美容のスペシャリストが教えるキレイ

クレンジングの選び方と方法をプロに聞く!種類はミルクがおすすめ?

本日のキレイの先生

小野 陽子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「クレンジングの選び方」です。

一般社団法人 日本スキンケア協会 の小野 陽子 先生にインタビューさせていただきました。

小野先生は、エステサロンを運営されながら、協会の『しっかり学べる スキンケア教本』というテキストの執筆にも携わっていらっしゃいます。

クレンジングは、スキンケアの中でも大切な工程で、エステサロンの先生に取材していても、「スキンケアではクレンジングがいちばん大切」とおっしゃる方も多いです。

クレンジングは、どのように選べば良いでしょうか?

クレンジングの方法と合わせて、小野先生に教えていただきました。

目次

クレンジングの役割
・クレンジングがきちんとできていないと…
・クレンジングの効果とは

顔の汚れを落とす化粧品について
・1. 角質ケア
・2. クレンジング
・3. 洗顔

クレンジングの選び方
・クレンジングの種類について
・おすすめの種類は?

クレンジングの方法
・クレンジング剤の使い方
・クレンジングの注意点

編集部の選ぶおすすめのクレンジング

キレイの先生 バラに満ちるオールインワンもオススメ!

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

本日のキレイの先生

一般社団法人 日本スキンケア協会

小野 陽子 先生

「キレイの先生」編集部

クレンジングの役割

小野先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「クレンジング」です。

まずは、スキンケアでのクレンジングの役割を教えてください。

クレンジングは、主にメイクの汚れや皮脂(ひし・毛穴の皮脂腺から分泌される油分)の汚れを落とすものです。

それから、石鹸では落ちにくいメイクアップ化粧品に含まれる金属の成分、ウォータープルーフの日焼け止めや、老化角質(皮膚表面の古くなった肌細胞)なども落とします。

クレンジングは、メイクを落とすためのものというイメージがありましたが、それだけじゃないんですね…。

はい、それに、最近では、馬油100%で出来たクレンジングなどもあって、メイク汚れなどの油を油で落としながら、お肌に必要な油分を補って保湿できるものもあります。

クレンジングがきちんとできていないと…

エステサロンの先生にインタビューしていても、「スキンケアではクレンジングがいちばん大切」という方が多いです。

そうですね、クレンジングは本当に大切ですよ。

それは、どうしてですか?

しっかりクレンジングを行っていないと、皮脂の汚れを落としきれずに色素沈着になったりします。

それに、皮脂が毛穴に詰まって毛穴を広げた状態でとどまり、その皮脂が酸化すると匂いが出たりニキビも出やすくなったりします

それから、クレンジングをきちんと行えていないと、ターンオーバーが乱れて、お肌がごわついて乾燥を感じたり、メイクのノリが悪くなったりする原因にもなります。

ターンオーバーとは

下の記事でも紹介していますが、皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がってきて、最後は古くなったもの(角質)が垢になって剥がれ落ちて、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

また逆に、クレンジングをやり過ぎたり間違った方法で行ったりしていも、お肌をボロボロにしてしまいます。

サロンのお客様でも、肌トラブルを抱えている90%の方は、クレンジングに問題があるといえるくらいです。

クレンジングは、そんなに大切だったんですね…。

クレンジングの効果とは

では、クレンジングがきちんとできていると、どんな効果が期待できるのでしょうか?

まずは、お肌に透明感が出ますし、ターンオーバーが正常に働くようになることでツヤも出ます

毛穴汚れにも効果的で、黒ずみが改善されたり、ニキビが出来にくくなったりすることにもつながります。

それから、クレンジング・洗顔の後に付ける化粧水・美容液・クリームなどの浸透が良くなりますね。

後は、それまでのクレンジングがオーバーケアだった場合は、お肌が乾燥しにくくなって、赤ら顔の改善にもつながりますよ。

クレンジングが、まさにスキンケアのベースになるんですね…。

はい、そうです、クレンジングの方法次第で、お肌は本当に変わりますよ。

透明感のある肌を作る

★★関連記事

顔の汚れを落とす化粧品について

顔の汚れを落とす役割があるのは、クレンジングだけではありません。

小野先生は、顔の汚れを落とす役割のあるアイテムを、下のようにまとめられました。

1. 角質ケア

角質が皮膚の表面にたまって厚くなると、お肌が硬くなって、ごわつきやくすみの原因になります。

「角質ケア」は、余分な角質を取り除いてあげることをいいます。

それによって、お肌に透明感が出たり、その後のスキンケア化粧品の浸透が良くなったりする効果があります。

角質ケアには、下のような種類があり、クレンジングのように毎日するものというより、週に1回くらいのスペシャルケアです。

■ 角質ケアの主な種類
酵素洗顔
ケミカルピーリング(AHA、サルチル酸など)
物理的なピーリング(ゴマージュ、スクラブ、など)

