美容のスペシャリストが教えるキレイ

首にも年齢が出る!首をきれいにして若返り!5つの方法をエステ員に聞く

本日のキレイの先生

片岡 あゆみ 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「首をきれいにする方法」です。

プライベートエステティックサロン Pearl の片岡 あゆみ 先生にインタビューさせていただきました。

首も、年齢が表れやすい場所です。

顔はお手入れが行き届いていても、首にシワが出ていたりすると、それだけで年齢を感じさせてしまいます。

それは、お手入れをするときに、首まで意識が向いていないことも大きいといいます。

そのため、首をきれいにするには、まずは、クレンジング・洗顔も含めて、顔と同じようにお手入れすることが大切だそうです。

首をきれいにする方法を、片岡先生に教えていただきました。

目次

首に年齢が出る原因
・首のシワは何から起こる?
・首に年齢が出る原因

首をきれいにする方法
・首も顔と同じようにお手入れする
・首のマッサージでコリを解消する
・生活習慣で心がけたいこと

編集部の選ぶ首のエイジングケアにおすすめの化粧品

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

首に年齢が出る原因

片岡先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「首をきれいにする方法」です。

首も、顔と同じように年齢が表れやすい場所だと思います。

はい、そうですね。

首には、どんな形で年齢が表れますか?

いちばん分かりやすいのは、シワだと思います。

(参考:エイジングケア専門家に聞く首のシワについて

例えば、正面からみたときに、首に横ジワの出ている方も多いです。

たしかに、首のシワがあると、年齢を感じさせやすいですよね…(苦笑)。

そうですね、首にシワが入っていると、実年齢よりも老けてみえやすくなります

(参考:美容セラピストに聞く老け顔について

それに、お顔はきちんとお手入れされていて実年齢より若々しくても、首に深いシワが入っていると、ギャップではないですが…「あれっ?」という感じになってしまいますよね。

それは、せっかく顔は若々しいのに、もったいないですよね…(苦笑)。

先生のサロンのお客様にも、首に年齢の出ている人はいらっしゃいますか?

そうですね、すごく気にされている方ですと、「首もシワが気になって…」という方もいらっしゃいますよ。

ただ、お顔に比べると、首まで意識の行っている方は少ないように思えます。

分かります…。

私自身、普段、首のことはあまり意識しません。

サロンのお客様にも、50~60代の方には、首のお悩みを自らおっしゃる方もいらっしゃいますが、30代~40代前半くらいの方ですと、首のケアはあまりされていないという方が多いですね。

ちなみに、どのくらいの年代から、首に年齢が表れやすくなりますか?

やっぱり、40代くらいから出やすいのかなと思います。

若い方でも、首に年齢の表れている方はいらっしゃいますが、肌感覚では40代以降が多いですね。

首のシワは何から起こる?

首に年齢が出るのは、シワが大きいとのことでした。

シワは乾燥からも起こると思いますが、首も乾燥するんですか?

はい、しますよ。

首は、お顔に比べると、乾燥してサカサする感じが分かりにくいです。

ただ、お顔と同じように、首元の皮膚は薄いですし、意外と無防備で、紫外線に浴びたり空気に触れたりすることも多いです。

ですので、ご自分では気付かなくても、実は乾燥していることも多い場所ですね。

後は、首は筋肉量が少ないので、そういったことからも年齢が出やすかったりします。

筋肉量が少ないと、どうして年齢が表れやすいんでしょうか?

お顔やお身体と一緒なのですが、首も、筋肉が衰えて落ちてくると、お肌がたるみやすくなります

それによって、シワにもつながってしまうんですね…。

首のシワは何から起こる?

皮膚が薄いため乾燥しやすい
首の筋肉量が少なくたるみが起こりやすい
など

首に年齢が出る原因

首に年齢が表れるのは、何が原因になりますか?

やはり、ひとつは、年齢ですよね。

お肌のハリや弾力は年齢とともに落ちるので、そういった部分もあるでしょうし、乾燥も大きいです。

お肌のうるおい成分は年齢とともに減少するといいますから、そういったことも関係しているんでしょうね。

先程、首の皮膚は薄いというお話もありましたし…。

日々の生活習慣で、首に年齢が出る原因になることはありますか?

ホームケアで、首を保湿させていないということが大きいです。

たしかに、顔はスキンケアをしっかりやりますが、首までスキンケア化粧品を付けません…。

それも、首に年齢が出る原因としては大きそうですね。

はい、首まできちんとお手入れされている方は、多くないですよね。

それに、首の紫外線対策をされていないという方もいらっしゃいます。

日焼け止めも、首まできちんと塗ったほうがいいということですね。

私も普段、日焼け止めは首まで塗っていないので気を付けるようにします(苦笑)。

はい(笑)。

ですので、外に出ることが多くて紫外線によく当たる方は、首にも年齢が出やすいですよ。

後は、首のこっている方も、循環が悪くなって代謝も悪くなりますので、首に年齢が出やすくなりますね。

首に年齢が出る原因

加齢
首のお手入れを怠っている(スキンケア化粧品や日焼け止めを首まで付けていない、など)
首のコリ
など

首をきれいにする方法

先生のサロンでは、首のお手入れも行っているんですか?

はい、行っていますよ。

首専用のコースがあるわけではありませんが、フェイシャルのすべてのコースで、クレンジング・洗顔・パックでも、お顔だけで切ることはせずに、デコルテの部分までケアするようにしています。

それに、「首のシワが気になる…」というお客様には、シワ専用のケアを首に行ったりすることもあります。

首も顔と同じようにお手入れする

首をきれいにするには、自宅ではどうすればいいですか?

