キレイの先生

ホーム > 美肌 > スキンケア > 

潤い肌の作り方!スキンケアなど12の方法を美容セラピストに聞く

プライベートサロン Resalute(リサルーテ)  渡瀬 英子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「潤い肌の作り方」です。

東京都新宿御苑 プライベートサロン Resalute(リサルーテ) の渡瀬 英子 先生にインタビューさせていただきました。

顔に潤いがあることは、美肌の基本的な条件です。

肌トラブルの予防にもなります。

ただ、私自身もそうですが、お肌に潤いが不足していて乾燥気味な方が多いのではないかと思います。

潤いのあるお肌を作るには、どうすれば良いでしょうか?

渡瀬先生に教えていただきました。

目次

肌に潤いがないと…

乾燥肌の原因
・年齢で肌に潤いがなくなるのは
・スキンケアで乾燥肌の原因になること
・生活習慣で乾燥肌の原因になること

潤い肌の作り方
・ローションパックで化粧水を付ける
・クリームを多めに付けるなど
・乾燥肌におすすめの食べ物
・生活習慣でやれること

編集部の選ぶ潤い肌を作るのにおすすめの化粧品

まとめ

本日のキレイの先生

プライベートサロン Resalute(リサルーテ)

渡瀬 英子 先生

「キレイの先生」編集部

肌に潤いがないと…

渡瀬先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「潤いのあるお肌の作り方」です。

先生のサロンのお客様にも、乾燥肌を気にされている方はいらっしゃると思います。

そうですね、お肌がいつも乾燥しているということもそうですが、季節の変わり目に乾燥肌を気にされる方も多いですね。

どのくらいの年代から、お肌の乾燥を気にされる方が多くなりますか?

お肌の乾燥は、年齢関わらずだと思います。

(乾燥肌になるかどうかは)普段のお手入れ次第のところもありますので。

もちろん、元々が乾燥肌という方もいらっしゃいますが、普段のお手入れからお肌が乾燥してしまっている方も多いです。

ですので、20代でも乾燥肌の方はいらっしゃいますし、60代の方にもいらっしゃいます。

お肌が乾燥していると、色々な肌悩みにもつながりますよね…。

そうですね、乾燥肌は、そこから色んな症状が出てしまいますね。

例えば、シミやシワも、乾燥から起こる症状のひとつです。

ですので、保湿をしっかりしてあげることで、シミの薄くなる方もいらっしゃいます。

後は、(乾燥肌は)くすみなどにもつながりますし、スキンケア化粧品もお肌の中に入っていきづらくなりますよね。

それに、お肌が乾燥しすぎてお肌がパリパリになるような場合もあります。

乾燥肌の原因

年齢で肌に潤いがなくなるのは

先程、乾燥肌はあまり年齢を問わないというお話がありましたが、それでも、年をとるほどお肌は乾燥しやすくなると思います。

そうですね、人間の身体の水分量は、(身体全体の)約60~70%といわれていますが、赤ちゃんで約80%、老人で約50%と、年をとるにつれて水分量が減っていくんですね。

年をとると、身体の水分量はそんなに減るんですか…。

はい、それに、年をとると、水分を摂る量が減る方が増える印象があります。

喉が渇くというのは、極端にいうと脱水症状に入っているようなものですから、本当はその前にお水を飲んでほしいんですが…。

後は、(年をとるとお肌が乾燥しやすくなるのは)老化もありますよね。

スキンケアで乾燥肌の原因になること

先程、普段のお手入れからお肌が乾燥してしまっている人も多いとおっしゃっていましたが、具体的には、スキンケアではどんなことが良くないんでしょうか?

ひとつは、特に冬に多いですが、(クレンジング・洗顔で)お湯で洗ってしまっているということです。

本当は、ぬるま湯で洗うのがいいのですが、寒いのでお水で洗うのを避けちゃうんですよね。

それから、シャワーでお顔も洗ってしまっている方もいらっしゃると思います。

(クレンジング・洗顔で)お湯で洗うことが、どうして乾燥肌につながるんですか?

お肌の常温は30度くらいで、お顔を洗うときのお水も、そのくらいの温度が適温といわれています。

それが、お湯を使うと、お肌の水分が逆に取られる原因になります。

例えば、冬場にお茶碗を洗うときにお湯を使うと、手が乾燥しませんか?

はい、します…!

