美容のスペシャリストが教えるキレイ

透明感のある肌の作り方8つ!化粧水の付け方から食べ物まで!プロに聞く

本日のキレイの先生

吉成 由美子 先生

透明感ある肌の作り方!透明感に必要な「うなはだけつ」とは

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「透明感のあるお肌の作り方」です。

サロン・ド・アフィニーテ の吉成 由美子 先生にインタビューさせていただきました。

お肌の透明感は、美肌の大切な要素のひとつです。

それには、お肌の「う・な・は・だ・け・つ」が欠かせないといいます。

透明感のあるお肌を作るには、スキンケアできちんと保湿することも大切ですし、中からのケアも大切です。

例えば、化粧水の付け方にも、ポイントがあるそうです。

透明感のあるお肌を作るためのアドバイスを、吉成先生にいただきました。

目次

透明感のある肌とは?
・美肌の条件「う・な・は・だ・け・つ」

肌に透明感がなくなる原因

透明感のある肌の作り方
・化粧水を肌が冷たくなるまで重ね付けする
・ローションパックを行う
・メイク汚れはその日の内に落とす
・紫外線対策を行う
・透明感のある肌を作るのにおすすめの食べ物
・フェイスマッサージを行う

編集部の選ぶ透明感のある肌を作るのにおすすめの化粧品

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

透明感のある肌とは?

透明感のある肌とは

「透明感のあるお肌」とは、ひと言で表すと、「美しい肌」、つまり「美肌」です。

それが、どんなお肌かというと、人それぞれに色々なイメージがあるはずです。

例えば、当サロンにお越しになられるお客様には、美白をとても気にされている方が多いです。

たしかに、日焼けすると、シミの原因になりますし、シワも深くなりやすいです。

ただ、色白のお肌でも、ベタッとしてツヤのない「マットな肌感」では、元気がなさそうにみえてしまいます。

それは、例えると、すりガラスや曇りガラスのようなイメージというと分かりやすいかもしれません。

ですので、美肌には、肌色もそうですが、「艶(つや)やかさ」といった要素も大切になってきます。

美肌の条件「う・な・は・だ・け・つ」

私は、「美肌」とは、健康的で肌本来の機能が整っているお肌のことをいうと思います。

それは、具体的にいうと、「う・な・は・だ・け・つ」がそろっているお肌です。

これは、「う」は「うるおい」を、「な」は「なめらか」を、「は」は「ハリ」を、「だ」は「弾力」を、「け」は「血行」を、「つ」は「ツヤ」を表します。

これらのそろったお肌が、健康的でみずみずしく透明感のある美肌といえます

「う・な・は・だ・け・つ」とは

う:うるおい
・な:なめらか
・は:ハリ
・だ:弾力
・け:血行
・つ:ツヤ

肌に透明感がなくなる原因

肌がくすむ原因

お肌は、「う・な・は・だ・け・つ」の内のどれかひとつでも欠けると、健康的とはいえず、透明感もなくなってくすんでしまいます。。

その主な原因としては、「紫外線のダメージ」、「お肌の乾燥」、「血行不良」、「汚れの洗い残し」、「老化・糖化」などが挙げられます。

■ 紫外線のダメージによる「くすみ」
紫外線を浴びると、お肌の中でメラニン色素が発生します。それが過剰に続くと、その色素が定着してくすみやシミの原因になります。
(参考:エステティシャンに聞く色素沈着について

■ お肌の乾燥による「くすみ」
手を開いたときと閉じたときで、手の甲は、どちらのほうが色白にみえるか比べてみると、手を閉じて皮膚がピンと伸びているほうが、色白にみえるはずです。それは、手を開いているときはシワが出来て、それによって色が濃くみえるためです。お顔にも同じことがいえて、お肌が乾燥していて弾力がないと小じわが出来やすく、それによって、くすんでいるようにみえやすくなります。
(参考:エステティシャンに聞く乾燥小じわについて

