美容のスペシャリストが教えるキレイ

肌が汚い原因と改善方法!美容家の教える化粧水や洗顔方法のポイント10

本日のキレイの先生

富岡 由紀子 先生

今回のテーマは、「肌が汚い原因と改善方法」です。

クレセント Aroma & Natural Style の富岡 由紀子 先生にインタビューさせていただきました。

肌が汚く感じるのは、クレンジング・洗顔が不十分なことによる影響もありますし、肌が乾燥していることによってきれいさも損なわれるといいます。

それを改善するには、スキンケアでしっかりと保湿して、クレンジング・洗顔は洗いすぎに気を付けながら汚れをきちんと落とすことが大切だそうです。

肌が汚い原因と改善方法について、富岡先生に教えていただきました。

目次

肌が汚い原因
・乾燥やくすみで肌が汚く感じられるようになる
・不十分な洗顔や生活習慣の乱れなどが原因に

肌が汚いのを改善する方法
・化粧水の重ね付けやパックなどできちんと保湿する
・クレンジング・洗顔は優しく汚れを落とす
・週にいちどの角質ケアもおすすめ
・食生活や睡眠など生活習慣を整えることも大事

編集部の選ぶ肌をきれいにするのにおすすめの化粧品

まとめ

肌が汚い原因

富岡先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「お肌が汚い原因と改善方法」です。

先生のサロンのお客様にも、お肌が汚いことを気にされている方はいらっしゃいますか?

「お肌が汚い」とおっしゃる方はいませんが…(笑)。

それはそうですよね(笑)、すいません。

ただ、お肌がきれいでなければ、「暗い」・「元気がない」・「不健康そう」といった印象も出てしまいますし、老けてみえやすくなります

ですので、お肌がきれいになりたいというのは、女性共通の想いですよね。

実際、サロンのお客様も、施術を終えた後に「お肌が明るくなった!」とお喜びになります。

お肌がきれいかどうかは、皆さまが気にされている部分ですね。

乾燥やくすみで肌が汚く感じられるようになる

お肌が汚く感じるのは、何によるものなんでしょうか?

ひとつは、クレンジング・洗顔が不十分で、メイクの汚れを落とし切れていない状態であることが考えられます。

それは、メイク汚れが目に付いて、肌が汚くみえるということですか?

いえ、目にみえるほどメイク汚れが残ることは、あまりないと思いますよ(笑)。

すいません、それもそうですよね(苦笑)。

そうすると、どうしてメイク汚れの落とし残しが、お肌が汚くなる原因になるんですか?

クレンジング・洗顔で、毛穴の中に入った汚れをきちんと取ることができていないと、スキンケア化粧品もお肌にうまく入っていきません。

そうした積み重ねも、お肌の状態に影響がありますよね。

例えば、それによってお肌の乾燥が進むと、お肌のきれいさも損なわれてしまいます

お肌の乾燥で汚くみえるケースもあるんですか!?

はい、お肌がうるおっていると、お肌はきれいにみえますよね。

でも逆に、お肌の水分が不足して乾燥していると、お肌のモチモチ感もなくなってしまいます。

それによって、きれいさは損なわれます。

他に、お肌が汚く感じる原因はありますか?

血行の悪さも、ひとつです

それによって、お肌はくすんでみえやすくなります。

それに、肌表面に余分な角質(古くなった肌細胞)がたまって厚くなることによっても、お肌のきれいさはなくなってきます。

肌が汚く感じられる要因

・肌の乾燥
・血行が悪いことによるくすみ
・余分な角質がたまって厚くなっている
など

不十分な洗顔や生活習慣の乱れなどが原因に

日々の生活習慣で、お肌が汚くなる原因はありますか?

先程もお話しましたが、ひとつは、不十分なクレンジング・洗顔です

特に、小鼻周りや下唇の下のくぼみあたりは、洗うことを忘れがちな場所です。

そのあたりは凹凸があって、洗いづらいですもんね…。

はい、それに、洗い方による影響もあります

例えばクレンジングは、メイク汚れをクレンジング料で浮かび上がらせて落とすのが基本的です。

それをゴシゴシと洗うと、洗えている部分と洗えていない部分が出やすくなります

しかも、クレンジング・洗顔でゴシゴシと洗うと、肌摩擦も起こりますよね。

はい、それによって、お肌の乾燥をさらに招きやすくなりますね。

他に、日常生活の中で、お肌が汚くなる原因はありますか?

