キレイの先生

ホーム > 美肌 > オイル美容 > 

ひまし油の効能と使い方!顔にも髪にも!世界では薬としても!プロに聞く

Satya Ayurveda(サティヤ・アーユルヴェーダ)  小澤 一美 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「ひまし油」です。

Satya Ayurveda(サティヤ・アーユルヴェーダ) の小澤 一美 先生にインタビューさせていただきました。

ひまし油は、デトックスの効能に優れたキャリアオイル(植物オイル)で、世界では塗り薬や飲み薬としても用いられているといいます。

それに、ひまし油は保湿力もあるので、お肌や髪の毛にも良く、自宅では、ひまし油を顔のオイルパックに使うことや、シャンプー前の頭皮のオイルクレンジングなどに使うことがおすすめだそうです。

そんなひまし油の効果・効能と使い方について、小澤先生に教えていただきました。

目次

ひまし油の効果・効能
・ひまし油とは
・ひまし油の効能

ひまし油の使い方
・ひまし油は世界ではどう使われている?
・ひまし油を顔や髪に使う

まとめ

ひまし油の効果・効能

ひまし油とは

小澤先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「ひまし油」です。

ひまし油は、何から抽出されるオイルなんですか?

ひまし油は、トウゴマという植物の丸い種子から抽出されるオイルです。

トウゴマの種子自体が80%くらいオイルを含んでいるので、基本的には、種子をコールドプレス(低温圧搾)で粉砕して熱を加えずにそのまま搾(しぼ)って抽出されます。

ちなみに、トウゴマの種子には、「リシン」という毒物が含まれています。

え、そうなんですか!?

そうすると、ひまし油は大丈夫なんですか…?

はい、大丈夫ですよ(笑)。

オイルを圧搾したときは、毒は搾りかすのほうに残りますので、オイルには毒性は含まれません

それをお聞きして、安心です(笑)。

ひまし油は、どこが主な産地なんですか?

トウゴマの原産地はアフリカですが、いまは世界中でも採れて、日本でも庭に生えていたりもしますよ。

そうなんですね、ひまし油の抽出されるトウゴマは、意外と身近なところにあるんですね(笑)。

ひまし油の効能

ひまし油には、どんな栄養が含まれているんでしょうか?

ひまし油には、不飽和脂肪酸の「リシノール酸」が90%弱含まれています。

リシノール酸は、保湿効果もありますし、抗炎症作用抗菌作用などもあります。

それに、リシノール酸は、免疫力を高めてくれる作用も期待できるので、デトックスを促してくれるともいわれています。

そうすると、ひまし油は、すごく身体に良さそうなオイルですね(笑)。

ひまし油を身体や顔に使うと、どんな効果・効能を期待できますか?

ひまし油は、デトックス作用がとても高いので、ボディでは、アトピーや傷の修復などに使われたりしています。

ひまし油は、塗り薬みたいですね(笑)。

ひまし油は、薬ではありませんよ(苦笑)。

ただ、世界では、ひまし油がそうした使われ方もしています。

ひまし油は、顔にもいいんですか?

はい、ひまし油は保湿力も高いので、毛穴悩みにもいいですよ。

ひまし油は粘性が高いオイルですが、透過性も高いので、毛穴を詰まらせるようなことはなく、毛穴をきれいにしてくれます。

そうすると、毛穴のオイルマッサージなどにも良さそうですね。

(参考:エステティシャンに聞く毛穴のオイルマッサージについて

そうですね、それから、ひまし油は、シワやシミなどにも良く日焼け後の色素沈着(色素が沈着することで起こる黒ずみ)を薄くしてくれるような効果も期待できます。

(参考:美容セラピストに聞く色素沈着について

キャリアオイルはヘアケアにもいいですが、ひまし油も髪の毛に使えるんですか?

はい、ヘアケアにもお使いいただけますよ。

ひまし油は、お顔の毛穴をきれいにしてくれますが、それと同じように、頭皮の毛穴もきれいにしてくれます

それに、枝毛の修復作用もあります。

それから、ひまし油の効能というよりも、頭皮のオイルマッサージ全体にいえることですが、オイルマッサージは、若白髪の改善にもいいですよね。

ただ、ひまし油は粘性がありますので、ヘアケアに使うときは、しっかりシャンプーして落としてあげる必要があります。

シャンプーで、二度洗いするのもいいですね。

後は、ひまし油の注意点としては、酸化が早いので、お肌にずっと付けておくのは良くありません。

ですので、例えば、ひまし油でヘアケアを行ったときは、きちんと落とすことが大切です。

ひまし油の効果・効能

■ ボディ
・アトピーや傷の修復
など

■ 
・保湿
・毛穴悩みのケア
・シワやシミなどのケア
・日焼け跡の色素沈着のケア
など

■ 
・頭皮の毛穴をきれいにする
・枝毛の修復
・若白髪の改善
など

ひまし油の使い方

ひまし油は世界ではどう使われている?

先生のサロンは、アーユルヴェーダ(インドの伝統医学)のサロンです。

アーユルヴェーダのオイルとしては、セサミオイル(ごま油)が代表的ですよね。

(参考:アーユルヴェーダセラピストに聞くセサミオイルについて

ひまし油も、アーユルヴェーダで使われるオイルなんですか?

はい、使いますよ。

それは、トリートメント(マッサージ)オイルとして使われているんでしょうか?

いいえ、ひまし油は、どちらかというと粘性の強いオイルですので、全身にベタベタと塗るようなものではありません。

ひまし油を全身に塗ると、重たくなってしまいますので。

ひまし油は、抗炎症作用や抗菌作用があるので、傷の修復に使われたりしていますし、デトックス作用もあるので、飲まれたりすることもあります。

ひまし油を飲むんですか!?

