キレイの先生

ホーム > 美肌 > 肌トラブル > 

ゆらぎ肌を改善するには?一時的な敏感症状の対策8つを美容家に聞く

ヒーリングエステPrim  馬場 たきこ 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「ゆらぎ肌」です。

大阪府枚方市 ヒーリングエステPrim の馬場 たきこ 先生にインタビューさせていただきました。

ゆらぎ肌は、お肌の状態が不安定なことをいいます。

特に季節の変わり目は、お肌がゆらぎやすいと思います。

ゆらぎ肌を改善するには、どうしたら良いでしょうか?

馬場先生に教えていただきました。

目次

ゆらぎ肌とは
・ゆらぎ肌は何から起こる?
・症状の出やすい場所は?
・季節の変わり目に肌がゆらぎやすいのは?
・生活習慣で原因になること

ゆらぎ肌を改善するには
・クレンジング・洗顔で心がけたいこと
・化粧水やクリームなどで心がけたいこと
・生活習慣で心がけたいこと

まとめ

本日のキレイの先生

ヒーリングエステPrim

馬場 たきこ 先生

「キレイの先生」編集部

ゆらぎ肌とは

馬場先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「ゆらぎ肌」です。

まずは、ゆらぎ肌とは何ですか?

ゆらぎ肌は、季節の変わり目や、体調のちょっとした変化で、お肌が不安定な状況になることをいいます。

お肌が不安定な状況というのは、どんな症状が起こりやすいんですか?

例えば、お肌が乾燥したり肌荒れしたりすることもそうですし、ピリピリしたりかゆみが出たり、化粧ノリが悪くなったりもします

(参考:エステティシャンに聞く化粧ノリについて

話をお聞きすると、ゆらぎ肌は、敏感肌の症状に近いんでしょうか?

そうですね、敏感肌の症状に似ていて、一時的にそれが起こっているような感じです。

ゆらぎ肌の症状

肌の乾燥
肌荒れ
肌がピリピリする
肌のかゆみ
化粧ノリが悪くなる
など

ゆらぎ肌は何から起こる?

ゆらぎ肌は、お肌がどうなっている状態なんですか?

お肌のバリア機能が低下して、水分が蒸発しやすくなっている状態です。

それによって、お肌が乾燥しやすくなって、かさつきや赤みが出やすくなっていると考えられます。

ゆらぎ肌とは

皮膚には、水分が蒸発しないように防いだり外部の刺激から皮膚を保護したりする「バリア機能」があります。

ゆらぎ肌は、そのバリア機能が低下することで、お肌が乾燥しやすくなる他、外部の刺激からの影響を受けやすくなって、お肌の赤みなどの症状につながります。

症状の出やすい場所は?

ちなみに、ゆらぎ肌の症状が出やすい場所はあるんですか?

サロンのお客様には、目の周りに症状の出る方が多いです。

目元が乾燥する方もいらっしゃいますし、中には、赤くなって腫(は)れる方もいらっしゃいます。

(参考:美容セラピストに聞く目元の乾燥について

それはやっぱり、目の周りは皮膚が薄いからなんでしょうか?

はい、そうですね。

季節の変わり目に肌がゆらぎやすいのは?

季節の変わり目は、お肌がゆらぎやすいと思います。

先生のサロンのお客様にも、季節の変わり目に、ゆらぎ肌になる方はいらっしゃいますか?

はい、おられますよ。

春にゆらぎ肌になる方もいらっしゃれば、秋にゆらぎ肌になる方もいらっしゃいます。

季節によって、ゆらぎ肌になる人が違うんですね。

そうですね、春にゆらぎ肌になるのは、花粉の影響が大きいと思います。

たしかに、春先は花粉による刺激がありますよね。

ちなみに、秋はどうしてゆらぎ肌になりやすいんですか?

秋は、乾燥する日も増えてきますので、そういった環境的な要因もあります。

たしかに、空気が乾燥していると、お肌も乾燥しやすくなりますもんね…。

はい、それから、急激に寒くなったり暑くなったりする気温の変化によっても、ゆらぎ肌になりやすいです。

身体は汗で体温調整しているといいますが、急激な気温の変化は、そのバランスが崩れてしまって、お肌の状態も不安定になるんでしょうか?

お肌は皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)も分泌していますので、例えば皮脂の分泌が増えると、毛穴に皮脂が詰まって角質(皮膚表面の古くなった肌細胞)が厚くなったりしますので、そういった側面もあると思います。

後は、ホルモンバランスや自律神経(人の身体と心をコントロールしている神経)の乱れも関係してきますよね。

それによって、ターンオーバーの乱れも生じてしまいますので。

(参考:リラクゼーションセラピストに聞く自律神経について

そうか、ターンオーバーが乱れることも、お肌のバリア機能が低下する原因になりますから、それで、お肌がゆらぎやすくなるんですね。

ターンオーバーとは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ち、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

(参考:美容セラピストに聞くターンオーバーとは

生活習慣で原因になること

日々の生活習慣で、ゆらぎ肌の原因になることはありますか?

睡眠不足もそうですし、不規則でバランスの取れていない食生活も、原因になります。

それから、ストレスも良くありません。

それは、そういったことによっても、ターンオーバーが乱れるからですか?

はい、そうです。

ゆらぎ肌を改善するには

先生のサロンでは、ゆらぎ肌の人には、どんな施術・ケアが効果的ですか?

