美容のスペシャリストが教えるキレイ

顔の油を抑える方法!理想はツヤ肌!部分洗顔もおすすめ!プロに聞く

本日のキレイの先生

伊東 晃 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「顔の油を抑える方法」です。

東京都下北沢 プライベートサロン イルサローネ の伊東 晃 先生にインタビューさせていただきました。

顔の油が多いと、顔がテカって清潔感は減ってしまいますし、化粧ノリも悪くなります。

顔の油の顔を抑えるには、油を取ることよりも、いかにうるおいのあるお肌を作るか、ということが大切になるといいます。

それには、例えば、洗顔を顔全体で行うのではなく、部分的に行うこともおすすめだそうです。

顔の油を抑える方法を、伊東先生に教えていただきました。

目次

顔の油が増える原因
・間違ったスキンケアでも顔の油は増える
・生活習慣で原因になること

顔の油を抑えるには
・クレンジング・洗顔のポイント
・化粧水やクリームなどのポイント
・角質ケアも顔の油を抑えることに
・生活習慣で心がけたいこと

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

顔の油が増える原因

伊東先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「顔の油を抑える方法」です。

まずは、顔の油とは何ですか?

毛穴から出ている「皮脂(ひし)」ですね。

顔の油が多いと、どんな影響が出ますか?

元々、皮脂は、乾燥や外的刺激などからお肌を守るために出ているもので、悪いものではありません。

皮脂の役割

皮脂は、皮膚の表面で汗などの水分と混ざり合って天然の保護膜「皮脂膜(ひしまく)」を作ります。皮脂膜は、皮膚の水分が蒸発しないように防いだり、外部の刺激から皮膚を保護したりする働きがあります。

ただ、皮脂が過剰に分泌されると、毛穴に詰まりやすくなりますし、そこに雑菌が繁殖すると、ニキビの原因にもなります

それに、お肌がテカテカしたりギトギトしたりすると、清潔感がなくみえやすくなります

後は、顔の油多いと、化粧ノリも悪くなりますよね?

はい、それもありますね。

皮脂のバランスは本当に難しくて、皮脂の分泌量が少なくてお肌がカサカサしていても、皮脂が多すぎてテカテカしていても、きれいではありません。

目指したいのは、その間のツヤツヤ感です。

それには、皮脂のバランスがとても大事になります。

間違ったスキンケアでも顔の油は増える

顔の油が多いのは、肌質によるものなんですか?

もちろん、遺伝で、元々が脂性(あぶらしょう)の体質の方もいらっしゃいます。

ただ、生活習慣によっても、脂性になってしまう場合もあります。

それは、どういうことですか?

ひとつは、お肌の乾燥です。

お肌が乾燥していると、お肌は「うるおわせなきゃ」と皮脂の分泌が激しくなって、お顔の油が増えるケースがあります。

乾燥で油が増える?

クレンジング・洗顔で洗いすぎて、肌に必要な皮脂膜まで取りすぎてしまうと、皮膚の水分の蒸発を防ぐために、皮脂の分泌が増える場合もあります。

そうすると、普段のお手入れの方法によって、顔の油が増えることもありそうですね。

はい、例えば、普段のお手入れ化粧水が足りていないことも、原因になりますね。

それから、クレンジング・洗顔というところでいうと、お顔の汚れをきちんと落とせていないと、その汚れが毛穴に詰まってしまいますので、それによってもお顔の油は増えます。

逆に、ダブル洗顔(クレンジングと洗顔を行うこと)で洗いすぎることによっても、お肌は乾燥しやすくなりますので、皮脂が余計に出やすくなります。

ダブル洗顔は、そういった悪循環に陥(おちい)りやすいので気を付けていただきたいです。

後は、クリームを付けすぎることで毛穴が詰まり、それによって皮脂の分泌が増える場合もあります。

生活習慣で原因になること

日々の生活習慣で、顔の油が増える原因になることはありますか?

まずは、食生活です。

特に、油っぽい食べ物の食べすぎは、お顔の油に直結します。

例えば、焼き肉を食べた後は、お顔が油っぽくなったりすると思います。

そう言われると、たしかにそうですね…。

それから、睡眠などの生活リズムも、お顔の油の状態に関係してきますね。

後は、紫外線です。

紫外線は、お肌の乾燥にもつながります。

それに、お顔の油ではありませんが、紫外線はお肌の「コラーゲン・エラスチン(皮膚の弾力成分)」の組織を壊してしまいますので、お肌のたるみの原因にもなります。

顔の油を抑えるには

先生のサロンでは、顔の油を抑えるのに、どんな施術・ケアが効果的ですか?

お顔のトリートメント(施術)では、必ず「ローションパック(化粧水をパックで付けること)」をはさむようにしています。

ローションパックは、顔の油を抑えるのにもいいんですか?

はい、お肌のキメが整って、毛穴も締まりますので、油が浮きづらくなります。

お肌をリセットするようなイメージですね。

ですので、施術後は、化粧崩れもしにくくなりますよ。

後は、その方の肌質に合わせて、化粧品の種類を変えてケアさせていただいています。

クレンジング・洗顔のポイント

顔の油を抑えるのに、クレンジング・洗顔でのポイントはありますか?

