美容のスペシャリストが教えるキレイ

顔が丸い原因と改善方法6つ!マッサージで顔をシャープに!専門家に聞く

本日のキレイの先生

菅沼 きわこ 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「顔が丸い原因と改善方法」です。

推拿整顔 AKUA の菅沼 きわこ 先生に取材させていただきました。

顔が丸いと、身体がスリムでも太った印象が出てしまってもったいないです。

顔が丸くなるのは、頭蓋骨に脂肪が付くことや、輪郭に老廃物が付くことなどが、原因になるといいます。

顔が丸いのを改善するのに、ホームケアで行えるマッサージの方法などを、菅沼先生に教えていただきました。

目次

顔が丸くなる原因とは
・顔が丸いのは何から起こる?
・頬骨に脂肪が付く原因
・顔の輪郭に老廃物が付く原因

顔が丸いのを改善する方法
・マッサージで脂肪をほぐして流す
・血流などを良くして老廃物を流す

編集部の選ぶ顔が丸いのを改善するのにおすすめの美顔器

まとめ

顔が丸くなる原因

菅沼先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「顔が丸い原因と改善方法」です。

先生のサロンのお客様にも、顔が丸いことを気にされている方はいらっしゃいますか?

はい、いらっしゃいます。

「お顔が丸くて嫌なの…」という方は多いですよ。

顔が丸いと、その人は見た目の印象も変わってきますか?

そうですね、お顔が丸いと、お身体も丸くみえやすくなります

それで、実際はスタイルが良くても、太っているようにみえてしまう場合もあります。

それは、少しもったいないですよね…(苦笑)。

はい、残念ですよね。

顔が丸いのは何から起こる?

丸顔は、骨格から来るものなんですか?

骨格が丸い人は、あまりいらっしゃらないと思いますよ(笑)。

頭蓋骨は、丸くないですから(笑)。

すいません、それは、そうですよね(苦笑)。

そうすると、顔が丸くなるのは、何から起こるんですか?

いくつかのケースがありますが、ひとつは、頬骨(きょうこつ)の上に、余計なお肉…つまり、脂肪が付くことです。

それから、お顔の輪郭に脂肪や老廃物などが付いて、顎(あご)がシュッと出なくなって二重顎になったりすることでも、お顔は丸くみえます。

ちなみに、顎が出ていないという点では、骨の作りが関係する場合もあります。

顔が丸いのは何から起こる?

1. 頬骨の上に脂肪などが付く
2. 輪郭に脂肪や老廃物などが付く

頬骨に脂肪が付く原因

頬骨の上に脂肪が付くと、顔が丸くみえるとのことでしたが、頬骨は脂肪が付きやすい場所なんですか?

頭蓋骨のある場所に手を当てて骨を感じることができないところは、皮下組織(ひかそしき・皮膚は3層構造になっていて、そのいちばん下の層)に余分な脂肪が付いていて、皮膚が厚くなっていることが考えられます。

試しに、ご自分の頬骨のあたりを触ってみてください。

あれ…ここに骨があるはずなんですが、骨をあまり感じられません(苦笑)。

つまり、私は、頬骨のところに脂肪が付いているということなんですね…(苦笑)。

脂肪は、人によって付きやすい場所が違います。

ぽっちゃりされていても、お顔には脂肪の付かない方もいらっしゃいます。

逆に、お顔に脂肪の付きやすい方は、普段からそこにも気を付けていただきたいです。

顔に脂肪が付くのは、やっぱり食べすぎ運動不足などが原因になるんですか?

はい、もちろん、それもあります。

後は、子どものときにふっくらしていた方は、体質的に脂肪が付きやすいことが考えられます。

それは、どういうことですか?

乳幼児期や思春期は、脂肪細胞が増えやすい時期です。

そのときに脂質を摂りすぎていたりすると、脂肪細胞が増える原因になります。

その後、脂肪細胞は膨らんだりしぼんだりしますが、その数自体は変わらないといわれています。

え!? いちどできた脂肪細胞は減らすことができないんですか!?

はい、ですので、子どものときにふっくらしていた方は、脂肪細胞の数が多いことが考えられます。

ですので、大人になってからも太りやすいといえます。

脂肪は本来、身体に必要なものです。

エネルギーになりますし、身体を守ったり女性らしい身体を作ったりする働きもあります。

ただ、必要以上には付けたくはないですよね。

顔が丸い原因

(頬骨に脂肪が付く)
食べすぎ
運動不足
体質(子どものときにぽっちゃりしていた人は、脂肪が付きやすい)
など

顔の輪郭に老廃物が付く原因

顔の輪郭に老廃物などが付くことでも、顔は丸くなるとのことでしたが、それは何が原因になるんですか?

