりそうですね。

はい、もちろんです。

それは、普段のお手入れでは、どんなことを意識するといいですか?

まずは、クレンジング・洗顔の後は、自然の膜(水分と油分で出来た保護膜で肌のバリア機能の役割がある)を作るまでに5~10分かかり、その状態のままにしておくと、その間に肌トラブルを起こす可能性もあります。

ですので、洗顔後はすぐにスキンケア化粧品を付けていただきたいです。

それは、化粧水でもいいですが、洗顔後はお肌に栄養を与える必要がありますので、まず美容液を付けていただくのもおすすめです。

その順番は、お使いの商品の使用方法に従ってください。

そして、化粧水だけを付けても、水分は揮発(きはつ・液体が気体に変化すること)してしまうので、お肌のうるおいは持続しません。

お肌には、水分だけではなく油分も必要です

その水分と油分のバランスを整えるのに、次は乳液を塗ります

そして最後に、クリームを塗ってふたをしてスキンケアを仕上げます

そうして、お肌の水分と油分のバランスを整えることで、うるおいが長く保てるようになります。

ほうれい線の改善方法

(スキンケアでの保湿)
1. クレンジング・洗顔
2. 美容液(洗顔後の肌に栄養を与える)
3. 化粧水(洗顔後の肌に水分を与える)
4. 乳液(肌の水分と油分のバランスを整える)
5. クリーム(スキンケアのふたをする)

* 基本的には各化粧品の使用方法に従う

ほうれい線のシワを防ぐのにローションパックも有効

ちなみに、スキンケア化粧品の付け方でポイントはありますか?

例えば化粧水でしたら、いちばん理想的なのは、コットンで何度も何度も優しく叩いて入れてあげることです。

最低でも、30秒から1分はそれを行っていただきたいです。

その手間を省けるのが、シートパックです

もしくは、コットンに化粧水を含ませてお顔にペタペタと貼るのもいいですね。

ローションパック(化粧水をパックで付けること)ですね。

はい、それで、パックだけではすぐ乾燥してしまいますので、その上からサランラップをかぶせてあげるのもいいですよ。

それによって、お肌にたっぷりと水分補給ができるようになります。

シートパックやコットンパックは毎日ではなくても、時々スペシャルケアとして行っていただくだけでも有効です。

それで、お肌はうるおってくすみも取れますし、毛穴も小さくなりますよ。

頬骨を持ち上げる顔の体操もおすすめ

ほうれい線を改善するのに、おすすめのセルフケアはありますか?

年齢を重ねると、頬骨も下のほうに落ちていきます。

それによって、お肉も下がって、ほうれい線が出やすくなります。

ですので、頬骨をグッと持ち上げるようなお顔の体操もおすすめです

それは、どんな体操なんですか?

まずは、手をグーにして4指の第二関節を、頬骨の下のところに差し込むように当てます

そして、そのまま上のほうにグッと持ち上げます

これは、下がった頬骨を元の位置に戻すためのお顔の体操で、頬骨がずれている状態ですと痛みがありますが、元の位置に戻ってくると痛みもなくなってきます。

ほうれい線の改善方法

(頬骨を持ち上げる顔の体操)
1. 手をグーにして4指の第二関節を、頬骨の下のところに差し込むように当てる
2. そのまま上のほうにグッと持ち上げる

ほうれい線にはインナービューティーも大事

ほうれい線を改善するのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

私は、美肌は、スキンケアが2割・インナービューティーが8割だと考えています。

ほうれい線へのハリケアに、コラーゲン配合のスキンケア化粧品を塗ることも良いですが、人間の身体は食べたもので作られていますので、口から栄養を摂取することも大事です

それは、コラーゲン自体を摂取してもいいですし、コラーゲン生成に関わる栄養を摂るのもおすすめです。

特に、皮膚を作るにはアミノ酸が必要ですので、タンパク質をしっかり摂っていただきたいです。

それに、身体の中でタンパク質とビタミンCが一緒になると、コラーゲンを生成してくれるので、ビタミンCもセットで摂りたいです。

それによって、お肌も内側からハリが出てきて、キメも細かくなりますよ。

ちなみに、動物性のタンパク質を摂りすぎると、脂質(ししつ)の摂りすぎにもつながります。

ですので、大豆などの植物性のタンパク質を摂ることがおすすめです。

ほうれい線におすすめのサロンケアとは

ちなみに、先生のサロンでは、ほうれい線にはどんな施術・ケアが効果的ですか?

当サロンのフェイシャルコースでは、クレンジングから始めて、ほうれい線・たるみ・シワ・乾燥などにトータルでアプローチしていきます。

それから、年齢とともに骨格も老化が進み、広がって下がってきます。

それを元の位置に戻すことも行っています。

その上で、お顔の筋肉を鍛えたりゆるめたりすることを、ハンドで行っていきます。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、ほうれい線の改善方法をまとめます。

1. 洗顔後すぐに美容液や化粧水を付ける
2. 化粧水はコットンで優しく叩いて付けたり、パックで付けたりするのがおすすめ
3. 化粧水の後は、乳液とクリームで肌の水分と油分のバランスを整える
4. 頬骨を持ち上げる顔の体操を行う
5. 口から栄養を摂る(コラーゲン自体を摂るのも良いし、コラーゲン生成に必要なタンパク質とビタミンCをセットで摂るのもおすすめ)

ほうれい線は、最初にお肌の乾燥からシワが入り、それがたるみによって溝になって深くなります。

そのため、そのシワを作らせないことや深くしないことが大切です。

ほうれい線が気になってきたときは、高木先生のアドバイスを参考にしてみてはいかがでしょうか?