基本的なことですが、お肌の状態には生活習慣も大きく関係してきます

例えば睡眠不足ですと血流が悪くなって、お顔もくすみやすくなります。

たしかに私も、睡眠不足の翌日は顔色がひどいです…(苦笑)。

そうですよね(笑)。

それに、食生活もお肌の状態に関係しますし、喫煙もお肌には良くありません

身体の冷えによる影響もあります

それからメンタル面では、ストレスで顔色も変わってきます

そうした生活習慣が、お肌の状態を大きく左右するということですね…。

はい、後は、紫外線によるダメージもあります

紫外線は、お肌を乾燥させてしまいますし、肌老化のいちばんの原因といいます…。

はい、そういったことも、お肌のきれいさを損なう原因になります。

肌が汚くなる原因

【生活習慣で原因になること】
・クレンジング・洗顔などで小鼻周りなどをきちんと洗えていない
・クレンジング・洗顔をゴシゴシと行う
・生活習慣の乱れ(睡眠不足、食生活の乱れ、喫煙、身体の冷え、ストレス、など)
・紫外線による肌ダメージ
など

肌が汚いのを改善する方法

化粧水の重ね付けやパックなどできちんと保湿する

先程のお話では、お肌は乾燥によっても汚くなりやすいとのことでした。

そうすると、お肌をきれいにするには、スキンケアでの保湿も大事なんですよね?

はい、もちろん、とても大事です。

スキンケア方法でのアドバイスはありますか?

まず化粧水は、一回で付けるのではなく、何回かに分けてたっぷり入れてあげたいです。

化粧水を重ね付けするんですね。

はい、もしくは、コットンに化粧水をたっぷりと湿らせて貼ってあげるのもいいですね。

コットンパックです。

パックは、保湿効果が高いといいます。

はい、特にお肌の乾燥がかなり進んでいるようなときはおすすめですよ。

それでお手入れの最後は、乳液やクリームで仕上げます

他に、スキンケアでの保湿でやれることはありますか?

ジェル化粧品をロールオンタイプの容器に入れて持ち歩いておけば、お肌の乾燥を感じたときの応急処置に使えて便利です。

いまは室内も、冷房が暖房の影響で年中乾燥しています。

日中、お肌の乾燥が気になった場所に、ジェル化粧品をメイクの上から付けてあげると、臨時的な保湿が行えますよ。

肌をきれいにする方法

【化粧水などのポイント】
1. 化粧水は何回かに分けて重ね付けするか、コットンパックで付ける
2. 日中、肌の乾燥を感じた場所にジェル化粧品をメイクの上から付けて保湿の応急処置を行う
など

合わせて読みたい!

クレンジング・洗顔は優しく汚れを落とす

お肌が汚い状態を改善するには、クレンジング・洗顔も大事だと思います。

はい、お顔の汚れはしっかりと落としていただきたいです。

クレンジング・洗顔方法でのポイントはありますか?

まずクレンジングは、クレンジング料でメイク汚れを浮かばせて落とすようにしましょう。

それから、クレンジング・洗顔の両方にいえることですが、お顔を洗うときは、クルクルと優しくなでるようにして行っていただきたいです。

ゴシゴシと洗わないということですね。

はい、そうです。

他に、クレンジング・洗顔でアドバイスはありますか?

メイクを行っていないときは、洗顔を行わない方もいらっしゃいます。

ただ、ノーメイクのお顔は裸でいるような状態で、空気中の雑菌などがお肌に付着します。

それが皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)と混ざると、雑菌も繁殖しやくなります。

そうすると、肌荒れの原因にもなりそうです…。

はい、ですので、ノーメイクのときでも洗顔は行って、お顔の汚れを落としてあげるようにしましょう。

肌をきれいにする方法

【クレンジング・洗顔のポイント】
3. クレンジングは、クレンジング料でメイク汚れを浮かせて行う
4. クレンジング・洗顔は、クルクルと優しくなでるように行う
5. ノーメイクのときも洗顔を行って汚れを落とす
など

週にいちどの角質ケアもおすすめ

他に、お肌が汚い状態を改善するのに、スキンケアでやれることはありますか?

毎日洗顔を行っていても、通常の洗顔だけでは角質が肌表面にたまっていきます。

そうなんですか!?

はい。

そうすると、それによってお肌が汚くみえやすくなります…。

はい、ですので、週にいちどくらい、角質ケア(余分な角質を取り除いてあげること)を取り入れるのもおすすめですよ。

角質ケアには、どんなことをやるといいですか?

