キレイの先生

ホーム > 美ボディ > リラックス > 

リードディフューザーを自作する!お洒落なアロマの楽しみ方

クレセント Aroma & Natural Style  村上 由紀子 先生

リードディフューザーを自作する!お洒落なアロマの楽しみ方

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「リードディフューザー(リードフレグランス)」です。

アロマショップなどで、小瓶にスティックが刺さっていて、アロマの良い香りがするものをみたことがありませんか?

それを、「リードディフューザー」といいます(私は実は、今回の取材で、その名前を初めて知りました)。

取材させていただいたのは、クレセント Aroma & Natural Style の村上 由紀子 先生です。

自作のリードディフューザーの作り方などを教えていただきました。

リードディフューザーは、簡単にアロマを楽しめるおすすめのアイテムですよ。

目次

リードディフューザーとは

リードディフューザーを自作するには?
・作り方
・使い方
・リードディフューザーを長持ちさせるには?

精油の選び方
・1. 寝室
・2. リビング
・3. トイレ
・4. 書斎
・5. 玄関

まとめ

本日のキレイの先生

クレセント Aroma & Natural Style

村上 由紀子 先生

「キレイの先生」編集部

リードディフューザーとは

村上 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「リードディフューザー」です。

まずは、リードディフューザーとは、どんなものなのか教えてください。

ガラス瓶などに詰めた香りが、「リード」をつたって、ほんのりと周囲に広がる香りのインテリアのことをいいます。

いま、「リード」という言葉が出てきましたが、それは何ですか?

竹や籐製(とう・ヤシ科の植物で「ラタン」とも呼ばれる)で出来たスティックです。

ですので、リードディフューザーは、「スティックディフューザー」と呼ぶこともあります。

アロマの香りを楽しむのには、電気式のアロマディフューザーなどがあると思います。

リードディフューザーは、それらと香り方が違うのですか?

そうですね。

(リードディフューザーは)熱を加えないので、(精油の)そのものの香りにいちばん近いといえるのではないでしょうか。

電気式のアロマディフューザーについて

電気式のアロマディフューザーは、アロマが、熱で揮発(きはつ・液体が気体となって発散すること)して香ります。

そして、(リードディフューザーが電気式のアロマディフューザーなどと)決定的に違うのは、リードディフューザーは、置いておくだけで良いことです。

例えば、電気式のアロマディフューザーは、アロマを香らせようと思ったら、電源を入れる必要があります。

アロマキャンドルでしたら、火を点けなければならず、(アロマを香らせるためには)ワンアクションが必要です。

それに対して、リードディフューザーは置いておくだけで、アロマの香りを楽しむことができるのですね。

はい。

先生は、リードディフューザーのどんなところがお好きですか?

いまのお話と重なるのですが、電気や火を使わず、アクションもなく(アロマを)香らせられることです。

安全ですし、エコですよね。

(中身が)なくなるまで一定期間そのまま置いておけますし、そのまま外出もできます。

後は、インテリア性が高いことも、魅力です。

リードディフューザーは、インテリアとしても、本当におしゃれですよね。

ですので、(リードディフューザーは)インテリアショップなどでも販売されたりしていますね。

香りは目に見えませんが、(リードディフューザーは)視覚的に楽しむこともできる香りともいえるのではないでしょうか。

瓶のデザインによって印象がとても変わりますので、ご自分の趣味や、部屋の趣味に合わせる楽しみ方もあります。

おしゃれな自作リードディフューザー

下の写真は、村上 先生が自作されたリードディフューザーです。本当におしゃれで、インテリアとしても楽しめることができますよね。

おしゃれな自作リードディフューザー

リードディフューザーを自作するには?

作り方

リードディフューザーは、自作することもできるとのことですが、作り方を教えてください。

材料は、何を用意すれば良いでしょうか?

(容器などとしては)ガラスの瓶と、リードです。

先程のお話では、リードは、竹や籐製のものを使用するとのことでしたね。

はい。

(リードは)籐製のものが、香り立ちが良いのでおすすめです。

リードディフューザー専用のもの(リード)は、ほとんどが籐製のものだと思います。

籐の中には気泡があって、そこに(アロマの)香りが浸透して揮発する性質を利用しています。

竹は、(籐製のリードと比べると)香り立ちがあまり良くありません。

私は、(リードディフューザーのリードに)「竹串を使ったりしても良いのかな…」と思ったのですが、できれば専用の籐製のものを使うのが良さそうですね。

リードは、何本くらい用意すれば良いのでしょうか?

例えば、100mLのリードディフューザーでしたら、5~8本くらいでしょうか。

(リードディフューザーに使う)ガラス瓶に、おすすめはありますか?

私も色々な瓶で(リードディフューザーを)試してみましたが、口が狭いものの方が良いと思います。

瓶の口が狭い方が、アロマが揮発しづらく、減りも遅そうですね。

それもありますが、(口が)狭い方が、リードの収まりも良いのですね。

(リードディフューザーの)リードは、放射線状に広がっていた方が、見た目もきれいですから。

たしかに、口の広い瓶では、リードもばらけてしまい、収まりが悪いです。

口の狭い(瓶の)方が、おしゃれできれいなリードディフューザーになりますね。

(リードディフューザーの)中身には、何を用意すれば良いのでしょうか?

無水エタノール」と「精油」だけです。

例えば、100mLのリードディフューザーを手作りする場合は、それぞれどのくらいの分量になるのでしょうか?

