美容のスペシャリストが教えるキレイ

足のむくみをケアする方法4つ!足の指を持って回す!専門講師に聞く

本日のキレイの先生

平 宮己子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「足のむくみ」です。

東京都町田市 ごきげん女性脳ヒーリング エール の平 宮己子 先生にインタビューさせていただきました。

全国共通の悩みある足のむくみには、筋肉をゆるめて、筋肉のポンプの働きを取り戻すことが大切といいます。

それにおすすめなケアの方法を、平先生に教えていただきました。

目次

足がむくむ原因とは
・足がむくみやすいのはポンプ作用が衰えてるから
・歩き方で足がむくむ場合も

足のむくみを改善するには
・「足指ワイワイ」のケア
・「脚さわさわ」のケア
・みぞおちから足が出ていると思って歩くなど

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

足がむくむ原因とは

平先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「足のむくみ」です。

先生のサロンのお客様にも、足のむくみを気にされている方はいらっしゃいますか?

はい、多いですよ。

足のむくみは、女性の永遠のテーマですよね(笑)。

そうですね…(苦笑)。

足がむくんでいると、見た目の印象も変わってくると思います。

そうですね、それに、足首がキュッと締まっていると、素敵なお洋服にチャレンジしたくなりますよね。

足のむくみは、何から来ているんですか?

ふくらはぎなどの足の筋肉が硬くなっていることや、大腰筋(だいようきん・足を上げる筋肉)が縮んでポンプしないことが、原因になります。

それによって、体内のめぐりが悪くなって、足に余分な水分や老廃物がたまってしまうんですね。

足のむくみの原因

足の血液やリンパ(体内の老廃物を回収して排出している器官)が、上半身のほうに戻っていくのは、筋肉の収縮が、ポンプの役割をしているためです。

そのため、筋肉が硬くなっていたり使われていなかったりすると、そのポンプの機能が低下して、体内のめぐりが悪くなってしまいます。

足がむくみやすいのはポンプ作用が衰えてるから

足は、全身の中でもむくみやすい場所ですが、それはどうしてなんでしょうか?

立っている」ことが大きいですよね。

重力がありますから、血液なども上のほうに戻っていきづらいですし、水分も下のほうにたまりやすいです。

それに、女性は、筋肉量が男性と比べると少ないですから、その分、ポンプの力が弱くて、やっぱり足のほうに水分がたまりやすいです。

そうすると、足のむくみだけではなくて、冷たいお水が、下のほうにたまっている状態ですので、冷えにもつながります。

それに、血流が悪いと、隅々の細胞まで酸素が行き渡りづらくなりますから、燃焼力も低下して、脂肪もたまりやすいです。

足にセルライト(脂肪と老廃物が固まったもの)が付きやすいのは、そういったことも関係しているんですね?

はい、そうですね。

歩き方で足がむくむ場合も

日々の生活習慣で、足がむくむ原因はありますか?

ひとつは、歩き方です。

歩くときに、きちんと筋肉が使えていなくて、足を上げる筋肉が縮んだまま歩いていると、ポンプが働きませんので、足に老廃物がたまりやすくなりますし、疲れやすくなります。

それは、どんな歩き方が良くないんですか?

本来の歩き方は、かかとが地面に着いて、次に親指の下のところ「母指球(ぼしきゅう)」が着きます

それに対して、かかとが地面に着いて、次に小指のほうが着くような歩き方は、あまり良くありません。

そうした歩き方は、使うべき筋肉が使えていないんですね。

歩き方ついて

・本来の歩き方:かかとが地面に着いて、次に親指(母指球)が着く
・筋肉を使えていない歩き方:かかとが地面に着いて、次に小指のほうが着く

そういった点では、きちんと足裏が使えるような履物をはいていないことも、足のむくみの原因になりやすいです。

足裏を使える履物があるんですか?

はい、いちばんいいのは、草履(ぞうり)です。

え、そうなんですね(笑)。

後は、使った筋肉をケアできていないと、足のむくみも起きやすくなります。

それは、どういうことですか?

