美容のスペシャリストが教えるキレイ

乾燥のかゆみの原因と改善法!美容家に聞く保湿や洗顔方法のポイント9つ

本日のキレイの先生

木村 真奈美 先生

今回のテーマは、「肌の乾燥によるかゆみ」です。

北海道旭川市 スキントリートメントサロン Amber Spaの木村 真奈美 先生にインタビューさせていただきました。

肌の乾燥が進むと外部の刺激に弱くなって、かゆみも生じやすくなります。

それを改善するには、スキンケアでの保湿はもちろん、クレンジング・洗顔も洗いすぎないことも大切です。

肌の乾燥によるかゆみの原因と改善方法について、木村先生に教えていただきました。

目次

肌の乾燥かゆみの原因
・肌の乾燥によるバリア機能の低下でかゆみも起こる
・間違ったスキンケアなどが乾燥かゆみの原因に

肌の乾燥によるかゆみを改善する方法
・保湿力の高い化粧品で洗顔後すぐにお手入れをする
・クレンジング・洗顔は洗浄力の優しいものを使用する
・身体のめぐりを良くしてこまめに水分摂取する
・肌の乾燥かゆみにおすすめのサロンケアとは

編集部の選ぶ肌の乾燥かゆみにおすすめの化粧品

まとめ

肌の乾燥かゆみの原因

木村先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「お肌の乾燥によるかゆみ」です。

先生のサロンのお客様にも、お肌の乾燥からかゆみの出ている方はいらっしゃいますか?

はい、いらっしゃいます。

特に春先は、「お肌がかゆい」とご来店される方が増えます。

肌の乾燥によるバリア機能の低下でかゆみも起こる

お肌が乾燥すると、どうしてかゆみを感じやすくなるんでしょうか?

それは、お肌のバリア機能が関係しています

肌表面は、「皮脂膜(ひしまく・毛穴から分泌された油分の皮脂と汗などの水分が混ざり合って出来た天然の保護膜)」で覆われています。

皮脂膜は、皮膚の水分が逃げるのを防ぎ、細菌や化学的な物質から皮膚を保護しています。

それで、皮膚のいちばん表面には、角質層があります。

角質層は、角質(肌表面の古くなった肌細胞)の間を、細胞間脂質(さいぼうかんししつ)が埋めるようにして構成されています。

この角質層も、お肌のバリア機能を果たしています。

皮膚は、これらのバリア機能が、水分を逃さずに外部刺激から皮膚を保護することで、パリパリになることもありません。

ただ、お肌が乾燥すると、そのバリア機能も低下します

例えば、間違ったスキンケアで皮脂膜を取りすぎてしまうと、お肌は乾燥しやすくなりますし、バリア機能も低下します。

それに、お肌の乾燥が進むと、角質層も乱れます。

角質層は、角質がきれいに並んでいるのが、健康的な状態です。

ただお肌が乾燥すると、角質がきれいに並ばずにガサガサの状態になります。

そうすると、その隙間から、外部の刺激がお肌の中に入りやすくなります。

例えば、PM2.5などの大気汚染物質によってかゆみが出たり、お化粧品に刺激を感じたりしやすくなります。

肌の乾燥かゆみについて

1. (間違ったスキンケアの皮脂膜の取りすぎなどで)肌が乾燥する
2. 肌の乾燥が進むと角質層が乱れて、肌のバリア機能が低下する
3. それによって外部の刺激を受けやすくなる

間違ったスキンケアなどが乾燥かゆみの原因に

日々の生活習慣で、お肌の乾燥によるかゆみの原因になることはありますか?

ひとつは、クレンジング・洗顔で皮脂膜を取りすぎてしまうことです。

先程もお話がありましたが、皮脂膜を取りすぎると、バリア機能も低下しますし、お肌の乾燥が進んで角質層も乱れる原因になります。

はい、それでいて、クレンジング・洗顔後の保湿が足りていない方も多いです。

例えば、さっぱりした質感のスキンケア化粧品を好む方も多いですが、その保湿不足が乾燥につながる場合もあります。

さっぱりした化粧品が心地いいのは、よくわかります…(苦笑)。

ただ、それもお肌の乾燥につながる可能性があるんですね。

はい、それに、元々お肌が乾燥しているのに、パウダーファンデーションでお肌の油をさらに持っていかれて、乾燥が進むケースもありますね。

他に、お肌の乾燥によるかゆみの原因になることはありますか?

