キレイの先生

ホーム > 美肌 > 肌トラブル > 

洗顔後の肌のつっぱりは乾燥で起こる?改善方法7つをエステ員に聞く

平澤 梨加 先生  サロンベルツ 旭川店

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「お肌のつっぱり」です。

北海道旭川市 サロンベルツ 旭川店の平澤 梨加 先生にインタビューさせていただきました。

皆さまも、クレンジング・洗顔後にお肌がつっぱるご経験が、いちどはあるのではないかと思います。

クレンジング・洗顔後にお肌のつっぱりを感じるのは、どうしてなのでしょうか?

改善するには、どうしたら良いでしょうか?

平澤先生に教えていただきました。

目次

洗顔後の肌のつっぱりは乾燥が原因?
・スキンケアや生活習慣で原因になること

肌のつっぱりを改善するには
・クレンジング・洗顔のポイント
・化粧水やクリームなどのポイント

まとめ

本日のキレイの先生

サロンベルツ 旭川店

平澤 梨加 先生

「キレイの先生」編集部

洗顔後の肌のつっぱりは乾燥が原因?

平澤先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「お肌のつっぱり」です。

先生のサロンのお客様にも、「クレンジング・洗顔後にお肌がつっぱる…」という方はいらっしゃいますか?

はい、いらっしゃいますよ。

洗顔後のつっぱり感は、何から起こるんでしょうか?

皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)の取りすぎが大きいと思います。

油分を取りすぎてしまうと、お肌は乾燥していきますので。

油分の取りすぎで乾燥?

皮脂は、皮膚の表面で汗などの水分と混ざり合って天然の保護膜「皮脂膜」を作ります。皮脂膜は、皮膚の水分が蒸発しないように防いだり、外部の刺激から皮膚を保護したりする役割があります。

そのため、クレンジング・洗顔で、本来お肌に必要な皮脂まで取りすぎてしまうと、お肌は乾燥に傾きやすくなります。

つまり、お肌が乾燥すると、つっぱりを感じやすくなるということでしょうか?

そうですね、皮脂膜を取りすぎたりしてお肌のうるおいがない状態になると、お肌がピリッと痛がゆくなったり、お肌がパキパキしてつっぱる感じが出たりします。

お肌のつっぱりは、保水能力が低下している状態で起こる症状といえます。

お肌のつっぱりが、他の症状を引き起こしてしまうこともあるんですか?

保水能力が低下してバリア機能が低下している状態といえますから、それによって、アレルギー反応が出たりもします

例えば、季節の変わり目にお肌がかゆくなるケースもありますし、それでお肌をかいてしまうと、お肌がヒリヒリして悪循環になることもあります。

それから、お肌が乾燥して、粉をふいたような状態になる場合もあります。

お肌が粉をふくというのは、どういった状況なんでしょうか?

角質が剥がれ落ちていく力「ターンオーバー」が乱れていたりすると、角質が剥がれそうで剥がれ落ちない状態になります。

それによって、お肌が粉をふいたような状態にみえます。

ターンオーバーとは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ち、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

(参考:美容セラピストに聞くターンオーバーとは

後は、お肌のつっぱりは乾燥から起こるとのことでしたので、シワも出来やすそうですね。

そうですね、乾燥の小じわをそのまま放っておくと、大ジワになって後戻りできなくなってしまいますから気を付けたいところです。

(参考:エステティシャンに聞く乾燥の小じわについて

ちなみに、年齢で、お肌のつっぱりを感じやすくなる、といったこともあるんですか?

年齢が上がるにつれて保水能力は低下しますので、そういったこともあると思いますよ。

お肌のつっぱり 乾燥」ですから。

スキンケアや生活習慣で原因になること

普段、どんなクレンジング・洗顔をしていると、お肌のつっぱりを感じやすくなりますか?

熱い高温のお湯で洗うと、お肌の油分も抜けやすいです。

例えば、冬に熱いお湯でお茶碗を洗うと、手の乾燥を感じることがあると思います。

それと同じことが、お顔でも起こります。

それから、皆さま、お忙しくてお時間のない中で、パッとお手軽にメイクを落とせるクレンジング料で、ササッと終わらせている方もいらっしゃると思います。

クレンジング料には、それぞれに合った落とし方がありますので、その商品の説明に沿って行っていただくのがいいですよ。

後は、クレンジング・洗顔でこするのも良くないんですよね?

はい、ゴシゴシするのはNGですよ。

日々の生活習慣で、肌のつっぱりの原因になることはありますか?

夏場ですと、冷房のきいた室内と外気との温度の違いも、お肌の水分が抜けてしまう原因になります。

後は、紫外線ですね。

ですので、外に出られるときは、紫外線のケアをしていただきたいです。

肌のつっぱりを改善するには

先生のサロンでは、お肌がつっぱるというお客様には、どんなケア・施術をされていますか?

