キレイの先生

ホーム > 美肌 > スキンケア > 

肌をすべすべにする方法11個!保湿に角質ケアも!美肌専門家に聞く

ビューティーコンシェルジュ ビエストラ  中川 真由美 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「お肌をすべすべにする方法」です。

東京都二子玉川 ビューティーコンシェルジュ ビエストラ の中川 真由美 先生にインタビューさせていただきました。

お肌がなめらかであることは、美肌の大切な要素のひとつだと思います。

お肌をすべすべにするには、普段のスキンケアで、どんなことを心がけると良いでしょうか?

中川先生に教えていただきました。

目次

肌のなめらかさがなくなる原因
・なめらかさがない肌とは
・生活習慣などで原因になること

肌をすべすべにする方法
・クレンジング・洗顔で心がけたいこと
・化粧水やクリームなどで心がけたいこと
・拭き取り化粧水
・生活習慣で心がけたいこと

まとめ

肌のなめらかさがなくなる原因

中川先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「お肌をすべすべにする方法」です。

お肌がすべすべだと、どんないいことがありますか?

お肌がつるつるすべすべだと、ひとつは、化粧ノリが良くなりますよね。

(参考:エステティシャンに聞く化粧ノリを良くする方法

それから、お肌に透明感も出てきて、きれいにみえます。

お肌がきれいかどうかは、その人の第一印象を司(つかさど)る部分でもありますので、そういったお肌のツヤ感は、お顔の印象を左右すると思います。

(参考:美容セラピストに聞くお肌の透明感について

当たり前ですが、いいこと尽くしですよね(笑)。

はい(笑)。

それに、お肌がすべすべですと、バリア機能(水分の蒸発を防いだり外部の刺激から皮膚を保護したりする働き)が整っているということですので、ニキビなども出来づらいです。

いま、バリア機能のお話が出ましたが、すべすべのお肌は、どんな状態といえるんですか?

お肌のバリア機能が整っていることもそうですし、お肌のうるおいがあることもそうですし、お肌のキメが整っていることもそうです。

それら全部ですよね(笑)。

なめらかさがない肌とは

では、すべすべのお肌とは反対に、なめらかさのないお肌は、どんな状態と考えられますか?

若い子に多いのですが、死んだ細胞である「角質」は、本来は垢(あか)になって剥(は)がれ落ちますが、それが肥厚(ひこう)してたまると、お肌は透明感がなくなってガサガサしてきて、すべすべにはみえなくなります。

(参考:美容セラピストに聞く肌のがさつきについて

それに、年齢を重ねてきた方は、お肌の水分量が少なくなると、お肌がカサカサにみえますので、そういったことでも、すべすべのお肌とは程遠くなってしまいます。

(参考:エステティシャンに聞く肌の乾燥によるかさつきについて

後は、季節によっても、お肌の表面のバリア機能が乱れやすい時期があります。

例えば、花粉症の時期は、お肌のバリア機能が低下していることによる影響も受けやすいですし、秋口の季節の変わり目は、夏の紫外線などの影響もあって、お肌が分厚くなってお肌に透明感がなくなりやすいです。

(参考:美容セラピストに聞く季節の変わり目のゆらぎ肌について

生活習慣などで原因になること

年をとると、お肌のなめらかさはなくなってくると思いますが、それはどうしですか?

お肌は20代を超えると衰え始めます

え、お肌の衰えは20代から始まるんですか!?

かなり早いんですね…。

そうですね、ですので、美意識の高い方ですと、30代の手前から、お肌の水分量の減少やハリがなくなってきたことを気にされます。

ただ、全体的にそれが顕著(けんちょ)に表れてお顔の印象が変わってくるのは、30代半ばくらいからが多いと思います。

毎日のスキンケアで、お肌のなめらかさがなくなる原因はありますか?

