美容のスペシャリストが教えるキレイ

キャスターオイルの効能と使い方!ニキビ跡に!日焼け後にも!プロに聞く

本日のキレイの先生

中山 せつこ 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「キャスターオイル(カスターオイル)」です。

リズミカルボディセラピー Rhythmoon の中山 せつこ 先生にインタビューさせていただきました。

キャスターオイルは、キャリアオイル(植物オイル)のひとつで、「ひまし油」とも呼ばれています。

日本でも昔から薬用として用いられていて、デトックス(体内の老廃物を排出する)作用に優れています。

そのため、美容面でもおすすめのオイルです。

中山先生は、「おいるライフ塾」という講座を開いていて、オイル講師でもいらっしゃいます。

そんな先生に、キャスターオイルの効果・効能と使い方を教えていただきました。

目次

キャスターオイル(カスターオイル)とは
・キャスターオイルはどんな使い方をされてきた?

キャスターオイル(カスターオイル)の効果・効能
・どんな栄養が含まれている?
・効果・効能

キャスターオイル(カスターオイル)の使い方
・化粧水や他のオイルに混ぜると使いやすい
・ボディケアやヘアケアなどにも使える

編集部の選ぶキャスターオイル好きにおすすめの化粧品

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

キャスターオイル(カスターオイル)とは

中山先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「キャスターオイル・カスターオイル」です。

先生は、キャスターオイルがとてもお好きだそうですね。

はい、大好きです(笑)!

そんな先生から、どんなキャスターオイルの話をお聞きできるのか楽しみです(笑)。

キャスターオイルは、何から抽出されるオイルなんですか?

トウダイグサ科の多年草(たねんそう)の「トウゴマ」という植物です。

キャスターオイルは、トウゴマの小さな種を絞って抽出されるオイルで、別名では「ひまし油」ともいいます。

キャスターオイルの主な産地は、どこですか?

東アフリカが有名ですが、トウゴマは多年草ですので、色々なところで採れます。

キャスターオイルは、どんなテクスチャーのオイルなんですか?

ハチミツのようなテクスチャーで、粘性があります

そうすると、結構トロッとしているオイルなんですね。

オイルは酸化には気を付ける必要がありますが、キャスターオイルは、酸化の面ではいかがですか?

キャスターオイルは、酸化しづらく持ちが良いので、使いやすいオイルですよ。

それに、価格的にもお手頃です

キャスターオイルとは

・別名:ひまし油
・植物:トウゴマ(トウダイグサ科)
・抽出部位:
・抽出方法:圧搾法
・テクスチャー:粘性が高い
・品質:酸化しづらい

キャスターオイルはどんな使い方をされてきた?

キャスターオイルは、たしかアーユルヴェーダ(インドの伝統医学)で用いられることも多いんですよね?

そうですね、アーユルヴェーダでは、セサミオイルもそうですが、キャスターオイルもよく用いられています。

(参考:アーユルヴェーダセラピストに聞くセサミオイルについて

キャスターオイルは、デトックス作用に優れているオイルです。

アーユルヴェーダは「余分なものを出して健康になろう、きれいになろう」というものです。

それもあって、アーユルヴェーダではキャスターオイルが好まれて使われているのだと思います。

キャスターオイルは、昔からあるオイルなんですか?

はい、キャスターオイルは歴史が古くて、例えば、古代エジプトのお墓からキャスターオイルが出てきたりして、ミイラの保存に使われていたという説もあります。

それから、キャスターオイルは、日本でも、便秘薬や胸焼けの特効薬としても使われてきていて、70代以上の方でしたら、ひまし油のことをご存知だと思います。

私の母もそうだったのですが、昔は、熱が出たり体調が悪くなったりしたときに、ひまし油を飲んでいたそうです。

キャスターオイルは、日本でも一昔前まで、薬用として一般的に用いられていたんですね…。

そうですね、ですので、いまでも、キャスターオイルは、医薬・便秘薬・湿布などに入っていたりもしますよ。

そうなんですか!?

