美容のスペシャリストが教えるキレイ

頬のたるみを改善!効果的なマッサージは?小顔専門家に聞く方法8つ

本日のキレイの先生

寺田 智美 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「頬のたるみ」です。

石川県小松市 Relax & Beauty salon SIAN ~しあん~ の寺田 智美 先生にインタビューさせていただきました。

頬は、たるみの起こりやすい場所です。

年を重ねるにつれて、頬のたるみが気になる方も増えてくると思います。

頬のたるみを改善するには、どうしたら良いでしょうか?

寺田先生に教えていただきました。

目次

頬のたるみの原因
・頬のたるみは筋肉の衰えから起こる?
・生活習慣で原因になること

頬のたるみを改善するには
・ビタミンEを含むオイルでお手入れする
・口周りの筋肉のマッサージ
・舌のエクササイズ
・笑顔で過ごすなど

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

本日のキレイの先生

Relax & Beauty salon SIAN ~しあん~

寺田 智美 先生

「キレイの先生」編集部

頬のたるみの原因

寺田先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「頬のたるみ」です。

頬がたるんでいると、顔の印象も変わると思います。

そうですね、お顔がたるんでくると、ほうれい線が目立ちやすいですし、年齢よりも老けて見えやすくなりますよね。

(参考:美容セラピストに聞く老け顔の原因とは

それに、疲れ顔にも見えてしまいますので、いい印象にはなりづらいと思います。

(参考:エステティシャンに聞く疲れ顔の原因とは

そうですよね…(苦笑)。

先生のサロンのお客様にも、頬のたるみを気にされている方はいらっしゃいますか?

はい、いらっしゃいますよ。

いちばんは、フェイスラインを気にされている方が多いですが、それに次ぐのが、頬のたるみだと思います。

頬のたるみで、ほうれい線が目立ってきたというお悩みを抱えている方もいらっしゃいます。

頬のたるみは筋肉の衰えから起こる?

頬のたるみは、何から起こるんでしょうか?

年齢を重ねていくと、筋肉が弱ってきますので、フェイスラインをはじめ、お顔全体がたるんできて、頬のたるみも進行します。

それは、お顔の筋肉の構造も関係していて、身体の筋肉は「骨から骨」に付いていますが、お顔の表情筋(表情を形作る顔の筋肉)は「骨から皮膚」に付いています。

ですので、表情筋が衰えると、その筋肉の上に乗っている皮膚を支えきれなくなって、たるみが出やすくなります。

そうすると、頬のたるみは、顔の筋肉の衰えが大きな原因といえそうですね。

はい、頬のたるみに特に関係しているのが、口周りの筋肉です。

頬のたるみによって、口角が下がって見える場合もありますし、口周りには笑うときに使う筋肉もあるので、笑いづらくなったりうまく笑顔を作れなくなったりする方もいらっしゃいます。

(参考:小顔セラピストに聞く口周りの筋肉について

ちなみに、筋肉のコリも顔が大きくなる原因と聞きますが、それも、頬のたるみに関係するんですか?

(参考:小顔専門家に聞く顔の筋肉のコリについて

はい、たしかに、筋肉に老廃物がたまると筋肉が硬くなって大きく見えますし、それでお顔がたるんで見える場合もあると思いますよ。

生活習慣で原因になること

頬のたるみのお悩みは、何歳くらいから増えてきますか?

うちのサロンでは、40代から50代くらいのお客様に多いです。

ただ最近では、30代に入ってすぐたるみが急に気になり始めたという方も増えてきています。

30代前半は、まだ筋肉の衰えがそこまで顕著に表れる年代ではないですよね…。

それでも、頬のたるみが起こってしまうのは、どんな原因が考えられるんでしょうか?

最近は、スマホやパソコンを長時間使用している方が多いと思います。

はい、私もそうです。

スマホやパソコンを使用しているときは、猫背になりがちです。

姿勢の悪い状態が長く続くと、肩や首がこって、そこの筋肉が硬くなります。

そうすると、お顔の筋肉は、首にもつながっていますので、下に引っ張られてたるみを引き起こしやすくなります。

それに、スマホやパソコンに集中していると、お顔は無表情でいることが多いと思います。

無表情ですと表情筋を動かしていないことになりますから、それによっても筋肉が衰えて、お顔がたるみやすくなるともいえます。

私は猫背で姿勢が悪いですし、スマホやパソコンを使用している時間も長いので、気を付けるようにします…(苦笑)。

そうですね、サロンのお客様にスマホやパソコンのことをお聞きすると、やはり皆さま「よくしています…」とおっしゃいますよ(苦笑)。

頬のたるみを改善するには

先生のサロンでは、頬のたるみには、どんな施術・ケアが効果的ですか?

お顔の深層の筋肉にアプローチする「小顔筋艶肌(こがおきんつやはだ)フェイシャル」というコースが人気です。

それは、頬はもちろんですが、お顔全体を引き上げるのにもおすすめで、お顔の土台となっている筋肉を柔軟にして、皮下(ひか)から引き上げて、引き締まったお顔に導きます。

それに、表情筋を鍛えて、硬くなった肩や首もほぐして、リンパの流れを良くしていきます。

ビタミンEを含むオイルでお手入れする

頬のたるみは筋肉の衰えから起こることが多いとのことでしたが、スキンケアで、頬のたるみを改善するのにできることはありますか?

