キレイの先生

ホーム > 美肌 > オイル美容 > 

セサミオイルの効果と使い方!顔にボディに!うがいにも!プロに聞く

アーユルヴェーダデトックスサロン 和 nico  飯島 生都子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「セサミオイル」です。

アーユルヴェーダデトックスサロン 和 nico の飯島 生都子 先生にインタビューさせていただきました。

セサミオイルは、ごま油のことをいいますが、一般的な料理用のごま油ではなく、「太白ごま油」のことを指します。

インドの伝統医学である「アーユルヴェーダ」の定番的なオイルと知られ、マッサージをはじめ、様々なトリートメントで用いられています。

セサミオイルは、スキンケアやボディケアに使うこともできますし、それでうがいする健康法もあるといいます。

セサミオイルの効果・効能や使い方を、飯島先生に教えていただきました。

目次

アーユルヴェーダについて
・アーユルヴェーダとは

セサミオイルとは
・セサミオイルは「太白ごま油」のことを指す
・アーユルヴェーダではセサミオイルがどう使われている?

セサミオイルの効果・効能

セサミオイルの使い方
・セサミオイルはキュアリングしてから使う
・顔やボディのマッサージ
・セサミオイルでうがいする
・それ以外の使い方

編集部の選ぶオススメのセサミオイル

キレイの先生 バラに満ちるオールインワンもオススメ!

まとめ

本日のキレイの先生

アーユルヴェーダデトックスサロン 和 nico

飯島 生都子 先生

「キレイの先生」編集部

アーユルヴェーダについて

セサミオイルは、インドの伝統医学の「アーユルヴェーダ」で使用される代表的なオイルです。

飯島先生のサロンも、アーユルヴェーダのサロンで、マッサージをはじめとしたトリートメント(施術)にセサミオイルをお使いになっているとのことです。

先生には、アーユルヴェーダのトリートメントのひとつである「シロダーラ」についてもインタビューさせていただき、その際に、アーユルヴェーダについてもお話しいただきました。

まずは、セサミオイルがよく用いられる「アーユルヴェーダ」について、簡単にご紹介させていただきます。

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダは、インドの伝統医療で、約5,000年前に生まれた世界最古の医学といわれています。

医学ではありますが、その内容は医療にとどまらず、哲学的なところも含んでいます。

アーユルヴェーダは、「蓮(はす)」がシンボルで、8つの花びらは、内科・外科・小児科などの8つの部門を表していて、日本語にすると「若返り科」といった部門もあります。

インドでは、西洋医学と並んで医療として成り立っていて、その医師になるためには、専門の大学できちんと学ぶ必要があります。

アーユルヴェーダは、心や身体の集大成といえ、人間のマニュアルや手引き書として、身体が不調になったときなどの養生法や、病気になったときの療法などがまとめられています。

では、そのアーユルヴェーダでよく用いられる「セサミオイル」について、飯島先生のインタビューをご覧ください。

セサミオイルとは

セサミオイルは「太白ごま油」のことを指す

飯島先生、よろしくお願いします。

アーユルヴェーダでは、セサミオイルがよく用いられます。

セサミオイルは、ごま油のことですよね。

ごま油は料理にもよく使いますが、あれをトリートメント(施術)でも使うんですか?

いいえ(笑)。

アーユルヴェーダで使うのは、ごま油でも、「太白(たいはく)ごま油」といわれるものです。

(参考:アーユルヴェーダセラピストに聞く太白ごま油について

それは、料理用のごま油とは、別ものなんですか?

はい、料理用としてよく使われる茶色のごま油は、ゴマを火で煎(い)って焙煎(ばいせん)したものから抽出されています。

それに対して、太白ごま油は、焙煎していない生のゴマから抽出されています。

同じごま油でも、生のゴマから抽出されているか、焙煎したゴマから抽出されているかで、違うんですね。

セサミオイルとは

・一般的な料理用のごま油:焙煎したゴマから抽出
・セサミオイル(太白ごま油):生のゴマから抽出

アーユルヴェーダではセサミオイルがどう使われている?

先生のサロンでは、トリートメントに、セサミオイルに煎(せん)じたハーブを合わせたブレンドオイルをお使いになっているとのことでした。

アーユルヴェーダの本場のインドでは、セサミオイルはどのように使われているんですか?

代表的なのは、「アヴィヤンガ」と呼ばれるボディマッサージや、ヘッドマッサージです。

それから、「パンチャカルマ(アーユルヴェーダの療法のひとつ)」では、浣腸(かんちょう)や点鼻(てんび)などにも使われたりしています。

後は、セサミオイルを浸(ひた)した湿布を痛みのあるところに貼ったり、うがいにセサミオイルが使われたりもしています。

うがいにも、セサミオイルが使われるんですか(笑)。

アーユルヴェーダでは、マッサージ以外にも、たくさんの用途でセサミオイルが使われているんですね。

セサミオイルの効果・効能

セサミオイルは、どんな効果・効能が期待できるんでしょうか?