無水エタノールが100mLに対して、精油が10~12%です。

すると、(100mLのリードディフューザーを自作するときは)精油を10mL以上、入れることになるのですね。

(精油は)結構な量が入りますね…。

そうですね。

(サロンの)セラピーでは、30mLのリードディフューザーを利用しています。

それを作るのには、3mL強の精油が必要です。

精油は1滴が0.05mLですから、(30mLのリードディフューザーを手作りするときは)精油を60滴以上、入れることになりますね。

リードディフューザーの作り方

リードディフューザーを自作するのに必要な材料をまとめます。

ガラス瓶(口の狭いものがおすすめ)

リード(専用の籐製のものがおすすめ) 5~8本

無水エタノール

精油 (無水エタノールに対して)10~12%

精油は、1滴を0.05mLとして、容量に対して何滴が必要か計算ください。

例)
無水エタノール 100mLの場合:精油200~240滴
無水エタノール 50mLの場合:精油100~120滴

ちなみに、精油を何種類かブレンドする場合、いちど別の瓶に無水エタノールと精油を入れて、一晩くらい寝かせると香りがのなじみがさらに良くなるそうです。

後は、ガラス瓶に無水エタノールと精油を入れて混ぜ、リードを刺すだけで、リードディフューザーを自作することができます。

使い方

リードディフューザーは、どのくらいの広さの部屋を香らせることができるのですか?

6~8畳くらいでしょうか。

リードディフューザーは、部屋全体を充満するような香りではなく、(リードディフューザーの)近くに行ったらほのかに香るような感じです。

ですので、広いリビングなどではなく、玄関やトイレなどの狭い空間の方が向いています。

リードの数を増やすと、香りは強まるのですか?

はい。

ただ、(アロマが)リードをつたって揮発するのが多くなる分、(中身が)減るのも早いです。

リードディフューザーを長持ちさせるには?

リードディフューザーは、どのくらい持つものでしょうか?

30mL(のリードディフューザー)ですと、1週間から10日くらいで、「2週間は厳しいかな…」という感じです。

100mLで、1ヶ月くらいです。

リードディフューザーを長持ちさせることはできるのでしょうか?

無水エタノールを一部、グリセリンに置き換えると、持ちは少し良くなります。

(グリセリンに置き換える)量は、お好みで大丈夫です。

また、精油も、保留剤となる「ベースノート(長持ちする香り)」を入れることでも、(リードディフューザーの)持ちが良くなります。

ベースノートとは

「ノート」とは、精油の香りの揮発する早さを表したもので、下の3つに分けられます。

・(揮発が)早いもの:トップノート

・中間のもの:ミドルノート

・遅いもの:ベースノート

揮発性が早いほど、香りが弱まるのも早いです(つまり、ベースノートは、香りが長持ちします)。

例えば、柑橘系(の精油)は、香りが飛びやすいトップノートですが、ベースノートの精油と合わせることで、(トップノートの香りも)一緒に長持ちさせてくれます。

また、(ベースノートの精油が入っていると)香りに奥行きも出ます。

ベースノートの精油には、どんなものがあるのでしょうか?

例えば、「ベチバー」や「パチュリー」、「ベンゾイン」、「サンダルウッド」などがあります。

これらは、香水などに入っていることも多いと思います。

精油の選び方

(リードディフューザーに使う)精油は基本的に、自分の好みでお選びになれば良いと思います。

ただ、せっかくですので、村上 先生には、おすすめの精油の組み合わせもお聞きしました。

「(リードディフューザーを)どこに置くか」という観点から選んでいただいたので、それを紹介させていただきます。

1. 寝室

寝室に(リードディフューザーを置くのに)おすすめの「安眠ブレンド」です。

ラベンダー

マンダリン

サンダルウッド

リラックス効果の高いアロマがそろっていますね。

2. リビング

リビングに(リードディフューザーを置くのに)おすすめの「くつろぎブレンド」です。

オレンジ

ラベンダー

フランキンセンス

「フランキンセンス」は、ベースノートとミドルノートの中間くらいの香りになるそうです。

3. トイレ

トイレに(リードディフューザーを置くのに)おすすめの「クリーンブレンド」です。

ペパーミント

ラベンダー

レモン

これらは、消臭効果の高いアロマだそうです。

嫌な香りを消臭しつつ、さっぱりしたフレッシュな香り立ちになります。

4. 書斎

書斎に(リードディフューザーを置くのに)おすすめの「集中力ブレンド」です。

ローズマリー

レモン

レモングラス

これらは、集中力や記憶力をアップしたりするのに良い精油とのことです。

仕事をするときや、勉強するときなどに良さそうですね。

5. 玄関

玄関に(リードディフューザーを置くのに)おすすめの「ウェルカムブレンド」です。

グレープフルーツ

サイプレス

ラベンダー

これらは、比較的(香りが)嫌いな人の少ない精油だそうです。

まとめ

村上 先生もおっしゃっていましたが、リードディフューザーはインテリアとしてもおしゃれですよね。

香りだけではなく、視覚的に楽しむこともできます。

お店などに置いてあると、「お、いい感じのお店だな」と感じます。

アロマの香り方も強すぎず、ほんのりとしているのも良いですよね。

リードディフューザーは、作り方もシンプルで、簡単に自作することができます。

ご興味を持たれた方は、是非お試しになってほしいと思います。

本日のキレイの先生

7000090_b

村上 由紀子 先生