美容のスペシャリストが教えるキレイ

肌がカサカサ?乾燥肌の対策11個!化粧水後はすぐ乳液!プロに聞く

本日のキレイの先生

小平 てるみ 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回は、お肌が乾燥してカサカサするときの対策について、千葉県市川市 プライベートエステサロン Candy の小平 てるみ 先生にインタビューさせていただきました。

乾燥肌は、日本人でいちばん多い肌質だと思います。

実際、小平先生のサロンのお客様も、ほとんどの方がお肌の乾燥を気にされているといいます。

乾燥肌には、化粧水を付けた後は、すぐに乳液・クリームで保湿することが大切だそうです。

今夜のスキンケアから始められる乾燥肌の対策方法を、小平先生に教えていただきました。

目次

肌がカサカサする原因は?
・肌の乾燥はどうして起こる?
・肌が乾燥しやすくなる年齢は?
・生活習慣で原因になること

肌が乾燥してカサカサするときの対策
・クレンジング・洗顔で心がけたいこと
・化粧水やクリームで心がけたいこと
・乾燥肌におすすめのスペシャルケアは?
・生活習慣で心がけたいこと

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

肌がカサカサする原因は?

小平先生、よろしくお願いします。

今回は、お肌が乾燥してカサカサしているときの対策について、お話しいただきたいと思います。

先生のサロンのお客様にも、乾燥肌の方はいらっしゃいますか?

はい、かなりいらっしゃいますよ。

冬場だけじゃなくて、夏場でも、エアコンなどの影響で、お肌が乾燥されている方はとても多いです。

お肌が乾燥してカサカサだと、どんな影響がありますか?

まずは、化粧ノリが悪くなってしまいますよね。

(参考:エステティシャンに聞く化粧ノリについて

それに、乾燥が進むと、皮膚も薄くなってきますので、それでお肌が赤くなったり、皮がむけたりする場合もあります。

それに、お肌が薄くなってくると、ちょっとしたことで色素沈着が起こったりして、トラブルの起きやすいお肌になります。

(参考:美容セラピストに聞く皮膚の薄さについて

肌の乾燥はどうして起こる?

お肌の乾燥は、何によって起こるんでしょうか?

お肌の水分が減少することも、もちろんそうですし、「セラミド(皮膚の水分保持に関わっている成分)」の減少もあります。

年をとると、セラミドの量も減少するといいますもんね。

はい、それも大きいです。

それから、乾燥肌は、角質(皮膚表面の古い肌細胞)が厚くなることも関係しています。

角質が厚い分、皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)が十分に回りづらくなりますので、お肌は乾燥しやすくなります。

(参考:美容セラピストに聞く角質肥厚について

それは、角質が厚くなると、皮脂膜(皮脂と汗などの水分で作られる天然の保護膜で、皮膚の水分の蒸発を防ぐ役割などがある)が、不十分になりやすいということですか?

はい、そうです。

そうして、お肌のバリア機能が低下すると、外の環境からお肌を守る力も低下しますので、それによって、お肌がカサカサになったりシワが出来たりしやくなります。

(参考:エステティシャンに聞く乾燥小じわについて

後は、ターンオーバーがきちんと働いていなくて、健康的なお肌が作られていない状態によっても、乾燥肌は起こります。

ターンオーバーとは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ち、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます」。

(参考:美容セラピストに聞くターンオーバーとは

肌が乾燥しやすくなる年齢は?

年齢が上がるにつれて、お肌は乾燥しやすくなると思いますが、何歳くらいから、乾燥が顕著(けんちょ)に表れやすくなりますか?

以前は、25がお肌の曲がり角といわれていました。

(参考:美容セラピストに聞くお肌の曲がり角について

ただ、現代社会は、その年齢が下がっていて、1516歳くらいから、お肌の状態が変わってくる方もいらっしゃいます。

え、10代からですか!?

それは、すごく早いです…。

はい、それに、赤ちゃんにも、生後3ヶ月くらいからお肌が乾燥する子が増えているそうですよ。

それは、どうしてなんでしょう…?

赤ちゃんがお腹の中にいるときからの食べ物などが、原因になったりするのだと思います。

生活習慣で原因になること

日々のスキンケアや生活習慣で、乾燥肌の原因になることはありますか?

サロンのお客様にもいらっしゃるのですが、クレンジング・洗顔で、お顔を洗うお湯の温度が高い方が多いです。

お風呂と同じ40度くらいの温度で、シャワーでお顔をすすぐ方もいらっしゃいます。

それが、どうして乾燥肌につながるんですか?

お顔の皮膚は薄いですので、熱いお湯をかけると皮膚が「熱い、熱い!」となって、お肌の水分が蒸発してしまうんです。

それで、お肌が乾燥していくんですね…。

はい、それに、洗顔後にタオルで拭くときもそうですし、スキンケアを行うときもそうですが、力を入れてゴシゴシとするのも良くありません。

肌摩擦は、お肌の負担が大きいといいますよね。

はい、後は、ご自分の油があまり出ていない状態で、オイルクレンジングを使うと、自分の油まで取りすぎてしまう場合もありますので、そういったところにも気を付けていただきたいです。

他に、生活習慣で、乾燥肌の原因になることはありますか?

睡眠不足食生活の乱れも大きいですし、現代社会ですと、冷暖房の影響も避けられません。

それから、寝る直前の飲酒も、お肌が水分不足になりやすいです。

それは、どうしてですか?

お酒は、体内の水分を持って行くような作用があるからです。

肌が乾燥してカサカサするときの対策

先生のサロンでは、乾燥肌の施術・ケアには、どんなことが効果的ですか?

