美容のスペシャリストが教えるキレイ

基礎体温が低いと…基礎体温が下がる原因にはどんなことが?

本日のキレイの先生

島田 美生 先生

基礎体温が低いと…基礎体温が下がる原因にはどんなことが?

「キレイの先生」編集部です。

今回は、リラクゼーションサロン 采香 の島田 美生 先生に取材させていただきました。

島田 先生は、基礎体温を36.5度に上げるためのワークショップなど行っていらっしゃいます。

基礎体温を上げることは、健康や美容にも良いといいます。

そこで今回は、「基礎体温」をテーマに、3回に分けてお届けします。

こちらは、その第2回です。

基礎体温が低いことによる影響などをまとめます。

第1回の記事では、基礎体温の基本的な内容について、まとめました。

まだそちらをご覧になられていない人は、まずはそちらからお読みになることをおすすめします。

目次

基礎体温が低いと…

基礎体温が下がる原因

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

本日のキレイの先生

リラクゼーションサロン 采香

島田 美生 先生

「キレイの先生」編集部

基礎体温が低いと…

毎朝、基礎体温を測っている人は、あまり多くないと思います。

先程、「基礎体温を実際に測ってみて、自分の基礎体温が低いことに驚く人もいる」とお話しされていました。

基礎体温は、何度くらいを基準に考えると良いですか?

私は、基礎体温の理想は36.5度くらいだと考えています。

基礎体温を上げるワークショップでも、それが最終的な目標です。

基礎体温には、「低温期」と「高温期」があるとのことでした。

36.5度が理想というのは、どの段階の基礎体温と考えると良いでしょうか?

低温期で、36.5度くらいがベストでしょう。

すると、高温期では、何度くらいのイメージですか?

高温期では、36.8度くらいでしょうか。

「低温期」と「高温期」

島田 先生の第1回の記事でも紹介していますが、基礎体温には、月経周期とリンクしたリズムがあり、「低温期」と「高温期」があります。

★★★第1回のリンクを入れる★★★

現代社会では、基礎体温の低い人が多いですか?

それとも、高い人が多いですか?

低い人の方が多いですね。

低温期で35度台、高温期で36.5度以下の人が多いように感じます。

先生のワークショップになられる生徒さんも、基礎体温の低い人が多いですか?

はい。

基礎体温の低い人は、どんな悩みが出やすいですか?

生徒さんとお話をしていると、寝付けない、寝ても途中で起きてしまう、冷え性、便秘、イライラが収まらない、毎日だるい、やる気が起きない、などといったことをお聞きします。

それらも、基礎体温が低いことが、関係しているのですね…。

基礎体温が低いと、身体全体の血行も悪くなっていることが考えられます。

すると、全身に酸素や栄養が十分に行き渡りにくくなります。

それは、健康全般に良くありませんね…。

はい、疲れやすくなったり、免疫力も下がるので病気になりやすくなったりします。

他にも、腰痛や腹痛につながる場合もあります。

血行が悪いと、お肌にも良くなさそうです。

血行不良でお肌の調子も…

お肌に必要な栄養は、血液を通じて届けられています。そのため、血行が悪くなると、お肌に十分な栄養が行き届かなくなり、お肌の調子も下がりやすいです。基礎体温が低いことは、美容にも良くないといえそうです。

他にも、体温が1度下がるだけで、体内酵素の働きも悪くなるといわれています。

酵素について

下の記事でも紹介していますが、酵素は、人の生命活動のすべてに関わっています。例えば、いまこの記事を「目で見ている」のも、スクロールするために「手を動かす」のにも、酵素が関わっています。心臓が動くのも、そうです。基礎体温が低いと、体内酵素の働きも低下し、やはり健康全般に良くないといえそうです。

基礎体温が下がる原因

基礎体温が下がる原因

基礎体温は、どんなことが原因で、下がってしまうのでしょうか?

いくつかありますが、ひとつは、運動不足です。

人の身体は、筋肉が動くときにエネルギーが起きます。

体温の40%は、筋肉が動くことで作られているともいいます。

そうなのですか!? 筋肉を動かすことは大切なのですね…。

そのため、筋肉量が少なくなると、基礎体温も下がりやすいです。

普段、エレベーターやエスカレーターばかり使ったり、日中に歩く距離の少なかったりすることも、あまり良くありません。

私もこれからは、意識して階段を使うようにします。

また、食生活の乱れも、基礎体温の下がる原因になります。

例えば、コンビニ食など、食品添加物の多い食べ物ばかりを食べていると、腸内環境が悪化し、体内のめぐりが悪くなり、体温が上がりにくくなります。

タンパク質の摂取量が少なければ、筋肉が出来ずに、熱を起こしづらくなります。

もちろん、筋肉は、タンパク質だけで作られるわけではありません。

(タンパク質を構成する)アミノ酸を分解するのに、ビタミンBが必要です。

つまり、色々な栄養を、バランスよく摂る必要があります。

体温のことを考えても、食事はバランスが大切なのですね。

睡眠不足も、自律神経が乱れることにより、身体の体温調整が行いづらくなります。

自律神経とは

自律神経は、人の身体と心をコントロールしている神経です。「交感神経(緊張の神経・昼に優位になる)」と「副交感神経(リラックスの神経・夜に優位になる)」があり、この2つが交互に入れ替わってバランスを取っています。そのバランスが崩れると、心身に大きな影響があります。

入浴せずにシャワーで済ませたり、逆に、熱すぎるお風呂に入ったりすることも、体温を下げることにつながります。

シャワーで基礎体温が下がることは、想像できます。

どうして、熱すぎるお風呂も良くないのですか?

身体を温めて、どちらかというと、良さそうなイメージがありますが…。

人の身体には、「恒常性(こうじょうせい)」という働きがあります。

体温が急激に上がると、体温を下げようとするのです。

そのため、熱すぎるお風呂は、身体の表面しか温まっていない場合も多いです。

また、交感神経が優位になって、睡眠の質を落とすことにもつながります。

恒常性とは

恒常性は、一定の状態に保とうとする作用のことをいいます。

後は、例えば頭痛などで鎮痛剤を常用していると、鎮痛剤には解熱作用もあるため、体温が上がりづらいです。

他にも、薄着やストレス、飲酒、喫煙なども、基礎体温の下がる原因になります。

まとめ

島田 先生の話をお聞きして、生活習慣の大切さを、改めて感じました。

適度な運動をする。

バランスの良い食事を摂る。

睡眠時間をしっかりとる。

身体を冷やさない。

ストレスをためない。

どれも、当たり前のことです(私ができていないことが多いですが…)。

生活習慣の乱れが、基礎体温を下げるいちばんの原因といえそうですね。

島田 先生の第3回の記事では、いろいろ、基礎体温を上げる方法について取り上げます。

こちらも、難しい内容はありません。

是非、合わせてご覧ください。

今回取材した島田 美生 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

今までオールインワンを使ったことがなかったのですが、肌なじみが良く、スーッと浸透していく感じが良かったです。肌がモチモチとして、気持ち良かったです。添加物が入っていないことも、安心して使用できます。

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込み、水を一滴も加えずバラ水に置き換え、バラのチカラで年齢肌をうるおわせます。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


関連キーワード