美容のスペシャリストが教えるキレイ

口元のしわを改善する!深いシワは阻止!美容専門家に聞く対策法9つ

本日のキレイの先生

清水 のりこ 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「口元のしわ」です。

愛知県名古屋市 癒しの隠れ家 ヴェルテキューレ の清水 のりこ 先生にインタビューさせていただきました。

口元は、小じわの出やすい場所だと思います。

それによって、どうしても老けた印象も強くなってしまいます。

口元のしわを改善するには、どうすれば良いでしょうか?

清水先生に教えていただきました。

目次

口元のしわの原因
・口元のしわは浅いシワか深いシワか?
・生活習慣で原因になること

口元のしわを改善するには
・クレンジング・洗顔のポイント
・化粧水やクリームなどのポイント
・舌回しの運動
・ほうれい線から側頭筋のマッサージ
・生活習慣で心がけたいこと

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

本日のキレイの先生

癒しの隠れ家 ヴェルテキューレ

清水 のりこ 先生

「キレイの先生」編集部

口元のしわの原因

清水先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「口元のしわ」です。

先生のサロンのお客様にも、口元のしわを気にされている方はいらっしゃいますか?

はい、たくさんいらっしゃいます。

口元のしわで、見た目の印象も変わってしまいますよね?

そうですね、口元のエイジングサインは、本当にいちばんといっていいくらい老けてみえるようになってしまいますので。

(参考:美容セラピストに聞く老け顔について

口元は、どうしてしわが出来やすいんでしょうか?

口元は、目元と同様に皮膚が薄いためです。

ですので、乾燥しやすいですし、紫外線などのダメージも受けやすいです。

(参考:エステティシャンに聞く目元について

口元のしわは浅いシワか深いシワか?

シワには、乾燥から起こる小じわと、深いシワがあると思います。

(参考:美容セラピストに聞く乾燥小じわについて

口元のしわは、そのどちらになるんでしょうか?

両方ともありますよ。

若い方ですと、乾燥による浅めのシワが多くて、年齢が増してくると、筋肉の衰えやお肌のハリの低下でどんどん深いシワになっていく印象です。

特に、口元から下に伸びる線…「マリオネットライン」と呼ばれるものですね…それが出ると、老けの見え方がまったく違ってきてしまいますので、この線は早い段階で阻止したいです。

(参考:エステティシャンに聞くマリオネットラインについて

後は、リンパの流れが悪くなっていると、老廃物がうまく流れずに、お顔にたまってしまいます。

そうすると、それだけ余分なものがお顔に停滞しているわけですから、むくみも出てしまいますし、重力の影響でたるみにもつながりやすいです。

そこから、口元のシワにもつながることもあるんですね…。

はい。

生活習慣で原因になること

口元のしわは、年齢も関係しているとおもいますが、何歳くらいから出るようになりますか?

個人差はありますが、目にみえて気になりだすのは、30に入ってからが多いでしょうか。

20代でも美意識が高くてほうれい線を気にされている方もいらっしゃいますが、若い方のほうれい線は、笑って出来るのがほとんどで、かわいらしいともいえます。

それが、30代に入ってくると、少しずつエイジングサインが気になり始めて、40代前半くらいから本格的に気になってくるような印象があります。

日々の生活習慣で、口元のしわの原因になることはありますか?

普段あまり笑わない方無表情の方は、表情筋(表情を形作る筋肉)をあまり使えていないので良くありません。

それが、お顔のたるみの原因にもなります。

(参考:顔のたるみ専門家に聞く咀嚼筋について

筋肉は使っていないと衰えていきますもんね…。

はい、それから、スマホパソコンも、うつむき加減の姿勢になりやすいので、重力の影響でお顔がたるんできて、口元にしわも出来やすくなります。

後は、食べ物をお口の片側だけ噛む横向きで寝る頬杖をつく、といったことも良くありません。

先生には「顔を引き締める方法」についてもインタビューさせていただきましたが、偏っている癖は、顔の左右のバランスが悪くなる原因になるとおっしゃっていましたね。

(参考:清水先生の「顔を引き締める方法」についての記事

はい、他には、リンパという点でも、例えば、肩こり首こりなどもリンパが滞る(とどこおる)原因になります。

口元のしわを改善するには

先生のサロンでは、口元のしわを改善するのに、どんなケア・施術が効果的ですか?

お顔に電流を流して筋肉に働きかける「フェイスエナジーテラピー」もいいですし、オールハンドのマッサージの「小顔リフト整顔(せいがん)」もおすすめです。

口元のしわにも、リンパの流れを良くすることは大事でして、余分な老廃物を流してあげることで、お肌のハリツヤも出てきます。

それから、お顔のお悩みが肩こりなどから来ている場合もありますので、お顔のコースでも、肩なども一緒にお手入れさせていただきます。

クレンジング・洗顔のポイント

口元のしわを改善するのに、クレンジング・洗顔で心がけたいことはありますか?