角質が厚くなってお肌がざらざらしている方には、クレンジングと洗顔がきちんと行えていないことが多いです。

特に、クレンジングは、お時間がないからと拭き取りシートのタイプのものをお使いの方もいらっしゃいますが、それは、お肌にダメージを与えやすいですし、汚れも取りきれていない場合もあります。

それから、年齢を重ねると、お肌のハリもなくなってきます

自分自身のお肌が持っているものだけでは限界があるんですね。

そういう方は、お肌のハリが出るものを外から補ったほうがいいのですが、それが不足していることも、お肌のなめらかさがなくなることにつながります。

他に、日々の生活習慣で、お肌のなめらかさがなくなる原因はありますか?

食生活は大切ですので、添加物の入っているものを摂りすぎるのも良くありません。

それから、紫外線を無防備に浴びることは避けたいです。

紫外線は、老化現象の8割といわれていますので、美容面の何においても良くないです。

後は、睡眠時間をきちんと取れていないと、お肌は回復しません。

特に、女性は睡眠不足ですと、美容面で顕著に影響が表れやすいですよね。

肌をすべすべにする方法

先生のサロンでは、お肌をすべすべにするのに、どんな施術・ケアが効果的ですか?

お客様のお肌の状況に合わせて対応させていただいていますが、例えば角質の厚い方でしたら、ソフトスクラブ(微細な粒子で物理的に余分な角質を取り除く角質ケア)で、お肌を傷つけない程度の角質を優しく取ったりもします。

(参考:エステティシャンに聞くスクラブの効果について

それから、専用の化粧品を使ってコットンで拭き取り、成分で優しく余分な角質を取り除くようなことも行っています。

いらない角質を何枚か取っていくようなイメージです。

(参考:エステティシャンに聞く拭き取り化粧水について

後は、スクライバーの超音波で、お肌の汚れをかき出すようなこともしています。

年齢を重ねた方ですと、その方に合ったお肌を成分に入れていくことが有効で、マッサージでお顔を引き上げつつ、お肌の内側まで成分を入れていったりします。

クレンジング・洗顔で心がけたいこと

お肌をすべすべにするのに、クレンジング・洗顔で心がけたいことはありますか?

クレンジングは、もの選びが大事です

例えばオイルクレンジングは、とても安価なものも市販されていますが、そのオイルクレンジングの「オイル」には、美容オイルが配合されているのか、それとも鉱物油などが配合されているのかで、大きな差が出ます。

オイルクレンジングであれば、天然オイルのクレンジングがおすすめです。

クレンジングは、ミルクタイプがお肌に優しいと思われていますが、水分と油分のバランスを考えたときに、ミルクタイプは水分が多めですので、サロンでは、クリームタイプジェルタイプをおすすめしています。

それから、ダブル洗顔(クレンジングと洗顔を行うこと)を面倒くさくて行えていない方もいらっしゃいますが、朝は洗顔だけでも大丈夫ですが、夜はダブル洗顔をしていただきたいです。

クレンジングや洗顔のやり方でポイントはありますか?

クレンジングは、力加減がとても大切です。

クレンジングでゴシゴシされる方もいらっしゃいますが、お肌を優しく包み込むように、外回りにクルクルと上に向かって行っていただきたいです。

それから、目の周りは皮膚がいちばん薄い場所ですので、そこは、シワを寄せないようにして特に優しく行うといいですね。

(参考:美容セラピストに聞く目元について

クレンジングのやり方

肌を優しく包み込むようにして、外回りにクルクルと回しながら上に向かって行う
目の周りはシワを寄せないように、特に優しく行う

洗顔は、泡で洗うことが大切です。

洗顔料を、お顔で泡立てるのではなく、100円ショップなどにも泡立てネットがありますので、そういったものを使って、モコモコの泡を立てて泡の弾力で洗っていただきたいです。

(参考:エステティシャンに聞く洗顔石鹸の泡立て方

洗顔のやり方

モコモコの泡を立てて、泡の弾力で洗う

それから、クレンジング・洗顔では、熱すぎるお湯でお顔を洗うと、必要な油分まで取りすぎてしまいますので、お身体を洗うときのお湯よりも温度を下げて、ぬるま湯かお水でお顔を洗っていただくのがいいです。

化粧水やクリームなどで心がけたいこと

お肌をすべすべにするには、保湿も大事だと思います。

スキンケアで心がけたいことはありますか?

