美容のスペシャリストが教えるキレイ

ツボ押しで顔の引き締めにも!美容鍼灸師に聞く顔のたるみ改善法7つ

本日のキレイの先生

筆保 理加 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「顔の引き締め」です。

京都府京都市中京区 ほねつぎ賢心 鍼灸院 京美鍼 の筆保 理加 先生にインタビューさせていただきました。

顔を引き締めるには、ツボ押しもひとつの方法だといいます。

例えば、手の甲にある「合谷(ごうこく)」というツボは、顔の引き締めなどに有効だそうです。

顔を引き締める方法について、筆保先生に教えていただきました。

目次

顔のたるみの原因
・顔のたるみは何から起こる?

顔を引き締める方法
・顔のツボ押し
・エクササイズやマッサージなど
・生活習慣で心がけたいこと

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

顔のたるみの原因

筆保先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「顔の引き締め」です。

先生の鍼灸院のお客様にも、顔のたるみなどを気にされている方はいらっしゃいますか?

はい、いらっしゃいますよ。

以前までは、お顔のたるみを気にされているのは、40代以降のお客様に多かったのですが、最近では、20~30代のお客様にもそういった方が増えてきました。

特に出産後に、急激にお顔のたるみを感じてしまう方が多いように感じます。

出産後は、ホルモンバランスなども変化するといいますから、そういったことも関係しているのかもしれませんね。

顔のたるみで、見た目の印象はどう変わりますか?

例えば、特に目元のたるみは、お顔の印象が変わりやすいですよね。

たるみで、目が小さくみられてしまう場合もあります。

それから、たるみから小鼻の毛穴が大きくなったりして、メイクで隠すことも難しくなって、それで、お顔のたるみに気付かれる方もいらっしゃいます。

顔のたるみは何から起こる?

顔のたるみは、何から起こるんですか?

いちばんは、お顔の筋肉…表情筋(表情を形作る筋肉)の衰えです。

表情筋は、表情が豊かな方でも30%くらいしか使っていないといいます。

表情が豊かな人でもそれだけなんですか!?

はい、ですので、普段それほど表情筋を使えていない方は、筋肉が衰えて、たるみも起こりやすいです

それから、噛み癖が、お顔のたるみにつながる場合もあります

食べ物を噛むときの癖が左右どちらかに偏(かたよ)っていると、よく噛まないほうの筋肉が衰えて、それによってお顔がたるんできたりもします。

それから、年齢とともに、「コラーゲン」や「エラスチン」などのお肌の弾力を作る成分が減少することも、お顔のたるみに関係してきます。

ちなみに、それは、年齢だけではなく、紫外線のダメージによる影響も大きいです。

紫外線は、コラーゲンなどを破壊する作用があるといいますよね。

はい、それに、お顔の酸化にもつながりますね。

後は、姿勢の悪さが、お顔のたるみにつながる可能性もあります

どうして、姿勢が悪いと顔もたるむんですか?

姿勢が悪いと、血流も悪くなります。

そうすると、お顔のほうに、いい血液が行きづらくなります。

それによって、お顔のむくみの原因にもなります。

そして、そこからたるみも起こったりします。

それに、血流が悪くなっていると、お肌のターンオーバー(皮膚の新陳代謝)もうまく働きません。

それによって、お肌のたるみが出てくる場合もあります。

血流の悪化という点では、運動不足や睡眠不足にも気を付けていただきたいです

運動不足などは、全身の血行が低下する原因になりますので。

他には、偏った食事や、お化粧も落とし忘れなども、お顔には良くありません

お顔のたるみは、胃腸の働きも関係しているので、偏った食事は、その点でもマイナスです。

お化粧を落とし忘れて寝てしまうのは、ボロ雑巾をお顔に乗せているのと同じような状態です。

お顔に汚れがあると、お肌がしっかり生まれにくくなります。

そうすると、古い細胞がたまっていって、たるみの原因にもなります。

顔のたるみの原因

表情筋の衰え(普段あまり表情筋を使えていない、食事で左右片方ばかりで噛む癖がある、など)
肌の弾力成分の減少(加齢、紫外線ダメージ、など)
血流が悪く肌の代謝が低下する(姿勢が悪い、運動不足、睡眠不足、など)
胃腸の不調(偏った食事、など)
お化粧の落とし残し
など

顔を引き締める方法

先生は、美容鍼を行われていらっしゃいますが、鍼は、顔の引き締めにもいいんですか?

