美容のスペシャリストが教えるキレイ

顔のエラ張り解消!耳たぶ回しと顎揺らしで顔筋をほぐす!プロに聞く方法

本日のキレイの先生

村上 聡子 様

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「顔のエラ張り」です。

プロフェッショナルファスティングマイスター・栄養士の村上 聡子 先生にインタビューさせていただきました。

先生は元美容部員で、現在は、自宅や出張で「さとう式リンパケア」というメソッドの施術を行っていらっしゃいます。

顔のエラ張りは、顔の筋肉が硬くなっていることから起こるといいます。

そのため、顔のエラ張りを解消するには、顔の筋肉をゆるめることが大切で、それには、「耳たぶ回し」や「顎(あご)揺らし」といった方法がおすすめだそうです。

どちらも、この記事をお読みいただきながらでもやれる簡単な内容ですよ。

目次

顔のエラ張りの原因
・顔のエラ張りは咀嚼筋のコリから起こる
・生活習慣で原因になること

顔のエラ張りを解消するには
・「耳たぶ回し」で咬筋をゆるめる
・「顎揺らし」で側頭筋をゆるめる

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

顔のエラ張りの原因

村上 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「顔のエラ張り」です。

先生は以前、美容部員をされていたとのことです。

これまで、たくさんの女性をご覧になってきたと思いますが、エラ張りを気にされている方はいらっしゃいましたか?

はい、いらっしゃいましたよ。

美容部員をしていた頃にも、「お顔のエラが気になって隠したい…」という方は、時々いらっしゃいました。

その頃は、あまり知識がなかったので、私もエラ張りを隠す方向でしか指導できなかったのですが…。

顔のエラが張っていると、見た目の印象お変わってくると思います。

はい、お顔のエラが張っていると、お顔は鋭角な状態にみえてしまいます。

お顔は、黒目・眉山(まゆやま・眉のいちばん高い位置)の外側は、「側面」と考えることができます。

メイクするときも、そのことを意識すると、お顔を立体的にみせやすくなります。

顔の捉え方

・黒目(眉山)の内側:正面
・黒目(眉山)の外側:側面

お顔のエラ張りで、フェイスラインが曲線になっていなくて、お顔の側面に「角」があると、そこに目が行ってしまいます。

そうすると、お顔が大きくみえたり、強そうにみえたりしてしまいます

顔のエラ張りは咀嚼筋のコリから起こる

顔のエラ張りは、何から起こるんですか?

大きいのは、咀嚼筋(そしゃくきん・咀嚼するときに使う筋肉)が硬くなっている状態が長く続くことで、それが癖になって、筋肉がほぐれていないことです。

(参考:小顔専門家に聞く咀嚼筋について

咀嚼筋をゆるめる機会がなくて、筋肉に力が入って、力を抜けなくなってしまっている方も多いです。

身体の筋肉もそうですが、筋肉は鍛えると、大きく発達していきますよね。

顔のエラ張りは、咀嚼筋が硬くなる…つまり、咀嚼筋を使いすぎて筋肉が発達することで、起こるということですか?

はい、そうですね。

例えば、スポーツ選手には、お顔のエラが発達している人が多いようなイメージがありませんか?

そう言われると、そうかもしれませんね…。

スポーツ選手と一般人を総合して考えると、アスリートの方がお顔のエラが発達している人が多いです。

それはきっと、アスリートのほうが、歯をギュッと噛みしめて力を入れることが多いことも、大きく関係していると思いますよ。

顔のエラ張りの主な原因

1. 咀嚼筋に力が入っている(硬くなる)状態が長く続く
2. 咀嚼筋が発達して顔のエラが張ってくる

生活習慣で原因になること

顔のエラ張りが、咀嚼筋が硬くなっていることから起こるとすると、食いしばりや歯ぎしりなどの癖も、エラ張りの原因になりそうですね。

はい、それもありますね。

それから、さとう式リンパケアの先生もおっしゃるのですが、お顔のエラ張りは、一生懸命頑張っている方ほど多いです。

美容部員の仕事をしていたときも、努力されている方やお仕事でお忙しい方のほうが多かったです。

頑張っているときは、歯をグッと食いしばったりしますからね。

それで、咀嚼筋も硬くなってしまうんですね…。

頑張り屋さんはとても素敵なことなので、それが、エラ張りの原因になるというのは、少し複雑です…(苦笑)。

そうですね(苦笑)。

それに、同じような理由で、緊張しやすい方や、人に気を使って自分は我慢するような方にも、お顔のエラ張りは多いですね。

ちなみに、年が行くにつれて、老けのサインとして、顔のエラ張りが出ることはあるんですか?

