キレイの先生

ホーム > 美肌 > 肌トラブル > 

毛穴を閉じる方法13!乾燥でも毛穴が開く!毛穴専門家に聞く改善法

毛穴ケア専門サロン シェリローズ  柳川 あけみ 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「毛穴を閉める方法」です。

神奈川県藤沢市 毛穴ケア専門サロン シェリローズ の柳川 あけみ 先生にインタビューさせていただきました。

先生のサロンは、毛穴専門のサロンでいらっしゃいます。

毛穴は、お肌の乾燥からも開くといいます。

そのため、毛穴を閉じるのにも、スキンケアでの保湿がとても大切になるそうです。

毛穴を閉じるためにできることを、柳川先生に教えていただきました。

目次

毛穴の開きの原因
・顔の中で毛穴が開きやすいのは?
・肌の乾燥でも毛穴が開く?
・生活習慣で原因になること

毛穴を閉じるには
・クレンジング・洗顔で心がけたいこと
・化粧水などで心がけたいこと
・生活習慣で心がけたいこと

まとめ

本日のキレイの先生

毛穴ケア専門サロン シェリローズ

柳川 あけみ 先生

「キレイの先生」編集部

毛穴の開きの原因

柳川先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「毛穴を閉じる方法」です。

先生のサロンのお客様にも、毛穴の開きを気にされている方はいらっしゃいますか?

はい、当サロンは毛穴専門ですので、毛穴を気にされている方がほとんどで、毛穴の開きを気にされている方もいらっしゃいます。

毛穴が開いていると、見た目の印象も変わりますか?

そうですね、例えば鼻がイチゴのようにブツブツした感じになって、ファンデーションを塗っても逆に毛穴が目立ってしまったりすることもありますし、お化粧の乗りも悪くなります

(参考:エステティシャンに聞く化粧ノリについて

それから、毛穴が開いていると、毛穴に汚れや皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)が入りやすくなって、それを放置していると、炎症を起こして吹き出物ニキビになる場合もあります。

後は、角栓(かくせん)が出来やすくもなりますね。

角栓とは

角栓は、皮脂や角質(皮膚表面の古くなった肌細胞)が毛穴に詰まって固まったものをいいます。

顔の中で毛穴が開きやすいのは?

顔の中では、どこに毛穴の開きが起こりやすいですか?

若い方からお年を召した方まで多いのが、鼻の頭小鼻周りです。

(参考:美容セラピストに聞く鼻の毛穴について

それから、加齢が進むと、頬にたるみ毛穴がみられるようになりますし、額(ひたい)の眉間あたりにも毛穴が目立ってくるケースもあります。

(参考:美容セラピストに聞く頬の毛穴について

肌の乾燥でも毛穴が開く?

毛穴の開きは、何から起こるのでしょうか?

ひとつは、お肌のうるおい不足による乾燥です。

どうして、お肌が乾燥すると、毛穴も開いてしまうんですか?

例えると、植物を想像していただきたいのですが、土は、水分が不足しているとカピカピになって、そのままでは植物も枯れてしまうと思います。

でも、土に水や栄養を与えると、土もふっくらします。

なるほど、つまり、お肌も乾燥しているとふっくらしませんから、それで毛穴が開きやすくなってしまうということですね。

はい、そうです。

それから、毛穴の開きは、たるみによるものもあります。

加齢とともに、お顔は下がってきて、お顔全体にたるみが出てきます。

そこで毛穴が開いていると、毛穴は縦に楕円形に引き伸ばされます

俗に「たるみ毛穴」と呼ばれるものですね。

これは、特に頬の毛穴などに起こりやすいです。

たるみ毛穴も、そのまま放置しておくと、後が大変になってしまいます。

(参考:美容セラピストに聞くたるみ毛穴について

後は、皮脂の分泌が増えることでも、毛穴は開きやすくなります。

ですので、ほとんどの方がそうだと思いますが、夏の高温多湿の時期は、冬よりも毛穴が開きやすいと思います。

生活習慣で原因になること

日々の生活習慣やスキンケアで、毛穴の開きの原因になることはありますか?

