美容のスペシャリストが教えるキレイ

疲れ顔の改善方法7つ!スキンケアからツボ押しまで!エステ員に聞く

本日のキレイの先生

阪上 千草 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「疲れ顔」です。

神奈川県横浜市 エステ・アロマ・リフレのサロン カルム の阪上 千草 先生にインタビューさせていただきました。

夕方、窓や鏡に映った自分の疲れ顔をみて、驚くことはありませんか?

顔に疲れが出ていると、実年齢からプラス5歳前後にみえやすいといいます。

今回、阪上先生には、スキンケアからツボ押し、顔のエクササイズなど、疲れ顔の改善方法を教えていただきました。

即効性の高い方法もあるといいますので、疲れ顔が気になる方は、ご参考にしていただきたい内容です。

目次

疲れ顔の原因
・どんなことから顔が疲れたようにみえる?
・疲れ顔は何から起こるのか?
・生活習慣で原因になること

疲れ顔の改善方法
・お風呂でクレンジング・洗顔を行うなど
・化粧水はプッシングで付けるなど
・お風呂でのコットンパック
・目の下のクマにはツボ押しもおすすめ
・「ポ・リ・バ・ケ・ツ」と発音するだけの顔のエクササイズ
・生活習慣で心がけたいこと

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

疲れ顔の原因

阪上先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「疲れ顔」です。

先生のサロンのお客様にも、疲れ顔の方はいらっしゃいますか?

はい、多くいらっしゃいますよ。

疲れ顔ですと、見た目の印象も変わってくると思います。

そうですね、実年齢よりも上にみられやすくなります

(参考:美容セラピストに聞く老け顔について

ちなみに、どのくらい上にみえやすくなりますか?

5歳前後プラスくらいの方が多いと思いますよ。

見た目年齢が5歳プラスは、大きいですよね…(苦笑)。

どんなことから顔が疲れたようにみえる?

そもそも、疲れ顔は、どんな症状からそうみえてしまうんですか?

まずは、目元ですよね。

サロンにお客様がお越しになられたときも、必ず目をみますが、目元のクマたるみもそうですし、目の下のくぼみの影が濃くなってしまっているような方もいらっしゃいます。

(参考:美容セラピストに聞く目の下のクマについて

目元は、そういった疲れが出やすいのでわかりやすいです。

それから、疲れから代謝が悪くなっていると、お肌がくすんでみえるようになります。

(参考:エステティシャンに聞く肌のくすみについて

たしかに、お肌がくすんでいると、疲れているようにみえてしまいますよね…。

はい、それに、例えばほうれい線もそうですが、お顔のたるみでも、疲れ顔にみえやすくなります。

(参考:小顔専門家に聞く顔のたるみについて

疲れ顔の原因

目元のクマ・たるみ・くすみ
肌のくすみ
たるみ
など

疲れ顔は何から起こるのか?

いまお話しいただいたような症状は、どうして起こるんでしょうか?

色々な要因がありますが、血流の悪さが大きいですよね。

例えば、ストレスは血管を縮めてしまうので、そこから血流が悪くなることもあります。

血流が悪くなると、目の下のクマもできやすいですし、お肌のくすみにもつながりますよね。

そうですね、血流が悪くなっていると、新しい血液がお顔のほうまで上がりづらいですので、古い血液がお顔にたまっているような状態です。

それで、お肌もくすんでしまいますし、お肌に栄養も行き渡りませんよね。

それに、血流が悪くなっていると、むくみも起こりやすくなると思います。

はい、血管からしみ出た水分が皮膚の下にたまって、お顔がはれぼったい感じにもなりますね。

逆に、お肌の水分が不足していると、になったりしますし、くすんでみえやすいです。

(参考:エステティシャンに聞く乾燥小じわについて

それに、お肌のハリ感がなくなると、まぶたのたるみなどの原因にもなりますね。

(参考:美容セラピストに聞く肌のハリについて

ちなみに、年齢も、疲れ顔と関係していますか?

はい、関係していますよ。

年齢とともに、お肌の「コラーゲン・エラスチン(皮膚の弾力成分)」は減少しますので、それが、お肌のたるみの原因になって、疲れ顔にみえやすくなります。

生活習慣で原因になること

日々の生活習慣で、疲れ顔の原因になることはありますか?