若いときにはエラがまったく張っていなくて、年をとってから急にエラが張るようなことは、あまりないと思いますよ。

私も質問してから思ったのですが、たしかに、顔のエラ張りに、エイジングサインのイメージはありません…(苦笑)。

例えば、身体に力が入りやすかったり、仕事で重い持ち物を持ち上げるなど力を入れることが多かったりすると、お顔のエラ張りの傾向が、年齢で強くなることはあるかもしれません。

ただ、お顔のエラ張りが、年齢と直接関係があるかというと、それは違うと思いますよ。

顔のエラ張りを解消するには

先生は現在、「さとう式リンパケア」の施術も行っていらっしゃるとのことでした。

さとう式リンパケアとは、何ですか?

さとう式リンパケアは、佐藤先生という歯科医が開発されたメソッドです。

元々は、顎関節症(がくかんせつしょう)などで口を大きく開けない患者さんの歯を治療するのに、「口を開けてもらうには、どうしたらいいのか」ということを試行錯誤して開発されたメソッドです。

さとう式リンパケアでは、内側の筋肉に働きかけて咀嚼筋をゆるめていくことも、大事にされています。

それによって、お顔も小さくみえるようになります。

それに、全身の筋肉はつながっていますので、それで、肩こりが良くなったり、足の疲れが楽になったり、スリミング(痩身)につながったり方もいらっしゃるんですよ。

「耳たぶ回し」で咬筋をゆるめる

ここまでの話をお聞きすると、顔のエラ張りを改善するには、硬くなっている咀嚼筋をゆるめてあげることが大事といえそうですね。

はい、そうですね。

咀嚼筋をゆるめるのに、セルフケアでやれることはありますか?

ひとつは、「耳たぶ回し」です。

それは、どんなケアなんですか?

耳たぶの付け根をつかんで、微細な優しい力で…大体、5gくらいといわれているのですが、耳たぶを回すというよりも振動を与えます

耳たぶ「回し」といいますが、実際は、耳たぶを回さなくても優しく揺らしてあげるだけでいいんですか?

はい、大丈夫ですよ。

耳たぶ回しは、どんな効果を期待できるんでしょうか?

耳たぶを揺らしてあげることで、顎関節の周りの筋肉…主に、噛むときの筋肉「咬筋(こうきん・咀嚼筋のひとつ)」をゆるめるのに効果的です。

(参考:小顔専門家に聞く咬筋について

それに、お顔の筋肉がゆるむことで、リンパ(体内の老廃物を回収して排出する器官)の流れが良くなることにもつながります。

そうすると、耳たぶ回しは、顔のむくみ解消や小顔効果も期待できそうですね。

耳たぶ回しのやり方

1. 耳たぶの付け根をつかむ
2. 耳たぶを回すというよりも、微細な優しい力で振動を与える

「顎揺らし」で側頭筋をゆるめる

耳たぶ回し以外で、顔のエラ張りの解消にやれることはありますか?

簡単なところですと、「(あご)揺らし」といった方法もありますよ。

それは、どんな方法なんですか?

顎を、前後左右に優しく揺らしてあげる方法です。

え、顎を動かすだけでいいんですか(笑)?

はい、顎を前後に揺らすときは、「アイーン」とするようにイメージするといいですよ。

それも、顔の筋肉をゆるめるのにいいんですか?

はい、顎揺らしは、手を使わなくても顎を動かすことで、側頭筋(そくとうきん・咀嚼筋のひとつ)などにアプローチすることができます。

(参考:美容セラピストに聞く側頭筋について

中には、噛みしめの癖などで、顎がなかなか動かない方もいらっしゃいます。

それも、咀嚼筋が硬くなっているからなんですね?

はい、そうやって突っ張っている筋肉を、顎揺らしでゆるめることができますよ。

顎揺らしのやり方

顎を前後左右に優しく動かす

まとめ

顔のエラ張りは、骨格によるところがありますが、咀嚼筋に力が入っていることで、筋肉が発達することによっても起こります。

人間は、固い食べ物でも噛み砕くことができるように、咀嚼筋はとても力の強い筋肉です。

そのため、食いしばりや噛みしめの癖があったりして、咀嚼筋に力が入っている状態が長く続くと、咀嚼筋は硬くなりやすいです。

そのため、顔のエラ張りを解消するには、硬くなった咀嚼筋をゆるめてあげることが大切です。

それには、「耳たぶ回し」や「顎揺らし」といった方法も効果的とのことでした。

どちらも、ちょっとした空き時間に行うことができますので、気付いたときに行うようにしてみてはいかがでしょうか?

* 2018年2月8日に公開した『顔のエラ張りを解消するには耳たぶ回し!美容家おすすめのケアの方法』を再編集しました。