はい、有効ですよ。

どうして、鍼が、顔の引き締めにもなるんですか?

鍼を刺すことで、身体は「お肌が傷ついた」と認識します。

そうすると、人間の持っている自然治癒力…傷を治そうとする力が働いて、壊れた肌細胞を修復しようとします。

それによって、お肌の弾力成分などの分泌が促進されてお肌にハリが出ますし、血行も良くなります。

それに、衰えた筋肉に直接刺激することで、筋力アップにもつながります。

それから、先程、胃腸の状態からお顔のたるみにつながるとお話しましたが、お顔には胃腸のツボがたくさんあります。

そういったツボを刺激することで、胃腸の状態を整えることもでき、そういった点でも、お顔への鍼はたるみにもいいです。

鍼は、顔の引き締めに即効性があるんですか?

はい、かなりありますよ。

その場で効果を感じていただける方もいらっしゃいますし、その晩にひと休みされて、次の日にお顔の状態が良くなる方もいらっしゃいます。

顔のツボ押し

セルフケアで、顔を引き締めるのにやれることはありますか?

手には、お顔のツボがいくつかあります。

サロンのお客様には、そういったツボ押しもお伝えしています。

まずひとつは、「合谷(ごうこく)」です。

合谷は、お顔全体をキュッと引き締めてくれる役割があります。

ツボの場所は、親指と人差し指の骨の交わったところから、人差し指のほうをなでて、軽くへこんでいる場所にあります

それから、お顔のたるみや頬・顎(あご)に効くといわれているのが、「中渚(ちゅうしょう)」です。

中渚は、薬指と小指の間、手首のほうへなでたときにへこみのある場所にあります

そのあたりのツボは、お客様にもお伝えすることが多いです。

それは、それらのツボを押すだけでもいいんですか?

はい、押すだけでも大丈夫ですよ。

もしくは、お灸で温めてあげることもおすすめです

それによって、お顔にいい血液を送ることもできます。

エクササイズやマッサージなど

顔のマッサージやエクササイズで、引き締めにおすすめの方法はあるんですか?

お顔のたるみも、まずは肩回りの循環が良くならなければ、お顔は上がりません。

ですので、肩甲骨(けんこうこつ・背中側になる肩の骨)から大きく肩を回すストレッチなどもいいですよ。

それから、耳をギュッとつかんで引っ張るようなマッサージも、方法のひとつです

どうして、耳のマッサージが、顔の引き締めになるんですか?

耳にはお顔のツボが集まっています。

お顔のリフトアップのツボも耳たぶにありますので、そこを刺激してあげることで、お顔も上がりますよ。

後は、普段お使いの乳液やクリームを使って、鎖骨や脇の下を押すことも、お顔の引き締めにつながります

そこは、リンパ(体内の老廃物を回収して排出する器官)のポイントになる場所で、そこを流してあげることで、全身のめぐりを良くすることにもつながります。

生活習慣で心がけたいこと

顔を引き締めるのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

紫外線はたるみの原因になりますので、UVクリームなどできちんと紫外線対策を行っていただきたいです

それに、スキンケアでの保湿も大切です

それから、タバコ・飲酒・食品添加物は、できるだけ控えたいです

後は、食事はよく噛むように、お客様にもお伝えしています。

そのときも、右だけで左だけで噛むのではなく、左右差をなくすように両方で噛むようにするといいですよ。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、顔を引き締める方法をまとめます。

1. 「合谷」や「中渚」のツボを刺激する
2. 肩を大きく回すストレッチ
3. 耳をギュッとつかんで引っ張るマッサージ
4. 鎖骨や脇の下を押して、リンパの流れを良くする
5. 紫外線対策やスキンケアでの保湿
6. タバコ・飲酒・食品添加物はできるだけ控える
7. 食事は、噛み癖で左右差がないように、よく噛む

美容鍼は、顔の引き締めにも即効性があるといいます。

セルフケアで鍼を行うことは難しいかもしれませんが、ツボ押しでしたら手軽に行えます。

手のツボ押しは場所や時間を問わず行えますので、顔の引き締めにお試しになってみてはいかがでしょうか?

関連キーワード