美容のスペシャリストが教えるキレイ

顎が四角い?簡単!顎スッキリの顔筋ほぐしマッサージの方法!プロに聞く

本日のキレイの先生

向井 麻理子 先生

顔が四角い…顎のむくみを解消する!咀嚼筋をほぐす方法2つ

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「四角い顎(あご)をすっきりさせる方法」です。

エステティックサロン ロズまり の向井 麻理子 先生にインタビューさせていただきました。。

顎が四角いのは、顔の筋肉が硬くなっていることからも起こります。

それによって、顎がむくみ、顔が四角くみえやすくなってしまうのです。

そのため、顎をすっきりさせるには、硬くなった顔の筋肉をゆるめてあげることも大切です。

そのための簡単なマッサージの方法を、向井先生に教えていただきました。

目次

顎が四角いのは咀嚼筋のコリからも起こる
・咀嚼筋のコリで顎がむくむと顔も四角くみえる
・側頭筋はストレスなどが原因で硬くなる
・咬筋は食いしばりの癖が原因で硬くなる

顎をすっきりさせる方法
・フェイスラインのマッサージで咬筋をゆるめる
・こめかみのマッサージで側頭筋をゆるめる

編集部の選ぶ顎をすっきりさせるのにおすすめの美顔器

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

顎が四角いのは咀嚼筋のコリからも起こる

お顔のフェイスラインには、「咀嚼筋(そしゃくきん)」が大きく関係してきます。

咀嚼筋は、ものを噛むときに使う筋肉で、下顎骨(かがくこつ)という(あご)の下骨を動かす働きがあります。

その咀嚼筋には、「側頭筋(そくとうきん)」・「咬筋(こうきん)」・「外側翼突筋(がいそくよくとつきん)」・「内側翼突筋(ないそくよくとつきん)」の4つがあります。

例えば、咀嚼筋は、こめかみのあたりにある筋肉です。

側頭筋の場所

咬筋は、頬のあたりにある筋肉で、漢字で「咬(か)む筋肉」と書くように噛むときに使われます。

咬筋の場所

ちなみに、フェイスラインの下部分には「舌骨筋(ぜっこつ)群」という筋肉があるのですが、それも、咀嚼筋の一部に分類される場合もあります。

咀嚼筋とは

側頭筋
咬筋
外側翼突筋
内側翼突筋
・舌骨筋群(咀嚼筋に分類される場合もある)

咀嚼筋のコリで顎がむくむと顔も四角くみえる

咀嚼筋のコリが顎のむくみに

筋肉は、力が入ると硬くなります

例えば肩こりをイメージしていただきたいのですが、肩の筋肉が硬くなると、そこに乳酸や老廃物がたまりやすくなります。

それは、筋肉の質が悪くなっている状態ともいえます。

咀嚼筋もそれと同じように、硬くなると、老廃物がたまることによって、顎がむくみやすくなります

それによって、お顔が大きくみえたり、四角くみえたりすることにもつながります。

顎が四角いのは何から?

「キレイの先生」編集部です。血管やリンパ管(体内の老廃物を回収して排出しているリンパ液が流れる管)は、筋肉の合間にも通っています。筋肉が硬くなると、それらも圧迫されてしまい、血液やリンパの流れも悪くなります。それによって、老廃物がたまってむくみが起き、顎が四角くなる原因にもなります。