はい、それに、ひまし油は、デトックスの作用も高いですので、ヨーロッパでは、下剤としてお薬に入っていたりもします

その他にも、例えば動物病院では、インコなどの鳥が卵を産むときに、卵の詰まりを促すのにひまし油を飲ませたりすることもあるようですよ。

先生の話をお聞きしていると、世界では、ひまし油が、薬のように使われているんですね(笑)。

そうですね、特に、ひまし油を口から摂る場合は、下剤のように使われることも多いです。

そうすると、アーユルヴェーダでも、ひまし油は口から摂ることが多いんですか?

いいえ、それだけじゃありませんよ。

オイルは、皮膚に塗ることで皮下から吸収されますので、例えば、便秘の改善にお腹に塗ったりすることもあります。

ひまし油には、腸のクリーニング作用もありますので。

それから、ひまし油を湿布として貼って、デトックス治療に使われたりもします。

先生のサロンでも、ひまし油をお使いなんですよね?

はい、例えば、身体に傷のあるお客様には、施術前に、その場所にひまし油を塗ったりします。

アーユルヴェーダのオイルは、基本的に、身体の上でオイルを混ぜることはしません。

ただ、ひまし油だけでは、身体の上で、他のオイルと混ぜてもいいといわれています。

それも、ひまし油の特徴のひとつです。

後は、サロンでは、ひまし油は粘性があるので、その保湿効果をいかして、フェイシャルパックに使ったりもしていますよ。

先生の話をお聞きすると、ひまし油は身体全体のトリートメントに使うというよりも、ポイントで使っていくのに向いているオイルといえそうですね。

はい、そうですね。

ひまし油を顔や髪に使う

ひまし油は、自宅ではどんな使い方ができるでしょうか?

例えば、手荒れしたときのケアにもいいですよ。

ただ、ひまし油は粘性があって、手が結構ベトベトしてしまいますので、ひまし油を塗った後に、手袋をして寝ると傷の修復にもつながります。

それから、おすすめなのが、ひまし油でフェイシャルの「オイルパック」を行うことです。

(参考:アロマ講師に聞くオイルパックについて

先生のサロンでも、ひまし油の保湿効果をいかして、パックにお使いになっているとのことでしたね?

はい、オイルパックの方法は、まずは、お風呂に入る前に、ひまし油を10円玉くらい手に取って、お顔全体に塗ります

ひまし油は、唇の乾燥や荒れもきれいにしてくれるので、唇にも一緒に塗っていただいても大丈夫です。

それから、そのままお風呂に入って身体を温め、ひまし油を5~10分くらい置いて、最後にオイルを洗い流します

オイルパックは、ひまし油だけで行うのもいいですが、そこにターメリック(ウコン)の粉末を一緒に混ぜ込んでパックをすると、美白効果がアップします。

他にも、ひよこ豆の粉があるのですが…これは、インドの食材屋さんやネット通販じゃなければ買えないかもしれません…その粉をペーストにして、ひまし油でパックしているところになじませると、お顔の必要な油分は残して、不必要な油分を取ってくれて、お肌がプルプルになります。

食材をそんな使い方ができるんですね(笑)。

はい、アーユルヴェーダでは、口に入れていいものしか使いませんので。

ひまし油のパックのやり方

■ やり方
1. お風呂に入る前に、10円玉くらいのひまし油を顔全体に塗る(唇にも一緒に塗って大丈夫)
2. そのままお風呂に入って身体を温め、ひまし油を5~10分くらい置いておく
3. ひまし油を洗い流す

■ 応用方法

・ターメリック(ウコン)の粉末を一緒に混ぜ込んでパックを行う(美白作用がアップする)
・ひよこ豆をペーストにして、ひまし油でパックしているところになじませる(顔の必要な油分は残して、不必要な油分を取ってくれる)

ひまし油は、他にどんな使い方ができますか?

ひまし油は、オイルパックもいいですが、もちろん、お顔に1~2滴を塗るだけでもいいですよ。

美容オイルとして、ひまし油を使うということですね。

はい、それから、ひまし油はクレンジングにもお使いいただけます。

ひまし油は、粘性があって毛穴までなじむので、洗浄効果も期待できます。

ですので、極端なことをいうと、お肌のお手入れを、ひまし油だけで済ますこともできます。

ひまし油でクレンジングをして、汚れを洗い流した後に、ひまし油でオイルパックを行って、というように、ひまし油を重ねて使って、お肌のお手入れを行うこともできます。

まさに、シンプルスキンケアですね(笑)。

後は、先程のお話ですと、ひまし油は、シャンプー前の頭皮のオイルマッサージにも使えるんですよね?

はい、大丈夫ですよ。

ひまし油の使い方

■ ボディ
・手荒れのケア(ひまし油を塗った後、手袋を付けるのも良い)
など

■ 
・オイルパックを行う
・美容オイルとして顔に1~2滴を塗る
・クレンジングを行う
など

■ 
・シャンプー前の頭皮のオイルマッサージ
など

まとめ

ひまし油は、デトックスの効能に優れていて、抗炎症作用や抗菌作用もあります。

そのため、世界では、塗り薬や飲み薬としても用いられているといいます。

それに、ひまし油は、保湿効果に優れているので、ご自宅では、顔のオイルパックに使うのも良いですし、シャンプー前の頭皮のオイルマッサージにもお使いいただけます。

ひまし油は、オイル美容にもおすすめのオイルですよ。

* 2018年2月15日に公開した『ひまし油の効果効能は?顔にも使える?セラピストの教える使い方』を再編集しました。

本日のキレイの先生