美容のスペシャリストが教えるキレイ

マリオネットラインを消す!二重ほうれい線の解消法8つ!エステ員に聞く

本日のキレイの先生

富樫 みちる 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「マリオネットライン」です。

北海道札幌市 me chill(ミーチル) の富樫 みちる 先生にインタビューさせていただきました。

マリオネットラインは、マリオネット人形のように、口元から顎(あご)にかけて出る線のことをいい、「二重ほうれい線」とも呼ばれるそうです。

マリオネットラインが出ていると、それだけ老けた印象が強くなってしまいます。

マリオネットラインは、お肌のたるみや頬の脂肪が落ちることなどから起こるため、スキンケアでしっかりと保湿することや、フェイスマッサージで体内のめぐりを良くすることなどが有効だといいます。

そんなマリオネットラインの解消方法について、富樫先生に教えていただきました。

目次

マリオネットラインの原因
・マリオネットラインは「二重ほうれい線」ともいわれている
・マリオネットラインは筋肉や肌のたるみから起こる

マリオネットラインを解消するには
・スキンケア化粧品は手でふたをするように付けるなど
・洗顔は「うるおい洗顔」を選ぶなど
・ターンオーバーを整えるのにピーリングなどもおすすめ
・フェイスマッサージでリンパを流す
・血流を良くすることなども大切

編集部の選ぶマリオネットラインにおすすめの化粧品

まとめ

マリオネットラインの原因

マリオネットラインは「二重ほうれい線」ともいわれる

富樫先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「マリオネットライン」です。

まずは、マリオネットラインとは、何のことをいうんですか?

腹話術で使われるような人形…いわゆるマリオネット人形のように、口角から顎(あご)にかけて出る線のことをいいます。

先生のサロンのお客様にも、マリオネットラインを気にされている方はいらっしゃいますか?

そうですね、「マリオネットラインが嫌だから何とかして!」という方もいらっしゃいますよ。

マリオネットラインがあると、見た目の印象も変わりますよね…。

マリオネットラインは「二重ほうれい線」とも呼ばれていますので、実年齢より老けてみえやすくなりますね。

マリオネットラインは「二重ほうれい線」とも呼ばれるんですか!?

はい、ほうれい線は、小鼻の横から出るラインのことですよね。

マリオネットラインは、さらにその下に出来るので、「二重ほうれい線」とも言われています。

マリオネットラインは、「二重ほうれい線」とも呼ばれているとのことでした。

そうすると、ほうれい線のあると、マリオネットラインも出やすいんですか?

そうとは言い切れません。

出るのは、ほうれい線のほうが先です。

じゃあ、マリオネットラインがあると、ほうれい線も出ているということですか?

はい、そういった方が多いですよ。

マリオネットラインは、ほうれい線よりもエイジングが…老化が進んだということですので。

年齢サインについて

1. まずは「ほうれい線」が出る
2. さらにエイジングが進むと「マリオネットライン」も出る

マリオネットラインは筋肉や肌のたるみから起こる

マリオネットラインは、何から起こるんですか?

加齢によって筋肉のたるみがより進んだ状態ともいえますし、脂肪が本来あるべき位置から下がる「脂肪の下垂(かすい)」のケースもあります。

脂肪が落ちることもあるんですか…?

はい、例えると、頬のところの脂肪がズルッと落ちてきて、マリオネットラインが出るイメージです。

ですので、例えば美容整形では、マリオネットラインを解消するのに、頬の脂肪を取るようなオペもあります。

そうやって、頬の脂肪が落ちるのは、どんなことが原因になるんですか?

真皮(しんぴ・皮膚は3層構造になっていて、その真ん中の層)細胞の衰えで、お肌のハリがなくなってくることも関係しています。

老化現象のひとつですよね。

それから、お肌は乾燥によってもハリがなくなってきます。

そうすると、足場がもろくなって土台が崩れるようなイメージで、頬の脂肪もズルッと落ちていってしまいます。

後は、食べすぎなどで、お顔の脂肪の量が増えることによっても、マリオネットラインは出やすくなりますよね。

ちなみに、マリオネットラインは、何歳くらいから出やすくなりますか?

アラ還(アラウンド還暦)…60歳前後くらいから増えてくる印象があります。

中には、40代から(マリオネットラインが)出ている方もいらっしゃいます。

マリオネットラインの原因

加齢による筋肉のたるみ
頬の脂肪の下垂(肌老化や乾燥などで肌のハリがなくなることによって)

マリオネットラインを解消するには

サロンの施術は、マリオネットラインにもいいんですか?

