美容のスペシャリストが教えるキレイ

顔のたるみには補正下着もいい?セラピストに聞くたるみケアの方法!

本日のキレイの先生

田中 恵美子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「顔のたるみ」です。

東京都駒込 小顔矯正フェイシャルエステサロン フルールクレール の田中 恵美子 先生にインタビューさせていただきました。

たるみは、実年齢よりも老けた印象を強くしてしまいますし、できれば顔もピンッとハリがあって上がっていたいものです。

先生のサロンでは、顔のたるみに補正下着をおすすめすることもあるそうです。

それは、どういうことなのでしょうか?

田中先生に教えていただきました。

目次

顔のたるみについて
・たるみが出やすくなる年齢は?

顔のたるみは何から来ている?

顔のたるみケア
・補正下着
・肌の弾力ケア
・コラーゲンの摂取など

編集部の選ぶ顔のたるみケアにおすすめの化粧品

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

本日のキレイの先生

小顔矯正フェイシャルエステサロン フルールクレール

田中 恵美子 先生

「キレイの先生」編集部

顔のたるみについて

田中先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「顔のたるみ」です。

顔がたるんでいると、見た目の印象も変わってしまいますよね…。

そうですね、印象は変わると思います。

やっぱり老けて見えてしまいますよね。

顔は、どんな場所がたるみやすいですか?

老化の表れ方は人それぞれですから「どこ」とは言いづらいですが、目にたるみが出る方もいますし、頬に出る方もいますよね。

たるみが出やすくなる年齢は?

サロンのお客様にも、たるみを気にされている方はいらっしゃいますか?

そうですね、多いですよ。

身体の下垂(かすい)は20歳前後から始まるといわれていて、実は、その頃からたるんできているんですね。

え、たるみ(が始まるの)はそんなに早いんですか!?

はい、ですので、たるみのない方はいらっしゃいません。

なるほど、たるみのない人は、いないんですね…。

たるみは20歳前後から始まるとのことでしたが、たるみのお悩みは、どのくらいの年代から増えてきますか?

30代前半くらいでしょうか。

想像していたよりも早いです…。

ただ、たるみが本格的に気になりだすのは、40代前半くらいからが多いと思います。

30代前半は「20代とは何かが違うんです…」という感じですが、40代以降は、たるみだけじゃなく年齢的なお悩みが顕著に表れてきます。

ですので、40代になると、お悩みが的確になりますよね。

顔のたるみは何から来ている?

顔のたるみは、何から来ているんでしょうか?

それも、人それぞれです。

私の場合は、お肌のコラーゲンが失われやすい肌質をしていると、自分自身で思っています。

お肌のハリですよね…。

お肌のハリがなくなってくると、顔もたるみやすくなると思います…。

はい、重力は全員に共通してかかっていますから、衰えによって、その重力に勝っているか負けているのかの違いが、たるみともいえますよね。

それから、(お顔のたるみは)身体から来ている場合もあります。

…それは、どういうことですか?

女性の身体でいちばん重たいところはどこだと思いますか?

バストとヒップですか…?

はい、そうです。

ヒップが下垂して落ちてくると、バストもそれに引っ張られて落ち、さらにデコルテも引っ張られ、最後がお顔まで引っ張られて、たるみの原因になります。

人間は、一枚の皮でつながっていますから。

さらに、姿勢が悪いと、その分(お顔の)たるみも進めてしまいます。

姿勢の悪さ

姿勢の悪さが(顔の)たるみをさらに進めるとのことでしたが、日常生活で、姿勢が悪くなる原因はありますか?

やっぱり、スマホが大きいです。

スマホは、(前向きの)こういう姿勢でずっとみますから。

そうすると、スマホも、顔のたるみの原因になるといえそうですね…。

はい、スマホ社会は、たるみ社会ともいえると思いますよ。

それから、(姿勢が悪くなるのは)筋力の衰えもあります。

筋力が弱くなるから、姿勢も悪くなりますし、(お顔も)たるみやすくなります。

肌の弾力低下

年齢で筋力も衰えていきますから、年をとるにつれて顔がたるみやすくなるのは、そういったことも関係しているかもしれませんね。

年齢という点では、お肌の弾力低下も見逃せなさそうです。

そうですね、お肌の弾力が失われると、お顔もたるんでいきます。

お肌の弾力低下は、どんなことが原因になりますか?