角質ケア化粧品も、色々なタイプがありますよね。

例えばスクラブ(微細な粒子で角質を取り除いていくケア)をゴシゴシと行うと、お肌を傷つけてしまう可能性があるので注意していただきたいです。

ご自宅で角質ケアを行うときは、優しいタイプのものをお使いになるといいですよ。

ただそれよりも、いちばんおすすめなのは、月にいちどサロンなどで角質ケアを受けていただくことです。

サロンでの角質ケアでしたら、プロの方にみていただけるので安心です。

はい、実際、サロンで定期的に角質ケアを受けられている方は、お肌の状態が本当に違いますよ。

肌をきれいにする方法

【スペシャルケアとして】
6. 週にいちど角質ケアを行う(サロンで月にいちど、角質ケアを受けるのが理想)

関連記事

食生活や睡眠など生活習慣を整えることも大事

お肌をきれいにするのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

まずお食事は、バランスのいい食生活を心がけることです。

その上で、「ビタミンA」・「ビタミンC」・「ビタミンE」などの栄養を意識的に摂るのがおすすめです。

たしかビタミン群は、肌再生にも必要な栄養なんですよね。

はい、そうです。

それらの栄養は、どんな食べ物から摂れますか?

ビタミンAは、ニンジンなどの緑黄色野菜に含まれていますね。

ビタミンCは、緑黄色野菜・イモ類・果物全般などに、ビタミンEは、アーモンド・豆類・かぼちゃ・卵黄・うなぎなどに含まれています。

他に、お肌をきれいにするのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

睡眠をしっかりとっていただきたいです。

特に日付が変わる前には就寝したいです。

後は、腸内環境を整えることも大事ですし、紫外線の予防も意識していただきたいです。

紫外線を浴びてしまったときは、その後のケアをきちんと行いたいですね。

肌をきれいにする方法

【生活習慣で心がけたいこと】
7. バランスの良い食事の上で、ビタミンA・C・Eを意識的に摂る
8. 日付が変わる前には就寝するようにして、睡眠時間を十分にとる
9. 腸内環境を整える
10. 紫外線の予防を行い、紫外線を浴びてしまった場合はアフターケアを行う
など

合わせて読みたい!

編集部の選ぶ肌をきれいにするのにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、富岡先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだ肌をきれいにするのにおすすめの化粧品をご紹介します。

美容家がくすみごわつきにすすめる洗顔後ミルク

「乾スポンジに水分が入るみたいにうるおいが肌奥に引っ張られて、くすみ肌がフワフワ透明に!」

美容サロン経営者がそう話したのが、「キレイの先生 ブースターミルク」です。

ブースターミルクは、洗顔後すぐに付けるミルクで、このサイトに登場した数十名の美容家の先生方に協力いただき開発しました。

その開発協力者のおひとりであるサロン結香 の矢澤 ともみ 先生の感想をご紹介します。

ブースターミルクを付けると、その後の化粧水が肌の奥にギュッと引っ張られる感じがあります!

まるで乾いたスポンジに水分が入っていくみたいです(笑)。

それに、化粧水後しばらくそのままでいても乾燥をほとんど感じません

それに対してブースターミルクなしでは、化粧水後すぐに肌が乾燥してくるのを感じました(苦笑)。

そうして肌にしっかり水分が入ることで、肌がフワフワにやわらかくなって、くすみも取れて透明感も出てきました

肌が活発に動き出したような感じというのでしょうか(笑)。

それからミルクというと、とろみのあるテクスチャーのイメージですが、その予想を裏切るみずみずしさに驚きました。

べたつきも感じないので使いやすいです。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

商品概要

キレイの先生 ブースターミルク

美容サロン経営者がくすみ・ごわつきにも絶賛した「キレイの先生 ブースターミルク」は、洗顔後の最初に使用するミルクです。
みずみずしいミルクがうるおいを肌奥まで引き込んで、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」がうるおいを抱き込んで放しません。
定期購入のお申込みで初回50%OFFでお試しいただけ、配送回数の制限もありません。

●内容量:30mL
●通常価格:税別2,980円
●定期初回価格:税別1,490円

まとめ

肌が汚いのは、いくつかの原因が考えられます。

クレンジング・洗顔が不十分なことによる影響もありますし、肌が乾燥しているときれいさも損なわれます。

それに、血行不良によるくすみもあります。

肌をきれいにするには、基本的なことですが、スキンケアでの保湿が大切です。

そして、クレンジング・洗顔での洗いすぎに気を付けながら、汚れをきちんと落とすことです。

肌が汚く感じたときは、富岡先生のアドバイスを参考にしながら、そうした基本的なスキンケア方法を見直してみてはいかがでしょうか?