はい、プロの手によるマッサージも、マリオネットラインにいいですよ。

実際、当サロンのお客様にも、施術でマリオネットラインがすっきりされる方もいらっしゃいます。

それは、お顔の筋肉のコリをほぐして、リンパ(体内の老廃物を回収して排出する器官)マッサージによってお顔にたまっていた余分な老廃物などを流すことが大きいのだと思います。

スキンケア化粧品は手でふたをするように付けるなど

お肌の乾燥によってもハリがなくなって、マリオネットラインの原因になるといいますから、マリオネットラインを解消するには、スキンケアでの保湿も大切だと思います。

スキンケアでしっかり保湿をするのに、心がけられることはありますか?

ひとつは、手でふたをしてあげるように、スキンケア化粧品を付けることです。

それだけでも、保湿感は大分違うと思いますよ。

それは、化粧水を付けるときも、クリームを付けるときも同じですか?

はい、そうです。

後は、お肌の保湿にワンアイテム挙げるとしたら、「アルガンオイル」もいいですね。

アルガンオイルは、私も好きです(笑)。

アルガンオイルを洗顔後に最初に付けて、その後に化粧水を付けると、お肌に貯水槽(ちょすいそう)が出来たような感じになって、保湿感がアップしますよ。

導入にオイルを使う「ブースターオイル」ですね。

はい、導入のオイルとしても、アルガンオイルはいいですね。

  • たるみケアに美容家がおすすめする洗顔後すぐのミルク!

    キレイの先生 ブースターミルク
    うるおいが肌奥までギュッと引き込まれ、肌全体がキュッと上がる!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

キレイの先生 ブースターミルク
うるおいが肌奥までギュッと引き込まれ、肌全体がキュッと上がる!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

洗顔は「うるおい洗顔」を選ぶなど

マリオネットラインを解消するのに、クレンジング・洗顔でのポイントはありますか?

洗顔料は、皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)を取りすぎないものを選んでいただきたいです。

それは、洗顔で皮脂を取りすぎると、お肌が乾燥に傾きやすくなるからですか?

はい、皮脂は、天然のうるおい成分ですので、それもひとつの理由です。

それに、皮膚の表面には常在菌(じょうざいきん)の善玉菌と悪玉菌がいてバランスを保っているのですが、皮脂は善玉菌のエサでもあります。

洗顔で皮脂を取りすぎてしまうと、悪玉菌が増えてしまい悪循環が起こる原因にもなります。

ですので、お肌のお手入れでは、整菌(せいきん)を意識することも大切です。

そういった点からも、洗顔は、「うるおい洗顔」のものをお使いになることをおすすめします。

洗顔は、皮脂を取り過ぎずにうるおいを残してくれるようなものが、おすすめということですね。

はい、後は、お肌をいい状態に保つには、クレンジング・洗顔で毛穴をきれいにすることも大切です。

ターンオーバーを整えるのにピーリングなどもおすすめ

マリオネットラインを解消するのに、他にスキンケアで心がけたいことはありますか?

マリオネットラインを改善するのにも、お肌の細胞を元気にしなければいけません。

ただ、細胞が変わるのは、最低3ヶ月はかかります。

ですので、ターンオーバーを整えてあげることも大切です。

赤ちゃんの頃はターンオーバーが正常ですが、年をとるにつれて、ターンオーバーは正常に行われなくなってきますので。

ターンオーバーとは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ち、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

ターンオーバーを整えるには、どんなことができますか?

ターンオーバーがうまくいっていないと、お肌の表面は角質が厚くなっている状態といえます。

それを改善するのに、例えば当サロンでは「陶器トリートメント」というメニューがあって、ハーブでソフトピーリング(角質をほぐして剥がれ落ちやすくするお手入れ)を行ったりしています。

そうすると、自宅でのお手入れでも、ピーリングは良さそうですね。

そうですね、それから、ターンオーバーを整えるには、内側からのケアがすごく大切で、例えば、「オメガ3」などの必須脂肪酸の含まれる油を意識的に摂るようにするのもいいですよ。

フェイスマッサージでリンパを流す

マリオネットラインを解消するのにおすすめのマッサージはありますか?