あれと同じようなイメージですね。

ですので、(お顔を洗う水を)ぬるま湯に変えるだけで、乾燥を防げる方もいらっしゃいますよ。

それから、スキンケア化粧品が高くてケチってしまい使う量が少なくて、お肌が乾燥してしまう方もいらっしゃいます。

気持ちはすごくよく分かりますが、それじゃ、せっかく高い化粧品を使う意味がなくなってしまいますよね…。

はい、それに、ご自分に合っていない化粧品をお使いの方もいらっしゃいますよね。

お肌は乾燥肌・オイリー肌といったように色々なタイプに分かれますが、スキンケアでは、ご自分に合った化粧品を使っているかどうかも大切です。

後は、(クレンジング・洗顔で)ゴシゴシ洗うのも、乾燥肌には良くありません。

メイク落としで、ゴシゴシしないと落ちないものもあったりはするんですが…

それと同じことですが、お顔をタオルでゴシゴシ拭くことも良くありません。

本来は、お顔を押さえて水分を取るだけで大丈夫です。

クレンジング・洗顔やタオルドライで、ゴシゴシとやると、お肌がダメージを受けちゃうんですよね?

はい、そうです。

そういったことに気を付けることでも、乾燥肌を防ぐことにつながりますよ。

生活習慣で乾燥肌の原因になること

ここまでは、スキンケアで乾燥肌の原因になることをお話しいただきましたが、生活習慣で原因になることはありますか?

冷暖房の効いている部屋の中にいること、乾燥しているところにいること、紫外線に当たること、睡眠不足ストレス疲れ冷え、そういったことも、お肌が乾燥してしまう原因になります。

潤い肌の作り方

先生のサロンでは、乾燥肌のお客様にはどんなケアをされているんですか?

乾燥肌のお客様には、とにかく保湿をしっかりやります。

例えば、水分をたっぷり含んでいて潤いを保持できるようなパックをしたり、ヒアルロン酸の美容液などを使ったりしています。

それから、保湿というと、水分だけを補うイメージが強いかもしれませんが、油分もしっかり補ってあげることも大切です。

ですので、セラミドの化粧品や、オイルを使ったりすることもあります。

後は、食事のご提案などもさせていただきます。

それは、お客様の肌質に合わせてケアを変えられているんですか?

そうですね、お客様のお肌の状態をみて、パックの内容を変えたり、洗顔方法を変えたりしていますよ。

ローションパックで化粧水を付ける

自宅でのスキンケアで、潤いのあるお肌を作るのにできることはありますか?

ひとつは、「ローションパック」がおすすめです。

コットンに化粧水をたっぷり湿らせて、お顔に貼ってあげます。

化粧水は、手で付けるよりも、ローションパックで付けてあげた方がいいんですか?

それは、もちろん化粧品メーカーにもよるところもありますが、化粧水を手で付けると、お顔だけじゃなくて、手も化粧水を吸い取ってしまうんです。

でも、ローションパックでしたら、コットンに化粧水がたまってくれるので、お肌の状態にもよりますが、5~10分くらいはパックをお顔に置いておくことができて、お肌もしっとりしやすいです。

ただ、ローションパックは、10分以上はしないように気を付けてほしいです。

逆に、乾燥してしまいますから。

ローションパックを長くやりすぎると、逆に、お肌の水分がコットンに持って行かれてしまうんですよね。

クリームを多めに付けるなど

乾燥肌には、クリームを多めに塗ってあげることもいいですよ。

それは、クリームで、スキンケアの「ふた」をきちんとしてあげましょう、ということですか?

それもそうですが、お肌は水分だけ与えても乾燥するんですね。

お肌の潤いには、油分をしっかり与えてあげることも大切です。

それから、スキンケアでは、化粧水の後にクリームを塗るのが基本ですが、乾燥があまりにひどいときは、クリームを先に塗ってあげるのも、ひとつの方法です。

クリームは、そんな使い方もできるんですか!?

お肌が乾燥しすぎて皮がめくれていたりすると、化粧水を付けると痛いんですよね。

お水で痛みがあるんです。

ですので、その刺激を抑えるために、先にクリームを付けてあげます。

私自身、昔、乾燥から皮がめくれて痛かったときに、そういった方法があることを知って、クリームを最初に付けるようにすると、お肌がしっとりして乾燥も改善されたことがあります。

乾燥がひどくて化粧水で痛みのある方は、(スキンケアで最初にクリームを付けることを)試しにやってみてもいいと思いますよ。

後は、(潤いのあるお肌を作るのに)クレンジング・洗顔であまり刺激を与え過ぎないことも大切です。

乾燥肌におすすめの食べ物

乾燥肌におすすめの食べ物はあるんですか?

