キレイの先生

ホーム > 美肌 > 肌トラブル > 

肌が汚い?化粧汚れや角質が原因?プロに聞く肌を綺麗にする方法9つ

クレセント Aroma & Natural Style  村上 由紀子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回は、お肌が汚いと感じたときの改善方法について、クレセント Aroma & Natural Style の村上 由紀子 先生にインタビューさせていただきました。

お肌が汚く感じると、気分も滅入ってしまいます。

お肌が汚いと感じるのは、何が原因なのでしょうか?

そして、お肌を綺麗にするには、どんなことができるでしょうか?

村上先生に教えていただきました。

目次

「肌が汚い?」と感じるのは
・肌が汚く感じられる状態とは
・メイク汚れが残る原因
・角質がたまって厚くなる原因
・肌のくすみの原因

肌を綺麗にする方法
・クレンジング・洗顔のポイント
・週にいちどの角質ケア
・スキンケアでの保湿
・おすすめの食べ物など

編集部の選ぶ肌を綺麗にするのにおすすめの化粧品

まとめ

本日のキレイの先生

クレセント Aroma & Natural Style

村上 由紀子 先生 先生

「キレイの先生」編集部

「肌が汚い?」と感じる原因

村上先生、よろしくお願いします。

今回は、お肌が汚いと感じたときに、どうすればお肌を綺麗にすることができるのか、お話しいただきたいと思います。

まずは、お肌が汚いと…少しきつめの表現ですが…見た目の印象も変わりますか?

そうですね、見た目の印象もかなり変わると思いますよ。

暗い」・「元気がない」・「不健康そう」といった印象になって、お顔も老けて見えやすくなります

全体的にマイナスな印象になってしまいますよね…。

(参考:美容セラピストに聞く老け顔について

先生のサロンのお客様にも、「お肌が綺麗じゃない…」と気にされている方はいらっしゃいますか?

「お肌が綺麗じゃない」という言葉を直接使う方はいらっしゃいませんが(苦笑)。

でも、「綺麗になりたい」というのは、共通の想いだと思いますよ。

サロンでの施術を終えた後に、「お肌が明るくなった!」喜ぶ方がいちばん多いので、皆さま、口にはしませんが、お肌の綺麗さは気にされている部分なのだと思います。

肌が汚く感じられる状態とは

「お肌が汚い」というのは、お肌がどうなっている状態と考えられるんでしょうか?

ひとつは、クレンジングが不十分だったりして、メイクの汚れを落とし切れていない状態です。

メイク汚れが目に付くということですか?

目で見えるほどメイク汚れが残ることは、あまりないと思いますが…(苦笑)。

すいません、それもそうですよね(苦笑)。

例えば、毛穴の中に入った汚れがクレンジング・洗顔できちんと取れていないと、化粧水などもお肌にうまく入っていきません

そういったことの積み重ねで、お肌の状態は変わっていきます。

後は、余分な角質(皮膚表面の古い肌細胞)がたまって厚くなっていることでも、お肌が汚くみえてしまいそうです。

(参考:美容セラピストに聞く角質によるお肌のごわつきについて

はい、それもあると思います。

それから、血行が悪くなっていると、お肌はくすんでみえやすいですし、お肌が乾燥していることも、お肌の綺麗さには関係しています。

お肌の乾燥によっても、お肌が汚くみえやすいんですか?

はい、お肌がうるおっていると、お肌は綺麗に見えると思います。

でも逆に、お肌に水分が不足して乾燥していると、お肌のモチモチ感もなくなってしまいますよね。

肌が汚く感じられる状態

クレンジング・洗顔でメイク汚れを落とし切れていない
余分な角質がたまって厚くなっている
血行が悪くてくすんでいる
お肌が乾燥している
など

メイク汚れが残る原因

いまのお話ですと、顔にメイク汚れが残っていると、お肌が汚く見えてしまうとのことでした。

それはやはり、クレンジングが不十分なことが原因なんでしょうか?