2. クレンジング

そして、今回のテーマでもある「クレンジング」です。

小野先生がおっしゃったように、クレンジングには、メイクや皮脂などの汚れを落とす役割があります。

クレンジングにはいくつかの種類があり、メイクを落とす力に差があります。

■ クレンジングの主な種類
(上から刺激の弱い順です)
ミルク
クリーム
ジェル
オイル
シートタイプ

クレンジングには他にも、アイメイクなどを落とす「ポイントメイク落とし」もあります。

3. 洗顔

洗顔は、クレンジングでは落とし切れなかった汚れを落とす役割があります。

洗顔もいくつかの種類があって、石鹸や洗顔フォームなどがあります。

クレンジングの選び方

クレンジングの種類について

クレンジングにも色々な種類があって、特徴も違うと思います。

それぞれ、どんな特徴があるんでしょうか?

はい、商品によるところもありますが、一般的なお話をさせていただきますね。

まず、「ミルク」タイプは、洗浄力が優しくお肌への刺激も弱いため、敏感肌や乾燥肌におすすめです。

「クリームタイプ」は、オールマイティなクレンジングです。

イメージとしては、ミルクタイプが水の中に油が入っている状態とすると、クリームタイプは油の中に水が入っている状態です。

クリームタイプは、メイクをしっかり落とすことができながら、ジェルタイプやオイルタイプよりもお肌への刺激は少なめです

メイクは油分で落とす

メイクは、油分の強い成分で出来ているため、水分で落とすことは難しく、油分で落とします。そのため、油分の量が多いほど、洗浄力の強いクレンジング剤といえます。

「ジェル」タイプは、それ自体が「界面活性剤」といえ、お肌にはちょっと負担が強いです。

ただ、オイルタイプのようなベットリ感はないため、「しっかりメイクを落としたいけど、オイルクレンジングは苦手…」という人にはいいと思います。

界面活性剤について

界面活性剤は、本来混ざらない水と油を混ぜ合わす役割があって、配合量が多いとお肌への負担となります。

「オイル」タイプは、メイクがさっと落ちるので使われている方も多いと思います。

ただ、お肌の弱い方や、メイクの薄い方、ニキビなどが出来ているときには、お肌への負担が大きいかもしれません。

おすすめの種類は?

先生は、どのタイプのクレンジングがおすすめですか?

ミルクタイプか、クリームタイプです。

うちのサロンでは、ミルクタイプを使用しています。

もし、ミルクタイプなどを使って、いちどでメイクが落ちないときは、クレンジングを2回してもいいと思います。

しっかりしたメイクでも、お肌に負担の大きいクレンジングを使うよりも、ミルクタイプなどで2回クレンジングしてあげるのがいいんですね。

クレンジングの方法

では、クレンジングの方法を教えていただきたいと思います。

メイクを落とすのに、順番はあるんですか?

まずは、ポイントメイクを先に落とします

それから、TゾーンからUゾーンへと、皮脂の分泌されやすい個所からクレンジングをするのがおすすめです。

中には、クレンジングで、知らず知らずの間にほっぺばかりをクルクルと洗っていたりすることもあると思います。

はい、ありますね…。

ただ、ほっぺは、角質の厚い場所ではありませんし、Tゾーンに比べると皮脂の分泌も少ないです。

先にクレンジングをスタートさせた個所は、他の部分よりも長い時間、クレンジング剤が付いていることになります。

ですので、クレンジングは、皮脂の分泌されやすい個所から順番に洗うことを意識するといいですよ。

クレンジングの手順

1. 「ポイント」メイクを落とす
2. 「Tゾーン」のメイクを落とす
3. 「Uゾーン」のメイクを落とす
4. 「その他の場所」のメイクを落とす

クレンジング剤の使い方

クレンジング剤は、どのくらいの量を使うといいですか?

量は、たっぷりと使っていただきたいです。

お肌に指が触れることないくらい使って、摩擦が起きないようにしましょう。

クレンジング剤は、乗せておくだけで汚れが浮いてきます。

ですので、クレンジングは、お肌をこするのではなく、クレンジング剤をお肌に乗せるような感覚でやって大丈夫です。

スキンケアで、化粧水は、最初に手でなじませて温めるといいといった話を聞いたことがあります。

クレンジング剤も、温めてから使った方がいいんですか?

