美容のスペシャリストが教えるキレイ

肌色を明るくする方法8つ!スキンケアの改善で透明肌に!プロに聞く

本日のキレイの先生

松原 裕代 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「肌色を明るくする方法」です。

東京都新橋 ウインズ銀座サロン の松原 裕代 先生にインタビューさせていただきました。

肌色が明るいと、若々しい印象になりますし、健康的にもみえます。

肌色の明るさは、お肌にツヤがあって透明感があることが大切になってくるといいます。

それには、お肌のうるおいも必要です。

肌色を明るくするのに、普段のスキンケアで行えることなどを、松原先生に教えていただきました。

目次

肌色について
・肌色は何によって決まる?
・肌のくすみの原因
・肌のくすみは年齢も関係する

肌色を明るくする方法
・クレンジングは日に最低一回は行う
・スキンケアで肌の水分量を上げる
・マッサージで血行促進する
・生活習慣で心がけたいこと

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

肌色について

松原先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「肌色を明るくする方法」です。

先生は、どんな肌色が理想だと思われますか?

お肌にツヤがあって、透明感のある明るい肌色が理想的だと思います。

(参考:エステティシャンに聞く肌の透明感について

ちなみに、そういった肌色の方はいらっしゃいますか(笑)?

そうですね、普段からきちんとケアされている方には、いらっしゃいますし、サロンでエステをお受けになった後、お肌にうっとりされるお客様もいらっしゃいますよ(笑)。

なるほど(笑)。

逆に、お肌がくすんでいると、どんな影響がありますか?

まずは、見た目で、お顔が黄ばんでみえたり、肌色が暗くなったりします

ファンデーションが暗い色にみえやすいです。

(参考:美容セラピストに聞く黄ぐすみについて

それに、疲れてみえやすくなりますし、年齢が上にみられやすくなります

(参考:美容セラピストに聞く老け顔について

それから、スキンケア化粧品の浸透も悪くなります

後は、お肌がくすんでいるということは、代謝も悪くなっている状態ですので、シミも出来やすいです。

肌色は何によって決まる?

先程のお話ですと、肌色の明るさには、お肌のツヤや透明感も大事とのことでした。

それらは、何によって生まれるんでしょうか?

まずは、肌表面の角質層(皮膚表面の厚さが約0.02mmの薄い層)が、どれだけ水分を保持できているかによって、お肌の透明感が変わってきます。

それから、お肌の水分と油分のバランスが取れていることも大事です。

それによって、肌表面のキメも整って、お肌にツヤが出てうるおってみるようになります。

そうすると、お肌のくすみは、その逆の状態ということですね?

はい、そうですね、ですので、スキンケア不足で水分が足りていないと、お肌もくすんでいきやすいです。

それから、お肌のくすみは、血行不良によるところもあります。

血行不良ですと、お肌に栄養が行き渡らずに、くすみも起こりやすくなりますね。

後は、角質(皮膚表面の古くなった肌細胞)がたまっているケースもあります。

これは、新陳代謝の落ちている方に起きやすいです。

(参考:美容セラピストに聞く角質肥厚について

肌のくすみの原因

日々の生活習慣で、お肌のくすみの原因になることはありますか?

ひとつは、内臓の疲れです。

お肌は「内臓を映す鏡」ともいわれています。

内臓が元気ですと、お肌も健康的な方が多いです。

それに対して、便秘がちな方はお顔もくすみがちで、身体の内側の状態が、お顔に出てきます。

それから、寝不足も良くありません。

寝不足だと、血行も悪くなるといいますもんね。

はい、それで、血色も悪くなったりしますね。

後は、甘いものの食べすぎにも気を付けていただきたいです。

それは、お肌のたるみなど老化の原因になります。

(参考:エステティシャンに聞く肌老化について

肌のくすみは年齢も関係する?

お肌のくすみは、年齢も関係あるんですか?