「スキンチェッカー(お肌の水分量をチェックできる機械)」を使って、お客様と一緒にカメラで角質層を確認して、お肌の状態をみさせていただきます。

その上で、普段お使いのスキンケア化粧品をカウンセリングして、より良いケアをアドバイスさせていただいたりしています。

クレンジング・洗顔のポイント

お肌のつっぱりを改善するのに、クレンジング・洗顔でやれることはありますか・

まずは、お肌に合ったアイテムをお選びになることです。

エステサロンや化粧品店のカウンターでご相談されるのも、いいと思いますよ。

それから、クレンジング・洗顔でゴシゴシと洗わないこと、タオルでゴシゴシと拭かないこともそうですし、優しいぬるま湯で洗い流すようにしていただきたいです。

それだけでも、お肌のキメが整ってくると思いますよ。

クレンジングのやり方でアドバイスはありますか?

小鼻や目元などは指先をお使いになると思いますが、出来るだけ手の平で、赤ちゃんを触るような感じで優しくクルクルと回して、汚れを浮かび上がらせていくのがおすすめです。

クレンジングは、手でこすって汚れを落とすんじゃなくて、クレンジング料に汚れを浮かび上がらせて取るんですよね。

はい、そうです。

クレンジング・洗顔のアイテム選びでポイントはありますか?

サロンでは、洗い流した後のつっぱり感のない保湿作用の強いものを使っています。

ですので、汚れはしっかり落とせてさっぱりはするけど、お肌のつっぱりはほとんど出ません。

そうすると、洗い上がりがさっぱりしすぎないクレンジング料などが、いいのかもしれませんね。

そうですね、お肌の水が抜けてしまってパサパサにならないようなものが、いいと思いますよ。

すっきりした洗い上がりだけどしっとりするものは、お店にも出回っています。

まずは、試供品などを試してみて、ご自分のお肌に合うのかお試しになってみるのがいいですよ。

化粧水やクリームなどのポイント

お肌のつっぱりは乾燥から起こるとのことでしたから、スキンケアでの保湿も大事だと思います。

そうですね、お肌のつっぱりを感じた後は、化粧水を何回かに分けて優しく入れていただくのがおすすめです。

サロンのお客様には、手を清潔にした状態で、手の体温で化粧水を温めてから、お肌に優しく入れていくことをおすすめしています。

化粧水には、さっぱりしたテクスチャーのものと、しっとりしたテクスチャーのものがありますが、お肌のつっぱりを感じたときは、しっとりした化粧水のほうがいいですか?

そうですね…それは、どちらがいいかというのは言いづらいですね…(苦笑)。

その方の好き嫌いもありますので。

化粧水は、テクスチャーというよりも、お肌がどのくらい化粧水を飲み込めるかがポイントになります。

特に、お肌のバリア機能が低下していると、どんな化粧水でも入り込んでいきづらいですので、まずはバリア機能を整えることから考えていきたいですね。

それには、化粧水の重ね付けがおすすめなんですね。

はい、そうです。

その後は、保湿力の高いクリームできちんとふたをしてあげます

目の周りなどの小じわが出来やすいところには、たっぷりクリームを塗ってあげるといいです。

お肌のつっぱりを改善するのに、スペシャルケアでやれることはありますか?

私のサロンでは、「クレイパック」を使用しています。

クレイパックとは

クレイパックは、クレイ(とても粒子の細かい粘土)を用いたパックで、吸着力の高さが特長です。

(参考:クレイ専門家に聞くクレイパックの効果

クレイパックは、古い角質は落としますが、必要以上に角質は落としません。

ですので、お肌に水分を入れるバランスを整えてくれて、化粧水が入りやすくなりますよ。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、お肌のつっぱりを改善する方法をまとめます。

1. スキンケア化粧品は自分のお肌に合ったものを選ぶ(洗い上がりがパサパサにならないものがおすすめ)
2. クレンジング・洗顔でゴシゴシ洗わない、タオルでゴシゴシ拭かない
3. クレンジング・洗顔は優しいぬるま湯で洗い流す
4. クレンジングは手の平でクルクルと回して汚れを浮かび上がらせる
5. 化粧水を何回かに分けて優しく入れる
6. スキンケアは保湿力の高いクリームでふたをして仕上げる
7. クレイパック

洗顔後にお肌のつっぱりを感じるのは、クレンジング・洗顔での洗いすぎで、お肌が乾燥に傾いていることが考えられます。

そういったときは、クレンジング・洗顔を優しく丁寧に行うことを意識したり、スキンケアでしっかりと保湿してあげたりすることが大切ですよ。

本日のキレイの先生

平澤 梨加 先生