美容のスペシャリストが教えるキレイ

肌のざらつき解消!毛穴ザラザラ肌はお手入れにひと工夫だけ!プロに聞く

本日のキレイの先生

春日 利美 先生

肌がざらざら…肌のざらつきの原因は毛穴にあり?簡単改善法

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「お肌のざらつき」です。

シェービングエステサロン Rhythm リズム の春日 利美 先生に、インタビューさせていただきました。

お肌がザラザラするのは、角質(皮膚表面の古い肌細胞)が肌表面にたまって厚くなっていることや、毛穴詰まりなどによって起こります。

お肌のざらつきを解消するには、専用のスキンケア化粧品を加えるのも良いですが、普段のお手入れをちょっと工夫するのも、ひとつの方法だといいます。

例えば、お風呂の中でクレンジング・洗顔を行って、お風呂から出た後に、冷やしたコットンパックを行うこともおすすめだそうです。

お肌のざらつきの解消方法を、春日先生に教えていただきました。

目次

肌がザラザラする原因
・肌のざらつきは何によるもの?
・スキンケアで原因になること
・生活習慣で原因になること

肌のざらつきを解消するには
・お風呂でクレンジング・洗顔を行う
・お風呂上がりに冷やしたコットンパックを行う
・生活習慣で心がけたいこと
・サロンでのシェービングもおすすめ

編集部の選ぶ肌のざらつきにおすすめの化粧品

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

肌がザラザラする原因

肌のざらざらの正体

お肌のざらつきは、年齢によるところもありますが、サロンのお客様には20~30代でざらつきを気にされている方もいらっしゃいます。

お肌がざらついていると、化粧ノリも悪くなりますし、場合によっては、お肌が粉をふいたような状態になるケースもあります。

肌のざらつきは何によるもの?

お肌のざらつきが何によるものかというと、ひとつは、古い角質です。

お肌は、「ターンオーバー」が働いています。

ターンオーバーとは

「キレイの先生」編集部です。皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれ、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が垢になって剥がれ落ちて、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

そのターンオーバーの周期が遅くなると、角質が剥がれ落ちずに肌表面に残りやすくなります。

それから、お肌に水分量が足りていない状態でも、角質は硬くなりやすいです。

そうして角質が肌表面にたまって厚くなったり硬くなったりすると、お肌がごわついて、ざらつきにもつながります。

お肌のざらつきでもうひとつ大きいのが、「角栓(角栓)」によるものです。

毛穴からは、「皮脂(ひし)」という油分が分泌されています。

その皮脂が過剰分泌されたり、毛穴が汚れで詰まったりすると、皮脂は毛穴の中で固まってしまいます。

その皮脂や汚れが固くなったものを、「角栓」といいます。

角栓がたまっていって積み重なると、毛穴の中に固まりがボコボコと詰まっているような状態ですから、お肌を触ったときにざらつきを感じられるようになります。

角栓によるお肌のざらつきは、毛穴の目立ちやすい場所…例えば、頬・Tゾーン・顎(あご)などで起こりやすいです。

肌のざらつきは何から起こるか?

角質が肌表面にたまって厚くなったり硬くなったりすることから(ターンオーバーの乱れや、肌の乾燥から起こりやすい)
毛穴に角栓がたまることから(特に、頬・Tゾーン・顎などで起こりやすい)

スキンケアで原因になること

肌のざらつきの原因(スキンケア)

スキンケアは、毎日同じことを行っている方が多いと思います。

ただ、お肌の状態は日々違います。

例えば、スキンケアに美容オイルを使っていて、顔の油が多いときもいつものように美容オイルを付けていると、毛穴が詰まりやすくなって角栓の原因にもなり、お肌のざらつきにつながる場合もあります。

皮脂の分泌は、その方の体質や生活習慣によって違います

スキンケアも、できるだけお肌の状態に合わせて変えていきたいです。

お肌の状態を知るのは、それほど難しいことではありません。

それには、クレンジング・洗顔をしてすぐに化粧水などに移るのではなく、ちょっと時間を置いて様子をみてみるといいですよ。

それで、「あ、今日は顔の油が多いな…」ということもチェックできます。

その上で、お肌のざらつきという点で、特に気を付けていただきたいのが、クレンジングです。

クレンジングで、メイク汚れをきれいに落とし切れていないと、それが毛穴をふさいだりして毛穴詰まりの原因になります。

そうすると、皮脂が毛穴から排出されず、そのまま毛穴の中で固くなって角栓になり、お肌のざらつきにもつながります。

それから、オイルクレンジングをお使いの方も多いですが、オイルクレンジングは油分の配合量が多いため、洗い流した後もお肌にべたつきが残りやく、そこから角栓が出来る場合もあります。

私は、クリームタイプのクレンジングをおすすめしているのですが、オイルクレンジングをお使いの方も、「今日は顔の油が多いな…」というときは、そういったものに変えていただくのが理想です。

後は、ターンオーバーが正常に働いていないと、古い角質が剥がれ落ちずに肌表面に残って、毛穴までふさいでしまう場合もありますし、お肌の水分量が不足していると、角質が乾燥して皮膚も硬くなりやすいです。