セサミオイルは、熱性の高いオイルで、身体を温める作用があります。

それに、セサミオイルを皮膚に塗って15分くらいすると、骨の中まで入っていくといわれていて、体内の汚れをかき集めて根こそぎ排除してくれる作用があるとされています。

デトックス作用(体内の老廃物を排出すること)ですね。

はい、それから、セサミオイルには、「セサミノール」や「リグナン」といった成分が含まれています。

リグナンには、強い抗酸化力があり、老化の原因となる物質を抑える作用があります。

それによって、細胞が酸化して錆びるのを防いで、免疫力を高めてくれます。

そうすると、セサミオイルは、アンチエイジングにもなりそうですね!

後は、セサミオイルは、精神面では、イライラしていたりソワソワしていたりするのを抑えて、リラックスさせてくれる作用があるといわれています。

セサミオイルの効果・効能

熱性が高く身体を温める
デトックス
エイジングケア(抗酸化力のある「リグナン」などによる)
リラックス
など

セサミオイルの使い方

セサミオイルはキュアリングしてから使う

セサミオイルは、そのまま使うわけじゃないんですよね?

「シロダーラ」のインタビューのときにも、セサミオイルはいちど温めてから使うとおっしゃっていました。

(参考:飯島先生に「シロダーラ」についての記事

はい、「キュアリング(加熱処理)」のことですね。

他のキャリアオイル(植物オイル)では、基本的にキュアリングは必要ありませんが、セサミオイルは、キュアリングを行って、いちど100度くらいまで温めてあげる必要があります。

キュアリングとは

セサミオイルは、キュアリングを行うことで、不純物を取り除くことができ、身体を温める作用がさらに強くなるといいます。

自宅でも、セサミオイルをキュアリングすることはできるんですか?

はい、まずは、太白ごま油を鍋に入れて火をかけ、100度くらいまでになったら火を消します

そうすると、その後、110度くらいまで自然と熱が上がると思います。

それを冷ましたら、セサミオイルを遮光瓶(びん)などに入れて、日光に直接当たらない場所で保存します

オイルは酸化しますので、セサミオイルをキュアリングするときは、少量ずつ行うといいですよ。

それから、セサミオイルの保管には、プラスチックの容器では溶かしてしまう可能性があるため、遮光性(しゃこうせい)のあるガラス瓶がベストです。

セサミオイルは、そうやってキュアリングしてから使うんですね。

はい、おすすめなのは、セサミオイルをお使いになるときに、湯煎(ゆせん・お湯の中に耐熱容器を入れて間接的に温めること)などで、もういちど軽く温めてあげることです。

ちなみに、キュアリングしたセサミオイルは、どのくらいで使い切ったほうがいいですか?

そうですね、できれば1~2週間で使い切っていただきたいです。

キュアリングの方法

1. 太白ごま油を鍋に入れて火をかけ、100度くらいまでになったら火を消す(その後に、自然と110度くらいまで熱が上がる)
2. 冷ましたら、遮光瓶に入れて冷暗所で保存する
3. セサミオイルを使うときは、湯煎などでもういちど温めるのがおすすめ

顔やボディのマッサージ

セサミオイルは、ホームケアではどのように使えますか?

お身体や髪のマッサージに使えますよ。

ちなみに、スキンケアにも使えるんですか?

はい、大丈夫ですよ。

使い方は、ボディのマッサージと同じですね。

セサミオイルのおすすめの使い方はありますか?

はい、おすすめなのは、朝にセサミオイルでマッサージを行うことです。

朝にマッサージをするんですか!?

マッサージは夜にやることが多いと思いますが、どうして、朝のほうがいいんでしょうか?

朝は、身体の機能がリセットされていて、毒素が外に出やすい時間帯です。

ですので、朝にセサミオイルでボディマッサージをすることで、毒素の排出を促してくれます

それに、朝は身体も吸収力がありますので、オイルが浸透していきやすいです

セサミオイルはデトックス効果もあるとのことでしたから、毒素が外に出やすい朝に使うことで、さらにその効果が高まるんですね。

はい、ちなみに、フェイスマッサージでしたら、歯を磨いたり洗顔したりした後に行うといいと思います。

例えば、お顔に5分くらいセサミオイルを置いてから、サッと洗い流すのもいいですよ。

それによって、セサミオイルの必要なものが中に入って、不必要なものを洗い流すことができますよ。

ただ、朝にセサミオイルでフェイスマッサージを行う場合は、その後に、日焼け止めなどを塗らないと、残ったオイルでオイル焼けの心配もありますので、そこには気を付けていただきたいです。

