キレイの先生

ホーム > 小顔 > マッサージ > 

鼻を小さくする方法!鼻が大きいのは目の錯覚?美容矯正家に聞く矯正方法

美容矯正サロン OCEAN  平井 久美子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「鼻を小さくする方法」です。

東京都日本橋 美容矯正サロン OCEAN の平井 久美子 先生にインタビューさせていただきました。

「鼻が大きいな…」というのは、私自身も少し気になっている部分です。

できれば鼻を小さくしたいですが、それは顔の作りですから、仕方がないことだと思っていました。

ただ、鼻を小さくするのに、セルフケアでやれることもあるといいます。

鼻が大きくなるのは、どんな原因があるのでしょうか?

そして、鼻を小さくするには、どうしたら良いのでしょうか?

平井先生に教えていただきました。

目次

「鼻が大きい…」とは?
・骨の歪みから鼻が大きく「見える」

鼻が大きくなる原因
・噛みしめ癖
・口呼吸
・身体の歪み

鼻筋をきれいにみせて鼻を小さくする方法
・1. 上顎骨から頬骨を引き剥がす
・2. 上顎骨から前頭骨を引き剥がす

まとめ

本日のキレイの先生

東京都日本橋 美容矯正サロン OCEAN

平井 久美子 先生

「キレイの先生」編集部

「鼻が大きい…」とは?

平井 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「鼻を小さくする方法」です。

私自身、鼻の大きさはちょっと気になっている部分です。

先生は、どんな鼻の形が理想だと思われますか?

鼻の形の理想は、人それぞれですよね。

鼻が小さくて低いと、童顔に見えやすいです。

逆に、鼻が高くて大きいと、美人顔で男性的なイメージが強くなります。

鼻の形について

・小さくて低い:童顔に見えやすい
・高くて大きい:美人顔で男性的なイメージが強くなる

日本人は平面的なお顔の作りが多いので、外国人のように「小さいけれど鼻筋(はなすじ)が通っていて高い鼻」が理想という方も多いのではないかと思います。

たしかに、「小さいけれど高い鼻」は理想的ですね(笑)。

ただ、鼻の大きさや高さは、生まれついてのものですよね。

鼻を小さくするのは、難しいようなイメージがあります…。

たしかに、鼻の高さは、骨格で決められるため、大きく変えることは難しいです。

ただ、鼻の大きさは、小鼻の太さ・広さによって印象が変わります

それは、どういうことですか?

小鼻が太ければ、鼻は丸く大きく見え小鼻が短ければ、鼻も小さく見えんです。

鼻の大きさ

・小鼻が太い:鼻は丸く大きく見える
・小鼻が短い:鼻は小さく見える

つまり、「鼻が大きい…」と感じるのは、物理的な鼻の大きさだけではなく、小鼻の太さや広さによってそう「見える」場合もあるということですか!?

はい、そうです。

目の錯覚について

小鼻の太さで、鼻の大きさの印象も変わるとのことでした。このように、目の錯覚によって顔の印象が変わるのは、鼻の大きさだけではなく、「鼻の高さ」や「鼻の下の長さ」にも当てはまります。

骨の歪みから鼻が大きく「見える」

いまのお話ですと、鼻の大きさは、小鼻の太さによっても印象が変わるとのことでした。

小鼻の太さは、何で決まっているんでしょうか?

小鼻を形作っているのは、「上顎骨(じょうがくこつ)」という上顎(うわあご)の骨です。

小鼻は、鼻の骨ではなく顎(あご)の骨が関係しているんですか!?

はい、鼻には、鼻の骨もありますが、小鼻の部分は、上顎骨によるところが大きいです。

上顎骨の真ん中の部分を見ていただければ、左右に分かれているのが分かると思います(上の写真を参照)。

ですので、上顎骨は歪みが起こりやすいです。

例えば、その左右にある頬骨(きょうこつ)が横にずれると、上顎骨もそれに引っ張られて開いてしまいます。

そうすると、小鼻が広がって、鼻大きく見えるようになります。

それに、お顔ものっぺりとした印象が強くなります。

また、お顔に左右差があると、やはり上顎骨がその歪みに引っ張られて、鼻が曲がって見えるようになったりしてしまいます。

たしかに、上顎骨は左右に分かれていますから、周りの骨の影響を受けて歪みやすそうです…。

それから、上顎骨は、おでこの「前頭骨(ぜんとうこつ)」ともつながっています。

ですので、前頭骨が歪むと、上顎骨もそれに引っ張られて歪んでしまいます。

それによって目が落ち込んだりすると、顔は平面的なぼやっとした印象になって、鼻も立体的に見えづらくなります

鼻の大きさは、その周りの骨の影響を強く受けるんですね…。

鼻が大きくなる原因

噛みしめ癖

顎(あご)の骨が小鼻を形作っているというお話には、驚きました。

鼻が大きくなってしまう…つまり、小鼻が広がってしまう…それは、どんなことが原因として考えられるんですか?