ソフトに洗顔やトリートメント(施術)を行って、保湿パックでしっかりと保湿してあげるようにしています。

やっぱり、ゆらぎ肌のお客様には、一層ソフトな施術を心がけられていますか?

はい、気を付けてトリートメントするようにしています。

クレンジング・洗顔で心がけたいこと

ゆらぎ肌を改善するのに、クレンジング・洗顔で心がけたいことはありますか?

サロンのお客様には、ソフトにクレンジング・洗顔していただくように指導しています。

まず、クレンジングはゴシゴシと行わずに、お肌にやわらかく行います

ゆらぎ肌の人におすすめのクレンジングのタイプはあるんでしょうか?

うちのサロンでは、ミルクタイプとオイルタイプのクレンジングを使っているのですが、ゆらぎ肌の方には、ミルクタイプを使用するほうが多いです。

(参考:スキンケア専門家に聞くクレンジングの種類

クレンジングミルクは、クレンジングの種類の中でも、お肌への負担は少ないといいますもんね。

ゆらぎ肌には、洗顔も、ソフトに行うことが大切だと思いますが、それにはどうしたらいいでしょうか?

よく泡を立てて、その泡でソフトに洗っていただくことです。

(参考:エステティシャンに聞く洗顔石鹸の泡立て方

ソフトに洗顔することを考えると、洗顔を長時間行うのも良くないんでしょうか?

そうですね、洗顔は、できるだけ低刺激に抑えたいですので、長時間は避けていただくのがいいと思います。

ただ、特に花粉のシーズンは、洗顔で花粉をきちんと落としていただく必要はありますが。

洗顔を短時間で行うにしても、当たり前に、汚れはきちんと落とすということですね。

はい、後は、クレンジング・洗顔のすすぎは、ぬるま湯でソフトに洗っていただくことをおすすめします。

化粧水やクリームなどで心がけたいこと

ゆらぎ肌を改善するには、スキンケアでの保湿も大切なんですか?

はい、保湿はしっかり行っていただきたいです。

それには、スキンケアでは、どんなことを心がけるといいですか?

化粧水は、手の平に乗せ、何回かに分けて、お肌の深部にまで化粧水をしっかり入れていきます

つまり、化粧水はいちどにたくさん付けるのではなく、少量を何回かに分けて付けるということですか?

はい、化粧水がなじんできたら次を足して、またなじんできたら次を足していきます

それは、どのくらいまで化粧水を重ね付けすればいいんでしょうか?

ご自分で「お肌がしっとりしたな…」という感覚があるまで、化粧水を入れてあげるといいですよ。

なかなかお肌がしっとりしない方は、コットンに化粧水を染み込ませてパックにするのもおすすめです。

ローションパックですね。

(参考:エステティシャンに聞くローションパックのやり方

はい、後は、ゆらぎ肌はお肌のバリア機能が低下している状態ですので、スキンケアの最後は、皮脂膜の代わりに、クリームをしっかり付けるようにします。

皮脂膜とは

皮脂は、皮膚の表面で汗などの水分と混ざり合い、天然の保護膜の「皮脂膜」を作ります。皮脂膜には、皮膚の水分が蒸発しないように防いだり、外部の刺激から皮膚を守ったりするバリア機能の役割があります。

クリームの付け方でポイントはありますか?

クリームもソフトに付けて、乾燥しやすい目の周りなどの場所には重ね付けするのも、いいと思いますよ。

先生のサロンのお客様には、目元にゆらぎ肌の症状の出る方もいらっしゃるというお話でしたもんね。

後は、サロンでは、ローションでパックをしたりもしていますが、それでは保湿が足りなさそうなときは、ジェルクリームを保湿パックとして使っています。

そうすると、市販されているジェル化粧品を保湿パックに使うのも、スペシャルケアとしてはいいかもしれませんね。

はい、そうですね。

生活習慣で心がけたいこと

ゆらぎ肌を改善するのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

バランスの取れた食生活睡眠をしっかり取っていただくこと、ストレスをためずにリラックスする時間を持つことなどです。

サロンではアロマを取り扱っているので、例えばアロマの香りをかいでリラックスしてもらうこともおすすめです。

後は、一年中、紫外線対策をしていただくことも大事ですよ。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、ゆらぎ肌の改善方法をまとめます。

1. ソフトにクレンジングを行う(ゴシゴシしない、おすすめはクレンジングミルク、など)
2. ソフトに洗顔を行う(よく泡を立てて行う、長時間の洗顔は避ける、など)
3. クレンジング・洗顔はぬるま湯で行う
4. 化粧水は重ね付けする(お肌がしっとりするまで化粧水を入れ込む)
5. スキンケアの最後はクリームで仕上げる
6. ジェル化粧品で保湿パックする
7. 生活習慣を正す(バランスの取れた食生活、睡眠をしっかり取る、ストレスをためずにリラックスする、など)
8. 一年中、紫外線対策をする

ゆらぎ肌は、季節の変わり目などに、お肌のバリア機能が低下することで、敏感肌に似た症状が一時的に起こります。

そのため、ゆらぎ肌を改善するには、スキンケアをソフトに行ってきちんと保湿することが大切といえそうです。

季節の変わり目で「お肌がゆらいでいる…?」と感じたときは、馬場先生のアドバイスをご参考にしてみてください。

本日のキレイの先生

馬場 たきこ 先生