クレンジングで余分な皮脂が汚れをきちんと取れていないと、毛穴の開きも起こりやすくなります。

それから、化粧水でしっかりと保湿することも大事です。

先程、お肌の乾燥も毛穴が開く原因になるというお話がありましたから、スキンケアでの保湿不足も毛穴の開きの原因になりそうですね。

はい、そうですね、それから、とてもシンプルなことですが、「身体に良いことは、お肌にも良いこと」です。

ですので、食事・運動・睡眠・ストレスなども、毛穴の開きの原因になってきます。

例えば、睡眠不足ですと、肌ツヤもなくなってきてしまいますし、皮脂の分泌が異常になることにもつながります。

毛穴を閉じるには

先生のサロンでは、毛穴を閉じるのに、どんな施術・ケアが効果的ですか?

毛穴の開きのタイプにもよりますが、肌質に合わせたクレンジングをいくつか用意しているので、まずはそれで汚れをきちんと落としていきます。

ただ、それだけでは取り切れない角質や汚れもあるので、それを泡洗顔で取っていきます。

泡洗顔は、天然の西洋梨の発酵したエキスから作られたもので、簡単にいうと「フルーツピーリング」です。

ただ、ピーリングといっても、作用は本当に優しいものです。

ピーリングとは

ピーリングは、余分な角質を酸などでやわらかくほぐして剥がれ落ちやすくする角質ケアのことをいいます。

(参考:美容セラピストに聞くピーリングの効果

泡洗顔でも汚れを取り切れていないときは、吸引の機械を使ったり、表面に出ている毛穴詰まりなどをスクライバーで弾(はじ)き出したりします。

それから、パックをして、オイルを使ったリフトアップ効果のあるマッサージを行います。

マッサージで血流が良くなりすぎる場合もあるので、その後は、鎮静作用のあるパックでお肌を引き締めます。

クレンジング・洗顔で心がけたいこと

毛穴を閉じるのに、クレンジング・洗顔で心がけたいことはありますか?

できれば、クレンジングをする前にお風呂に入っていただきたいです。

お風呂に入ると、蒸気で毛穴も開いて汚れを落としやすくなりますもんね。

それもそうですし、肌表面の温度が上がるので、クレンジングのなじみが良くなるんですね。

夏は入浴を避けてシャワーで済ませる方も多いかもしれませんが、夏もぬるま湯でいいので、お風呂にゆっくりつかることをおすすめします。

お身体も温まりますので、お身体にもいいですよ。

それから、オイルクレンジングは市販されている商品も多いですが、商品によっては、お顔の油を取りすぎてしまって、お肌の乾燥を進めてしまう場合もあります。

顔の油の取りすぎで

皮脂は、皮膚の表面で汗などの水分と混ざり合って天然の保護膜「皮脂膜」を作ります。皮脂膜は、皮膚の水分が蒸発するのを防いだり、外部の刺激から皮膚を守ったりする役割があります。

そのため、クレンジングで必要な皮脂まで取りすぎてしまうと、お肌は乾燥に傾きやすくなります

ですので、サロンでは、乳液のようなミルククレンジングを使っています。

ミルクタイプのクレンジングは基本的に、お肌に優しいので、油を取りすぎてしまう心配もあまりありません。

(参考:美容専門家に聞くクレンジングの種類の選び方

それから、サロンでは、その方の肌質によって使用するクレンジングを分けていますが、ご自分のお肌に合ったクレンジングをお選びになってほしいと思います。

毛穴を閉じるのに、クレンジング・洗顔のやり方でポイントになることはありますか?

私は昔、いまのお仕事をする前は、夏でも冬でも、朝は冷たい水で顔を洗っていました。

ただ、冷たすぎる水は良くないんですよね。

冷たすぎる水でお顔を洗うと、お肌がキュッとなって、毛穴の汚れが出ていかずに逆効果になります。

それもあってか、私も当時は、小鼻周りなどのケアが気になっていました。

ですので、クレンジング・洗顔は、人肌くらいのお湯で行うことをおすすめします。

それから、小鼻の周りは、お顔の凹凸で溝(みぞ)になっているので、どうしても洗い残しが出やすい場所です。

ですので、クレンジング・洗顔でそこの洗い流しがないように注意していただきたいです。

それは、額の生え際にもいえることです。

お客様にも、額の生え際に吹き出物やニキビの出る方もいらっしゃいますので。

化粧水などで心がけたいこと

毛穴の開きはお肌の乾燥からも起こるとのことでしたので、毛穴を閉じるのにも、スキンケアでの保湿は大事だと思います。

そうですね、化粧水は、肌質に合ったものをお選びになることが大事です。

例えば、夏だからといって、さっぱりした化粧水だけでは、肌質によっては乾燥してしまう場合もあります。

化粧水の付け方で、アドバイスはありますか?

