キレイの先生

ホーム > 小顔 > リフトアップ > 

笑顔の練習方法!顔ダンス講師の教えるキレイな笑顔の作り方

aging&skin care salon codino◆naomi.  榎戸 直美 先生

2200026_a01

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「笑顔」です。

aging&skin care salon codino◆naomi. の榎戸 直美 先生に取材させていただきました。

私がこれまで取材したエステティシャンさんやセラピストさんは、皆さん本当に笑顔が素敵です。

口角がとてもきれいに上がった笑顔で、いつも少し羨ましく感じます。

榎戸 先生も、素敵な笑顔でいらっしゃいました。

笑顔の素敵な人は、感じがいいですよね。

先生は、顔ダンスのインストラクターもされているのですが、顔ダンスは笑顔の練習にも効果的だそうです。

そこで、榎戸 先生に、笑顔の作り方などについて、話をお聞きしてきました。

目次

きれいな笑顔とは
・笑顔で小顔に?

笑顔がぎこちないワケは…

笑顔の練習方法
・顔ダンス(口輪筋トレーニング)
・鏡の前で笑顔を作る

まとめ

本日のキレイの先生

aging&skin care salon codino◆naomi.

榎戸 直美 先生

「キレイの先生」編集部

きれいな笑顔とは

榎戸 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、ずばり「笑顔」です。

理想の笑顔…きれいな笑顔というんでしょうか…は、どんな笑顔のことをいうと思いますか?

形のことをいうと、笑顔になったとき、口角がキュッと上がっている笑顔のことでしょうか。

細かくいうと、真顔のときも口角が2mmくらい上がっているような感じが理想だと思います。

私の笑顔は、理想とはかなり遠い感じがします…(苦笑)。

現代社会で、(笑顔のときに口角がキュッと上がっているような)そこまでの人は、なかなかいらっしゃらない気がします…。

そういう人が時々いると、男性女性に限らず、パッと惹きつけられて、くぎ付けになりますもんね。

分かります!

笑顔のきれいな方って、「素敵だな…」と惹きつけられますよね。

逆に、現代社会は、どんな笑顔の人が多いですか?

「少しぎこちないな…」という笑顔です。

本人は思いっきり笑っているつもりでも、口角が上がりきっていなくて、微笑みくらいの状態で終わってしまうんですね。

お仕事で毎日パソコンににらめっこしていたりすると、「仕方ないのかな…」とも思ったりするんですが…。

すごく分かります。

私も写真を撮るときに笑っているつもりなんですが、いざ写真をみると、全然笑えていないことがあります。

はい、(サロンの)お客様にも、そういう方はいらっしゃいますね。

笑顔がぎこちないと、どんな印象に見えますか?

ちょっと弾けた感がないといいますか…(苦笑)。

分かります(苦笑)。

後は、極端かもしれませんが、(笑顔がぎこちないと)固い印象や冷たい印象、近寄りがたい印象を与えてしまったりもしますよね。

それから、寂しげに見えたりもするので、「中身はそんなことないのに、もったいない…」と思うことがあります。

笑顔で小顔に?

笑顔は、美容面でも大切という話を聞いたことがあります。

はい、口角をきちんと上げられているということは、小顔やリフトアップに絶大な効果があるんですよ。

特に、(顔の)リフトアップにはとてもいいですね。

口角を上げるという動き自体が、フェイスラインのたるみを予防して、シャープな小顔につながっていくんです。

いまの話をお聞きして、ますます「笑わなきゃ!」と思いました(笑)。

笑顔がぎこちないワケは…

笑ったときに口角が上がりきっていないと、笑顔がぎこちなくなるとのことでしたが、どうして口角が上がらないんでしょうか?

たるみで(顔の筋肉が)頭皮から全部が落ちてきてしまうと、口角を上げたくも上げられなくなるんですね。

口の周りには「口輪筋(こうりんきん)」という大きな筋肉があるんですが、顔の筋肉が衰えて全体的に落ちてくると、口輪筋が頬の筋肉に押さえられるようになって、勝手に「への字」の口になって、笑いたくても口角が下がってしまいます

しかも、そういう方は大抵、口輪筋も衰えていますから、(落ちてくる筋肉を)支えきれません。

例えば、お年寄りには、怒っているわけじゃないけど、「への字」口になっている方もいらっしゃると思います。

はい、いらっしゃいますね。

それは、(その状態が)楽だから、そういった顔になっちゃっているんです。

リフトアップできている顔であれば、楽に口角を上げることができます。

(自分の)写真をみて「思ったより笑えていないな…」という方は、たるみが始まっていると考えていいと思いますよ。

まさに、私です(苦笑)。

顔の筋肉が衰えて口角が上げづらくなるのは、加齢がひとつの原因だと思います。

はい、それが大きいです。

その他に、(口角が上げづらくなる)原因はあるんでしょうか?

