キレイの先生

ホーム > 美ボディ > ボディケア > 

塩でスクラブ?セラピストに聞く手作りマッサージソルトの作り方

Marrie Key タラソビューティーサロン  鞠子 文 先生

2300060_a01

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、塩のスクラブ「ソルトスクラブ」です。

Marrie Key タラソビューティーサロン の鞠子 文 先生にインタビューさせていただきました。

ソルトスクラブは、海洋療法のタラソテラピーをご自宅でも手軽に楽しめる方法のひとつだそうです(海洋療法については、鞠子 先生の別の記事があります)。

塩でのスクラブは、どんな効果が期待できるのでしょうか?

鞠子 先生に話をお聞きすると、ソルトスクラブは手作りすることもできるとのことなので、その作り方も教えていただきました。

目次

塩でスクラブ?
・ソルトスクラブはどこにする?

ソルトスクラブの効果

手作りマッサージソルトの作り方
・オイルやアロマをブレンドしての作り方

塩でスクラブするやり方

まとめ

本日のキレイの先生

Marrie Key タラソビューティーサロン

鞠子 文 先生

「キレイの先生」編集部

塩でスクラブ?

先生にはここまで、サロンでも取り入れられている「海洋療法・タラソテラピー」についてお話しいただきました。

自宅でやれるタラソテラピーとしては、「ソルトスクラブ」があるとのことでしたね。

はい、(ソルトスクラブは)お肌の表面に塩を滑らせて角質除去していくことをいいます。

言葉の通り、塩でスクラブをしていくんですね。

これをご覧になる読者の中には、もしかすると、スクラブが何かお分かりにならない方もいらっしゃるかもしれません。

まずは、スクラブについて簡単にご説明いただけますか?

スクラブは、お肌の表面の古くなった角質を取り除いていくことをいいます。

古い角質が残っていると、ターンオーバー…お肌の生まれ変わりのリズムのことですね…が遅くなってしまいます。

ターンオーバーについて

皮膚は、内側で新しい細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ちて、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを「ターンオーバー」といいます。

ターンオーバーが遅くなると、例えば、日焼けしたお肌がなかなか元に戻らなかったり、いまのお肌の悩みを改善していくのにもデメリットにもなったりします。

それに、(ターンオーバーが遅くなると)お肌のごわつきやくすみの原因にもなりますね。

はい、そういったこともありますね。

(スクラブは)古い角質を取り除くことで、新しいお肌の生まれやすい環境にすることができます。

ソルトスクラブは、塩で物理的に古い角質を取り除いていくイメージですよね?

はい、そうです。

ソルトスクラブはどこにする?

スクラブには、砂糖を使った「シュガースクラブ」もあります。

シュガースクラブは顔や唇にも使えますが、ソルトスクラブも同じですか?

いえ、私はソルトスクラブをお顔に使うことはすすめていません。

それはどうしてですか?

塩は顕微鏡でみるとサイコロ型の立方体をしていて、角が尖っているんです。

お顔に使うには刺激が強すぎると思います。

シュガースクラブの方が(刺激は)マイルドです。

ですので、私は(ソルトスクラブは)お顔や頭皮には避けた方がいいと思います。

それから、粘膜や極度にかぶれているような部分もですね。

なるほど、逆にいうと、塩はスクラブの効果が高いですから、ボディに使うのには向いていそうです。

そうですね、(お肌が)乾燥し過ぎていたり赤みが出ていたりするときは別ですが、ボディ全体に使うのはいいと思いますよ。

例えば、皆さんのお悩みにもあると思いますが、膝・かかと・肘などは角質がたまりやすいので、特にいいですよね。

(膝などは)ガサガサになりやすい場所ですよね…。

はい、(古い角質がたまっていると)くすみや黒ずんでみえたりしますし、関節の曲がる場所なので皮膚が固くなってしまうこともあります。

後は、意外と背中も角質がたまりやすい場所です。

ソルトスクラブの効果

塩でのスクラブは、どんな効果が期待できるのでしょうか?

古い角質を除去することで、なめらかなお肌になって透明感が出てきます

お肌にツヤも出てきそうです。

そうですね、古い角質は(小さくて)目には見えませんが、汚れた薄い膜が(お肌の表面に)張っているのと同じようなことですので、それを取って、本来のお肌を出してあげるようなイメージですね。

それから、(マッサージソルトで古い角質を除去することで)ボディクリームの浸透も良くなって、その効果も高まります

例えば、保湿のボディクリームでしたら、保湿力が高まる感じです。

後は、塩には、自体に水分を吸収するような作用があります。

なめくじに塩をかけると、なめくじは縮んでしまいますよね。

塩は水分を吸収するような作用が高いので、身体(のスクラブ)に使った場合、身体の余分な水分を取ってくれて、むくみの軽減にもつながります

(ソルトスクラブには)そういう効果もあったんですか!?

それは、塩ならではの効果といえそうですね。

手作りマッサージソルトの作り方

2300060_a04

ソルトスクラブをするには、何を用意すればいいんですか?

食塩をそのまま使っても大丈夫ですよ。

え? 食塩をスクラブに使うことができるんですか?