化粧水は、手やコットンで付ける方法がありますが、そのどちらがいいかは、お使いの商品によって変わってきます。

ただ、一般的には、コットンで化粧水を付けたほうが、手で付けるよりも化粧水の入りがいいと思います。

化粧水がムラなくお肌のほうに入っていきますので。

化粧水は、どちらの付け方をするにしても、商品に書いてある量を守っていただければ大丈夫ですよ。

それよりも大事なのは、スキンケアの工程です。

ローション(化粧水)だけで終わると水分が蒸発してしまいますので、化粧水を付けて「お肌の温度が下がったな」と感じたら、お肌がうるおっている間に、次のミルクやクリームの工程に移ります

後は、お時間のあるときは、ローションをシートマスクにしみ込ませて、スペシャルケアとしてパックしていただくのもいいと思います。

「ローションパック」ですね。

(参考:エステティシャンに聞くローションパックのやり方

はい、それで角質も整いますので。

拭き取り化粧水

それから、季節的に角質がめくれたり分厚くなったりする時期がありますが、そういうときは、普段のお手入れに工程をひとつ加えていただくのもおすすめです。

角質やメラニンを取り除く拭き取り用のローション(化粧水)がありますので、それをコットンにひたひたにして、お肌を拭いていただくと、その後の化粧水の入りがすごく良くなります。

例えば、手の甲にセロハンテープを貼ってめくると、白いものが付いてくると思います。

それが、死んだ細胞の角質です。

拭き取り用のローションで、その角質を取り除いていくだけで、お肌の透明感が違ってきますし、スキンケアの保湿感も変わりますよ。

生活習慣で心がけたいこと

お肌をすべすべにするのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

日常生活では、お手入れをしていない時間がいちばん多いわけですから、そこでいかに水分を保持していくかということも大切です。

それには、季節や肌の状態に合わせて、ファンデーションや化粧下地をお選びになるのもいいですよ。

それは、どう選べばいいんでしょうか?

例えば、お肌が乾燥しやすい季節は、リキッドタイプが向いています

逆に、汗をかきやすい時期は、パウダータイプにしたほうがいい方もいらっしゃいます。

そこは、ご自身のお肌のコンディションに分けて使い分けていただきたいです。

後は、基本的なことですが、食生活睡眠といったことも大事ですよ。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、お肌をすべすべにする方法をまとめます。

1. 夜はダブル洗顔を行う(朝は洗顔だけでもOK)
2. クレンジングはアイテム選びが大事(一般的に、クリームタイプやジェルタイプは水分と油分のバランスが良い)
3. クレンジングは肌を包み込むようにクルクルと上に向かって優しく行う
4. 洗顔は泡の弾力で洗う
5. クレンジング・洗顔はぬるま湯で行う
6. 商品にもよるが化粧水はコットンで付けたほうがお肌にムラなく入る
7. 化粧水でうるおっている間に乳液やクリームを付ける
8. スペシャルケアとしてローションパックを行う
9. 拭き取り化粧水で角質を取り除いてからスキンケアを行う
10. 季節やお肌の状態に合わせてファンデーション・化粧下地を選ぶ(乾燥しやすい時期はリキッドタイプ、汗をかきやすい時期はパウダータイプ、など)
11. 生活習慣を正す(食生活を整える、睡眠時間をきちんと取る、など)

お肌をすべすべにするには、丁寧にクレンジング・洗顔を行うことや、きちんと保湿することはもちろんですが、角質ケアにも意識を向けていきたいですね。

お肌のなめらかさを感じなくなったときは、中川先生のアドバイスをご参考にしてみてください。

本日のキレイの先生