いちばんは、大笑いするのが少ないことが大きいと思います。

たしかに、私も大人になってから大笑いすることが減った気がします…。

それから、一日の中でしゃべる機会が少ないことも、そうですね。

日本人は、欧米のように表情全体でしゃべるのではなく、唇だけでしゃべりますから。

しゃべらないと、顔の筋肉が使われずに衰えてしまうんですね。

はい、ですので、無表情も良くありません

それから、少し特殊かもしれませんが、中には、シワが気になって思い切り笑顔を作れない方もいらっしゃいますね。

先生の話をお聞きすると、普段から笑うことが大切といえそうですね。

本当にそうなんです。

ですので、サロンでは「一日一笑(わらい)」を理念に挙げていて、お客様には「一日に1回は大笑いしてくださいね」とお伝えしています。

笑顔の練習方法

顔ダンス(口輪筋トレーニング)

では、笑顔の練習方法を教えていただきたいと思います。

先生がインストラクターをされている「顔ダンス」は、笑顔の練習に効果的だそうですね。

はい、顔ダンスのトレーニングのひとつに「口輪筋トレーニング」という方法があります。

それは、どんなトレーニングなんですか?

発声練習のようなもので、まずは、思いっきり笑顔を作って常に口角の上がっている状態をキープします

2200026_a03

その状態で、「あ・え・い・う・え・お・あ・お」、「か・け・き・く・け・こ・か・こ」と発音します

2200026_a04

これを、「た・て・ち・つ・て・と・た・と」くらいまでやって、だるくなってきたら終了です

だるくなってきたということは、(口輪筋に)効いてきたということですから。

笑顔の練習まとめ

思いっきり笑顔を作って、常に口角の上がっている状態をキープしたままで、下を発音する。

「あ・え・い・う・え・お・あ・お」
「か・け・き・く・け・こ・か・こ」
「さ・せ・し・す・せ・そ・さ・そ」
「た・て・ち・つ・て・と・た・お」

だるくなってきたら終了する。

それだけですか!?

はい(笑)。

とても簡単ですね。

はい、これは口パクでもいいですが、(あ・え・い・う・え・お・あ・お、を)読むのに熱中するあまり、顔を作り忘れちゃう方もいらっしゃるので、そこには注意して、常に口角を上げることを意識しながらやってください。

このトレーニングは、口輪筋を鍛えることができるんですか?

はい、そうです。

それから、笑顔を作るときに口角を引く「笑筋(しょうきん)」、頬を上に上げる「大・小頬骨筋(だい・しょうきょうこつきん)」という筋肉も鍛えることができますよ。

鏡の前で笑顔を作る

顔ダンス以外で、笑顔の練習になることはありますか?

はい、鏡をみて自分の笑顔を映すことです。

え? それが笑顔の練習になるんですか?

はい(笑)。

楽しいことがなくても作り笑顔でいいので、鏡で自分の笑顔をみると、脳内ホルモンの神経伝達物質が分泌して幸せな気持ちになります

実際、気分が沈んだときに、あえて鏡に自分の笑顔を映すような心療の療法もあるくらいです。

それによって、メンタル面だけじゃなくて、体内が活性化したり代謝が上がったり、免疫が上がったりすることにもつながり、美容面などでの効果も期待できます。

それは、作り笑顔でもいいんですか?

はい、いいんです(笑)。

脳は、割と単純に出来ていて、(鏡に映る自分の顔が)笑顔だったら、自分の気持ちとは裏腹に「何かいいことがあったんだな」と勝手に判断してくれるんです。

これは、科学的にも証明されているので、やってみてほしいです。

例えば、お化粧は毎日すると思いますが、そのときに笑顔をみせる人はあまりいないと思います。

それを、(お化粧が)終わったときにニッコリして、それを毎日やるだけでも変わってくると思いますよ。

まとめ

皆さんも写真を撮るとき、笑顔のつもりでも、写真をみると「あれ? 意外と笑えていないな…」ということがありませんか?

私もそうですが、それは、口角が上がりきっていないのですね。

口角が上がりづらいのは、顔が全体的に落ちて(たるんで)いて口角が下がっていることが考えられます。

今回、榎戸 先生に教えていただいた顔ダンスは、口輪筋のトレーニングになって、口角を上げられるようになる笑顔の練習になります。

笑顔のきれいな人は、本当に素敵です。

皆さまにも是非やっていただきたいおすすめの笑顔の練習方法です。

本日のキレイの先生

7000235_b

榎戸 直美 先生