そうですね、例えば、小鼻の周りや下唇の下あたりなどのくぼんでいるところは、洗うことを割と忘れがちな場所です。

凹凸があって洗いづらい場所でもありますもんね…。

それから、メイクなどの汚れは、基本的に浮かび上がらせて洗い落とします。

それを、クレンジング・洗顔でゴシゴシと洗っていたりすると、お顔で洗えている部分と洗えていない部分ができやすいです。

しかも、クレンジング・洗顔でゴシゴシと洗うと、肌摩擦にもなって、お肌がダメージを受けてしまうといいますよね。

はい、そういった点でも良くありませんね。

角質がたまって厚くなる原因

お肌の表面に余分な角質がたまって厚くなることでも、お肌が汚くみえやすいとのことでしたが、それは、どんなことが原因になりますか?

角質は、毎日洗顔をしていても、通常の洗顔だけではお肌にたまっていきます

そうなんですか!?

はい、ですので、できれば週に一回くらいは、角質ケア(余分な角質を取り除いてあげること)をしていただきたいです。

肌のくすみの原因

血行が悪くなっていると、顔はくすみやすいとのことでしたが、それは、どんなことが原因になりますか?

いちばん大きいのは、睡眠不足だと思います。

たしかに、睡眠不足の翌日は、顔色がひどいです…(苦笑)。

それに、食事のバランス便秘なども関係します。

後は、身体の冷えによってもお顔がくすんでみえやすいですし、メンタル面でも、ストレスで顔色が変わったりします。

それから、お肌のくすみに限ったことではありませんが、紫外線もお肌には良くありません。

紫外線は、お肌を乾燥させてしまいますし、肌老化のいちばんの原因といいますもんね…。

はい、他にも、喫煙も、お肌を汚くしてしまう原因として考えられます。

肌を綺麗にする方法

クレンジング・洗顔のポイント

お肌を綺麗にするのに、クレンジング・洗顔で心がけたいことはありますか?

ひとつは、メイク汚れを完全に落とすことです。

それから、メイクをしていないときも、お顔は裸でいるような状態ですから、空気中の雑菌などがお肌に付着します。

それが、皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)などと混ざると、さらに雑菌が繁殖しやくなります。

そうすると、肌荒れの原因にもなりそうですね…。

はい、ですので、メイクをしていないときも、洗顔でお顔を綺麗にしてあげることは大切ですよ。

つまり、メイクをしていないときでも、最低限、洗顔は行ったほうがいいんですね。

ちなみに、クレンジングや洗顔でのポイントはありますか?

汚れは浮かせて洗い流すことを、頭に置いておいてほしいと思います。

クレンジング料や洗顔の泡でクルクルと優しくなでて、汚れを浮かせるような感じで洗ってあげましょう。

週にいちどの角質ケア

先程のお話では、お肌を綺麗にするのに、週に一回くらいの角質ケアもおすすめとのことでした。

はい、角質ケアをご自分で行うときは、優しいタイプの角質ケア化粧品をお使いになるのがいいと思います。

スクラブなどは、お顔をゴシゴシするとお肌を傷つけてしまう可能性があるので、ご注意いただきたいです。

スクラブとは

スクラブは、細かな粒子の入った化粧品のことをいい、物理的に余分な角質を取り除くことができます。

(参考:エステティシャンに聞くスクラブについて

角質ケアでいちばんなのは、できれば月に一回くらい、サロンなどで角質ケアをお受けになることです。

実際、サロンで角質ケアを受けられている方は、お肌の状態が本当に違いますよ。

スキンケアでの保湿

他に、お肌を綺麗にするのに、スキンケアで心がけたいことはありますか?

保湿です。

スキンケアでは、保湿は本当に大事ですよね。

はい、化粧水も一回で付けるのではなく、何回かに分けてたっぷり入れてあげるのがおすすめですよ。

化粧水の重ね付けですね。

それから、お肌の乾燥が気になるときは、化粧水をコットンにたっぷりと湿らせて、コットンパックにして貼ってあげるのもおすすめです。

(参考:エステティシャンに聞くローションパックのやり方

ローションパックという点では、そちらで出されている「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をパックにするのもいいですよね。

パックで、しっかりと密着してくれるので。

ありがとうございます、うちの商品の名前を出していただいて(笑)。

いえ(笑)。

後は、そちらのオールインワンもそうですが、ジェルの化粧品をロールオンタイプの容器に入れて持ち歩くのも、いいと思います。

例えば、室内で冷房や暖房が当たっていることが多いときは、目元などの乾燥が気になる場所に、メイクの上から直接付けてもいいですし、手に付けてから塗って、臨時的な保湿ができますよ。

おすすめの食べ物など

お肌を綺麗にするのに、おすすめの食べ物などはありますか?