そうですね、クレンジング剤も、冷たいままお顔に乗せるよりも、人肌くらいに温めて使ってあげた方が、メイクや皮脂になじみやすいです。

後は、メイクをしたままお風呂に入って、その後にクレンジングをすると、お風呂の蒸気で汚れが浮いてきて、メイクをツルンと落とすことができますよ。

ちなみに、お風呂の中でクレンジング・洗顔をするときには、洗髪した後が望ましいです。

それは、ヘアトリートメントなどが素肌に付いてしまうのを防ぐためです。

それから、「ホットタオル」をしてからクレンジングするのも良さそうですね。

そうですね、ホットタオルを使うときは、摩擦が起きないように注意して、お顔に当てるようにして使うといいと思います。

クレンジングの注意点

クレンジングを行う上で、何か注意点はありますか?

クレンジングでマッサージを行うのは控えてほしいです。

サロンのお客様にも、クリームタイプのクレンジング剤は伸びが良いので、クレンジング中にリフトアップのマッサージをされていた方もいらっしゃいました。

ただ、クレンジング剤は洗浄成分のため、お肌に負担があります。

それから、ポイントメイクを落とすのは別にして、クレンジングは1~2分くらいで手早く終わらせるようにしたいです。

クレンジングを長時間していると、その後に洗顔もあるため、洗い過ぎになってしまいます。

後は、クレンジングで摩擦が起きないようにすることも大切ですよ。

クレンジングは本当に大切なことで、それでお肌の状態も変わります。

クレンジングのやり方によっては、お肌に負担をかけてしまいますから、お肌に負担をかけないように心がけてほしいです。

編集部の選ぶおすすめのクレンジング

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、小野先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだおすすめのクレンジングをご紹介します。

つつむ ジェントル クレンジング

つつむは、ポーラ・オルビスグループから生まれた敏感肌と乾燥肌の女性のための専門ブランド「DECENCIA(ディセンシア)」の中で、敏感肌のバリア機能を徹底サポートする高保湿スキンケアのラインです。

ジェントル クレンジングは、コシと弾力のあるクリームタイプのクレンジングで、手とお肌のクッションとなって乾燥性敏感肌への大きな刺激となる摩擦を避け、うるおいを与えながらしっかりとメークを落とします

ジェントル クレンジングををお試しになるには、クレンジングからクリームまでのつつむのフルラインがセットになった「つつむ 10日間トライアルセット」がお得で、公式サイトから税込1,470円の送料無料でお求めいただけます。

美容家の感想

いわゆるクレンジングというよりも、お手入れに使うクリームのようなテクスチャーで、「お肌にとても優しいな…」と感じました。すごくなめらかで、ストレスを感じることなく使うことができました。私は、クリームタイプのクレンジングは洗い流し後も「クリームの残り感」があったりして期待しないことが多いのですが、これはそういったこともなく、お化粧を落とせることはもちろん、クリームもきちんと洗い流せて、しっかりクレンジングの機能が果たせている感じがありました。洗い上がりはしっとりで、お肌が突っ張るようなこともありませんでした。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

編集部のここがオススメ!

敏感肌のバリア機能を徹底サポートする高保湿スキンケア!

お手入れに使うクリームのようなテクスチャーで肌への優しさを感じる!

洗い上がりは「クリームの残り感」もなくしっとりで肌の突っ張りもなし!

商品内容

商品名:つつむ 10日間トライアルセット
内容:クレンジングクリーム(20g)、石けん(10g)、洗顔フォーム(1回分)、化粧液(20mL)、クリーム(9g)、クリーム(1回分)、日中用クリーム(1回分)、ふんわり洗顔ネット(1個)、アヤナス 化粧液(1回分)、アヤナス クリーム(1回分)
トライアルセット価格:税込1,470円

ノブⅢ クレンジングクリーム

ノブⅢは、臨床皮膚医学に基づいた敏感肌のための高保湿スキンケアのシリーズです。

クレンジングクリームは、お肌のうるおいを保ちながら、しっとりなめらかな使い心地でお肌への負担を少なくメイクアップやお肌の汚れをきれいに落とします。

クレンジングクリームををお試しになるには、クレンジングから保湿クリームまでのノブⅢのフルライン5点がセットになった「ノブⅢ トライアルセット」がお得で、公式サイトから税別1,500円の送料無料でお求めいただけます。

美容家の感想

テクスチャーはクリーム状でやわらかめでしたが、お顔に乗せたときに垂れてくることもありませんでしたし、しっかり伸びるのでお顔全体に伸ばしやすかったです。肌摩擦なくクレンジングすることができて、ベースメイクはもちろん、アイシャドウなどもちゃんと落とせました。洗い流した後は、しっとり感が残っていて、落としてはいけないものは取り去っていないことが感じられます。お肌が突っ張るようなこともなく、上に乗っかっている汚れだけをきちんと取ってくれる感じでした。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

編集部のここがオススメ!