はい、ありますよ。

20前後までは、ターンオーバーが整っていますので、食生活が乱れても、オールで遊んでも、お肌に疲れは出づらいです。

ただ、年齢とともに、紫外線などの色々な影響で、ターンオーバーのサイクルが理想よりも次第に伸びてきます

そうすると、本来は自分で剥(は)がれ落ちていく角質が剥がれ落ちずに、肌表面にこびりついてたまっていきます

それによって、若いときと比べると、肌色が暗くなりますし、お肌を触ったときにゴワゴワして厚ぼったい感じにもなります。

ターンオーバーとは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ち、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

(参考:美容セラピストに聞くターンオーバーとは

肌色を明るくする方法

先生のサロンでは、肌色を明るくするのに、どんな施術・ケアが効果的ですか?

当サロンでは、角質ケア(余分な角質を取り除くお手入れ)を行っていて、たまっている角質を優しく取り除いてあげます。

(参考:美容セラピストに聞く角質ケアについて

角質ケアは、角質を取るだけではなく同時に栄養を入れてあげないと、お肌が薄くなったり敏感肌になったりします。

ですので、サロンでは、ミネラルなどの成分をお肌に入れながら、いらない角質を取るような施術を行っています。

それは、いちどの施術で、肌色は明るくなるんですか?

はい、お肌はすごく変わりますよ、明るくなりますし、白くなりますね。

クレンジングは日に最低一回は行う

肌色を明るくするのに、クレンジング・洗顔でのポイントはありますか?

まずは、クレンジングで汚れをためないことです。

例えば、洗顔をするとお肌が白くなる方は、クレンジングで汚れが取れていないということです。

普段メイクをされない方は、クレンジングは必要ないと思われている方もいらっしゃいます。

ただ、クレンジングは、メイク汚れだけに限らず、油の汚れを落とすことが目的です。

お肌には、車から出ている排気ガスの汚れも付きますし、皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)も出ています。

スキンケア化粧品のクリームも、付けたときは栄養ですが、時間がたつと酸化してしまい、それをそのまま乗せておくと、油焼けしたような状態になって、お肌が赤黒くなってきます。

ですので、メイクをしなかった日も、一日に最低一回は、クレンジングで油汚れを落としていただきたいです。

クレンジングできちんと汚れを取るには、どうしたらいいですか?