■ 血行不良による「くすみ」
血行が悪いと、どんよりとした顔色になって、お顔がくすんでいるようにみえます。

■ 汚れの洗い残しによる「くすみ」
クレンジング・洗顔が不十分になっていると、残った汚れが蓄積して、くすみにつながります。特に、メイク汚れがお肌の上に残ったままでは、シミの原因にもなります。例えば、チークをつけている場所だけ色素沈着でくすんでしまう場合もありますが、それは、クレンジングでメイクをきれいに落とし切れていないことから起こります。

■ 老化・糖化による「くすみ」
年齢にともなう老化に加えて、「糖化」によっても、老化が早く進む可能性もあります。体内で糖質とタンパク質が結び付く(糖化する)と、「AGES(終末糖化合物)」が出来ます。これは、病気の元にもなるもので、身体の老化を進めてしまいます。お肌もタンパク質で出来ていますから、糖化が起こります。そうすると、お肌は、どんよりとした黄色っぽいくすみにつながります。
(参考:美容セラピストに聞く黄ぐすみについて

透明感のある肌の作り方

化粧水を肌が冷たくなるまで重ね付けする

透明感のある肌の作り方(スキンケア)

美肌の条件である「う・な・は・だ・け・つ」の中で、「(う)うるおい」は最初に挙げられることです。

お肌を保湿するには、身体の「外」と「中」からうるおいを補うことが必要です。

まずは、外からうるおいを補う「スキンケア」についてからお話します。

美容液やクリームは高価なものをお使いになっていても、化粧水の付け方がないがしろになっている方もいらっしゃいます。

スキンケアにおいて、保湿は化粧水の役割です。

化粧水は、手で付けることもコットンで付けることもできますが、おすすめなのは、コットンで優しくパッティングして化粧水を付けることです。

もし、化粧水を手で付ける場合は、何度も重ねて付けていただきたいです。

お肌は水分が入っていると冷たくなりますので、化粧水を付けた後に、手の甲で頬を触ってみて「冷たいな」と感じたら、化粧水がお肌にたっぷり入ったサインです。

化粧水は、そう感じられるようになるまで重ね付けすることをおすすめします。

特に、お風呂上がりにお手入れを行う場合は、お肌が温かくなっていて、中の水分が蒸発しやすい状態です。

化粧水を付けても、お肌を手の甲で触ってみて温かく感じる内は、化粧水が足りていないというサインなので、お肌が冷たく感じるまで化粧水を補ってあげるといいですよ。

透明感のある肌の作り方

(化粧水の付け方)
コットンで優しくパッティングして化粧水を付ける
手で化粧水を重ね付けする(手の甲で頬を触って冷たく感じるまで重ね付けする)

  • 年齢肌がふわふわ透明肌に!美容家も驚いた洗顔後すぐのミルク!

    キレイの先生 ブースターミルク
    乾燥スポンジに水分がギュッと入るみたいにうるおいが浸透してフワフワの透明肌に!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

キレイの先生 ブースターミルク
乾燥スポンジに水分がギュッと入るみたいにうるおいが浸透してフワフワの透明肌に!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

ローションパックを行う

透明感のある肌の作り方(スキンケア) ローションパック

化粧水は、「ローションパック」で付けるのもおすすめです。

ローションパックは、お顔に長く乗せすぎると、お顔からパックに水分が戻っていってしまいます。

ですので、基本的には、3~5分で外すようにします。

ローションパックをお顔に長く乗せておきたいときは、パックの上から化粧水を足してあげるのもいいですよ。

それによって、さらにお肌にうるおいを与えることができますし、お顔からパックに水分が戻っていってしまうのを防ぐことができます。

ローションパックは化粧水の量を使いますので、「もったいないな…」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、保湿はとても大切なことですので、化粧水はあまりケチケチしないでいただきたいです。