クレンジング・洗顔で、皮脂を取りすぎると、かえって皮脂の分泌が増えることにつながります。

特に、洗浄力の高すぎるクレンジング料・洗顔料は、必要な皮脂まで取りすぎてしまいがちです。

例えば、拭き取りタイプのクレンジングなどは、拭くだけでメイク汚れが落とせますが、その分、洗浄力が強いのでお肌への刺激にもなります。

手軽なクレンジングは、イコール「必要なものまで取れやすい」ということです。

ですので、そういったものは、あまりおすすめしていません。

そういった点では、クレンジング料などは、できるだけ界面活性剤(かいめんかっせいざい)が少ないものがおすすめです。

界面活性剤について

界面活性剤は、本来混ざらない水分と油分を混ぜ合わせるための原料です。一般的に、クレンジング料・洗顔料は、界面活性剤が多いほど洗浄力も高いです。

顔の油が多くてテカテカしているときは、きれいに洗いたくなりますが、そういったときでも、洗浄力の強いクレンジング料などは避けたほうがいいんですか?

たしかに、そういったものは、お顔を洗ったその瞬間はすっきりしていいのですが、お顔の油っぽくないところまで洗浄されますので、お肌のバリア機能を壊してしまいやすいです。

中には、それがきっかけで肌トラブルになった方もいらっしゃいます。

ですので、例えば洗顔を、部分的に行うのもおすすめです。

鼻などTゾーンの油っぽい場所にだけ泡を置いて洗って、頬などには泡を置かないようにします

皮脂を落としたいところは泡洗顔を行い、皮脂を残したいところには泡を乗せないようにするんです。

なるほど、そうやれば、顔の油が多い場所は、きちんと洗うことができますし、それ以外の場所は、洗いすぎによる乾燥を防ぐことができます。

はい、特に乾燥肌の方は、洗顔石鹸で毎日お顔を洗っていると、洗いすぎになってお肌がカサカサになりやすいですので、そうやって部分的に洗顔を行うのもいいですよ。

顔の油を抑える方法

(洗顔)
・Tゾーン(鼻など):泡洗顔を行う
・頬など:泡洗顔を行わない

化粧水やクリームなどのポイント

ここまでの話をお聞きすると、顔の油を抑えるためには、スキンケアでの保湿も大事なんですよね?

はい、大切です。

スキンケアできちんと保湿するには、どうしたらいいですか?

保湿というと、クリームを思い浮かべる方が多いかもしれません。

ただ、サロンのお客様にもよくお伝えするのですが、お肌を保湿するのは、油分ではありません。

水分です。

例えば、ドライフルーツに、はけでオイルを塗っても、ツヤは出るでしょうが、ふっくらとはしないと思います。

でも、水にひたすと、ふっくらと戻っていきますよね。

お肌も、それと似たようなイメージです。

そうすると、お肌を保湿するには、化粧水で水分をしっかりと与えることが大事なんですね。

はい、それには、やはり「ローションパック」がおすすめです。

先生のサロンでも、施術でローションパックを行っているとのことでしたね。

はい、ローションパックは、お肌のキメを整えてくれますし、肌質も変わってきます。

ですので、一週間くらい続けると、お肌が落ち着いてきて、余分な油を出さなくなってくることを感じられると思います。

もし、化粧水を手で付ける場合は、重ね付けしてあげるといいですよ。

特に乾燥しやすいところには、お肌がぷるぷるにやわらかくなるまで、化粧水を重ね付けしていただきたいです。

それで、スキンケアの最後は、膜を作ってふたをするために、乳液やクリームで油分を与えます

角質ケアも顔の油を抑えることに

後は、お顔の油にも、軽い「スクラブ」や「ピーリング」もいいです

スクラブやピーリングは、角質ケア(余分な角質を取り除くお手入れ)ですよね。

角質ケアについて

「スクラブ」は、微細な粒子で角質を剥がし落とすお手入れ、「ピーリング」は、酸などで角質をほぐして剥がれ落ちやすくするお手入れのことをいいます。

顔の油を抑えるのに、角質ケアもいいんですか?

はい、毛穴が詰まると、油も出やすくなります。

角質ケアを行うことで、その皮脂詰まりを防ぐことができます。

ですので、特に脂性の方は、角質ケアを行うのもひとつの方法ですよ。

生活習慣で心がけたいこと

顔の油を整えるのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

ひとつは、食生活や睡眠などの生活リズムを整えることです。

その上で、週にいちどくらい、美容ドリンクを飲んだりするのもいいですよ。

美容ドリンクは、身体の内側からうるおしてくれます。

普段の食事だけで必要な栄養をすべて摂るのはなかなか難しいので、そういった美容ドリンクなどを取り入れることも、お肌を変えるサポートになります。

後は、紫外線にも気を付けていただきたいですね。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、顔の油を抑える方法をまとめます。

1. 洗浄力の強いクレンジング料・洗顔料は控える
2. 洗顔は部分的に行う(皮脂の多いTゾーンは泡洗顔を行い、それ以外の場所は泡を乗せない)
3. ローションパックを行う
4. 化粧水は重ね付けする
5. スキンケアの最後は、乳液やクリームで仕上げる
6. 軽いスクラブやピーリングなどを取り入れる
7. 生活リズムを整える(食生活、睡眠、など)
8. 週にいちどくらい美容ドリンクを飲む(身体の中からもうるおう)
9. 紫外線に気を付ける

顔の油が多いと、つい油を取ることばかり意識が向きがちですが、それ以上に、油が出づらいお肌を作ることが大切といえそうですね。

それには、クレンジング・洗顔で必要な油分まで落とさないようにして、スキンケアできちんと保湿してあげることがおすすめです。

顔の油が気になったときは、伊東先生のアドバイスを参考にしてみてはいかがでしょうか?

関連キーワード