化粧水を手で付けるときは、化粧水を手の平に乗せてなじませ、パチパチ叩くのではなく、頬やおでこを軽く押さえてお肌にじっくりと入れ込んであげるようにすると、化粧水が入っていきやすいですよ。

後は、パックを使うのもいいと思います。

(参考:美容セラピストに聞くローションパックのやり方

毛穴を閉じるには、保湿用の化粧水の後は、収れん作用のある化粧水で引き締めるのもおすすめです。

それから、お手入れの最後は、乳液を付けてあげます

夏ですと、乳液のべたつきが苦手という方がいらっしゃいますが、サラッとしている乳液もあるので、乳液はきちんと付けてあげたいです。

それでも保湿が足りない方は、乾燥を防ぐための保湿クリームを付けてあげましょう。

お顔全体に付けるのではなくても、状態によって、お肌の乾燥の気になる部分に使ってあげたりするのもいいと思います。

生活習慣で心がけたいこと

毛穴を閉じるのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

夏などの汗をかくシーズンは、汗を拭きとらないで放置しておくと、汗が乾いて蒸発し、お肌の乾燥が進みやすくなります。

ですので、汗をかいたらこまめに拭き取ることもそうですし、汗を軽く上から押さえた後に、収れん作用のある化粧水をスプレーで吹きかけ、それからティッシュで押さえると、お肌が落ち着きやすいです。

それから、サロンのお客様にもおすすめしていて、私自身も行っていることなのですが、寝ている間は汗をかくので…睡眠中は、コップ1杯分くらいの汗をかくといわれていますね…朝晩に「お白湯(さゆ・お湯のこと)」を飲むようにするのもいいですよ。

(参考:アーユルヴェーダセラピストに聞く白湯の作り方

お白湯を作るのは「ちょっと大変だな…」という方は、常温の水で大丈夫ですので、朝は起きてから朝食までにコップ1杯、夜はお風呂上りから寝る前にコップ1杯を飲むようにしましょう。

お水は、他の飲み物と違って余分なものが入っていませんので、身体の中ですぐ使うことができます。

それを行うようになって、「お肌が良くなりました!」というお客様も多くいらっしゃいますよ。

後は、規則正しい食事適度な運動ストレスをためないようにする質のいい十分な睡眠を取る、といったことも大事です。

基本的な生活習慣ですね。

はい、それに、タバコは血流を悪くして、お身体だけじゃなくお肌にも良くありませんので、控えめにした方がいいと思います。

他には、日焼けも、お肌全体の質を下げてしまうので、日焼け止めをしたり、サングラスや日傘を使っていただいたりして、気を付けていただきたいです。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、毛穴を閉める方法をまとめます。

1. クレンジング前にお風呂につかる
2. 肌質に合ったクレンジングを選ぶ
3. クレンジング・洗顔は人肌くらいのぬるま湯で行う
4. クレンジング・洗顔では、小鼻の周りや額の生え際の洗い残しがないように
5. 肌質に合った化粧水を選ぶ
6. 化粧水を手の平になじませてお肌に入れ込むようにして付ける
7. 保湿化粧水の後に収れん作用のある化粧水で引き締め
8. スキンケアの最後は乳液を付けて、状態に合わせて保湿クリームを使う
9. 汗をかいたら拭き取るか、汗を抑えた後に収れん作用のある化粧水をスプレーしてティッシュで押さえる
10. 朝晩にコップ1杯の白湯か常温の水を飲む
11. 基本的な生活習慣を整える(食事・運動・ストレスケア・睡眠など)
12. タバコは控えめにする
13. 日焼けには注意する

柳川先生もおっしゃっていましたが、お肌がうるおっているとふっくらするので、毛穴も目立ちにくくなります。

毛穴を閉じるのには、クレンジング・洗顔で汚れを取ることもそうですが、スキンケアでの保湿も大切ですよ。

本日のキレイの先生