キレイの先生

ホーム > 美肌 > 肌トラブル > 

顔のくすみを解消!肌色を明るくする方法6つ!セラピストに聞く

トータルエステティックサロン Bochoumer  石川 智枝子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「顔のくすみ」です。

北海道旭川市 トータルエステティックサロン Bochoumer の石川 智枝子 先生にインタビューさせていただきました。

くすみの解消は、サロンのケアで得意としていることのひとつです。

先生のサロンでも、くすみの解消に即効性の高い施術があるといいます。

では、自宅で顔のくすみを解消して肌色を明るくするには、どんなことができるのでしょうか?

石川先生にアドバイスをいただきました。

目次

顔のくすみで…
・顔は年齢でくすみやすくなる?

肌のくすみの原因は?
・角質が分厚くなる
・肌のキメの乱れ
・肌の汚れを落とせていないなど
・日常生活でくすみの原因になること

顔のくすみを解消して肌色を明るくする方法
・洗顔
・保水・保湿
・肩こりの解消など

編集部の選ぶ顔のくすみ解消におすすめの化粧品

まとめ

本日のキレイの先生

トータルエステティックサロン Bochoumer

石川 智枝子 先生

「キレイの先生」編集部

顔のくすみで…

石川先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「顔のくすみ」です。

当たり前ですが、肌色は明るい方がいいですよね(笑)。

そうですね(笑)。

お肌が明るいと元気に見えますし、それだけで明るい印象を与えることもできますよね。

顔がくすんでいると、その印象も変わりますか?

はい、変わってきますね…。

やっぱり、お顔がくすんでいると、お肌も透明感がなく黒ずんで見えてしまいます。

それに…言い方が少し過激かもしれませんが…不健康そうにも見えたりしますよね。

サロンのお客様も、お顔がくすんでいるときと、施術を終えてくすみが抜けたときでは、印象が全然違いますよ。

サロンのお客様にも、くすみを気にされている方はいらっしゃいます?

はい、結構いらっしゃいます。

顔は年齢でくすみやすくなる?

顔のくすみは、年齢も関係しているんですか?

そうですね…理論的にいえば、年を重ねるほど、老化現象でお肌はくすみやすくなりますよね。

ただ、実際には、20代の頃からくすんでいる方もいらっしゃいます。

20代から!?

想像以上に早いんですね…。

はい、私の場合、20歳の頃はまだ美容業界に入っていなかったのですが、それから10年少し経ったいまのお肌と比べると、20歳の頃の方が、お肌はくすんでいたんですよ。

そうなんですか!?

はい、20歳の頃は、お肌の色が悪いといいますか…黄色っぽくて白くはないんですよね。

当時は若かったですから「お肌が白くてきれい」と言われたりしたのですが、いまと比べると、くすんでいるんです。

ですので、20代でも、お肌がくすんでいる方は多いですよ。

年齢を重ねると「慢性的なくすみ」は出てきますが、「全般的なくすみ」というところでいうと、あまり年齢を問わない印象です。

肌のくすみの原因は?

角質が分厚くなる

顔のくすみは、何から来ているんですか?

ひとつは、皮膚の表皮(ひょうひ・皮膚のいちばん上にある層)の「ターンオーバー」が関係しています。

ターンオーバーは、20歳で28日の周期で働いて、それが、年齢をひとつ重ねるごとに一日プラスされるといわれています。

ですので、30歳でしたら、ターンオーバーは38日の周期ということですね。

ターンオーバーとは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ち、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

ターンオーバーがスムーズに行われていないと、古い角質が表面に残って分厚くなってしまいます

例えば、かかとは(皮膚が)分厚くなっていると思いますが、それと同じです。

それが、お肌をくすませてしまうんです。

それで、年をとるほど、慢性的なくすみが出やすくなるんですね…。

肌のキメの乱れ

それから、お顔のくすみは、お肌の水分不足によるところもあります。

それは、お肌の乾燥ということですか?

お肌の表面の水分不足もそうなんですが、お肌の中が水分不足になっていると、角質が不ぞろいになって光を乱反射することも、くすみの原因といわれています。

いわゆる、お肌のキメが整っていない状態ですね。

肌のキメについて

皮膚の表面には凹凸があり、それが整っていると「キメが整っている」といいます。キメが整っていれば、光を一定方向に反射してお肌は明るく見えます。

それに対して、凹凸が不ぞろいでキメが整っていないと、光が乱反射してお肌は暗く見えやすいです。

肌の汚れを落とせていないなど

後は、「慢性的なくすみではないくすみ」の方に多いのは、お肌のキメのところに汚れが入ってしまい、それを落とせていないことです。

慢性的なくすみは、年齢を重ねて角質が分厚くなっている場合が多いですが、それ以外の方には、このケースが多いように思えます。

後は、メラニン色素による色素沈着も、お肌のくすみの原因になりますよね。

日常生活でくすみの原因になること

日々のスキンケアや生活習慣で、顔のくすみの原因になることはあるんですか?

まずは、スキンケアでの「こすりすぎ」です。

例えば、洗顔するときに、ゴシゴシと洗われている方も多いんですよね。

タオルでお顔を拭くときも、タオルを軽く当てるのがいいのですが、ゴシゴシと拭いたりすることもありますし…。

それがどうして、顔のくすみにつながるんでしょうか…?

スキンケアでのこすりすぎは、皮膚摩擦もあって、角質が分厚くなる原因になりかねないんです。

それに、こすりすぎでお肌が摩耗(まもう)して、くすんで見えたりすることもありますよね。

後は、睡眠不足・体調不良・疲労などで、若い方でも一時的にくすみが出ることもあります。

血行不良も、くすみの原因になりますから。

顔のくすみを解消して肌色を明るくする方法

先生のサロンでは、顔のくすみを解消するには、どんなメニューがおすすめですか?