睡眠食生活などの影響も大きいです。

それから、紫外線です。

紫外線をいっぱい浴びてきたか、浴びている方は、お肌の弾力も失われていることが多いです。

紫外線は、(お肌の弾力成分の)コラーゲンも破壊するといいますもんね…。

顔のたるみケア

補正下着

先生のサロンでは補正下着もお取り扱いされていて、顔のたるみにもいいそうですね。

はい、(お顔が)たるんでいく原因としては、姿勢の悪さがひとつにあります。

それを改善するには、日常生活でしっかり姿勢を正すことですが、それを自力でやるか、ものを頼るか、というところはあります。

サロンでは、「自分ではなかなか運動ができなくて…」という方には、補正下着などをおすすめしています。

補正下着は、姿勢を良くする効果があるんですよね?

はい、そうです。

補正下着で下から支えてあげて、お尻の下垂を止めることで、身体から(お顔の)たるみを改善していくことにもつながります。

(サロンの)お客様には、補正下着でほうれい線が薄くなったという方もいらっしゃいますよ。

(姿勢を良くするのに)姿勢矯正などもありますが、補正下着は、日常生活で毎日必ず着用するものを変えていくので、やりやすいと思いますよ。

肌の弾力ケア

お肌の弾力低下によってもたるみは起こるとのことでしたが、お肌の弾力ケアとしては、どんなことを心がけるといいですか?

(サロンの)お客様には、季節に合わせたスキンケアをした方がいいとお伝えしています。

冬でしたら乾燥対策、春でしたら花粉の対策、夏でしたら紫外線対策、といったように、そのときのタイミングに合わせてお手入れをしたいです。

おそらく、年中同じお手入れをしている人も多いと思います…。

はい、そういった方が多いですね。

でも、季節に合わせてお手入れを変えていくのが理想なんですね。

その他に、(お肌の弾力ケアに)やれることはありますか?

紫外線も(お顔の)たるみの原因になりますから、必ず紫外線ケアはしてほしいと思います。

たるみのケアは、単純なスキンケアだけでは難しいのが正直なところです。

(お顔の)たるみが気になってきたら、エイジングラインのスキンケア化粧品をお使いになってほしいです。

例えば、お肌に付けると、筋力マッサージを行ってくれるようなものもあります。

それから、たるみケアのパックを使っていただくのもいいですよ。

コラーゲンの摂取など

最近は、(お顔のたるみケアとして)お客様にコラーゲンもおすすめしています。

それは、コラーゲンを口から摂るということですか?

はい、そうです。

例えばコラーゲンドリンクなどで、コラーゲンを補ってあげます。

(お顔のたるみケアには)後は、きちんと睡眠を取ったり、マッサージに行ったりするのもいいですよ。

編集部の選ぶ顔のたるみケアにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、田中先生のインタビュー記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだ顔のたるみケアにおすすめの化粧品をご紹介します。

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

手前味噌ですが、このサイトから200人以上の美容スペシャリストの方々の教えをまとめた「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」です。

水を一滴も加えず、バラの美容成分の詰まったローズウォーターに贅沢に置き換えました(全成分に水の表記がありますが原料由来のものです)。

自然なバラの優しく華やかな香りに包まれながら、美容成分98%のチカラでお肌をうるおします

ローズウォーターには収れん(引き締め)作用があるため、たるみケアにもおすすめですよ。

美容家の感想

ゲルタイプの美容液は、保湿力が優れているのが好きで普段からよく使っているのですが、この商品は、保湿はもちろん、夜使うと翌朝のハリが素晴らしかったです! オールインワンと聞きながらも最初は化粧水とクリームをプラスして使っていましたが、本当にこれ1本で大丈夫でした。忙しい朝や、疲れて眠い夜でも負担なくスキンケア出来る強い味方だと思います。

編集部のここがオススメ!

水を一滴も加えずに美容成分豊富なローズウォーターに置き換え!

98%の美容成分のチカラで肌をうるおす!

ローズウォーターの収れん作用でたるみケアにもおすすめ!

バラに満ちるオールインワン

商品名:キレイの先生 バラに満ちるオールインワン
ブランド:キレイの先生
容量:65mL
通常価格:税別2,880円
初回特別価格:税別1,000円

まとめ

年をとるとお肌の弾力は低下し、筋力も衰えてきますから、顔もたるみやすくなります。

そして、姿勢が悪いと、さらにたるみを進めてしまうとのことでした。

田中先生はご自身も、たるみには、外側からのケア以上に、内側からのケアを意識されているといいます。

たるみの気になる方は、まずは普段の姿勢を見直すことも大切かもしれませんね。

先生のおっしゃっていたように、補正下着などのアイテムの力を借りるのも、ひとつの方法だと思いますよ。

関連キーワード