ひとつは、あまり笑わないなど無表情でいることが多くて、普段あまり表情筋(表情を作る筋肉)を動かしていないことです。

そうすると、血流も悪くなって老廃物が流れづらくなります。

それから、首のコリで首が太く短くなっていたり、肩こりで肩が盛り上がっていたりすることでも、輪郭に老廃物がたまりやすくなります。

それは、どうしてですか?

お顔のリンパ(体内の老廃物を排出して回収する器官)は、首を通って鎖骨へと流れていきます。

首や肩の筋肉が硬くなっていると、そのリンパの流れも悪くなってしまいます

それで、顔のリンパの流れも悪くなってしまうんですね。

はい、ですので、お顔のリンパを流すのに、身体からのメンテナンスが必要になる場合もあります。

後は、ストレスや、スマホやパソコンで下を向いて同じ体勢でいることも、お顔の輪郭に老廃物がたまる原因になります。

顔が丸い原因

(顔の輪郭に老廃物などがたまる)
無表情でいることが多くて普段あまり表情筋を使えていない
首こり・肩こり(顔のリンパの流れが悪くなる原因になる)
ストレス
スマホやパソコンでうつむいた姿勢が続く
など

顔が丸いのを改善する方法

マッサージで脂肪をほぐして流す

顔が丸いのを改善するのに、セルフケアでやれることはありますか?

頬骨のあたりに脂肪が付いている場合は、頬骨のキワに沿って脂肪を耳のほうに流していくマッサージがおすすめです。

それは、脂肪をリンパに流していくということでしょうか?

はい、余分な脂肪をリンパに流していきます。

マッサージについて

耳下腺(じかせん・耳の下)には、顔のリンパの出口があります。マッサージでは、余分な脂肪を底に流していきます。

それは、どうやってマッサージすればいいですか?

リンパ管(リンパ液が流れている管)は髪の毛よりも細い器官ですので、まずは、脂肪組織に刺激を与えてやわらかくします

サロンの施術では、脂肪を細かくする手技を行っていますが、それをご自宅でも再現するのは力加減が難しいです。

マッサージを強く行うと、コラーゲン(皮膚の弾力成分)などの繊維をつぶしてしまう可能性もあります。

ですので、ホームケアでお顔の脂肪をほぐしたいときは、「タッピング(指先で優しく叩くこと)」がいいでしょう。

それも、ゴンゴンと叩くのではなく、心地いいくらいの強さでコンコンと骨に響かすように行います。

ちなみに、脂肪層の皮下組織の下には筋肉があるのですが、脂肪の付いている場所は、その下の筋肉も硬くなっていることが多いです。

例えば、お顔を触ってパンパンになっているところは、そこの筋肉が張っていることが考えられます。

筋肉は揺らすことでゆるめることもできますので、タッピングを行うことで、筋肉をゆるめることにもつながります。

タッピングで顔の脂肪をほぐした後は、頬骨のキワに沿って、脂肪を耳のほうに少しずつ移動させていきます

例えると、スマホの保護シールの空気を少しずつ移動させて抜いていくようなイメージです。

これも、ゴリゴリと行う必要はありません。

骨を触るようなイメージで、軽く押して圧をかけながら行っていきます。

このマッサージは、手の平で行ってもいいですし、指の第二関節の角(かど)で行っても大丈夫です。

顔が丸いのを改善する方法

(脂肪を流していくマッサージ)
1. タッピングで脂肪をほぐしていく(コンコンと骨に響かせるようにして行う)
2. 頬骨のキワに沿って、耳の下のほうに脂肪を流していく(スマホの保護シールの空気を抜いていくイメージ)

  • 3分で顔がキュッと引き上がる!プロも驚いた装着型の美顔器!

    ヤーマン メディリフト
    顔が締まって引き上がり、ほうれい線も薄くなって「なくなった!」と驚き!(エステサロン ロータスロータス 尾本 広美 先生)

ヤーマン メディリフト
顔が締まって引き上がり、ほうれい線も薄くなって「なくなった!」と驚き!(エステサロン ロータスロータス 尾本 広美 先生)

血流などを良くして老廃物を流す

先程のお話ですと、輪郭に老廃物などが付くことでも、顔が丸くなるとのことでした。

その場合は、どうしたらいいですか?

老廃物は、毛細血管やリンパ管などに乗せて流していきます

血液やリンパの流れは、表情筋の動きも関係していますから、お顔のトレーニングなどもいいですよ。

顔のトレーニングで、表情筋を動かしてあげるということですね。

はい、それに、「ごくろうさま」とお顔を触ってあげるだけでもいいです。

え、それだけで、リンパなどを流すことにつながるんですか(笑)!?