そうしたことによっても、お肌のざらつきの原因になります。

肌のざらつきの原因

(スキンケア)
毎日同じスキンケアを行っている(例えば、顔の油が多いときに美容オイルを使うと、毛穴が詰まって角栓ができやすくなる)
クレンジングが不十分でメイク汚れを落とし切れていない
顔の油が多いときにオイルクレンジングを使用する
ターンオーバーが正常に働いていない
肌の水分量が不足していて乾燥している
など

生活習慣で原因になること

生活習慣の乱れや不摂生なども、お肌がざらつく原因になります。

例えば、睡眠不足も良くありませんし、油っこい食べ物や甘いものの食べすぎにも気を付けていただきたいです。

それに、ストレスも、お肌に悪影響があります。

私自身、不摂生がたかった寝不足の翌朝は、いつも以上に顔の油が多いことを感じたりします。

そうすると、毛穴が詰まって角栓も出来やすくなりますよね。

そうした生活習慣の乱れの影響が特に表れやすいのが、顎などのフェイスラインです。

お肌もざらつきやすいですし、ニキビや吹き出物が出てきてボツボツしたお肌になってしまう場合もあります。

肌のざらつきの原因

(生活習慣)
睡眠不足
食生活の乱れ(油っこい食べ物や甘いものの食べすぎなど)
ストレス
など

肌のざらつきを解消するには

肌のざらつきの改善法(スキンケア)

お肌の悩みを解決するために、新しい化粧品を加えたり美容機器を使ってみたりするなど、お手入れに何かを「足す」のもひとつの方法です。

ただ、時には、「引く」ことも大事です。

例えば、お肌のざらつきを解消するのに、スクラブ(微細な粒子で余分な角質を剥がし落としていく角質ケア)もいいですが、スクラブを間違った方法で行うと、お肌を研磨(けんざん)して逆に傷めてしまう場合もあります。

そこで、普段のお手入れを、いちどシンプルな原点に立ち返ってみて、そこから自分に合うものや必要なものを選んでいくというのも、ひとつの方法です。

今回は、お肌のざらつきを解消するのに、新しいものを加える必要のないシンプルケアをご紹介します。

お手入れのポイントは、「普段やっていることを、いい環境でやりましょう」ということです。

お風呂でクレンジング・洗顔を行う

いまの時代は、女性でも、お風呂につからずシャワーで済ます方も増えています。

ただ、汗をかく時間も大切ですから、できるだけお風呂には入っていただきたいです。

お風呂に入ることで、身体がゆっくり温まって代謝も上がりますので、ターンオーバーの活性化にもつながります。

そして、おすすめなのが、お風呂でクレンジング・洗顔を行うことです。

クレンジング・洗顔で汚れを落とし切れていないと、毛穴が詰まって角栓ができ、お肌のざらつきの原因にもなります。

お風呂には、エステのスチームと同じような効果があり、お風呂の温かい蒸気で、お肌がやわらかくなって毛穴も開きます。

そこでクレンジングを行うと、メイクの汚れも落としやすいですし、毛穴の中で固くなった皮脂や角栓も取りやすくなります

角栓でお肌がざらつきやすい場所…例えば鼻などは、お風呂の中で、クレンジングを乗せて、クルクルと優しく回してあげるのがおすすめです。

肌のざらつきの解消法

(お風呂でのクレンジング・洗顔の効果)
1. 身体が温まって代謝も上がり、ターンオーバーの活性化につながる
2. お風呂の蒸気で毛穴が開いて角栓もやわらかくなり、メイク汚れや毛穴汚れを落としやすくなる

お風呂上がりに冷やしたコットンパックを行う

それから、お肌のざらつきを解消するのにおすすめなのが、「必殺クールパック」と呼んでいる方法です。

お風呂でお肌をきれいにした後に、冷たいクールパックを行います

まずは、お風呂に入る前に、小皿に化粧水を入れて、そこにコットンを浸(ひた)し、それを冷蔵庫に入れておきます

そして、お風呂から上がったら、冷蔵庫から冷え冷えのコットンパックを取り出して、お顔に乗せます

このとき、お肌のざらつきが気になる場所を中心に付けてあげるといいですよ。

これを行うことで、お風呂で開いた毛穴をキューっと引き締めてくれます

これは特に、毛穴の角栓によるざらつきにおすすめです。

肌のざらつきの解消法

(クールパックのやり方)
1. お風呂に入る前に、小皿に化粧水を入れて、そこにコットンを浸し、冷蔵庫に入れておく
2. お風呂から上がったら、冷蔵庫から冷え冷えのコットンパックを取り出して顔に乗せる

  • 肌がキュッと毛穴レスに!美容家も驚いた洗顔後すぐのミルク!