クレンジングは、お肌になじませて丁寧に乳化させることが、大事です。

力は必要ありませんが、円を描きながらクレンジングをなじませると、汚れになじみやすいです。

そうやって、まずは、皮脂が出やすくて汚れがたまりやすいTゾーンからなじませます

クレンジングは、ほっぺから洗い始める方も多く、中には、ほっぺは洗えているけど、Tゾーンは洗えていない方もいらっしゃいます。

そうすると、吹き出物が出たり、毛穴が目立ったりする原因になります。

Tゾーンを洗った後は、ほっぺです。

ほっぺは、皮膚が薄くて乾燥しやすいので、長時間クレンジングは行わないでいただきたいです。

それで最後は、目元です。

目元は、アイメイクがありますので、先に落とすと真っ黒になりますので、最後のほうに行うのがいいですよ。

肌色を明るくする方法

(クレンジング)
1. Tゾーンに円を描くようになじませる
2. 頬を同じように行う(長時間行うのは控える)
3. 目元などを同じように行う

スキンケアで肌の水分量を上げる

肌色を明るくするには、スキンケアでの保湿も大事だと思います。

はい、お肌の水分量を上げることも大事ですね。

サロンでは、メイクレッスンも行っているのですが、メイクがうまく乗らなかったりよれてきたりするのは、スキンケア不足であることが大きく関係しています。

ですので、例えば「ここぞ」という日だけでも、化粧水の量を23倍付けるだけで、肌色が明るくなって、お肌にツヤや透明感も出ますし、メイクも崩れにくくなります。

それに、乾燥の小じわも出づらくなります。

(参考:エステティシャンに聞く乾燥小じわについて

化粧水は、たっぷりの量をいちどで付けるのではなく、ちょっとずつ23回に付けるのがおすすめです。

化粧水を一回付けるだけでは、そのときはうるおっても、一日のうるおいには足りないんですね。

ちなみに、化粧水を付ける回数は、年代プラス1回がおすすめといわれています

例えば、30代でしたら、本当は、化粧水を4回くらい重ね付けするのが望ましいです。

年代プラス1回の回数ですと、かなり重ね付けをする必要があるんですね(笑)。

はい(笑)。

後は、ティッシュでローションパックを行うのもいいですよ。

(参考:エステティシャンに聞くローションパックのやり方

ティッシュを1/4枚に切り、化粧水を浸(ひた)して、ほっぺなどにローションパックを行います。

これを、保湿化粧水や収れん(引き締め)化粧水で行うと、毛穴の引き締めにもなります。

後は、化粧水を付けるときに、パッティングで刺激を与えると、筋肉が引き締まって、それによって、リンパ(老廃物を回収して排出している器官)の流れも良くなって、老廃物も流れやすくなります。

それに、毛細血管を鍛えられるので、血行が良くなることにもつながります。

パッティングは、クリームを塗った後に、自分が気持ちいいと感じるくらいの力で優しく行うといいですよ。

ただ、敏感肌の方で、パッティングをしてヒリヒリと感じるような場合は控えたほうがいいですね。

マッサージで血行促進する

先生のサロンでは、角質ケアを行っているとのことでしたが、自宅で角質ケアをやるのも、肌色を明るくするのにいいんですか?

そうですね、ただ、市販のスクラブ(微細な粒子で角質を剥がし落とす角質ケア)などですと、お肌を傷つけたりトラブルを起こしたりする方もいらっしゃいます。

ですので、角質ケアは、できれば専門家のところで行っていただきたいです。

ご自宅で行うとしたら、角質も取れるような洗顔料もありますので、そういったもので、洗顔と一緒に角質ケアをするのはいいと思いますよ。

後は、お肌のためにご自宅で行うとすれば、マッサージもおすすめです。

血流が滞(とどこお)ると、お肌にまで栄養が行き渡りづらくなりますので。

マッサージは、血行促進にもいいですもんね。

はい、そういった点では、お風呂につかるのもいいですし、肩を回すのもいいですよ。

全身の血流が良くなれば、身体の代謝も上がって元気になりますし、お顔にもいいですよね。

生活習慣で心がけたいこと

肌色を明るくするのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

食事運動、それから休養もそうですね。

基本的な生活習慣を整えるということですね(笑)。

はい、それに、先程も話に少し出ましたが、代謝を上げることです。

それには、筋肉を付けることも大事です。

例えば、普段から、エスカレーターではなく階段を使うようにしたり、歯磨きをしているときにつま先立ちしたりするのも、いいですよね。

後は、代謝を上げるのに、身体を温めることも大事だと思います。

そうですね、ですので、お風呂もいいですし、身体を温める食べ物を摂るのもいいですよ。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、肌色を明るくする方法をまとめます。

1. クレンジングで油汚れをきちんと落とす(Tゾーン・頬・目元の順番に、円を描くようになじませる)
2. 化粧水は年齢プラス1回分を重ね付けするのが理想(例えば、30代だったら化粧水を4回重ね付けするのが望ましい)
3. ティッシュを1/4枚に切り、化粧水を浸して、ローションパックを行う
4. クリームを塗った後にパッティングを行う
5. 角質も取れる洗顔料などで、軽めの角質ケアを行う
6. マッサージで血流を良くする(他にも、肩を回して血行促進するのも良い)
7. 基本的な生活習慣を整える(食事、運動、休養、など)
8. 代謝を上げる(筋肉を付ける、身体を温める、など)

肌色を明るくするには、顔の汚れをきちんと落とすことや、たっぷりと保湿してあげることが、まずは大切といえそうですね。

肌色は、見た目年齢も左右しますので、松原先生のアドバイスを取り入れてみてはいかがでしょうか?

関連キーワード