うちでは、「発酵馬プラセンタ 美白コース」というフェイシャルのメニューがあります。

それが、くすみやシミに対応した化粧品を使っていて、くすみなどに特化したコースです。

洗顔

顔のくすみを解消するのに、普段のスキンケアでやれることはありますか?

洗顔」がすごく大事です。

それは、どうしてですか?

お肌のキメのところに入ってしまった汚れを落とし切れていないことによって、お顔がくすんで見えることもあるからです。

洗顔で、その汚れを落としてあげるんですね!

はい、正しい洗顔ができていなくて、くすんでいるように見えてしまっている方も多いですよ。

夜に洗顔すると肌色がワントーン変わるのが、正しい洗顔です。

ただ、「そんなに肌色が変わらない…」という方もいらっしゃいます。

それは、汚れを落とし切れていないんですね。

洗顔で汚れをきちんと落とすのに、何が大切になるんですか?

フワフワの生クリームのような泡を作ることです。

そういったキメの細かい泡を作らないと、お肌のキメには入っていきませんので。

キメの細かい泡を作るには、どうしたらいいでしょうか?

お使いの洗顔料にもよりますが…サロンでお客様にお伝えしていることがあります。

泡立てネットを使うのですが、まずは熱めのお湯でネットを温めます

その後に、お湯をしっかり切って、ネットがビシャビシャじゃない状態で、泡立てていきます。

最初は軽くフワーッと泡立てていって、最後は生クリームくらいの泡になるまでしごくようして泡立てます。

その泡で、皮膚に手が触れないようにお顔を洗います。

それから、洗顔は必ず一分以内に洗い落とすようにしましょう。

お顔に泡を長く乗せていると、お肌の乾燥の原因になってしまいますので、できるだけ早く洗い流してあげるといいですよ。

洗顔の泡立て方

1. 泡立てネットを熱めのお湯で温める
2. お湯をしっかり切る
3. 最初は、軽くフワーッと泡立てる
4. 最後は、生クリームくらいの泡になるまでしごく

保水・保湿

お肌のくすみを解消するには、保水保湿も大事です。

保水・保湿には、どんなことを心がけるといいですか?

化粧水をしっかり付けることです。

化粧水は、いちどなじませるようにゆっくり塗って、その後からもういちど二度付けするといいですよ。

いちど化粧水を付けて、ビシャビシャのときに2回目を付けてもあまり入っていかないので、「ちょっと乾いたな…」、「お肌の中まで浸透したな…」と感じたら、2回目の化粧水を付けます。

その後は、「化粧水が浸透したな…」と感じたら、お手入れの最後に乳液を塗ります

肩こりの解消など

顔のくすみを解消するのに、スキンケア以外でやれることはありますか?

肩こりの解消もいいですよ。

肩こりの解消…ですか…?

それが、顔のくすみを解消するのにもいいんですか…?

はい、お顔のくすみは、血行不良が原因だったりもするので(笑)。

肩回りの血流が悪くなっていると、お顔もくすんで見えたりするんですよね。

ですので、肩こりを解消させると、血液の流れが良くなって、お顔のくすみの解消にもつながります。

サロンにボディケアで来られるお客様も、施術が終わった後は、肌色が良くなられますよ。

お顔のくすみを解消させるには、身体の血流を改善させるだけでも即効性があります。

ですので、マッサージなどをお受けになるのもいいと思います。

血流を良くするという点では、お風呂も良さそうですね。

はい、入浴も、しっかり身体が温まっていいと思います。

お風呂も大事ですよね。

後は、寝不足しないようにすることも大事です。

編集部の選ぶ顔のくすみ解消におすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、石川先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだ顔のくすみ解消におすすめの化粧品をご紹介します。

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

手前味噌ですが、このサイトから200人以上の美容スペシャリストの方々の教えをまとめた「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」です。

水を一滴も加えず、バラの美容成分の詰まったローズウォーターに贅沢に置き換えました(全成分に水の表記がありますが原料由来のものです)。

自然なバラの優しく華やかな香りに包まれながら、美容成分98%のチカラでお肌をうるおします

通常価格2,880円(税別)のところ、定期購入では初回1,000円(税別)でお求めいただけ、配送回数の制限もありません

美容家の感想

ゲルタイプの美容液は、保湿力が優れているのが好きで普段からよく使っているのですが、この商品は、保湿はもちろん、夜使うと翌朝のハリが素晴らしかったです! オールインワンと聞きながらも最初は化粧水とクリームをプラスして使っていましたが、本当にこれ1本で大丈夫でした。忙しい朝や、疲れて眠い夜でも負担なくスキンケア出来る強い味方だと思います。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

編集部のここがオススメ!

美容のスペシャリスト200人以上の教えをまとめた!

水を一滴も加えずに美容成分豊富なローズウォーターに置き換え!

98%の美容成分のチカラで肌をうるおす!

バラに満ちるオールインワン

商品名:キレイの先生 バラに満ちるオールインワン
ブランド:キレイの先生
容量:65mL
通常価格:税別2,880円
初回特別価格:税別1,000円

まとめ

今回のインタビューで挙がった、顔のくすみを解消して肌色を明るくする方法をまとめます。

1. フワフワの生クリームのような泡で洗顔する
2. 化粧水は二度付けして「補水」する
3. 化粧水が浸透した感じがあったら乳液で「保湿」する
4. 肩こりの解消
5. 入浴
6. 寝不足しないようにする

石川先生に、顔のくすみを解消するのに即効性の高い方法を聞きしたところ、汚れの落とし残しから来るくすみの場合には、洗顔だそうです。

顔のくすみが気になったときは、普段の洗顔方法を見直すのもいいかもしれませんね。

本日のキレイの先生