キレイの先生

ホーム > 美肌 > スキンケア > 

肌色を明るくする!鎖骨のマッサージもいい?14の方法をプロに聞く

リラクゼーションサロン ベール  今浦 いさ子 先生

「キレイの先生」編集部です。

本日のテーマは、「肌色を明るくする方法」です。

東京都池袋 リラクゼーションサロン ベールの今浦 いさ子 先生にインタビューさせていただきました。

お肌がくすんで暗いよりかは、肌色が明るい方が、明るくてはつらつとした印象になると思います。

くすみを解消して肌色を明るくするには、どうすれば良いのでしょうか?

今浦先生に教えてもらいました。

目次

肌色が暗くなる原因
・肌のくすみは何から起こるか?

肌色を明るくするには?
・クレンジング・洗顔は優しくケアするなど
・化粧水はたっぷり使うなど
・デコルテのマッサージ
・生活習慣で心がけたいこと

まとめ

本日のキレイの先生

リラクゼーションサロン ベール

今浦 いさ子 先生

「キレイの先生」編集部

肌色が暗くなる原因

今浦先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「肌色を明るくする方法」です。

まずは、お肌は、どんな肌色が理想だと思いますか?

やっぱり、透明感があって明るい肌色が理想的ではないかと思います。

(参考:美容セラピストに聞く透明感のあるお肌の作り方

たしかに、透明感のあるお肌ですと、印象もいいですよね。

そうですね、若々しくて健康的に見えると思います。

後、輝いて見えるといいますか、パッとみたときに「わ、きれい…!」といった印象にもなりますよね。

逆に、お肌がくすんで肌色が暗いと、印象も変わってしまいますよね?

そうですね、「どこか具合いが悪いのかな…」といったように少し不健康そうに見えてしまう部分もあると思います。

肌のくすみは何から起こるか?

透明感のあるお肌というのは、お肌がどんな状態といえるのでしょうか?

血流が良くてお肌も水分を含んでいてみずみずしい状態だと思います。

逆に、お肌がくすんで肌色が暗いのは、どんな状態と考えられますか?

先程とは逆で、血行不良や、お肌の水分が不足していることです。

それから、お肌のキメが整っていないことも挙げられます。

そうすると、お肌が水分を抱き込むことができなくなって、お肌がふっくらしてきません。

後は、角質(皮膚表面の古くなった肌細胞)によるところもあると思います。

そうですね、角質ケアが出来ていないと、角質が分厚くなって、お肌に透明感が出てきませんよね。

あるセラピストさんの例えで「なるほど…!」と思ったことがあるんですが、透明のガラスも、何枚も重なると曇(くも)って見えるじゃないですか。

そう考えると、角質が厚くなることで、お肌の透明感がなくなることもイメージが付きやすいですよね。

(参考:美容セラピストに聞く角質について

後は、クレンジング・洗顔で汚れを落とすのにゴシゴシとこすってしまって、それによってシミが出来たり色素沈着が起こったりすることでも、肌色は悪くなってしまいますよね。

先生のサロンのお客様にも、お肌のくすみを気にされている方はいらっしゃいますか?

はい、いらっしゃいますよ。

ちょっとしたときに食べ過ぎたり飲み過ぎたりして、くすみが気になって緊急的にお越しになられる方もいらっしゃいますし、できればいつも明るい肌色でいたいとご希望されて通っていただいている方もいらっしゃいます。

先程のお話ですと、お肌のくすみの原因はいくつか考えられるようですが、サロンのお客様をみられていて、くすみが何から来ていることが多いと思われますか?

肩こりや首こりによる血行不良から来ている場合が多いように思えます。

サロンのお客様にも、施術でデコルテや首のマッサージをすると、すごくこっている方もいらっしゃいます。

筋肉のコリも、お肌のくすみにつながるんですね…。

はい、お顔は、筋肉の状態によっても左右されますね。

後は、お仕事などでストレスの多い生活をされていて、それでお酒の量が増えたり、睡眠不足になったりして、そういったことからくすみが出来やすくなっている方もいらっしゃいます。

肌色を明るくするには?

先生のサロンでは、肌色を明るくするのに、どんな施術・ケアが効果的ですか?

施術では、お顔だけではなく、デコルテから首にかけてマッサージをしたり、お肌をタッピングしたりして、血行を良くしていきます。

それは、フェイシャルのメニューの中に入っているんですか?

はい、入っていますよ。

お肌のくすみに即効性はあるんですか?

はい、皆さま、いちどの施術でお肌が明るくなられます。

クレンジング・洗顔は優しくケアするなど

肌色を明るくするのに、クレンジング・洗顔でやれることはありますか?

お顔は皮膚が薄いので、なるべく優しくケアしていただきたいです。

それには、どんなことに気を付ければいいですか?