お肌の状態は、環境的な要因も大きいです。

湿度や紫外線の影響によっても、お肌は乾燥しやすくなります。

現代社会は夏場でも、室内は冷房で乾燥していますから、その影響もありそうです。

はい、そうですね。

日常生活で、お肌の乾燥によるかゆみの原因になることはあるんですか?

水分摂取の量が少ないことも、お肌の乾燥の原因になります。

お肌のうるおいには、飲む水分も大事です。

後は、身体の冷えで血液循環が悪くなっていると、皮膚まで水分まで上がりづらくなります。

それによって、お肌は乾燥しやすくなります。

その点では、運動不足もお肌の状態に関係してきますね。

ちなみに先程のお話では、先生のサロンのお客様は、お肌の乾燥によるかゆみは春先に多くなるとのことでした。

それは、何か理由が考えられるんですか?

春先は、お肌が寒い季節からの変化になれていない状態です。

その中で、北海道は4~5月くらいから急に日差しが強くなりますし、雪も溶け出してほこりも舞うようになります。

そういったことによって、かゆみの症状も起きやすくなります。

肌の乾燥かゆみの原因

・クレンジング・洗顔で皮脂膜を落としすぎている
・スキンケアでの保湿不足(さっぱりしたスキンケア化粧品の使用など)
・パウダーファンデーションで肌の油を持っていかれる
・湿度や紫外線の影響
・水分の摂取量が少ない
・身体の冷えや運動不足(それによって血液循環が悪くなる)
など

肌の乾燥によるかゆみを改善する方法

保湿力の高い化粧品で洗顔後すぐにお手入れをする

お肌の乾燥によるかゆみには、もちろんスキンケアでの保湿が大事だと思います。

はい、そうですね。

しっかりと保湿して、お肌を保護する機能をしっかり整えていくことは、とても大事なことです。

それには、スキンケアでどんなことがポイントになりますか?

まずは、洗顔後はすぐに化粧水を付けていただきたいです。

それは、どうしてですか?

洗顔してお顔を拭いた後は、お肌の水分の蒸発が始まります。

お肌が乾ききってから化粧水を付けるのと、湿っている状態で付けるのとでは、保湿感がまったく変わってきます。

お肌が乾燥しきってから化粧水を付けるのは、保湿が十分とはいえません。

洗顔後のお肌が乾ききらない内に、化粧水を付けるようにしましょう

それで、乾燥肌の方に限ったことではありませんが、スキンケアは「うるおいを閉じ込める保湿」も欠かせません。

ですので、お手入れの最後はクリームで仕上げます。

ちなみに乾燥肌の方には、手にお肌が吸い付くくらい保湿力のあるスキンケア化粧品がおすすめです

時間が経ってサラサラする化粧品では、乾燥肌には保湿不足と考えられます。

モッチリ感が得られるような化粧品がおすすめですよ。

他に、スキンケアでのアドバイスはありますか?

乾燥肌には、ローションパック(化粧水をパックで付けること)もおすすめです

ローションパックは、お肌もキメを整えてくれます。

それは、一日だけではわからないかもしれませんが、ローションパックを3~5日続けると、お肌の変化を感じられるはずです。

ただ、ローションパックは長く行いすぎると、お肌の水分がコットンのほうに持って行かれてしまうので、気を付けていただきたいです。

肌の乾燥かゆみの改善方法

【スキンケアでの保湿】
・洗顔後すぐに化粧水を付ける
・スキンケアの最後はクリームで仕上げる
・モッチリ感が得られる保湿力の高いスキンケア化粧品を使用する
・ローションパックで肌のキメを整える
など

合わせて読みたい!

クレンジング・洗顔は洗浄力の優しいものを使用する

お肌の乾燥によるかゆみを改善するのに、クレンジング・洗顔でのポイントはありますか?

ひとつは、クレンジング・洗顔で摩擦を起こさないことです。

ゴシゴシと顔を洗うのは、NGということですね。

はい、それから、特に乾燥肌には、クレンジング料は洗浄力の優しいものがおすすめです

洗浄力の強いクレンジング料ですと、皮脂膜も取りすぎてしまいがちですもんね…。

ちなみに、洗顔料選びでのアドバイスはありますか?