臨床皮膚医学に基づいた敏感肌のための高保湿スキンケア!

やわらかいクリームでしっかり伸びて肌摩擦なくクレンジングができる!

洗い上がりはしっとり感が残っていて落としてはいけないものは取り去っていない感じ!

商品内容

商品名:ノブⅢ トライアルセット
内容:メイク落とし(15g)、洗顔料(15g)、化粧水(20mL)、乳液(8mL)、保湿クリーム(4g)、化粧水(さっぱりタイプ・2mL×2個)、保湿美容液(0.8g×2個)
通常価格:0
トライアルセット価格:税別1,500円

D.U.O ザクレンジングバーム

D.U.O ザ クレンジングバームは、累計販売数が300万個を超える大人気のクレンジングバームで、アットコスメでも第1位を獲得した実績があります。

固形のバーム状を手になじませると、とろけていってクレンジングクリームのようなテクスチャーに変わり、肌摩擦を起こすことなく優しくお化粧を落とすことができます。

通常価格3,600円(税別)のところ、公式サイトから定期購入のお申込みで、20%OFFの2,880円(税別)でお求めいただけ、配送回数の制限もありません

美容家の感想

お肌に乗せた瞬間にとろけるようにやわらかくなって、ミルクよりも少し固いクリームみたいなテクスチャーになります。結構しっかり目のファンデーションも、しっかりときれいに落とせました。とにかくやわらかいクリームのような質感ですので、摩擦をかけずにクレンジングできるのがいいですね。洗い上がりはしっとり感があって、小鼻などのざらつきやすい場所がツルンとしてなめらかさが出たようにも感じました。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

編集部のここがオススメ!

累計販売数が300万個を突破してアットコスメでも第1位を獲得!

独自技術で固形のバームがとろとろのテクスチャーに変化する新感覚!

肌摩擦を起こすことなくお化粧を落とせて洗い上がりはしっとり!

商品内容

商品名:D.U.O ザクレンジングバーム
内容:90g
通常価格:税別3,600円
定期価格:税別2,880円

キレイの先生 バラに満ちるオールインワンもオススメ!

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

クレンジングでメイクの汚れをきれいに落とした後は、このサイトから出ている「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」でお手入れするのもおすすめですよ。

キレイの先生 バラに満ちるオールインワンは、このサイトから200人以上の美容スペシャリストの方々の教えをまとめたオールインワンです。

水を一滴も加えず、バラの美容成分の詰まったローズウォーターに贅沢に置き換えました(全成分に水の表記がありますが原料由来のものです)。

自然なバラの優しく華やかな香りに包まれながら、美容成分98%のチカラでお肌をうるおします

美容家の感想

手に取ると、優しい自然なバラの香りが広がって至福のスキンケアタイムの始まりですね。伸びが良くべたつかず、それでいて肌をしっとりと包んでくれます。成分にもとてもこだわりを感じます。たっぷりパックなどにも使いたい美容液ですね。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

編集部のここがオススメ!

美容のスペシャリスト200人以上の教えをまとめた!

水を一滴も加えずに美容成分豊富なローズウォーターに置き換え!

98%の美容成分のチカラで肌をうるおす!

バラに満ちるオールインワン

商品名:キレイの先生 バラに満ちるオールインワン
ブランド:キレイの先生
容量:65mL
通常価格:税別2,880円
初回特別価格:税別1,000円

まとめ

クレンジングは、お肌に負担があるものだからこそ、「お肌への刺激の少なさ」を選ぶときの基準にしても良いかもしれませんね。

クレンジングの種類の中では、商品にもよりますが、ミルクタイプやクリームタイプが低刺激とのことでした。

その上で、クレンジング剤をたっぷり使って肌摩擦を起こさないように素早く行うことが、クレンジングのポイントといえそうです。

今後のクレンジングの選び方や方法のご参考にしてみてはいかがでしょうか?

* 2017年7月6日に公開した『クレンジングの使い方!効果を高めるクレンジングの仕方とは』を再編集しました。