色々な要因がありますが、現代社会は、お仕事でパソコン業務の方も多いですので、それで肩がこり、血流が悪くなることもあります。

特にデスクワークは、運動不足になりがちですので、血行も悪くなりやすいですよね。

デスクワークは、あまり筋肉を動かすこともありませんからね…。

はい、それに、特に女性は、身体の冷えから血流が悪くなっている方も多いです。

それから、偏(かたよ)ったお食事やストレスで便秘になっている方も多いですね。

便秘によっても、血流が悪くなるんですか?

はい、便秘は老廃物が出ていかなくてお腹にたまってしまっている状態ですので。

普段のスキンケアで、疲れ顔の原因になることはあるんですか?

スキンケアでは、クレンジング・洗顔がすごく大事で、汚れをきちんと取らないと、その後の化粧水も中に入っていきません。

ただ、クレンジング・洗顔をチャチャと終わらせている方もいらっしゃいます。

そうすると、お顔に汚れが残ってしまって、それが毛穴に詰まって酸化すると、黒ずみの原因にもなります。

(参考:エステティシャンに聞く毛穴の黒ずみについて

それから、特に夏は、スキンケアを怠(おこた)方も増えます。

エアコンなどで本当はお肌が乾燥しているのに、表面が汗でうるおっているので勘違いされて、化粧水で終わらせる方もいらっしゃいますし、中には、何も付けない方もいらっしゃいます。

そうすると、お肌はさらに乾燥して、それが疲れ顔にもつながっていくんですね。

はい、そうですね。

疲れ顔の改善方法

先生のサロンでは、疲れ顔を改善するのに、どんな施術・ケアが効果的ですか?

人気があるのが、ハンドで痛気持ちいいマッサージを兼ねた小顔のフェイシャルメニューが人気です。

それは、お顔のむくみも取れますし、普段動かせていない筋肉まで引き上げていきます。

特に日本人は、表情筋(表情を形作る顔の筋肉)を動かせていない方が多くて、それがたるみの原因にもなります。

そのマッサージでは、表情筋を動かすのを手伝ってあげます。

それは、疲れ顔に即効性があるんですか?

はい、目や、鼻立ち、フェイスラインもすっきりしますよ。

お風呂でクレンジング・洗顔を行うなど

疲れ顔を改善するのに、普段のクレンジング・洗顔でやれることはありますか?

お風呂場で、クレンジング・洗顔を行っていただきたいです。

お風呂場でお化粧を落とすと、蒸気で毛穴を開くことができますので、その状態でクレンジング・洗顔を行うと、毛穴の奥の汚れまで取りやすくなります

汚れをきちんと落とせれば、くすみの解消にもなりますから、それは、疲れ顔にも即効性がありそうですね。

はい、しかも、バスタイムは気分がゆったりしているときですので、洗面所でクレンジング・洗顔を行うよりも、自然と長めに行うようになりますので、それによるマッサージ効果もあります。

その他に、クレンジング・洗顔でのポイントはありますか?

クレンジング・洗顔はゴシゴシ行えばいいものではないので、摩擦(まさつ)は避けていただきたいです。

クレンジング料も洗顔料も、成分で汚れを浮き上がらせますので、手で汚れを取るのではなく、手とお肌の間に、泡やクリームが入っているようにして洗います。

化粧水はプッシングで付けるなど

疲れ顔を改善するのに、化粧水やクリームなどで心がけられることはありますか?

まずは、けちらないことです(笑)。

決まった適量を必ず付けていただきたいです。

それから、夏場には、化粧水を冷蔵庫に入れておいて、それをバシャッと付けたいという方もいらっしゃると思います。

ただ、できれば、化粧水は手で人肌くらいに温めてから入れるほうが、お肌に入っていきやすいです。

その上で、手で押さえるようにして…それを、「プッシング」というのですが…そうしてプッシングで化粧水を入れ込んでいくのがおすすめです。

化粧水だけでも、疲れ顔は違ってきます?

はい、きちんと化粧水を入れてあげれば、お肌に透明感も出てきますので。

それに、お肌のpHバランス(ペーハーバランス・酸性とアルカリ性の度合いを表した数値)も整ってきます。

その上で、お肌にクリームを塗れば、キメも整ってきますよ。

お風呂でのコットンパック

ちなみに、疲れ顔を改善するのにおすすめのスペシャルケアはありますか?