フェイシャルのメニューでは、お顔のお手入れはもちろんですが、デコルテ・首・背中のほうまで流していきます。

乾燥肌を改善するのに、どうしてデコルテなどを流すことも大事なんですか?

老廃物を流すことで、デトックス効果(体内の老廃物を排出すること)があるからです。

老廃物がたまっていることも、ターンオーバーがきちんと働かくなる原因になります。

そうすると、角質もたまってきてしまいます。

ですので、老廃物を流すことは、お肌にも全部つながっていきます。

それから、毛穴詰まりで角質がたまることもありますので、ディープクレンジング(毛穴汚れを落とすこと)でその汚れをしっかり落とすことも行っています。

後は、ビタミンCなどの「イオン導入(イオンの力で美容液を浸透させる機械)」も行っていますし、角質が厚くなっている方には、フルーツ酸を用いた「ピーリング(酸で角質をほぐして剥がし落としやすくる角質ケア)」も行っています。

(参考:エステティシャンに聞くイオン導入について

他にも、肌再生を促す「ハーブ」などもありますよ。

クレンジング・洗顔で心がけたいこと

お肌が乾燥してカサカサするときは、クレンジング・洗顔で、どんなことを心がけたらいいですか?

乾燥肌の方は、クレンジングは、クリーム・ミルク・ジェルタイプなどがおすすめです。

(参考:美容専門家に聞くクレンジングの種類

自分の油を落としすぎないクレンジングを使うということですね?

はい、それで、クレンジング料をお肌に優しく置いて、摩擦を起こさないことです。

そのときに、手でクレンジング料を押さえるようにして、自分の熱で温めてあげることも大事ですよ。

それで、メイク汚れも浮かび上がりやすくなるんですか?

はい、そうです。

では、洗顔でのポイントはありますか?

洗顔は、お肌に優しい弱酸性の泡で洗っていただきたいです。

汚れを落とすには、弱アルカリ性のほうがいいのですが、乾燥肌の方は、弱酸性の洗顔料がおすすめです。

お肌も元々、弱酸性ですもんね。

はい、その上で、お顔をすすぐときは、手でお顔を覆うようにして、ぬるま湯で30回くらいしっかりとすすいでいただきたいです。

どうして、30回もすすぐことが大事なんですか?

洗顔料がお肌に残っていると、毛穴に詰まったりしてトラブルの原因になります。

ですから、洗顔後は、きちんとすすぐことが大事ですよ。

化粧水やクリームで心がけたいこと

お肌がカサカサして乾燥しているとき、化粧水やクリームで心がけたいことはありますか?

乾燥肌の方は、アルコールを含んだ化粧水は控えたほうがいいです。

アルコールは、お肌の水分を蒸発させて、余計に乾燥させてしまいますので。

それで、化粧水は、手の平でお顔を覆うようにして、お肌に入れ込んでいただきたいです。

そのときも、いちどに化粧水を付けると、化粧水も蒸発しやすいですので、何回かに分けて付けるのがおすすめです。

それで、化粧水の後は、すぐに乳液・クリームを付けます

化粧水を付けただけでは、ふたができていない状態ですので、化粧水も蒸発しやすいです。

ですので、時間をかけずに乳液・クリームを入れ込んで、ふたをしてあげます。

それは、外でお肌に水分補給するときにもいえることで、その後も、できればクリームを使ったほうがいいです。

お肌がかなり乾燥している方でしたら、セラミド入りのクリームを、気になる場所にだけ付けるのもおすすめですよ。

乾燥肌におすすめのスペシャルケアは?

ちなみに、乾燥肌を改善するのに、特に効果的なスペシャルケアはあるんですか?

そうですね、例えば「炭酸パック」は効果が早いですよ。

(参考:美容セラピストに聞く炭酸パックの効果

炭酸パックは、シュワシュワとして、お肌への浸透が早く感じられます。

それから、お肌の表面が乾燥していると、そもそもスキンケア化粧品も中に入りづらいですので、導入の機械を使って、美容液を導入していくのもいいですよ。

生活習慣で心がけたいこと

お肌が乾燥してカサカサしているときに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

食事で、いい油を摂ることも大事です。

それが、自分の油にもつながるからですね?

はい、そうです。

それから、「タンパク質」や「ビタミンC」を意識的に摂ったりするのもいいですよ。

それらは、お肌を作るのに必要なものですので。

後は、ストレスをためないこともそうですし、人間の身体は222時の間に成長ホルモンが出ますので、その時間帯に睡眠をとっていただきたいです。

それは、ホルモンバランスを整えることにもつながります。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、お肌が乾燥してカサカサするときの対策をまとめます。

1. クレンジングは、クリーム・ミルク・ジェルタイプなどを使用する
2. クレンジングは肌摩擦を起こさず、手で押して自分の熱で温める
3. 洗顔は弱酸性の洗顔料で、泡で洗う
4. 洗顔後は、手で顔を覆うようにして、ぬるま湯で30回くらいすすぐ
5. アルコールを含んだ化粧水は控える
6. 化粧水は、手の平で顔を覆うようにして、重ね付けする
7. 化粧水の後は、すぐに乳液・クリームを付ける
8. 炭酸パック
9. 導入の機械を使って美容液を導入する
10. 良質な油・タンパク質・ビタミンCを摂る
11. 生活習慣を正す(ストレスをためない、22~2時の間に寝る、など)

「お肌がカサカサ?」と乾燥の気になっている方は、小平先生のアドバイスを是非参考にしてみてください。