後は、夕方にセサミオイルでマッサージをすると、リラックス効果が高いですよ。

セサミオイルでうがいする

先程のお話では、セサミオイルでうがいするのもいいそうですね。

はい、喉(のど)は乾燥していると、免疫力が下がります。

セサミオイルでうがいすることで、喉が乾燥しづらくなって、菌も体内に入っていきにくくなります

それに、口内炎の予防にもつながりますし、歯茎(はぐき)の健康におすすめの「歯茎磨き」にもなります。

いきなりオイルでうがいすることに抵抗のある方は、お湯にセサミオイルを入れてうがいすることから始めるのもいいですよ。

たしかに、いきなりセサミオイルでうがいするよいも、お湯に入れたほうがやりやすそうです(笑)。

はい、それに慣れてきたら、オイルだけに変えてもいいですよね。

それ以外の使い方

他に、セサミオイルの使い方はありますか?

綿棒にセサミオイルを付けて、鼻や耳の中に塗ったりすることもできます。

本場のインドでは、セサミオイルが点鼻に使われているとおっしゃっていましたもんね。

はい、それから、セサミオイルで温湿布(おんしっぷ)を作ることもできます。

例えば、生理痛のとき、セサミオイルを湿らせたコットンを、おへその下あたりの「丹田(たんでん)」に貼るのもいいですよ。

(参考:セラピストに聞く丹田について

後は、インドでは、ベビーマッサージなどにも、セサミオイルが使われたりしていますよ。

編集部の選ぶオススメのセサミオイル

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、飯島先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部のおすすめするセサミオイルをご紹介します。

SimSim セサミピュアオイル 110mL

「SimSim」は、アーユルヴェーダのセサミオイルやヘナ(白髪染めなどに用いられるハーブ)のメーカーで、アーユルヴェーダのスタジオも運営されています。

スーパーなどで市販されている太白ごま油をセルフケアに用いるには、ご自身でキュアリングする必要があってひと手間かかります。

SimSimの「セサミピュアオイル」は、あらかじめキュアリングされているのでそのまま用いることができて便利で、セルフケアに用いるにはとてもおすすめですよ。

化学合成成分が無添加の100%ピュアな太白ごま油で、品質的にも高いです。

編集部のここがオススメ!

アーユルヴェーダの専門メーカーの太白ごま油!

キュアリング済みでそのまま使える!

化学合成成分が無添加の100%ピュア!

SimSim

商品名:セサミピュアオイル
ブランド:SimSim
容量:110mL
通常価格:税別2,200円(2017年11月時点)

キレイの先生 バラに満ちるオールインワンもオススメ!

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

セサミオイルにご興味のある方は、このサイトから出ている「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」もおすすめですよ。

キレイの先生 バラに満ちるオールインワンは、このサイトから200人以上の美容スペシャリストの方々の教えをまとめたオールインワンです。

水を一滴も加えず、バラの美容成分の詰まったローズウォーターに贅沢に置き換え(全成分に水の表記がありますが原料由来のものです)、ライスオイルやホホバオイルなどのキャリアオイルでうるおいを逃しません

自然なバラの優しく華やかな香りに包まれながら、美容成分98%のチカラでお肌をうるおします

美容家の感想

オールインワンジェルということで保湿力に不安があったのですが、年齢肌でもしっとりして保湿力の高さに驚きました! バラの香りに癒されます。私は顔にはもちろんのこと、ヘッドマッサージに使って、髪もしっとりしてとても良い状態になり、この使い方もありだと思いました。バラ水オールインワンをたっぷり目に付けてシートマスクをしたまま湯船につかるのも、スペシャルケアとしておすすめです。良い商品を紹介いただき、ありがとうございました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

編集部のここがオススメ!

水を一滴も加えずに美容成分豊富なローズウォーターに置き換え!

98%の美容成分のチカラで肌をうるおす!

ライスオイルなどのキャリアオイルでうるおいを逃さない

バラに満ちるオールインワン

商品名:キレイの先生 バラに満ちるオールインワン
ブランド:キレイの先生
容量:65mL
通常価格:税別2,880円
初回特別価格:税別1,000円

まとめ

セサミオイルの効果・効能は、身体を温める作用に優れていること、毒素を排出するデトックス作用が高いことが特徴的です。

だからこそ、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダで、セサミオイルが多用されているといいます。

セサミオイルは、ホームケアでは、顔やボディのマッサージから、うがいなどにも使うことができます。

アーユルヴェーダで定番のセサミオイルを、セルフケアにも取り入れてみてはいかがでしょうか?

* 2017年3月10日に公開した『セサミオイルの効果とは?スキンケアやうがいなどでの使い方』を再編集しました。

本日のキレイの先生