女性は口紅をするので、口元も、メイクを落とすことは必要になりますよね。

クレンジングは、口元だけじゃなくお顔全体にいえることですが、摩擦はいけません

摩擦は、お肌に負担がかかるといいますもんね。

はい、クレンジング・洗顔は、こすらずに優しく行うことが基本です。

洗い流した後のタオルドライも、こすらずに、タオルを優しく押し当てるようにしてください。

ゴシゴシすると、お肌の乾燥の原因にもなります。

それから、皆さましていないと思いますが、クレンジングで下の方向にグッとするのは避けたほうがいいと思います。

後は、洗顔もこするのは良くないので、泡をいっぱい立てて、手がお顔に直接触れないように、たくさんの泡で押さえるように行うのがおすすめです。

(参考:エステティシャンに聞く洗顔石鹸の泡立て方

洗顔は、クルクルせずに泡で押さえるだけでいいんですか?

そうですね、特に口元などは、泡で押さえるだけでもいいと思いますよ。

化粧水やクリームなどのポイント

口元のしわは、お肌の乾燥からも起こるので、スキンケアでの保湿も大事だと思います。

そうですね、化粧水はパタパタと付けるのではなく、下からそっと押さえるように付けてあげるといいですよ。

それから、お肌の乾燥や日焼けが気になるときは、100円均一のものでも大丈夫ですので、シートマスクに化粧水をたっぷりひたして置いてあげることもおすすめです。

「ローションパック」ですね。

(参考:美容セラピストに聞くローションパックのやり方

はい、特に夏場の陽によく当たった日などには、いいですよ。

ただ、お顔にパックを乗せておく時間が長すぎると、逆にお肌が乾燥する原因になりますから、そこには気を付けていただきたいです。

後は、唇のシワや乾燥にはワセリンがいいので、唇の乾燥のひどい方は、ワセリンの入ったクリームを塗って、その上からラップを5分くらい置いてあげるのもおすすめです。

舌回しの運動

口元のしわにおすすめのマッサージなどはありますか?

はい、ひとつは、舌回しの運動です。

舌回しは、口の中で、歯ぐきの周りを沿うようにして舌を回すんですよね。

(参考:美容セラピストに効く舌回しのやり方

はい、これは意外に疲れて、結構効くと思いますよ(笑)。

ほうれい線から側頭筋のマッサージ

後は、ほうれい線から耳の上の側頭筋(そくとうきん)まで4ヶ所くらいで行うマッサージもおすすめです。

側頭筋とは

側頭筋は、咀嚼筋(そしゃくきん・咀嚼するときに使う筋肉)のひとつで、下顎(したあご)を引き上げる働きがあります。

(参考:美容セラピストに聞く側頭筋について)

まずは、ほうれい線のところを、手根(手の付け根)で上のほうに優しく押さえます

次は、頬骨の下のあたりを、同じように手根で、側頭筋に向かっていくように優しく押さえます

次は、耳の下のところにある咬筋(こうきん)を側頭筋のほうに向かって優しく押さえます

(参考:小顔専門家に聞く咬筋のマッサージ

最後は、側頭筋を引き上げるように押さえます

マッサージのやり方

1. ほうれい線を手根で優しく押し上げる
2. 頬骨の下あたりを手根で優しく押し上げる
3. 咬筋のあたりを手根で優しく押し上げる
4. 側頭筋を引き上げるように優しく押さえる

生活習慣で心がけたいこと

口元のしわを改善するのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

偏った動作の癖を付けないことです。

例えば、食べ物を同じ側で噛まないこともそうですし、頬杖などにも気を付けていただきたいです。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、口元のしわを改善する方法をまとめます。

1. クレンジング・洗顔はこすらずに優しく行う
2. クレンジングで下の方向にグッとしない
3. 洗顔はいっぱい泡立てて泡で押さえるようにして行う
4. 化粧水を下からそっと押さえるように付ける
5. シートマスクに化粧水をたっぷりひたして置く
6. ワセリンの入ったクリームを塗って上からラップをかぶせる
7. 舌回しの運動
8. ほうれい線から側頭筋まで4ヶ所くらいを引き上げるようにしてマッサージする
9. 偏った動作の癖を付けない(食べ物を同じ側で噛まない、頬杖に気を付ける、など)

口元は、皮膚が薄いので乾燥しやすく、しわも出来やすい場所です。

そのしわがどんどん深くなると、老けた印象がより強くなってしまいます。

口元のしわが気になる方は、深いシワに進めないように、清水先生に教えてもらった改善方法をご参考にしてみてください。