お風呂につかるときに、コットンに化粧水をビシャビシャに濡らして、それをお顔に乗せ、その上からシャワーキャップをかぶせてあげることです。

「コットンパック」ですね。

(参考:エステティシャンに聞くコットンパックのやり方

はい、そのときは、シャワーキャップの鼻のところにだけ、はさみを入れます。

シャワーキャップは、100円ショップで取り扱っているもので大丈夫ですよ。

そうすると、お風呂の湯気で毛穴も広がりますので、化粧水がしっかりと浸透しやすいです。

5~10分でもいいですので、それはおすすめです。

先程、お風呂でクレンジング・洗顔をするのもおすすめとおっしゃっていましたが、それと合わせて、一緒にコットンパックまでやるのもいいですね。

疲れ顔にも即効性が高そうです(笑)。

はい、いいと思いますよ(笑)。

目の下のクマにはツボ押しもおすすめ

疲れ顔を改善するのに、おすすめのマッサージはありますか?

初心者の方が、お顔のマッサージを行うと、逆にお顔をたるませてしまう可能性もあります。

ですので、サロンのお客様には、マッサージというよりもツボ押しをおすすめします。

ツボ押しでしたら、あまり失敗はありませんので。

疲れ顔におすすめのツボ押しもあるんですか?

例えば、目の下のクマでしたら、目の下を3秒くらい軽く押してから離すのもいいですよ。

目の周りには、色々なツボがありますから、それだけでもツボを刺激できそうですね。

はい、それに、血流も良くなりますので、目の下のクマにはとてもいいですよ。

目周りの主なツボ

1) 晴明(せいめい)
2) 攅竹(さんちく)
3)  魚腰(ぎょよう)
4)  糸竹空(しちくくう)
5)  承泣(しょうきゅう)

ツボ押しのやり方

目の下を3秒くらい軽く押してから離す

「ポ・リ・バ・ケ・ツ」と発音するだけの顔のエクササイズ

先生のサロンでは、疲れ顔には、表情筋を動かすようなマッサージも効果的とのことでしたが、セルフケアで表情筋にアプローチできるような方法もあるんですか?

はい、おすすめなのは、「ポ・リ・バ・ケ・ツ」と大きな口で言っていただくことです。

それで、口角を動かすことができます。

それだけでいいんですか(笑)?

はい、大丈夫ですよ(笑)

そのときに、「ポ」と言うときは、お顔を上に向けて、「リ」と言うときは、お顔を下げるようにすると、首のリンパを流すこともできますので、首もすっきりします。

それに、首筋も動きますので、コリの解消にもつながります。

顔のエクササイズの方法

「ポ・リ・バ・ケ・ツ」と大きな口で言う

■ 発音するときのポイント
・「ポ」:顔を上に向ける
・「リ」:顔を下げる

生活習慣で心がけたいこと

疲れ顔を改善するのに、生活習慣で心がけられることはありますか?

お顔の問題は、お顔だけに原因があるのではありません。

身体が健康じゃなければ、それがお顔にも表れます。

ですので、バランスの良い食事も大切ですし、適度な運動も…それは、ストレッチなどでもいいので、行っていただきたいです。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、疲れ顔の改善方法をまとめます。

1. お風呂でクレンジング・洗顔を行う
2. クレンジング・洗顔は摩擦を避けて行う
3. 化粧水は手で人肌くらいに温めてからプッシングで入れ込む(お手入れの最後はクリームを塗る)
4. お風呂でコットンパックを行う(上からシャワーキャプをかぶせるのがおすすめ)
5. 目の下のツボ押し(特に、目の下のクマにおすすめ)
6. 「ポ・リ・バ・ケ・ツ」と大きな口で言う
7. 生活習慣を整える(バランスの良い食事、適度な運動、など)

特に、疲れ顔を改善するのに即効性が高いのは、お風呂の中でスキンケアを行うことといえます。

お風呂の蒸気で毛穴も開きますので、クレンジング・洗顔で汚れも取れやすくなりますし、化粧水などの浸透力も高まります。

それに、身体が温まりますから、くすみの解消にもつながります。

疲れ顔が気になるときは、お風呂につかって、その中でスキンケアを行うのもおすすめですよ。