美容のスペシャリストが教えるキレイ

体のすべてにいい!足湯の効果とは?自宅で足湯を行う方法!

本日のキレイの先生

宮崎 里美 先生

体のすべてにいい!足湯の効果とは?自宅で足湯を行う方法!

「キレイの先生」編集部です。

今回は、体素材の楽学健美サロン サロンドココナ の宮崎 里美 先生に取材させていただき、こちらはその後編です。

前編では、「泥パック(クレイパック)」について、まとめました。

その取材中に、クレイ(粘土)を足湯に使うことができるというお話がありました。

そこで、この後編では、「足湯」について取り上げたいと思います。

足湯は、自宅でも簡単にできる健康法です。

クレイを入れることで、その効果を高めることもできるといいます。

足湯は、どのような効果があるのでしょうか?

自宅では、どのような方法で行えるのでしょうか?

宮崎 先生に教えていただきました。

目次

足湯の効果
・足の冷えについて
・足の冷えの原因
・効果

自宅で足湯を行う方法

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

本日のキレイの先生

体素材の楽学健美サロン サロンドココナ

宮崎 里美 先生

「キレイの先生」編集部

足湯の効果

宮崎 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「足湯」です。

足湯は、足だけを入れるお風呂のことをいうのですよね。

はい、自宅では、お湯を張った桶などに、足だけをつけて行うことができます。

足の冷えについて

足湯は、足を温めることができます。

足は、身体の中でも、冷えやすい場所だと思います。

それは、どうしてなのでしょうか?

血液は、心臓がポンプになって排出されていて、臓器を優先に温めるため、上半身は比較的温まりやすいです。

それに対して、足は、心臓からいちばん距離が遠く離れていて、いつも後回しになるため、冷えやすいです。

血流が悪いと冷えになる

身体の冷えは、血流とリンクしています。

心臓から排出された血液は、全身をめぐって、最後は心臓に戻っていきます。

足先にめぐった血液を、重力に逆らうようにして、(心臓のある)上半身に戻しているのは、「ふくらはぎ」の役割です。ふくらはぎの筋肉が、伸縮してポンプのような働きをしていて、血液は上半身へと戻っていきます。そのため、ふくらはぎは、「第二の心臓」とも呼ばれています。

ふくらはぎの筋肉をきちんと働かせていないと、足の血流は悪くなりやすいです。例えば、デスクワークなどで長時間座って足を動かさずにいたり、足の筋肉が衰えたりすると、血流は悪くなります。

足が冷えやすいのは、足の血流が悪くなりやすいことも、関係しています。

足が冷えていると、身体には、どんな影響が出やすいですか?

身体全体の血行不良の原因となり、むくみや不眠など、様々なコンディションの低下を引き起こしやすいです。

それによって、免疫力が下がって、病気の原因にもなります。

また、老廃物が流れづらくなり排出が滞って、デトックス(解毒・げどく)がされづらくなると、体内の代謝が促進されなかったり、疲れやすくなったり、くすみや筋肉のコリなどの原因にもなります。

代謝が低下することで、太りやすい体質にもなりそうですね。

体内の循環が悪いと…

血液(やリンパ)には、体内の老廃物を回収して排出する役割もあります。体内の循環が悪くなると、老廃物がたまりやすくなって、排出が滞ってしまいます。それによって、身体はむくみやすくなり、代謝が低下する原因にもなります。

また、心臓からは温かい血液が排出されていますが、足が冷えると、心臓には冷めた血液が戻るようになり、低体温にもつながりやすくなるともいわれています。

足の冷えの原因

足が冷えるのは、どんなことが原因になるのでしょうか?

例えば、食事では、冷たい飲み物をよく飲んだり、身体を冷やしやすい食べ物を多く食べたりすることです。

お風呂につからなかったり、露出した洋服を着たりすることが多いのも、冷えには良くありません。

ストレスや、喫煙、運動不足、また、サロンのお客様にも多くいらっしゃいますが、冷房も、冷えの原因になります。

他にも、サイズのきつい下着で身体が締め付けられたり、姿勢が悪くて骨盤が歪んでしまったりすることも、冷えにつながります。

それは、血流が悪くなるから、冷えにもつながるのですか?