いちばんは、バランスの良い食事をすることです。

その上で、おすすめなのが、「ビタミンA」や「ビタミンC」、「ビタミンE」などです。

たしか、ビタミン群は皮膚の再生にも必要なんですよね。

はい、そうですね。

それらの栄養は、どんな食べ物に多く含まれていますか?

「ビタミンA」は、ニンジンなどの緑黄色野菜、ビタミンCは、緑黄色野菜・イモ類・果物全般など、「ビタミンE」は、アーモンド・豆類・かぼちゃ・卵黄・うなぎなどに含まれています。

食べ物以外で、お肌を綺麗にするのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

睡眠時間をしっかり取ることです。

出来れば、日付が変わる前には、寝てほしいと思います。

他には、腸内環境を整えることや、紫外線の予防もそうですし、紫外線を浴びてしまったときのケアなども大切ですよ。

(参考:エステティシャンに聞く日焼け後のケアについて

編集部の選ぶ肌を綺麗にするのにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、村上先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだ肌を綺麗にするのにおすすめの化粧品をご紹介します。

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

手前味噌ですが、このサイトから200人以上の美容スペシャリストの方々の教えをまとめた「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」です。

水を一滴も加えず、バラの美容成分の詰まったローズウォーターに贅沢に置き換えました(全成分に水の表記がありますが原料由来のものです)。

自然なバラの優しく華やかな香りに包まれながら、美容成分98%のチカラでお肌をうるおします

通常価格2,880円(税別)のところ、定期購入では初回1,000円(税別)でお求めいただけ、配送回数の制限もありません

美容家の感想

ゲルタイプの美容液は、保湿力が優れているのが好きで普段からよく使っているのですが、この商品は、保湿はもちろん、夜使うと翌朝のハリが素晴らしかったです! オールインワンと聞きながらも最初は化粧水とクリームをプラスして使っていましたが、本当にこれ1本で大丈夫でした。忙しい朝や、疲れて眠い夜でも負担なくスキンケア出来る強い味方だと思います。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

編集部のここがオススメ!

美容のスペシャリスト200人以上の教えをまとめた!

水を一滴も加えずに美容成分豊富なローズウォーターに置き換え!

98%の美容成分のチカラで肌をうるおす!

バラに満ちるオールインワン

商品名:キレイの先生 バラに満ちるオールインワン
ブランド:キレイの先生
容量:65mL
通常価格:税別2,880円
初回特別価格:税別1,000円

まとめ

今回のインタビューで挙がった、お肌を綺麗にする方法をまとめます。

1. クレンジング・洗顔はゴシゴシこすらず汚れを浮かすようにして落とす
2. クレンジングでメイク汚れを完全に落とす
3. メイクをしていないときも洗顔は行う
4. 週に一回くらい角質ケアを行う(スクラブを行うときはやり方に注意する)
5. スキンケアできちんと保湿する(化粧水の重ね付け、コットンパック、など)
6. ジェル化粧品をロールオンタイプの容器で持ち歩いて、乾燥の気になる場所にメイクの上から付ける
7. バランスの良い食事の上で、ビタミンA・C・Eを摂る
8. 生活習慣を整える(睡眠時間をきちんと取る、腸内環境を整える、など)
9. 紫外線を予防して、紫外線を浴びてしまった場合はケアをする

お肌を綺麗にするには、クレンジング・洗顔できちんと汚れを落として、その後にきちんと保湿するという基本的なことが、何よりも大切といえそうですね。

村上先生に教えてもらった方法は、すぐにでも始められることが多くあるのではないかと思います。

「お肌が汚い…?」と気になったときは、やれることから取り入れてみてはいかがでしょうか?

* 2017年10月13日に公開した『肌が汚い…肌をきれいにするには?すぐ始められる7つの方法』を再編集しました。

本日のキレイの先生

村上 由紀子 先生