そうすると、キャスターオイルは、美容にも良さそうですね(笑)。

キャスターオイル(カスターオイル)の効果・効能

どんな栄養が含まれている?

キャスターオイルには、どんな栄養が含まれているんですか?

いちばんの特徴は「リシノール酸」で、キャスターオイルの90%くらい含まれています。

キャスターオイルのほとんどは、リシノール酸で構成されているんですね。

リシノール酸は、どんな成分なんですか?

鎮痛(ちんつう)作用抗炎症作用の高い成分です。

そうすると、キャスターオイルの薬効の高さは、そのリシノール酸から来ているんですね。

キャスターオイルの主成分

リシノール酸:鎮痛作用や抗炎症作用に優れている
など

効果・効能

キャスターオイルは、どんな効果・効能を期待できるんでしょうか?

サロンでは、主にボディのトリートメント施術にキャスターオイルを使用しているのですが、施術後のお客様からは、「肩こりがすっきりした」や、冷えの強い方ですと「身体がポカポカ温まった」といったお声をいただきます。

キャスターオイルに含まれるリシノール酸は、鎮痛作用に優れているとのことでしたもんね。

ちなみに、キャスターオイルは、顔に使うこともできるんですか?

はい、大丈夫ですよ。

キャスターオイルは、水分をためこむ力がありますので、保湿効果も高いです。

それに、傷んだ細胞を修復する作用もあるといわれています。

そうすると、キャスターオイルは、エイジングケアにも良さそうですね。

はい、ですので、シミのケアにもいいといわれています。

それから、抗菌作用や抗炎症作用もあるので、ニキビを落ち着かせたりする効果も期待できます。

キャスターオイルは、スキンケアでも力を発揮してくれますよ。

キャスターオイルの効果・効能

■ スキンケア
・保湿
・シミのケア
・ニキビのケア
など

■ ボディケア
・肩こりのケア
・冷えの改善
など

キャスターオイル(カスターオイル)の使い方

先程のお話ですと、先生のサロンでも、キャスターオイルをお使いになっているとのことでした。

はい、お客様の状態に合わせてですが、主に、ボディのトリートメントで使っています。

キャスターオイルは、粘性が高くてそれだけでは施術は難しいので、他のオイルに混ぜて使ったり、脊柱(せきちゅう)やお腹などに部分的に使ったりしています。

化粧水や他のオイルに混ぜると使いやすい

キャスターオイルは、ホームケアではどんな使い方ができますか?

キャスターオイルは、ハチミツのようなテクスチャーですので、直接お肌に塗るには、少し使いづらいかもしれません。

ですので、例えば、化粧水に数滴混ぜるのもいいですよ。

それは、化粧水の保湿力が上がりそうですね。

はい、もしくは、比較的サラッとしたテクスチャーの「ホホバオイル」に混ぜれば、美容液代わりにもなります

(参考:アロマセラピストに聞くホホバオイルについて

それを、ブースター(洗顔後すぐに使う導入の目的)に使うこともできますね。

(参考:美容セラピストに聞くブースターオイルについて

それから、キャスターオイルは抗炎症作用もあるので、日焼け跡やニキビ跡のケアにもいいですよ。

キャスターオイルの使い方

(スキンケア)
化粧水に数滴加える
ホホバオイルに混ぜて美容液代わりにする(ブースターオイルに使うことも可)
日焼け後やニキビ跡のケア
など

ボディケアやヘアケアなどにも使える

キャスターオイルは、ボディケアにもいいんですよね?

はい、キャスターオイルは、お肌の弾力を改善するのにもいいですので、妊娠線やセルライトのケアにもなります。

そのときも、キャスターオイルを単独で使うよりも、他のオイルにブレンドして使ったほうがいいですか?