はい、それだけでも、刺激を与えることができますよ。

刺激を与えるという点では、先程お話したタッピングも、そのひとつの方法です。

それから、温冷ケアも、血行改善につながります。

それは、温かいのと冷たいのを交互に行うということですね。

温冷ケアの効果

身体を温めると血管は広がり、冷やすと収縮します。それを交互に繰り返すことで、ポンプのような効果を得られ、血行促進につながります。

温冷ケアは、どんなことができるんですか?

例えば、洗顔のときに、まずはぬるま湯でお顔をすすいで最後に水ですすぐのも、そうですよね。

後は、お顔にホットタオルを乗せた後に化粧水を付けるのも、温冷ケアになります。

それで、血行促進にもなるんですね。

はい、後は、家庭用の美顔器にも、優れたものがたくさんあります。

例えば、脂肪や筋肉をほぐせるような機能を備えたものもありますし、お肌のケアが行えるものもあります。

お顔の血流アップにもいいです。

お顔が丸いことを気にされている方は、そういった美顔器をお使いになるのも、ひとつですよ。

顔が丸いのを改善する方法

(輪郭の老廃物などを流す)
1. 顔のトレーニングで表情筋を使う
2. 「ごくろうさま」と顔を触る
3. 輪郭にタッピングを行う
4. 温冷ケアを行う(洗顔のすすぎをぬるま湯と冷水の交互で行う、顔にホットタオルを乗せた後に化粧水を付ける、など)
5. 美顔器を使用する
など

編集部の選ぶ顔が丸いのを改善するのにおすすめの美顔器

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、菅沼先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

菅沼先生もおっしゃっていましたが、顔を丸いのを改善するには美顔器も手軽で即効性が高くておすすめです。

エステ経営者が3分で美顔器の小顔効果を実感

「3分装着するだけでほうれい線が薄くなって驚き(笑)、顔のリフトアップ感がすごい!」

エステサロン経営者がそう話したのが、美顔器の「メディリフト」です。

メディリフトは、美容家電メーカーのヤーマンが新発想で開発した装着するだけのウェアラブル美顔器です。

フェイシャルエステサロン ロータスロータスの尾本 広美 先生の感想をご紹介します。

メディリフトは10分の使用を推奨されているのですが、3分装着しただけで「すごい、ほうれい線がなくなった!」と驚きました(笑)。

装着中、口周りの筋肉に対してかなり効いている感じがあったので、鏡をみて「やっぱり!」と納得です(笑)。

それにフェイスラインがすっきりして、顔のリフトアップもすごく感じられました。

顔が引き締まってさらに引き上がるというのでしょうか…。

それは、メディリフトを装着するだけで、ケアの必要な場所に適切な周波数のEMSが自然と当たるのが大きいですよね。

それもあって、場所によってEMSのピリピリ感が違います。

自己流の間違ったフェイスマッサージは逆効果になります。

ただメディリフトは、装着しておけば後は何もしないでも勝手にケアをしてくれるので、本当に手軽でおすすめです(笑)。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

商品概要

美容家電メーカーのヤーマン新発想で開発したウェアラブル美顔器で、楽天などでも第1位を獲得しています
顔の筋肉の場所によってEMSの周波数を変えて、「休ませるべき筋肉」にはストレッチを、「動かすべき筋肉」にはトレーニングを行うことができ、見た目年齢を決める顔の下半分にアプローチします。

●商品名:メディリフト
●通常価格:税別25,000円

(PR)

まとめ

今回のインタビューで挙がった、顔が丸いのを改善する方法をまとめます。

1. マッサージで頬骨あたりの脂肪をほぐしてから耳のほうに流していく
2. 顔のトレーニングで表情筋を使う(それによって血液やリンパの流れを良くする)
3. 「ごくろうさま」と顔を触る(同上)
4. 輪郭にタッピングを行う(同上)
5. 温冷ケアを行う(同上)
6. 美顔器を使用する

顔が丸いと、身体がスリムでも、全体的に太った印象が出てしまいもったいないです。

「顔が丸い…?」と気になったときは、菅沼先生のアドバイスを参考にしてみてはいかがでしょうか?

* 2017年9月25日に公開した『顔が丸い?顔の脂肪を流す簡単マッサージで丸顔を改善!整顔家に聞く』を再編集し、『輪郭の老廃物を流して顔をすっきりさせる6つの簡単な方法!』の内容と合わせました。