筋肉は、動くと老廃物がたまり硬くなりますが、その硬くなった状態のままで次に動いても、筋肉のポンプはうまく働きません

筋肉がやわらかくなければ、ダイナミックにポンプしませんから。

ですので、筋肉を使ったらゆるめるというメンテンナンスを行っていると、足のむくみも起きづらいですよ。

足のむくみを改善するには

先生は「さとう式リンパケア(歯科医が考案したメソッド)」のインストラクターもされていますが、さとう式リンパケアでは、足のむくみを改善するのに、どんなケアが効果的ですか?

さとう式リンパケアでは、最初に耳から筋肉をゆるめていくのですが、その上で、大腰筋をゆるめるために、横向きに寝ていたただいて膝(ひざ)をベッドに付けて揺らすケアがあります。

これは即効性があって、一気に足が軽くなりますよ。

お客様には、それだけで足のむくみが取れる方も多いです。

それから、足裏やふくらはぎをゆるめることも行っていきます。

「足指ワイワイ」のケア

セルフケアで、足のむくみを改善するのにやれることはありますか?

足指ワイワイ」というケアがあります。

チャーミングなネーミングです(笑)。

それは、どんなケアなんですか?

足裏をゆるめていく方法なのですが、足の親指と他の4本指を手で持って、自分のほうに向かってクルクルと回します

これは、膝を曲げて行ってもいいですし、足首が緊張しないように足裏にタオルを据(す)えて行うのもいいですよ。

「ワイワイ」なだけに、「わーいわい!」と楽しんでご家族でやってみてください(笑)。

基本は、8×4がおすすめですが、何回やってもいいですよ。

これで、足裏やふくらはぎをゆるめることができますので、足のむくみも変わってきます。

それに、全身の筋肉はつながっていますので、足裏のほうから上がっていって、お顔の輪郭がすっきりするようなことにもつながります。

年配の方ですと誤嚥(ごえん・飲食物などを誤って気道に飲み込むこと)予防になりますし、お子様の歯列(しれつ・歯並び)が改善したという症例もありますので、大人も子どもも一緒に行うのといいですよ。

「脚さわさわ」のケア

それから、「脚さわさわ」というケアもあります。

脚さわさわは、立っていただいた状態で、片方ずつ行います。

まずは、足先を両手ではさむようにして、足先から膝、膝から太もも、太ももからお尻、お尻からみぞおちまで、3回くらいずつ優しくなで上げます

その後に、片方ずつ数回キックするような動作を行います。

これを行うと、足の重さが全然違いますよ。

それは、筋肉がやわらかくなってポンプしているということです。

ですので、ちょっと歩いて疲れたら、筋肉が緊張する前に行うのもおすすめです。

みぞおちから足が出ていると思って歩くなど

先程のお話ですと、歩き方によっても足のむくみの原因になるとのことでしたが、どんな歩き方を意識するといいですか?

足は、鼠径部(そけいぶ・足の付け根)から下が足だと思って、足を出していると思います。

それを、みぞおちから足が出ていると思って歩くと、歩き方も変わり疲れが違いますよ。

足裏も、かかとから親指に向かって移動するよう意識するといいです。

みぞおちから足が出ているというのは、これまで考えたこともなかったです。

そうイメージするだけでも、歩き方は変わるんですね。

後は、先程、靴は、草履が足裏を使うのにいいとおっしゃっていましたが、それはどういうことなんですか?

草履は、歩くときに、足裏の母指球が使えるような構造になっているんです。

そうすると、普通の靴よりも草履のほうが、足がむくみにくいんですか?

そうですね、普通の靴ですと、足の指が靴の中で縮んでしまって、母指球を意識した歩き方がしづらいです。

ちなみに、さとう式リンパケアには、そういった歩き方をサポートするようなツール(フレクサーソックス)もありますよ。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、足のむくみをケアする方法をまとめます。

1. 足指ワイワイ
2. 脚さわさわ
3. みぞおちから足が出ていると思って歩く
4. 草履などの足裏を使えるような履物をはく

平先生がおっしゃったように、足のむくみは、女性の永遠のテーマです。

脚のむくみをケアするのに、先生に教わった方法をお試しになってみてはいかがでしょうか?