クレンジングでしたら、汚れが浮き上がるようなものを使うと、ゴシゴシこすらないでも大丈夫ですよね。

それは、例えばどんなものでしょうか?

私は、例えばジェルクレンジングなどをお客様におすすめしています。

それから、クレンジング・洗顔は、実際に使ってみて、乾燥しにくいものやお肌に合ったものを選んでいただきたいです。

洗顔でのアドバイスはありますか?

しっかり泡を作って、泡で洗っていただくことです。

(参考:エステティシャンに聞く洗顔石鹸の泡立て方

それは、肌摩擦を起こさないようにするためですね?

はい、そうです。

それから、洗顔の後は、しっかりすすいでいただきたいです。

お客様には、最低20回くらいはすすぐようにアドバイスさせていただいています。

それは、どうしてですか?

そのすすぎだけで、お肌に水分が入っていくんですね。

ですので、洗顔だけでも、モチモチのお肌になりますよ。

つまり、すすぎで、クレンジング・洗顔での汚れを落とすだけじゃなくて、お肌に水分も与えてあげるということですか!

はい、そうです(笑)。

洗顔も保湿になるんですね(笑)。

化粧水はたっぷり使うなど

お肌の水分不足によってもくすみが起こるとのことでしたら、スキンケアでの保湿も大事だと思います。

そうですね、多少は年齢に応じたスキンケア化粧品を使っていただきたいですが、かといって、あまり高いものを買い過ぎないことも、お客様にはアドバイスしています。

それは、どうしてですか?

高いものですと、どうしてもケチってしまいます。

ですので、ある程度、バシャバシャと使っても大丈夫なものがいいと思いますよ。

私もケチ症なので、高いスキンケア化粧品ですと、ついケチりたくなる気持ちはすごく分かります(苦笑)。

特に、化粧水はたっぷりの量を使うことを推奨しています。

化粧水をたっぷり使うのに、何かポイントはありますか?

重ね塗りです。

化粧水を手の平に出し、お肌に入れ込むようにして付けて、それを3回重ね塗りします。

コットンをお使いになる方は、コットンを化粧水でひたひたに浸して、そこからもう1滴くらい垂らすようにするのも、いいと思いますよ。

それからスキンケアの最後は、乳液でしっかりとふたをして、状況に応じて美容クリームを塗ります。

後は、日焼けしたりお肌の乾燥が気になったりしたときは、パックもいいと思います。

パックがなければ、化粧水でコットンパックをするのでも大丈夫です。

例えば目元などの乾燥が気になったときは、ほったらかさずにすぐケアしていただきたいです。

(参考:美容セラピストに聞くコットンパックのやり方

デコルテのマッサージ

先生のサロンでは、肌色を明るくするのに、デコルテのマッサージなどもおすすめとおっしゃっていました。

自宅でも、デコルテのマッサージはできるんですか?

はい、お風呂に入っているときやお風呂上がりに、マッサージクリームを使って、デコルテのマッサージをするのもおすすめです。

マッサージは、鎖骨のラインを、肩までV字の指で流すだけでも、ほぐすことができますよ。

鎖骨のマッサージ

鎖骨のラインを、肩までV字の指で流す。

生活習慣で心がけたいこと

肌色を明るくするのに、日々の生活習慣で心がけたいことはありますか?

血行が要(かなめ)ですので、なるべく肩に力を入れないようにしていただきたいです。

それから、仕事の合間にストレッチするのもいいですし、軽い運動入浴も大切です。

後は、よもぎ蒸しなどにいっていただくのも、いいと思います。

まとめ

今回の取材で挙がった、肌色を明るくする方法をまとめます。

1. クレンジング・洗顔は乾燥しにくいものやお肌にあったものを選ぶ
2. クレンジングは汚れが浮き上がるようなジェルタイプを使うとゴシゴシこすりづらい
3. 洗顔はしっかりと泡立てて、泡で洗う
4. すすぎは最低20回くらいしてお肌に水分を与える
5. 化粧水は価格的にもバシャバシャと使いやすいものがおすすめ
6. 化粧水はお肌に入れ込むようにして付けて、3回くらい重ね塗りする
7. スキンケアの最後は乳液でふたをして、状況に応じて美容クリームを使う
8. お肌の乾燥が気になるときはパックもおすすめ
9. 鎖骨のラインを、肩までV字で流してマッサージする
10. 肩に力を入れない
11. 仕事の合間にストレッチをする
12. 軽い運動
13. 入浴
14. よもぎ蒸しなどにいく

肌色を明るくするには、お肌が乾燥しないようにスキンケアで意識することもそうですが、血流を良くすることも大切といえそうですね。

本日のキレイの先生