例えば、ローションパックを終えた後、パックに残っている化粧水を手に絞って、首やデコルテに付けてあげたり角質(ごわつきの原因になる皮膚表面の古い肌細胞)の気になりやすい肘(ひじ)・膝(ひざ)・足裏などに付けてあげれば、化粧水も無駄になりませんよ。

透明感のある肌の作り方

(ローションパック)
ローションパックは3~5分で外す
パックの上から化粧水を足して、ローションパックを長く行う
余った化粧水は、首・デコルテ・肘・膝・足裏などに付ける

メイク汚れはその日の内に落とす

日頃からメイクをしてお手入れもきちんと行っている方よりも、メイクもお手入れもあまり行っている方のほうが、お肌がきれいということがあります。

それは、少なからず、メイクがお肌の負担となるためです。

ですので、メイク汚れはその日の内に落とすことが大事です。

汚れが残っていて毛穴に詰まったりすると、毛穴の黒ずみやニキビなどの原因にもなります。

紫外線対策を行う

透明感のある肌になるには(紫外線対策)

紫外線を過剰に浴びると、お肌はダメージを受けて透明感がなくなっていってしまいます。

ですので、透明感のあるお肌を作るには、まずは、紫外線に極力当たらないようにすることも大事です。

それには、外出するときは、日焼け止めをすることはもちろん、帽子をかぶったりするのもおすすめです。

それから、目には日焼け止めを塗ることはできませんが、白目も日焼けをします。

例えば、海に行って、目が赤くなったことはありませんか?

それが、目が日焼けした状態ということで、シミにつながる可能性もあります。

ですので、サングラスなどをして、目まで紫外線対策をしていただきたいです。

目元に日焼け止めを塗るとしみたりしますが、サングラスをかけることで目元までカバーすることができますし、大きめのサングラスであれば、かなり広い範囲をカバーすることができます。

透明感のある肌の作り方

(紫外線対策)
外出時は日焼け止めを塗る
帽子をかぶる
サングラスをかける

透明感のある肌を作るのにおすすめの食べ物

透明感のある肌の作り方(食べ物など)

お肌のうるおいを補うのは、「外」からが2~3割、「中」からが7~8割です。

ですので、透明感のあるお肌を作るには、口から水分を補うことも大切です。

水分は、野菜や果物からも摂りやすく、特に非加熱のものを食べることがおすすめです。

野菜や果物はビタミン・ミネラルなどが豊富ですし、それらの栄養をバランスよく摂ることで、相互作用によって身体の余計な水分を調節する効果も得られます。

ですので、野菜・果物をバランスよく食べることで、水分を摂りつつ、余分な水分を調整してむくみのケアにもなります。

特に、季節の旬の野菜や果物を食べるように心がけるといいですよ。

例えば、夏の野菜であるトウモロコシやパプリカには、「ゼアキサンチン」という成分が含まれていて、それは、身体が紫外線のダメージを受ける前にガードしてくれるような作用があります。

旬の食べ物の効果

「キレイの先生」編集部です。旬な野菜・果物には、その季節に必要な栄養を含んでいます。例えば、冬が旬のものは身体を温める作用を、夏が旬のものは身体を冷やす作用を備えています。

