美容のスペシャリストが教えるキレイ

鼻のブツブツを取る方法7つ!毛穴詰まりの正しい対処法をエステ員に聞く

本日のキレイの先生

吉成 由美子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「鼻のブツブツ」です。

隠れ家エステサロン アフィニーテ の吉成 由美子 先生にインタビューさせていただきました。

鼻のブツブツは、主に毛穴詰まりから起こります。

改善するには、毎日のお手入れを丁寧に行うことが基本ですが、短期的に対処する必要がある場合は、ピンセットで毛穴詰まりを優しく取り除いて、その後にしっかりと保湿することがおすすめだそうです。

鼻のブツブツを取る方法を、吉成先生に教えていただきました。

目次

鼻のブツブツの原因
・鼻のブツブツは何から起こる?
・生活習慣で原因になること

鼻のブツブツを取る方法
・クレンジング・洗顔でのポイント
・毛穴詰まりをすぐ取りたいときは?
・化粧水・クリームなどのポイント

編集部の選ぶ鼻のブツブツにおすすめの化粧品

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

鼻のブツブツの原因

吉成先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「鼻のブツブツ」です。

鼻がブツブツしていると、どんな影響がありますか?

鼻のブツブツは、遠くからみると分からないでしょうが、おしゃべりするくらいの近くの距離ですと、お顔の印象も少し変わってくると思います。

ほっぺがスベスベしていても鼻がブツブツですと、ちょっと残念な感じはありますよね。

例えると、全身のコーディネートが全部決まっているのに、靴だけ「あれ…」といったような感じでしょうか。

それに、鼻はお顔の真ん中にあるので、周りからの印象もそうですが、ご本人が何より気になりますよね。

ファンデーションでブツブツを隠そうとしてみも、シミとは違って凹凸(おうとつ)がありますので、隠し切れない場合もあります。

先生のサロンのお客様にも、鼻のブツブツを気にされている方はいらっしゃいますか?

はい、結構多いですよ。

鼻のブツブツは何から起こる?

鼻のブツブツは、何から来ているんですか?

鼻のブツブツには、大きく2パターンがあります。

ひとつは、「皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)によるもの」と、「毛穴の黒ずみによるもの」です。

中には、両方が合わさったパターンの方もいらっしゃいます。

「皮脂によるブツブツ」というのは、毛穴に皮脂が詰まって固まった状態のことですよね?

はい、そうですね。

通常、皮脂は毛穴から流れ出ますが、それが、皮脂が毛穴から出ずに、何かしらの原因で固まってしまうと、ブツブツにつながります。

「毛穴の黒ずみによるブツブツ」は、その皮脂が酸化して黒ずむということですか?

そういう場合もありますし、角質(皮膚表面の古い肌細胞)・小さな産毛・ゴミなどが、毛穴に詰まって黒くなる場合もあります。

鼻のブツブツとは

皮脂によるもの:毛穴に皮脂が詰まって固まる
毛穴の黒ずみによるもの:毛穴に角質・産毛・皮脂・ゴミなどが詰まって黒くなる

生活習慣で原因になること

鼻は、顔の中でもブツブツが出やすい場所ですが、それはどうしてですか?

身体の中心部は、皮脂の分泌が盛んなことが、いちばん大きいです。

例えば、Tゾーンがテカりやすいのも、身体の中心部にあるからです。

日々の生活習慣で、鼻のブツブツは、どんなことが原因になりますか?

大きくは、身体の中から来る原因と、お手入れ不足による原因が考えられます。

身体の中から来る原因というのは、どういうことですか?

皮膚は、すごく大きなデトックス器官で、お顔もその一部です。

皮脂が毛穴から出てこなくて詰まるというのは、皮脂をうまく外に出せない身体に問題があるとも考えられます。

極端なことをいうと、身体の状態が良ければ、エステティックな施術を受けていなくても、目にみえる肌悩みは出づらいです。

つまり、身体の状態が良くないことが、鼻のブツブツにも表れるということですか?

はい、それは、鼻のブツブツに限ったことではありません。

鼻以外にも、症状が出る場合もあります。

鼻のブツブツは、お手入れ不足も原因になるとのことでした。

はい、いちばんは、クレンジングや洗顔の部分に問題があるケースが多いです。

それは、クレンジングなどで、汚れをきちんと落とし切れていないということですか?