そうですね、例えば栄養素でいうと、「鉄分」などもいいです。

鉄分が不足すると、お肌が乾燥しやすいんですね。

これは、お顔に限ったことではなく、身体もそうで、そこからかゆみにつながったりもします。

鉄分を多く含んでいる食べ物というと…例えば、ほうれん草などでしょうか?

はい、もちろん野菜でもいいですが、できれば動物性の鉄分を摂りたいです。

ですので、レバーあさりなどでしょうか。

後は、ひじき・ほうれん草・小松菜などからも、鉄分は摂れますね。

生活習慣でやれること

潤いのあるお肌を作るのに、生活習慣で心がけられることはありますか?

ひとつは、お風呂にゆっくりつかることです。

それは、お風呂で保湿されるということですか?

保湿という点もそうですが、お風呂で血流が良くなりますよね。

乾燥肌を改善するには、血行を良くしてあげたいです。

血流が良くなれば、ターンオーバーもきちんと働いて、潤いのある健康的な肌細胞が作られることにもつながります!

はい、ですので、乾燥肌(を改善する)には血行を良くしてあげたいです。

それで、お肌の乾燥を防げる方もいらっしゃいます。

ターンオーバーとは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ち、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

後は、(潤いのあるお肌を作るには)ターンオーバーを正常に整えるのにも、睡眠をしっかり取ることや、ストレスをためないようにすること、適度な運動をすることも大切ですし、マッサージなどもいいです。

それから、お部屋が乾燥しないように加湿器を使ったり濡れタオルをかけたりすることもできますし、紫外線のケアもきちんとしたいです。

編集部の選ぶ潤い肌を作るのにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、渡瀬先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだ潤い肌を作るのにおすすめの化粧品をご紹介します。

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

手前味噌ですが、このサイトから200人以上の美容スペシャリストの方々の教えをまとめた「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」です。

水を一滴も加えず、バラの美容成分の詰まったローズウォーターに贅沢に置き換えました(全成分に水の表記がありますが原料由来のものです)。

自然なバラの優しく華やかな香りに包まれながら、美容成分98%のチカラでお肌をうるおします

通常価格2,880円(税別)のところ、定期購入では初回1,000円(税別)でお求めいただけ、配送回数の制限もありません

美容家の感想

とにかくバラの良い香りに包まれながら、お肌のケアが出来ることに感動しました。職業柄、様々な高機能化粧品を試す機会が多くありますが、高機能で無添加を謳っているものはほとんど香りがありませんので、水を一滴も加えずにローズウォーターを使用すると、効果・効能を上げながら、こんなにも癒される香りになるのか!と実感しました。保湿感も良く、付けた後もしっとり感が持続して、時々感じてしまう乾燥もありませんでした。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

編集部のここがオススメ!

美容のスペシャリスト200人の教えをまとめた!

水を一滴も加えずに美容成分豊富なローズウォーターに置き換え!

98%の美容成分のチカラで肌をうるおす!

バラに満ちるオールインワン

商品名:キレイの先生 バラに満ちるオールインワン
ブランド:キレイの先生
容量:65mL
通常価格:税別2,880円
初回特別価格:税別1,000円

まとめ

今回のインタビューで挙がった、潤いのあるお肌の作り方をまとめます。

1. 化粧水はローションパックで付ける
2. クリームを多めに塗ってあげる
3. スキンケアの最初にクリームを付けてあげる
4. クレンジング・洗顔で刺激を与えない
5. 鉄分を摂る(レバーやあさりなどの動物性がおすすめ)
6. お風呂にゆっくりつかる
7. 睡眠をしっかりとる
8. ストレスをためないようにする
9. 適度な運動
10. マッサージ
11. 加湿器や濡れタオルで部屋の乾燥を防ぐ
12. 紫外線のケア

お肌に潤いがあることは、美肌の基本的な条件といえます。

乾燥肌はあらゆる肌悩みの原因にもなりますから、潤いのあるお肌を作るのに、渡瀬先生に教えてもらった方法をご参考にしてみてください。

本日のキレイの先生