側頭筋はストレスなどが原因で硬くなる

側頭筋は、ストレスの影響を受けます

それもあって、ストレスを抱えていたりイライラしていたりするときは、こめかみも硬くなりやすいです。

それに、側頭筋は頭皮にもつながっているため、頭皮が硬くなると、側頭筋も一緒に硬くなってしまいます

ですので、頭皮が硬い人は、顎もむくみやすいといえます。

顎が四角くなる原因

(側頭筋が硬くなる原因)
ストレス
頭皮のコリ
など

咬筋は食いしばりの癖が原因で硬くなる

咬筋は、歯を食いしばる癖などで、硬くなりやすいです。

特に、ストレスを抱えているときは、無意識の内に歯を食いしばっていることもあるはずです。

それから、寝ている間に歯を食いしばっていて、ご自分ではその癖に気付いていない方も多くいらっしゃいます。

顎が四角くなる原因

(咬筋が硬くなる原因)
歯を食いしばる癖
など

顎をすっきりさせる方法

顎をすっきりさせるには、咀嚼筋をゆるめてあげることが大事です。

咀嚼筋をゆるめるのにおすすめのマッサージをご紹介します。

フェイスラインのマッサージで咬筋をゆるめる

下顎骨のライン(フェイスライン)は、ローラーの美顔器で流したりしますが、ローラーをお持ちでなくても、手で流すことができます。

マッサージは、まずは、手を「ピース」の形にして、人差し指と中指を曲げます

まずは手を、下の写真のような形にします。

咀嚼筋をほぐす方法 フェイスラインを流す1

そして、人差し指と中指の間でフェイスラインをはさむようにして、顎から耳の下まで流していきます

これは、例えば、お顔の右側は左手で行うなど、手をクロスさせるとマッサージしやすいですし、顎をすっきりさせる効果もさらに高まります。

咀嚼筋をほぐす方法 フェイスラインを流す2

このマッサージは、片側で20回行うといいですよ。

咬筋をゆるめるのにおすすめで、顎のラインもすっきりします。

ちなみに、咬筋が硬くなっていると、マッサージで少し痛みを感じるかもしれません。

顎をすっきりする方法

(咬筋をほぐすフェイスラインのマッサージ)
1. 手を「ピース」の形にして、人差し指と中指を曲げる
2. 人差し指と中指の間で、フェイスラインをはさむ(顔の右側は左手で行うなど、手をクロスさせるのがおすすめ)
3. 顎から耳の下まで流していく
4. それを片側で20回ずつ行う

こめかみのマッサージで側頭筋をゆるめる

側頭筋をゆるめるには、こめかみのあたりを人差し指で軽く押さえて、優しく動かすだけでもいいです。

咀嚼筋をほぐす方法 側頭筋をほぐす1

もしくは、それを、手の平で全体を押さえるように行っていただいても大丈夫です。

咀嚼筋をほぐす方法 側頭筋をほぐす2

側頭筋は、下顎骨の全体を支えている筋肉です。

ですので、側頭筋をほぐすことで、フェイスラインが引き上がって、顎もすっきりしますよ。

顎をすっきりする方法

(側頭筋をほぐすこめかみのマッサージ)
こめかみを人差し指で軽く押さえて優しく動かす
手の平で同じように行う

編集部の選ぶ顎をすっきりさせるのにおすすめの美顔器

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、向井先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

咀嚼筋をゆるめて顎をすっきりさせるには、美顔器も手軽で即効性が高くおすすめです。

ここからは、編集部の選んだおすすめの美顔器をご紹介します。

ヤーマン メディリフト

(PR)

メディリフトは、美容家電メーカー「ヤーマン」が新発想で開発した着けるだけのウェアラブル美顔器で、顔に10分間着けておくだけで、印象年齢を決める顔の下半分にアプローチすることができます。

顔には「休ませる」べき筋肉(咬筋・噛みしめるときに使う筋肉)と「動かす」べき筋肉(大小頬骨筋・皮膚を引き上げる筋肉)があり、メディリフトは、それぞれに適した周波数の超音波で、咬筋にはトリートメントを、大小頬骨筋にはトレーニングを行えます。

日本初のメディカルシリコン型EMSを採用し、ハンズフリーの状態で顔の下半分にアプローチできるので、ケアの間も時間を自由にお使いいただけます。

(通常価格:税別25,000円)

まとめ

顎が四角いのは、咀嚼筋が硬くなって、それによって顎がむくむことからも起こります。

食事で固い食べ物を噛み砕くことができるように、咀嚼筋はとても力の強い筋肉です。

その分、ストレスや食いしばりの癖などで負荷がかかると、硬くなりやすいです。

顎をすっきりさせるには、その咀嚼筋をゆるめてあげることが大切です。

それによって、顎がむくみ、顔が四角くみえやすくなってしまうのです。

そのため、顎をすっきりさせるには、硬くなった顔の筋肉をゆるめてあげることも大切です。

「顎が四角い…?」と気になったときは、咀嚼筋のコリによるむくみから起こっている可能性もあるので、それをゆるめるマッサージをセルフケアに取り入れてみてはいかがでしょうか?

(取材・文:「キレイの先生」編集部)

* 2016年10月4日に公開した『顔が四角い…顎のむくみを解消する!咀嚼筋をほぐす方法2つ』を再編集しました。