それも、ひとつですね。

毛穴に汚れが残ったままでは、下から出てくる皮脂も外に出ていきません。

ただ、そういったクレンジング不足に関しては、気を付けている方が多いのではないでしょうか。

それとは逆に、クレンジングのやりすぎが、鼻のブツブツの原因になる場合もあります。

クレンジングをやりすぎると、今度は、お肌に必要なものまで取りすぎてしまいます。

そうすると、お肌は乾燥しやすくなって、毛穴の開きにもつながりますし、乾燥を補うために身体の中から頑張って油を出そうとします

それが、鼻のブツブツにつながったりもします。

クレンジングのやりすぎで…

皮脂は、皮膚の表面で汗などの水分と混ざり合って天然の保護膜「皮脂膜」を作ります。皮脂膜は、皮膚の水分の蒸発を防いだり、外部の刺激から皮膚を守ったりする働きがあります。

そのため、過度なクレンジングで必要な皮脂まで取りすぎてしまうと、肌は乾燥しやすくなり、今後はその乾燥を防ぐために皮脂の分泌も増えやすくなります。

鼻のブツブツの原因

身体の状態が良くない
クレンジング・洗顔で汚れを落とし切れていない
過度なクレンジング・洗顔で必要な皮脂まで落としすぎている
など

鼻のブツブツを取る方法

先生のサロンでは、鼻のブツブツを解消するのに、どんな施術・ケアが効果的ですか?

鼻のブツブツを取るには、適切なクレンジング・洗顔が大切です。

毛穴に詰まった汚れを出すには、まずは、毛穴を開いてあげる必要があります。

そこでサロンでは、最初にクレンジングを行った後、ホットタオルやパックで毛穴を開いた上で、マッサージできるクレンジングオイルを使ってもういちど汚れを取っていきます。

それで最後は、毛穴を引き締めます。

後は、鼻がブツブツして凹凸の激しい方は、お肌が乾燥しがちで、表皮のターンオーバーもうまく行われていなかったりします。

ターンオーバーとは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ち、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

そういった、ターンオーバーがうまく行えていない方には、ピーリング(酸などを用いて余分な角質を取り除くお手入れ)を行ったりもします。

一般的なピーリングは、酸などの液体で肌表面を溶かしていくような方法が多いですが、当サロンでは、その方のお肌の状態に合わせて、「ダイヤモンドピーリング」という方法で、色んなキメのダイヤモンドをちりばめた複数のチップで優しく角質を削っていきます。

それは、マイルドな作用で、ダウンタイム(施術から回復までの時間)がほとんどなく、直後からメイクもできる角質ケアです。

クレンジング・洗顔のポイント

鼻のブツブツを取るのに、クレンジング・洗顔でのポイントはありますか?

ひとつは、油を取り過ぎないクレンジング料や洗顔料を選ぶことです。

ちなみに、「クレンジングオイルは油を取りすぎる」といわれることもありますが、オイルだから油を取り過ぎてしまうわけではありません。

クレンジングオイルでも、皮脂膜は保護できるようなものもあります。

先生のサロンでも、クレンジングオイルをお使いとのことでしたもんね。

そういった「皮脂を取り過ぎないクレンジングオイル」の見分け方はあるんですか?

いちばんは、直接メーカーに聞いてみることです。

例えば、「クレンジングでマッサージできるか?」ということは、ひとつの目安になると思います。

それに、クレンジング料・洗顔料は、香料のきつくないものがおすすめです。

特に、香料が人工的なものですと、身体には毒ですから、それを毛穴から吸い込ませるのはマイナスです。

それから、安価なクレンジングオイルは、わずかですが、お顔にオイルの色が沈着してオイル染みが出来る場合もあります。

ですので、クレンジング料や洗顔料は、できればいいものを使っていただきたいです。

鼻のブツブツが気になるときは、鼻を丹念に洗ったほうがいいんですか?