洗顔石鹸をお使いになっている方は、お肌が硬い印象があります。

商品にもよりますが、洗顔石鹸はお肌をアルカリ性に傾けやすいです。

皮膚のphバランス(ペーハーバランス・酸性とアルカリ性の度合い)は、弱酸性が理想といいます。

はい、特に乾燥肌の方は、お肌がアルカリ性に傾くと、弱酸性に戻るまでに時間がかかります。

それに、湿疹やかぶれも起こりやすくなります。

ですので、洗顔石鹸を使用するのであれば、弱酸性のものがおすすめです

もしくは、洗浄力の優しいフォームタイプの洗顔料をお使いになるのも、ひとつですね。

後は、泡立てずに洗顔を行えるクリームタイプの洗顔料などもいいですよ。

肌の乾燥かゆみの改善方法

【クレンジング・洗顔でのポイント】
・摩擦を起こさないように洗う(ゴシゴシと合わらない)
・洗浄力の優しいクレンジング料を使用する
・弱酸性の洗顔石鹸や、洗浄力の優しいフォーム洗顔料を使用する(もしくは、泡立てないクリームタイプの洗顔料もおすすめ)
など

【関連記事】エステティシャンの先生方が乾燥肌におすすめの洗顔料を比較した記事はこちらからご覧ください。

身体のめぐりを良くしてこまめに水分摂取する

お肌の乾燥によるかゆみを改善するのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

乾燥肌には、身体のめぐりを良くすることも大事です。

それには、入浴もいいですし、ウォーキングなどの軽い運動もおすすめです。

後は、こまめな水分摂取を心がけていただきたいです。

そのときも、冷たい水をたくさん飲むのではなく、常温の水を定期的に飲むようにするといいですよ。

肌の乾燥かゆみの改善方法

【生活習慣で心がけたいこと】
・入浴や軽い運動で身体のめぐりを良くする
・こまめに水分を摂取する(そのときも、常温の水がおすすめ)
など

肌の乾燥かゆみにおすすめのサロンケアとは

先生のサロンでは、お肌の乾燥によるかゆみには、どんな施術・ケアが効果的ですか?

まずは、お肌の炎症を抑えて鎮静し、かゆみを抑えていきます。

それは、鎮静作用のあるマスクを使用することもありますし、当サロンではアロマも取り入れているので、かゆみを抑えてくれるような精油を使ってトリートメントする場合もあります。

その上で、しっかりと保湿を行うようにします。

合わせて読みたい!

編集部の選ぶ肌の乾燥かゆみにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、木村先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだ肌の乾燥かゆみにおすすめの化粧品をご紹介します。

キレイの先生 ブースターミルク

キレイの先生 ブースターミルク

うるおいを抱えて乾燥知らずに!美容家も驚く洗顔後すぐのミルク

この『キレイの先生』に登場した美容のスペシャリストの先生方と開発した、洗顔後の最初のミルクです。
みずみずしいミルクが肌をふっくらとやわらかくして、うるおいを肌の奥までグングン引き込み、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」がそのうるおいを抱き込んで乾燥知らずのウルウル透明肌に導きます。

●内容量:30mL
●通常価格:税別2,980円

開発協力者の声

サロン結香 矢澤 ともみ 先生

みずみずしいミルクがうるおいを肌奥でギュッと抱えて乾燥知らずのフワフワ肌に!

まずは、ミルクのイメージを裏切るようなみずみずしさにびっくりしました。乾いたスポンジに水分が入っていくみたいにうるおいが肌の奥にギュッと引っ張られて、そのままでいても乾燥を感じません! 肌が水分をきちんと抱え込めるようになって、やわらかくフワフワの肌になって透明感も出て感謝しています(笑)。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、肌の乾燥によるかゆみの改善方法をまとめます。

1. 洗顔後すぐに化粧水を付ける
2. スキンケアの最後はクリームで仕上げる
3. モッチリ感が得られる保湿力の高いスキンケア化粧品を使用する
4. ローションパックを行って肌のキメを整える
5. クレンジング・洗顔は摩擦を起こさないように行う
6. 洗浄力の優しいクレンジング料を使用する
7. 弱酸性の洗顔石鹸・洗浄力の優しいフォーム洗顔料・泡立たたないクリームタイプの洗顔料を使用する
8. 入浴や軽い運動で身体のめぐりを良くする
9. 常温の水をこまめに摂取する

お肌の乾燥によるかゆみには、スキンケアでしっかりと保湿すること、そしてクレンジング・洗顔で洗いすぎないことが大切といえそうです。

お肌の乾燥によるかゆみが生じたときは、まずはそういった普段のお手入れから見直してみてはいかがでしょうか?

* 2018年7月13日に公開した『乾燥のかゆみを改善する!肌の潤いを取り戻す方法9つを美容家に聞く』を再編集しました。

関連キーワード