テクスチャーが気にならない方は、キャスターオイルをそのまま直接塗っていただいて大丈夫ですよ。

ただ、べたべたするのが苦手な方は、他のオイルとブレンドしたほうが使いやすいと思います。

それから、キャスターオイルは、育毛作用もあるといわれています。

ですので、髪の毛の元気がなくなったという方にもいいですし、抗菌作用もあるので、頭皮の地肌にトラブルのある方にもいいです。

ただ、ヘアケアに使うには、キャスターオイルだけでは使いづらいですので、「ココナッツオイル」や「オリーブオイル」とブレンドして使うのもおすすめです。

(参考:アロマセラピストに聞くオリーブオイルについて

そのときは、キャスターオイル・ココナッツオイル・オリーブオイルを、それぞれ「1:1:1」くらいの割合でブレンドします。

ヘアケアオイルの使い方

(ヘアケアオイルの作り方)
キャスターオイル:1
ココナッツオイル:1
オリーブオイル:1

そのブレンドしたオイルで頭皮マッサージを行って、1時間くらい置いてオイルをなじませます

それを、週に1回くらい行うだけでも、髪の毛が元気になってきますよ。

後は、キャスターオイルは、ネイルやまつ毛のケアに使うこともできます。

キャスターオイルの使い方

(ボディケア・ヘアケアなど)
妊娠線やセルライトのケア
髪の毛に元気がないときのケア、頭皮トラブルのケア(ブレンドオイルで頭皮マッサージを行って、それから一時間くらい置いてオイルをなじませる)
ネイルやまつ毛のケア
など

編集部の選ぶキャスターオイル好きにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、中山先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、キャスターオイルにご興味のある方におすすめの化粧品をご紹介します。

ヴァーチェ マルラオイル

南アフリカで「神の木」とも呼ばれるマルラの木の実から採れる希少なエイジングケアオイルです。マルラの木が乾燥の厳しい環境で育つだけに高保湿で、アルガンオイルの約3.6倍の抗酸化力を備え、「ビタミンC・E」や「オメガ6・9」などの年齢肌に大切な成分を豊富に含んでいます。オイルとは思えないサラサラした質感が特徴で、肌にすっと浸透して油浮きの不快感もなく、オイル独特の匂いもほとんどありません。

●内容量:18mL
●通常価格:税別3,680円

美容家の感想

オイル苦手女子にもすすめられるサラサラ感!保湿力も高くて肌がふっくら!

オイルだけどサラサラで浸透がいいから肌にスッとなじんで、オイルのべたつきな苦手な方にもすすめられる使いやすさです。それでいて、オイルならではの保湿感は高くて、夜のお手入れの仕上げに使うと翌朝までうるおいが保てましたし、肌に弾力が出てふっくらして乾燥小じわも改善されました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


キレイの先生 ブースターミルク

キレイの先生 ブースターミルク

美容のスペシャリストの先生方と開発した、洗顔後の最初に付けるミルクです。みずみずしいミルクが、うるおいを肌の奥までグングンと引き込んで、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」が、そのうるおいをプールします。さらに、エイジングケアに欠かせない「プラセンタ」や「ビタミンC誘導体」などを配合し、乾燥肌年齢肌の方にはもちろん、肌がふっくら引き締まるので毛穴にもおすすめです。

●内容量:30mL
●通常価格:税別2,980円

開発協力者の声

みずみずしいミルクがうるおいを肌奥までギュッと引っ張りフワフワ肌の毛穴レスに!

まずは、ミルクのイメージを裏切るようなみずみずしさにびっくりしました。まるで乾いたスポンジに水分がギューッと入っていくみたいに、うるおいが肌の奥にギュッと引っ張られて、肌がフワフワにやわらかくなりました(笑)。それに、肌に透明感も出て、毛穴もキュッと引き締まって目立ちにくくなりました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

まとめ

キャスターオイル(カスターオイル)は、昔から薬用として用いられていただけに、デトックス作用の高さが特徴です。

保湿力もありますし、日焼け後やニキビ跡のケアにもなります。

ただ、粘性の高いオイルですので、単体で使うというよりも、化粧水や他のオイルに混ぜたほうが使いやすそうですね。

オイル美容のお好きな方には、キャスターオイルもおすすめのオイルですよ。

* 2018年3月7日に公開した『カスターオイルの効果・効能!オイル講師も愛用!自宅での使い方は?』を再編集しました。