ひとつは、「噛みしめ」です。

強く噛みしめると、上顎骨の周りの骨が歪みやすく、それによって上顎骨が開く原因にもなります。

噛みしめ癖について

食事のときは、顎の骨などを引き上げる「咀嚼筋(そしゃくきん)」の働きによって、食べ物を咀嚼することができます。咀嚼筋は、固い食べ物でも噛み砕けるように、とても力の強い筋肉です。

噛みしめは、その咀嚼筋にギュッと力が入っている状態ですから、それが続くと、周りの骨もそれに引っ張られてしまい、顔の歪みにつながりやすくなります

口呼吸

鼻が大きくなる原因としては、「口呼吸(口から息を吸って口で吐く呼吸)」も良くありません。

呼吸は本来、鼻で呼吸する「鼻呼吸(鼻で息を吸って口で吐く呼吸)」がいいんですよね。

でも、どうして口呼吸が、鼻が大きくなる原因になるんですか?

鼻呼吸ですと、鼻周りの筋肉を使うことができるんですね。

つまり、口呼吸は、鼻周りの筋肉をあまり使うことができずに、その周りの影響を受けやすくなるということですね。

はい、顔の使える筋肉は使うということは、大切なことです。

それによって、引き締めの効果も期待できます。

それに、鼻から息を吸うことで、自律神経に働きかけて、心を落ち着かせてリラックスすることもできます。

自律神経とは

自律神経は、人の身体と心をコントロールしている神経で、「交感神経(緊張の神経・昼に優位になる)」と「副交感神経(リラックスの神経・夜に優位になる)」が、交互に入れ替わってバランスを取っています。このバランスが乱れると、心身に大きな影響があります。

(参考:リラクゼーションセラピストに聞く「自律神経」とは

身体の歪み

それから、身体の歪みも、お顔の歪みにつながります。

それは、どうしてでしょうか…?

一見、顔と身体は無関係のように思えますが…。

人間の身体は、骨盤から側頭骨(そくとうこつ・顔の側面にある骨)、頬骨へと連動をしています。

ですので、骨盤が歪むと、頬骨まで影響を受けてしまんです。

なるほど、そうして頬骨が歪むと、上顎骨もそれに引っ張られて歪んでしまいます。

そうすると、小鼻が太くなって鼻も大きく見えるようになるんですね。

鼻の大きさは、鼻だけに原因があるわけではないことが、よく分かりました。

先生の話をお聞きすると、むしろ、それ以外の要因の方が大きそうですね…。

鼻を小さくする方法

これまでの話をお聞きしていると、鼻を小さくする…小さく「見せる」といった方が正確かもしれませんね…それには、上顎骨の歪みを正していくことが大切なんでしょうか?

はい、上顎骨が歪んで開いていると、お顔ものっぺりとした印象になりますが、上顎骨がシュッとしていると、お顔は立体的になって鼻も小さく見えます

鼻を小さくする最大のポイントは、「どうお顔の立体感を出すか」ということです。

それには、鼻筋をきれいにみせることです。

鼻筋が通っていると、鼻が立体的に小鼻に見えやすくなって印象が変わりますよ。

そのために、自宅でもやれることはあるんでしょうか?

はい、とても簡単な方法があります。

1. 上顎骨から頬骨を引き剥がす

まずは、片手で上顎骨を押さえもう片手で頬骨を外に優しく引きます

これを、鼻呼吸をしながら行います。

強くやる必要はまったくありません。

これは、上顎骨を頬骨から引き剥がすようなイメージです。

先程、上顎骨が、頬骨の歪みに引っ張られることで、開いて歪んでしまうというお話がありました。

このマッサージは、上顎骨から頬骨を引き剥がすことで、上顎骨を本来の位置に戻すようなイメージですね。

はい、そうです。

2. 上顎骨から前頭骨を引き剥がす

それから、もうひとつが、片手で上顎骨を押さえて、もう片手で前頭骨を引き上げる方法です。

これも、鼻呼吸をしながら行い、強い力は必要ありません。

これは、上顎骨を前頭骨から引き剥がすようなイメージです。

これも、上顎骨を前頭骨から引き剥がすことで、本来の位置に戻すようなイメージですね。

はい、そうです。

上顎骨が本来の位置に戻れば、鼻筋がきれいに出て、小鼻にも見えるようになりますよ。

今回教えていただいた鼻を小さくする方法は、どちらも本当に簡単なので、私も日頃から行ってみようと思います(笑)。

先生、素敵なお話をありがとうございました!

まとめ

鼻が大きいのは、もちろん生まれついての骨格も関係していますが、小鼻の太さから来る目の錯覚によるところも大きいようです。

小鼻の太さは、上顎(うわあご)の骨の「上顎骨」が関係していて、上顎骨は中心で左右に分かれているため、周りの骨が歪むとそれに引っ張られやすく、それによって小鼻も広がってしまいます。

平井先生のおっしゃっていました、鼻を小さくする(正確には、小さく「見せる」ですね)には、鼻筋をきれいにみせることがポイントです。

それには、上顎骨を周りの骨から引き剥がすようにして、本来の場所に戻してあげましょう。

「鼻が大きいな…」と気になっている方は、先生に教えていただいた鼻を小さくする方法をお試しになってはいかがでしょうか?

* 2017年1月16日に公開した『鼻が大きい…鼻筋をきれいに見せて鼻を小さくする簡単な方法』を再編集しました。

本日のキレイの先生

平井 久美子 先生