頬のたるみにも、血行を良くして筋肉の代謝を上げていくことが大事になります。

例えば、ご自宅でのお手入れでは、筋肉の代謝を高めてくれる「ビタミンE」を含むオイルで、お顔をマッサージするのもいいと思います。

ビタミンEは、どんなオイルに入っているんですか?

サロンでは、天然のビタミンEが配合されたエッセンスオイルを使っていますが、一般的なオイルでは、例えば「セサミオイル」や「アボカドオイル」などに、ビタミンEは入っていますよ。

口周りの筋肉のマッサージ

自宅でやれる頬のたるみにおすすめのマッサージはありますか?

はい、口周りの筋肉のマッサージです。

マッサージは、いま挙げたオイルをお使いいただくと、さらに効果的ですよ。

マッサージは、まずはお顔の「笑筋(しょうきん)」から行います。

笑筋は、笑うときに使われる筋肉で、口角を横に開く働きがあり、口角の延長線上にあるので、場所も分かりやすいと思います。

マッサージは、右の口角を左手で押さえて、右手の指先で笑筋を耳下に向かって流していきます

このマッサージは、笑筋をほぐすのにいいんですか?

はい、そうです、サロンのお客様にも、笑筋を触ると硬くなっている方が結構いらっしゃいます。

次は、左手は同じ場所に添えたままで、「大頬骨筋(だいきょうこつきん)」をほぐしていきます。

大頬骨筋は、口角を引き上げる筋肉で、笑筋と同じように笑うときに使われます。

マッサージは、右手の指先で、口の横からこめかみに向かって流していきます

これも、マッサージで大頬骨筋をほぐすようなイメージです。

次は、こめかみのあたりを人差し指で軽くクルクルと回すようにマッサージして、ほぐします。

そうしたら、今度は手の平を使って、こめかみの側頭筋(そくとうきん)あたりを、全体的に圧をかけながらほぐしていきます

側頭筋とは

側頭筋は、咀嚼筋(そしゃくきん)のひとつで、咀嚼するときに使われる筋肉です。

(参考:美容セラピストに聞く側頭筋のほぐし方

そして、マッサージの最後は、耳下から鎖骨に向かって流します

耳下から鎖骨に流すのは?

顔のリンパ(体内の老廃物を回収して排出する器官)は、耳の下を通って、最後は鎖骨へと流れていきます。フェイスマッサージでも、そこを流してあげることで、顔のリンパの流れを良くすることにもつながります。

(参考:リンパセラピストに教わる顔のリンパマッサージ

頬のたるみには、このマッサージをひと通りやっていただくのもおすすめです。

口周りが動かしやすくなったり軽くなったりすることを、感じられると思いますよ。

舌のエクササイズ

頬のたるみは、顔の筋肉の衰えから起こりますから、筋肉を鍛えるようなことも効果的だと思います。

はい、そうですね。

それには、舌のエクササイズがおすすめで、口を閉じた状態で舌をグルグルと回します

「舌回し」ですね!

はい、サロンのお客様に「目安は10回くらい」とお伝えすると、2~3回で辛くなるという方もいらっしゃって、最初は意外と辛く感じると思います。

分かります、舌の付け根がピクピクしてくるんですよね(笑)。

それは、それだけ、口周りの筋肉を使えていないということなんですよね…(苦笑)。

舌のエクササイズは、どこでもできるので、口周りの筋肉を鍛えるのにもおすすめですよ。

笑顔で過ごすなど

頬のたるみを改善するのに、生活習慣で心がけられることはありますか?

まずは、スマホやパソコンを長時間使用する際、姿勢が前かがみにならないように気を付けることです。

例えば、お仕事でも、一時間にいちど休憩を取って姿勢をリセットするのもいいと思います。

それから、日々無表情でいるのではなく、よく笑ったり笑顔で過ごしたりすることも大切ですよ。

笑顔は口角も上がるので、口周りの筋肉が衰えるのを予防することもできます。

(参考:顔ダンス講師に教わる笑顔の練習方法

まとめ

今回のインタビューで挙がった、頬のたるみを改善する方法をまとめます。

1. ビタミンEを含むセサミオイルやアボカドオイルでマッサージする
2. 笑筋を流すマッサージ
3. 大頬骨筋を流すマッサージ
4. こめかみをほぐすマッサージ
5. 耳下から鎖骨に流すマッサージ
6. 口を閉じた状態で舌をグルグル回すエクササイズ
7. スマホやパソコンを使用する際の姿勢に気を付ける
8. 笑顔で過ごすようにする

頬は、筋肉の衰えからたるみが起こりやすく、そうすると年齢を感じさせてしまいます。

頬のたるみを改善するには、口周りの筋肉のマッサージも良いですし、後は、日頃から笑顔でいることも大切といえそうですね。