そうですね、ただ、鼻を直線的にこすったりすると、摩擦が大きい割には汚れを拾えません。

ですので、ブツブツの気になるところは、こするのではなく、力を入れずに滑(すべ)らせてクルクルと円を描くように洗うといいですよ。

先生のサロンではホットタオルもされているとのことでしたが、ホームケアでも、鼻のブツブツを取るのに、ホットタオルはいいんですか?

はい、毛穴をやわらかくするのにいいと思いますよ。

それは、クレンジング前にホットタオルをすればいいんですか?

クレンジング前にホットタオルで毛穴を開かせると、汚れが毛穴に落ちてしまう可能性もあります。

お化粧をしている状態では、ホットタオルも行いづらいです。

ですので、クレンジングで汚れを取ってから、ホットタオルをするのがいいと思いますよ。

後は、ホットタオルではありませんが、クレンジングしたきれいな状態の鼻にラップをかけて、その上からマスクをすることによっても、自分の体温で毛穴が開きやすくなりますよ。

鼻のブツブツを取る方法

(クレンジング・洗顔)
クレンジング料・洗顔料は、油を取りすぎないものや、香料のきつくないもの、高品質のものを選ぶ
クレンジング・洗顔は、ブツブツの気になる場所を優しくクルクルと洗う
クレンジング後にホットタオルを行う(もしくは、鼻にラップをかけて、その上からマスクをする)
など

  • 肌がキュッと毛穴レスに!美容家も驚いた洗顔後すぐのミルク!

    キレイの先生 ブースターミルク
    うるおいを抱え込んで、毛穴が日に日にキュッと引き締まっていきました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

キレイの先生 ブースターミルク
うるおいを抱え込んで、毛穴が日に日にキュッと引き締まっていきました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

毛穴詰まりをすぐ取りたいときは?

ここまでのお話ですと、鼻のブツブツを取るには、毎日のクレンジング・洗顔を丁寧に行うことが大事といえそうですね。

ちなみに、鼻のブツブツをすぐ取りたいときに、やれることはあるんでしょうか(笑)?

そうですね…(苦笑)。

シールを貼って剥がして毛穴汚れを取るようなパックや、毛穴詰まりを爪で押し出したりピンセットで取ったりする方法などもありますが、どれもお肌を痛めてしまうので、あまりおすすめできません。

それらは、必要な角質まで取りすぎてしまいますし、例えば爪で毛穴詰まりを押し出すと、毛穴そのものが広がってしまう可能性もあります。

もし、「ここいちばん!」というときに、どうしても毛穴詰まりをすぐに取る必要があるときは…いまの3つの中でしいて挙げるとすれば、ピンセットで優しく取ってあげるのがいいです。

それで、その後は、しっかりと保湿していただくことが大事です。

ただ、それも、「どうしても」というときの応急処置ですので、極力やらないほうがいいです。

鼻のブツブツを取るには、お肌のやわらかさで毛穴を広げてから汚れを出してあげるステップを、地道に行っていくのがいちばんですよ。

鼻のブツブツを取る方法

(短期的に対処するには)
毛穴詰まりをピンセットで優しく取って、その後はしっかりと保湿する

化粧水・クリームなどのポイント

鼻のブツブツを取るには、スキンケアでの保湿も大事なんですか?

はい、すごく大事ですよ。

お肌に水分が不足していても、過度に油を出す原因になってしまいます。

それに、鼻は、冷暖房に当たりやすいこともあって、乾燥しやすい場所です。

スキンケアでの保湿は、特に、化粧水が大事になってきます。

鼻のブツブツが気になるときは、鼻は凹凸があって意外と手では化粧水を付けづらいので、鼻だけでもローションパックをしてあげるのもおすすめです。

例えば、裂けるタイプのコットンなどもありますから、コットンを鼻の形にカスタマイズして、小鼻にコットンをぴったりと貼り付けます。

その上から、化粧水を直に足してあげるのもいいですね。

それで、化粧水で鼻をたっぷりと保湿してあげたら、年齢に合わせて、美容液・乳液・クリームなどを付けていきます

最後に、鼻のブツブツを取るのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

ひとつは、オイリーな食べ物の食べすぎは控えていただくことです。

それから、冷暖房も、お肌の乾燥の原因になりますので、気を付けていただきたいです。

鼻のブツブツを取る方法

(化粧水・クリームなど)
化粧水でたっぷりと保湿する(鼻だけでもローションパックを行うのもおすすめ)
その後は、年齢に合わせて、美容液・乳液・クリームを付ける
オイリーな食べ物の食べすぎには気を付ける
冷暖房に気を付ける
など

編集部の選ぶ鼻のブツブツにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、吉成先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだ鼻のブツブツにおすすめの化粧品をご紹介します。

キレイの先生 ブースターミルク

キレイの先生 ブースターミルク

肌がキュッと締まり毛穴レスに!洗顔後すぐのミルク!