お肌のお手入れは、「中」からの効果が7~8割ですので、サロンでは食事指導も行っています。

お客様には、食事で必要な栄養素の量をお伝えして、メールで食事の内容をお送りいただいているのですが、それをみていると、栄養が足りていない方が多いことに気付きます。

「きれいになりたい」と日常生活に注意している方ですらそういった状態なのですから、栄養が不足している方は多いはずです。

栄養の中でも、特にしっかり摂りたいのは、「ビタミン類」・「ミネラル」・「タンパク質」です。

これらが不足していると、身体の機能が正常に働かず、お肌は水分保持力が低下してしまい、紫外線のダメージとも戦えなくなってしまいます。

それから、炭水化物の「糖質」と油の「脂質」の摂りすぎにはご注意いただきたいです。

炭水化物や油を摂りすぎると、老化を進める原因になります。

お肌には、身体の状態が表れます。

身体のみずみずしさがお肌のみずみずしさにつながりますから、透明感のあるお肌を作るには、まずは健康的な身体を作ることも大切ですよ。

透明感のある肌の作り方

(食べ物)
野菜・果物をバランスよく食べる(旬のものを食べるのがおすすめ)
ビタミン類・ミネラル・タンパク質をしっかり摂る
炭水化物や油の摂りすぎに気を付ける

フェイスマッサージを行う

透明感のあるお肌を作るには、お顔のマッサージもおすすめです。

お顔のマッサージを行うことで、血行促進になります。

ただ、マッサージで力を入れすぎると、シワやたるみの原因にもなってしまいます。

ですので、お顔のマッサージを行うときは、強くこするのではなく、ストレッチのような意識をお持ちになるといいですよ。

フェイスマッサージの効果

「キレイの先生」編集部です。フェイスマッサージで血行促進することで、くすみの解消になります。また、皮膚に必要な栄養は血液から届けられていますから、血流が良くなることで、肌細胞にも栄養がきちんと行き渡るようになって、代謝もきちんと働きます。

編集部の選ぶ透明感のある肌を作るのにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、吉成先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだ透明感のある肌を作るのにおすすめの化粧品をご紹介します。

キレイの先生 ブースターミルク

キレイの先生 ブースターミルク

年齢肌がふわふわ透明肌に!美容家も驚いた洗顔後すぐのミルク!

この『キレイの先生』に登場した美容のスペシャリストの先生方と開発した、洗顔後の最初のミルクです。
みずみずしいミルクがうるおいを肌の奥までグングン引き込んで、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」がそのうるおいを抱き込み、肌がふっくらとして透明感も出て年齢肌ケアにもおすすめです。

●内容量:30mL
●通常価格:税別2,980円

開発協力者の声

サロン結香 矢澤 ともみ 先生

みずみずしいミルクがうるおいを肌の奥でギュッと抱え込んでフワフワの透明肌に!

まずは、ミルクのイメージを裏切るようなみずみずしさにびっくりしました。乾いたスポンジに水分が入っていくみたいにうるおいが肌の奥にギュッと引っ張られて、肌がフワフワになって透明感も出て感謝しています(笑)。肌が水分を抱え込んで活発に動き出して、肌全体がキュッと上がったようにも感じられました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、透明感のあるお肌の作り方をまとめます。

1. 化粧水でしっかりとうるおいを与える(コットンで優しくパッティングして付ける、頬が冷たくなるまで手で重ね付けする)
2. ローションパックを行う
3. 紫外線対策をする(日焼け止めをする、帽子をかぶる、サングラスをかける)
4. メイク汚れはその日の内に落とす
5. 野菜・果物をバランスよく食べる(旬の野菜・果物を非加熱で食べることがおすすめ)
6. ビタミン類・ミネラル・タンパク質をしっかり摂る
7. 炭水化物と油の摂りすぎには気を付ける
8. フェイスマッサージを行う

透明感のあるお肌は、お肌に「う・な・は・だ・け・つ」がそろっていることをいいます。

それには、スキンケアでの保湿も大切ですが、中からのケアも大切になります。

吉成先生のアドバイスには、今日からすぐ始められることもあります。

透明感のあるお肌を作るのに、まずは、お肌が冷たくなるまで化粧水を重ね付けすることなどから始めてみてはいかがでしょうか?

(取材:「キレイの先生」編集部 文:サロン・ド・アフィニーテ 吉成 由美子 先生、「キレイの先生」編集部)

* 2016年9月12日に公開した『透明感ある肌の作り方!透明感に必要な「うなはだけつ」とは』を再編集しました。

関連キーワード