マリオネットラインは、頬の脂肪が下がってきてしまっているような状態とも考えられます。

ですので、「マリオネットライン、消えろ!」という感じで、内側から外側に…顎から耳のほうに流してあげるのもいいですね。

それでその後は、鎖骨のほうに流していきます

そのマッサージは、老廃物をリンパに流してあげるということですね。

はい、そうです。

顔のリンパについて

顔のリンパは、耳の下(耳下腺・じかせん)を通って、首から鎖骨へと流れていきます。フェイスマッサージは、その流れに沿って行います。

血流を良くすることなども大切

マリオネットラインを解消するのに、生活習慣で心がけられることはありますか?

まずは、血流を良くすることです。

血流は、何においてもすごく大事ですよね。

血流を良くするには、どうすればいいですか?

身体を冷やさないこともそうですし、栄養を意識することも大切です。

それに、プロの手を借りてマッサージを受けるのもいいですよ。

例えば肩こりでも、自分で肩をほぐすのはなかなか難しいんです。

わかります、なかなか自分では肩をほぐせないですよね…。

はい、ですので、プロにマッサージをしてもらうのもおすすめですよ。

それから、自分をかわいがってあげる時間を意識的に持っていただきたいです。

それは、リラクゼーションサロンもいいですし、ヨガに行ったり、お風呂でゆったりしたり、深い呼吸を行ったりするのもいいですね。

年齢を重ねると精神的には強くなるかもしれませんが、それに反比例するように、身体は衰えていきます。

ですので、自分自身をいたわる時間を意識的に持つことも大切ですよ。

編集部の選ぶマリオネットラインにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、富樫先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだマリオネットラインにおすすめの化粧品をご紹介します。

美容サロン経営者が肌のリフトアップ感を絶賛

「肌奥まで引き込んだうるおいをうまく抱え込めるようになって、たるみ肌がキュッと上がった!」

美容サロン経営者がそう話したのが、「キレイの先生 ブースターミルク」です。

ブースターミルクは、洗顔後すぐに付けるミルクで、このサイトに登場した数十名の美容家の先生方に協力いただき開発しました。

その開発協力者のおひとり、サロン結香 の矢澤 ともみ 先生の感想をご紹介します。

ブースターミルクで、肌がうるおいをうまく抱え込めるようになって引き締まり、キュッと上がりました

肌が活発に動き出したような感じというのでしょうか(笑)。

それはブースターミルクで、スキンケアの保湿力がアップするのが大きいですよね。

ブースターミルクのあるなしでは、化粧水を付けたときの保湿感が全然違います(笑)。

ブースターミルクを付けると、その後の化粧水が、乾いたスポンジに水分が入っていくみたいに肌奥までギュッと引っ張られていくことを感じます!

それに、化粧水後しばらくそのままでいても、乾燥をほとんど感じませんでした。

それからもうひとつ驚いたのが、このテクスチャーです。

ミルクの予想を裏切るみずみずしさで(笑)、べたつきもないので使いやすいです!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

商品概要

キレイの先生 ブースターミルク

美容サロン経営者がたるみケアにも絶賛した「キレイの先生 ブースターミルク」は、洗顔後の最初に使用するミルクです。
みずみずしいミルクがうるおいを肌奥まで引き込んで、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」がうるおいを抱き込んで放しません。
定期購入のお申込みで初回50%OFFでお試しいただけ、配送回数の制限もありません。

●内容量:30mL
●通常価格:税別2,980円
●定期初回価格:税別1,490円

まとめ

今回のインタビューで挙がったマリオネットラインの解消法をまとめます。

1. スキンケア化粧品は手でふたをするように付けて、しっかりと保湿する
2. スキンケアにアルガンオイルを取り入れる(例えばブースターオイルとして)
3. 洗顔は「うるおい洗顔」を選び、皮脂を取りすぎないようにする
4. クレンジング・洗顔で毛穴をきれいにして、肌をいい状態に保つ
5. ターンオーバーを整える(ピーリングを行う、必須脂肪酸の含まれる油を摂る、など)
6. フェイスマッサージでリンパを流す(顎から耳、耳から鎖骨のほうに)
7. 血流を良くする(身体を冷やさない、栄養バランスの良い食事、プロの手によるマッサージ、など)
8. 自分をかわいがる時間を持つ(リラクゼーションサロン、ヨガ、お風呂、深い呼吸、など)

マリオネットラインは、「二重ほうれい線」とも呼ばれていて、老けた印象がとても強くなってしまいます。

マリオネットラインが出始めたら、富樫先生のアドバイスを参考にしてみてはいかがでしょうか?

* 2018年5月1日に公開した『マリオネットラインを消すには?11の解消法!札幌のセラピストに聞く』を再編集しました。