この『キレイの先生』に登場した美容のスペシャリストの先生方と開発した、洗顔後の最初のミルクです。
みずみずしいミルクがうるおいを肌の奥までグングン引き込んで、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」がそのうるおいを抱き込み、肌がふっくらと引き締まって毛穴ケアにもおすすめです。

●内容量:30mL
●通常価格:税別2,980円

開発協力者の声

サロン結香 矢澤 ともみ 先生

みずみずしいミルクがうるおいを肌奥までギュッと引っ張って毛穴も引き締まった!

まずは、ミルクのイメージを裏切るようなみずみずしさにびっくりしました。乾いたスポンジに水分が入っていくみたいにうるおいが肌の奥にギュッと引っ張られて、肌がフワフワにやわらかくなりました(笑)。肌が水分をきちんと抱え込んで引き締まり、気になっていた頬の毛穴が日に日にキュッと締まっていきました

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


毛穴におすすめのクレンジング

D.U.O ザクレンジングバーム

肌に摩擦をかけずしっとりと洗えながら毛穴のざらつきもツルン!

@コスメの2部門のランキングで第1位を獲得し、累計の販売数が400万個を突破した「新感覚のとろけるクレンジング」です。
独自技術のナノマトリクス構造で、肌の上でバームがとろけて、肌のすみずみまで汚れを落としながら31種類ものエイジングケア成分が肌に浸透していき、ダブル洗顔不要です。

●内容量:90g
●通常価格:税別3,600円

美容家の感想

肌摩擦なく洗える優しさ!しっとり感がありつつも毛穴のざらつきがなめらかに!

バームが肌の上でとろけてクリームのような質感に変わり、摩擦をかけずにお化粧を落とせるのがすごくいいです。それは、クレンジングでいちばん大事なことで、肌への優しさが感じられます。洗い上がりはしっとり感がありつつも、毛穴詰まりがやわらかくなって、小鼻のざらつきがツルンとしてなめらかさも出ました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

美容のプロが毛穴クレンジングを比較しました

毛穴悩みには、クレンジングで汚れをきちんと取ることも大切ですが、肌のうるおい成分を取りすぎないことにも気を付ける必要があります。
美容のスペシャリストの先生方にクレンジングをお試しいただき、そのバランスの良い商品をまとめましたので、下の記事も合わせてご覧になってみてください。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、鼻のブツブツを取る方法をまとめます。

1. クレンジング料・洗顔料は、油を取りすぎない高品質なものを選ぶ
2. クレンジングは、ブツブツが気になるところを、優しく円を描くよう行う
3. すぐにブツブツを取りたいときは、ピンセットで毛穴詰まりを優しく取ってしっかりと保湿する
4. クレンジング後にホットタオルで毛穴を開かせる(もしくは、鼻にラップをかけて、その上からマスクをするのもおすすめ)
5. 鼻は化粧水でしっかりと保湿する(鼻にローションパックを行うのもおすすめ)
6. オイリーな食べ物の食べすぎに気を付ける
7. 冷暖房に気を付ける

鼻のブツブツは、主に毛穴詰まりから起こります。

改善するには、毎日のクレンジング・洗顔を丁寧に行った上で、しっかりと保湿をすることが基本で、短期的に対処する必要がある場合は、ピンセットで毛穴詰まりを優しく取り除くのが良いといえそうですね。

鼻のブツブツが気になったときは、吉成先生のアドバイスを参考にしてみてはいかがでしょうか?

* 2018年3月29日に公開した『鼻のブツブツを解消する!鼻の毛穴ケアの方法9つ!セラピストに聞く』を再編集しました。

関連キーワード