はい(笑)。

(パッケージの)品質表示をみて、海水が成分になっている天然塩100%のものでしたら大丈夫です。

それは、すごく手軽ですね(笑)。

もちろん、食用(の塩)じゃなくて、ボディスクラブ用のお塩もあるので、それでも大丈夫です。

(ソルトスクラブに)塩以外で必要なものはありますか?

塩だけでも大丈夫ですよ。

(ソルトスクラブで)塩だけを使うときは、身体が濡れている状態のときにするのがいいです。

ソルトスクラブは本当に簡単にできちゃうんですね(笑)。

ちなみに、身体全体をスクラブするときは、どのくらいの量の塩を使うといいですか?

背中まで(スクラブを)やろうとしたら、大体、片手ですりきり一杯分くらいです。

オイルやアロマをブレンドしての作り方

ソルトスクラブは、お好みで(塩に)オイルやアロマをブレンドして使うこともできます。

オイルをブレンドするとすべりがなめらかになるので、(身体が)濡れていないときは、オイルに混ぜて(スクラブ)するのがいいと思います。

塩とオイルをブレンドするときは、それぞれどのくらいの分量がいいんですか?

手作り(マッサージソルト)のいいところは、自分に合った分量で調整できることです。

例えば、(ソルトスクラブの)ザラザラ感が好きな人は塩が大さじ1、オイルが3~4滴くらいでもいいですし、オイル感が好きな人は塩が大さじ、・オイルも大さじ1くらいでもいいです。

お肌が物理的な刺激に弱いという人は、オイルの量をさらに増やしてもいいと思います。

マッサージソルトの作り方

マッサージソルトは、オイルとブレンドするとすべりがなめらかになります。分量は、ご自分の好みで大丈夫ですが、下は一例です。

■ ザラザラ感が好きな人
・塩:大さじ1
・オイル:3~4滴

■ オイル感が好きな人
・塩:大さじ1
・オイル:大さじ1

* お肌が物理的な刺激に弱い人は、オイルの分量をさらに増やしても大丈夫です。

ちなみに、(手作りのマッサージソルトに)おすすめのオイルはありますか?

それも、ご自分の好みで大丈夫ですが、お肌にいいオイルでいうと「ホホバオイル」などはおすすめです。

後は、流行りの「ココナッツオイル」でもいいですし、「ローズヒップオイル」でしたら美白効果も得られますね。

ソルトスクラブはアロマもブレンドできるとのことでしたが、それも好みの分量を入れていいんですか?

いえ、アロマをブレンドする場合は、適量を守ってほしいと思います。

アロマのブレンドは…

精油は基本的に、皮膚に塗布するには刺激があるため、(マッサージソルトにも)分量を守ってブレンドすることをおすすめします。

塩でスクラブするやり方

(先生の)サロンでも、ソルトスクラブはしているんですか?

はい、メニューにありますよ。

サロンでは、(ソルトスクラブを)どう取り入れているんですか?

トリートメントの前に(ソルトスクラブを)しています。

全身を(ソルト)スクラブしてシャワーしていただいてから、トリートメントに入っていく流れが多いです。

その後に使っていく化粧品の成分の吸収を良くしていきたいので。

自宅でのソルトスクラブは、いつやるのがいいですか?

(お風呂で)身体を洗った後がいいと思います。

ただ、(塩と)オイルを混ぜてする場合、オイルのベトベト感が苦手な人は、身体を洗う前の方がいいかもしれませんね。

ソルトスクラブは、塩をゴシゴシするんですか?

いえ、無理に力を入れる必要はありませんよ。

お肌の表面を優しくなでるようにして、塩の粒を転がすようなイメージです。

塩が転がっていくことで、角質が取れていきますので。

ソルトスクラブの最後は、(塩を)洗い流すんですよね?

はい、そうです。

ソルトスクラブは、毎日やった方がいいですか?

いいえ、週に1~2です。

お肌の強い人でしたら週2回でもいいですが、お肌が薄かったり弱かったりする人は週1回やるのがいいと思います。

つまり、週にいちどのスペシャルケアのような感じですね。

最後に、ソルトスクラブをする上での注意点などはありますか?

ひとつは、(ソルトスクラブで)古い角質が取れて、(その後のお肌は)紫外線のダメージを受けやすくなるので、翌日は日焼け止めを塗った方がいいです。

それから、海などに行く前のスクラブは、紫外線のダメージを受けやすいお肌を作ってから海に行くことになってしまうので、私はおすすめしていません。

まとめ

塩でスクラブすることで、古い角質を取り除くことができて、お肌はなめらかになって透明感やツヤが出ます。

水分を吸収する塩の作用によって、むくみ解消の効果が期待できるのも嬉しいですよね。

しかも、食塩でスクラブできるというのですから、とても手軽です。

鞠子 先生もおっしゃっていましたが、膝などは角質がたまって、カサカサになりやすい場所だと思います。

ソルトスクラブは、スクラブの効果も高いので、ボディのそういった場所をケアするのにもおすすめですよ。

本日のキレイの先生