いちばん簡単で継続しやすいのが、お顔に使っているスキンケア化粧品を、首まで付けてあげることです。

それが、いちばん続けやすい首のホームケアです。

それは、クレンジング・洗顔も、首までやったほうがいいんですか?

はい、そうですね。

ボディソープで首を洗うのが悪いというわけではありませんが、首にもUVケアを塗ることを考えると、クレンジング・洗顔で首も一緒に洗い流してあげたいですね。

もちろん、

それから、お顔も、クレンジング・洗顔でゴシゴシ洗わないことが大切ですが、それは、首も同じです。

ゴシゴシと洗いすぎると、お肌に負担をかけてしまいます。

首も皮膚が薄いですので、お顔と同じ感覚で洗っていただきたいです。

それは、首にスキンケア化粧品を付けるときも同じといえそうですね。

はい、スキンケア化粧品も、お顔と同じように、こすらずに押さえるようにして付けるのがいいですよ。

ちなみに、朝と夜のスキンケアの両方とも、首まで一緒にお手入れしたほうがいいですか?

はい、そうですね。

後は、首まで紫外線対策をしっかりしていただきたいです。

首をきれいにする方法

(スキンケア)
首までクレンジング・洗顔を行う(肌摩擦が起きないようにゴシゴシ洗わない)
首までスキンケア化粧品を付ける(こすらずに押さえるようにして付ける)
紫外線対策をきちんと行う

  • 年齢肌がふわふわ透明肌に!美容家も驚いた洗顔後すぐのミルク!

    キレイの先生 ブースターミルク
    乾燥スポンジに水分がギュッと入るみたいにうるおいが浸透してフワフワの透明肌に!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

キレイの先生 ブースターミルク
乾燥スポンジに水分がギュッと入るみたいにうるおいが浸透してフワフワの透明肌に!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

首のマッサージでコリを解消する

ちなみに、首をきれいにするのに、おすすめのマッサージはありますか?

首をきれいにするには、コリをほぐして血行を良くすることも大事です。

それには、マッサージで、首筋(くびすじ・首の側面)を優しく流すくらいでも大丈夫ですよ。

マッサージは強く行うと、シワを伸ばしたりしてしまい逆効果ですので、そこには気を付けていただきたいです。

首をきれいにする方法

(マッサージ)
首筋を優しく流す

生活習慣で心がけたいこと

首をきれいにするのに、生活習慣で心がけられることはありますか?

下を向く動作が多いと、首にシワが出来やすくなります。

特に現代社会は、スマホなどの影響で、日常生活で下を向くことが増えています。

ですので、首のシワ予防という点では、上を向いて首を伸ばすようにするのも、おすすめです。

それから、枕の高すぎると、下を向く姿勢になってしまうので、やはり首にシワが入りやすくなります。

枕の高さは好みがあると思いますが、首のシワのことを考えると、高すぎる枕はおすすめできません

ちなみに、首をきれいにするのに、おすすめの食べ物はありますか?

もちろん、バランスのいい食事が基本だと思いますが。

お肌のハリなどを考えると、「コラーゲン」などでしょうか。

それは、首のシワだけじゃなく、お顔全体のハリにもつながります。

それから、代謝を上げるという点では、ビタミン群の「ビタミンA」・「ビタミンB」・「ビタミンC」・「ビタミンE」や、亜鉛などもいいです。

後は、「セラミド」もいいですよ。

セラミドは、食べ物に含まれているんですか?

はい、例えば、こんにゃくなどに含まれていたりしますよ。

編集部の選ぶ首のエイジングケアにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、片岡先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだ首のエイジングケアにおすすめの化粧品をご紹介します。

キレイの先生 ブースターミルク

キレイの先生 ブースターミルク

年齢肌がふわふわ透明肌に!美容家も驚いた洗顔後すぐのミルク!

この『キレイの先生』に登場した美容のスペシャリストの先生方と開発した、洗顔後の最初のミルクです。
みずみずしいミルクがうるおいを肌の奥までグングン引き込んで、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」がそのうるおいを抱き込み、肌がふっくらとして透明感も出て年齢肌ケアにもおすすめです。

●内容量:30mL
●通常価格:税別2,980円

開発協力者の声

サロン結香 矢澤 ともみ 先生

みずみずしいミルクがうるおいを肌の奥でギュッと抱え込んでフワフワの透明肌に!

まずは、ミルクのイメージを裏切るようなみずみずしさにびっくりしました。乾いたスポンジに水分が入っていくみたいにうるおいが肌の奥にギュッと引っ張られて、肌がフワフワになって透明感も出て感謝しています(笑)。肌が水分を抱え込んで活発に動き出して、肌全体がキュッと上がったようにも感じられました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、首をきれいにする方法をまとめます。

1. 朝晩のスキンケアで、顔と同じように首もお手入れする(クレンジング・洗顔は首まで行う、スキンケア化粧品は首まで付ける、日焼け止めも首まで塗る、など)
2. マッサージで首筋を流す(コリを解消して血行を良くする)
3. 上を向いて首を伸ばすようにする
4. 高すぎる枕は避ける
5. コラーゲン・ビタミン群(ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、など)・亜鉛・セラミドを含む食べ物を摂る

首に年齢が出るのは、普段のお手入れで、首まで意識が向いていないことが、特に大きいといえそうです。

顔は若々しくても、首に年齢が出ていてはもったいないですよね。

首をきれいにするには、まずは、毎日のお手入れで、首まできちんとケアすることから始めてみてはいかがでしょうか?

* 2018年3月9日に公開した『首に年齢が…しわ?乾燥?首をきれいにする!美容家に聞く11の方法』を再編集しました。

関連キーワード