    キレイの先生 ブースターミルク
    うるおいを抱え込んで、毛穴が日に日にキュッと引き締まっていきました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

キレイの先生 ブースターミルク
うるおいを抱え込んで、毛穴が日に日にキュッと引き締まっていきました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

生活習慣で心がけたいこと

肌のざらつきの改善法(その他)

身体の代謝は、年齢とともに落ちて、加齢でターンオーバーの周期も遅くなっていきます。

ターンオーバーを活性化させるには、運動をして代謝を上げることも大切です。

サロンのお客様も、普段からスポーツをされている方は、お肌がきれいです。

そういった方のお肌は、お肌の生まれ変わりがきちんと働いているのが、みて分かります。

その他にも、十分な睡眠をとったり、寝る直前に食事をしないようにしたり、油っこい食べ物や塩分の多い食べ物を摂りすぎないようにすることも、お肌のざらつきの予防や改善になります。

肌のざらつきの解消法

(生活習慣)
1. 運動をする
2. 生活習慣を整える(十分な睡眠をとる、就寝前の食事は控える、油っこい食べ物や塩分の多い食べ物を摂りすぎない、など)

サロンでのシェービングもおすすめ

後は、お肌のざらつきには、当サロンでも行っている「シェービング(顔そり)」もおすすめです。

サロンでは、シェービングに入る前にまず、スチーマーでお肌をやわらかくしてから、クレンジングで皮脂の固まりを溶かしていきます。

そうして、お肌をきれいな状態にしてから、シェービングで古い角質を剃(そ)り落としていきます。

そうすることで、お肌をリセットしていくようなイメージです。

シェービングは、お肌のざらつきにも即効性をお感じいただけやすいですよ。

編集部の選ぶ肌のざらつきにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、春日先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだ肌のざらつきにおすすめの化粧品をご紹介します。

キレイの先生 ブースターミルク

キレイの先生 ブースターミルク

肌がキュッと締まり毛穴レスに!洗顔後すぐのミルク!

この『キレイの先生』に登場した美容のスペシャリストの先生方と開発した、洗顔後の最初のミルクです。
みずみずしいミルクがうるおいを肌の奥までグングン引き込んで、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」がそのうるおいを抱き込み、肌がふっくらと引き締まって毛穴ケアにもおすすめです。

●内容量:30mL
●通常価格:税別2,980円

開発協力者の声

サロン結香 矢澤 ともみ 先生

みずみずしいミルクがうるおいを肌奥までギュッと引っ張って毛穴も引き締まった!

まずは、ミルクのイメージを裏切るようなみずみずしさにびっくりしました。乾いたスポンジに水分が入っていくみたいにうるおいが肌の奥にギュッと引っ張られて、肌がフワフワにやわらかくなりました(笑)。肌が水分をきちんと抱え込んで引き締まり、気になっていた頬の毛穴が日に日にキュッと締まっていきました

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


毛穴におすすめのクレンジング

D.U.O ザクレンジングバーム

肌に摩擦をかけずしっとりと洗えながら毛穴のざらつきもツルン!

@コスメの2部門のランキングで第1位を獲得し、累計の販売数が400万個を突破した「新感覚のとろけるクレンジング」です。
独自技術のナノマトリクス構造で、肌の上でバームがとろけて、肌のすみずみまで汚れを落としながら31種類ものエイジングケア成分が肌に浸透していき、ダブル洗顔不要です。

●内容量:90g
●通常価格:税別3,600円

美容家の感想

肌摩擦なく洗える優しさ!しっとり感がありつつも毛穴のざらつきがなめらかに!

バームが肌の上でとろけてクリームのような質感に変わり、摩擦をかけずにお化粧を落とせるのがすごくいいです。それは、クレンジングでいちばん大事なことで、肌への優しさが感じられます。洗い上がりはしっとり感がありつつも、毛穴詰まりがやわらかくなって、小鼻のざらつきがツルンとしてなめらかさも出ました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

美容のプロが毛穴クレンジングを比較しました

毛穴悩みには、クレンジングで汚れをきちんと取ることも大切ですが、肌のうるおい成分を取りすぎないことにも気を付ける必要があります。
美容のスペシャリストの先生方にクレンジングをお試しいただき、そのバランスの良い商品をまとめましたので、下の記事も合わせてご覧になってみてください。

まとめ

お肌がザラザラするのは、角質が肌表面にたまって厚くなっていることや、毛穴の角栓などによって起こります。

お肌のざらつきを解消するには、専用のスキンケア化粧品を加えるのも良いですが、普段のお手入れをちょっと工夫するのも、ひとつの方法です。

例えば、お風呂の中でクレンジング・洗顔を行うことは、今夜のお手入れから行えることではないでしょうか。

その上で、お風呂上がりにクールパックを行うと、さらに効果的そうですね。

今回のインタビューで、春日先生の「普段やっているスキンケアを、良い環境でやる」という言葉は、とても印象的でした。

「お肌がザラザラしている…?」と気になったときは、まずは、そこの部分から意識してみてはいかがでしょうか?

(取材:「キレイの先生」編集部 文:シェービングエステサロン Rhythm リズム 春日 利美 先生、「キレイの先生」編集部)

* 2016年5月11日に公開した『肌がざらざら…肌のざらつきの原因は毛穴にあり?簡単改善法』を再編集しました。

関連キーワード