はい、そうです。

効果

話を「足湯」に戻したいと思います。

足湯で、足を温めることで、どんな効果が期待できますか?

身体全体の循環が良くなって、新陳代謝が促進され、免疫力が上がり、体も軽くなります。

他にもたくさんありますが、良いことしかありません。

その通りですね(笑)。

足湯の効果

足湯で、足を温めると、全身の循環が良くなります。

身体に必要な栄養は血液から届けられているため、血流が良くなると、全身の細胞に栄養を行き届かせることができます。

例えば、皮膚は、「ターンオーバー」という働きによって、日々新しく生まれ変わっています。

そのターンオーバーに必要な栄養も、血液から届けられています。

そのため、血流が良くなることで、ターンオーバーが促進され、うるおいのある健康的な美肌作りにもつながります。

宮崎 先生のおっしゃるように、足湯は、全身の循環が良くなることで、健康と美容のすべてに良いといえそうです。

自宅で足湯を行う方法

自宅で足湯を行う方法

自宅では、洗面器などにお湯を張って、足湯を行うことができると思います。

そのとき、お湯の温かさは、どのくらいが良いですか?

お風呂の場合は、低めの温度で長くつかるのが良いといわれています。

ただ、足湯の場合は、低めの温度では全体がなかなか温まりにくいので、少し熱めのお湯で行うのが効果的で、42度くらいが目安です。

お湯の深さに、目安はありますか?

理想は、ふくらはぎまでつかるくらいのお湯で行うことです。

ただ、ご自宅では、それはなかなか難しいかもしれません。

そうですね(笑)。

それだけ底の深い洗面器は、なかなか持っていないと思います。

ですので、ご自宅の桶や洗面器の深さに合わせて、くるぶしくらいまでつかるお湯で、足湯を行うのでも良いと思います。

足湯に足をつけておく時間は、どのくらいですか?

人にもよりますが、身体全体を温めるのには、10~15分くらいでしょうか。

お湯の温度が冷めるまで、長くつけていても良いと思います。

足湯には、クレイを入れることもできるとのことでした。

クレイとは

クレイについては、宮崎 先生の前編の記事でまとめていますが、汚染されていない土壌から採掘した粘土を、天日干しなどで乾燥させて細かく砕いたものです。水を加えて泥に戻して、パックなどに使います。クレイは、吸収・吸着力に優れてデトックス作用があり、経皮吸収(皮膚から成分を吸収すること)でミネラルを与えることもできます。

足湯にクレイを入れると、何も入れないよりも、体内温度が上がりやすいといわれています。

また、体内の老廃物を排出するデトックスにもなり、足から(クレイの)ミネラルを経皮吸収することもできます。

足湯にクレイを入れる場合、どのくらいの量を入れるのですか?

大さじ1は、入れた方が良いと思います。

クレイの量が多いほど、作用は強くなります。

クレイ以外にも、足湯の効果を上げられるようなものはありますか?

日本酒や塩を入れるのも良いですね。

まとめ

宮崎 先生は、足湯を「良い効果しかない」とおっしゃっていましたが、本当にその通りだと思います。

足は、心臓から距離があるため、身体の中でも冷えやすい場所です。

足湯は、足を温めることで、身体全体の循環を良くすることにもつながり、健康や美容のすべてに良いといえます。

足湯の方法は、洗面器(や桶)にお湯を張るだけで、簡単に行えます。

効果も高い健康法のため、足の冷えが気になったりしたときは、自宅で足湯を行ってみてはいかがでしょうか?

今回取材した宮崎 里美 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

添加材の少ないスキンケアは、お肌に安心な反面、メイク前の商材としては合わないものが多いです。このオールインワンゲルは、そんな問題を払拭し、忙しい朝のメイク前の保湿にもおすすです。お水にもこだわっていて、ローズウォーターを使用しているのも嬉しいです。

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込み、水を一滴も加えずバラ水に置き換え、バラのチカラで年齢肌をうるおわせます。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


関連キーワード