キレイの先生

ホーム > 小顔 > たるみ・むくみ > 

まぶたのたるみ改善!まぶたの筋トレなど簡単すぎる方法3つ

横浜淑女の駆け込みサロン ベルソワン  日隈 裕子 先生

まぶたのたるみ改善!まぶたの筋トレなど簡単すぎる方法3つ

「キレイの先生」編集部です。

今回は、横浜淑女の駆け込みサロン ベルソワン の日隈 裕子 先生に取材し、私の方からテーマをリクエストさせていただきました。

リクエストしたテーマ

「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」を使ってスキンケアしながら行える、まぶたのたるみにおすすめのマッサージ

「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」は、このサイトから生まれ、水を一滴も加えずにローズウォーターに置き換えた、美容成分98%の濃密なオールインワンです。

伸びが良いため、スキンケアしながらマッサージするのにもおすすめです。

日隈 先生には、スキンケアのときに一緒に行える、まぶたのたるみにおすすめのマッサージを教えていただきました。

目次

まぶたのたるみについて

まぶたのたるみの原因

まぶたのたるみを改善するには?
・1. 目をゆっくりと開閉する
・2. マッサージ
・3. ツボ押し

まとめ

本日のキレイの先生

横浜淑女の駆け込みサロン ベルソワン

日隈 裕子 先生

「キレイの先生」編集部

まぶたのたるみについて

日隈 先生、よろしくお願いします。

今回の取材では、先生にテーマをリクエストさせていただきました。

リクエストしたテーマ

「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」を使ってスキンケアしながら行える、まぶたのたるみにおすすめのマッサージ

まぶたがたるんでいると、顔はどんな印象に見られやすいですか?

いちばん大きいのは、老けて見えることです。

まぶたのたるみは、意外と気付きづらいものです。

そうなのですか?

はい、「(顔が)何だか変わってきたな、老けてきたな、でも何でだろう…?」という方が、サロンでケアを受けて初めて、まぶたのたるみにお気付きになる方もいらっしゃいます。

顔が老けて見えてきても、(まぶたのたるみには)気付きづらいものです。

では、鏡をみて、「あれ? 最近、ちょっと老けた?」と感じるときは、まぶたのたるみから来ていることもあるのかもしれませんね。

後は、(まぶたのたるみによって)疲れて見えたり、目が小さく見えたりします。

また、まぶたのたるんできている方には、おでこにシワのある方が多いです。

他にも、ものが見えづらくなったりもします。

先生のサロンのお客様にも、まぶたのたるみが出ている方はいらっしゃいますか?

はい、少なくありません。

30代半ば以降、40代に入る前後くらいから、まぶたのたるみの出る方が増えてくるイメージです。

まぶたのたるみの原因

まぶたのたるみは、何から来ているのでしょうか?

お肌の衰えですか? それとも、筋肉の衰えですか?

肌細胞の老化も、筋力の老化も、まぶたのたるみにつながります

筋力の低下もまぶたのたるみの原因になるとのことですが、顔の筋肉では、主に、どんな筋肉が関係しているのですか?

ひとつは、目を支えている「眼輪筋(がんりんきん)」で、目を閉じるときに使われる筋肉です。

もうひとつは、眼輪筋の真裏にある「上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)」で、まぶたを上げる働きがあり、まばたきするときに使われる筋肉です。

まぶたの筋肉

無表情でいることの多い方は、(顔の)筋肉があまり使われないので、まぶたのたるみにもつながりやすいです。

身体の筋肉と同じように、顔の筋肉も、使わないと衰えると聞きます。

また、外的な要因としては、クレンジングで(まぶたを)こすったりすることや、アイプチも、(まぶたの)たるみを早める原因になります。

目の周りは、皮膚の薄い場所ですものね。

はい、ですので、(目の周りは)ちょっとした刺激でダメージを与えてしまいます。

目(の周り)は、しっかりとメイクする場所ですが、クレンジングはいい加減になっている方もいらっしゃるでしょう。

(まぶたのたるみには)そうしたクレンジングの影響も大きいと思います。

(まぶたのたるみは)後は、頭皮の影響も大きいです。

普段、顔のケアはしっかりやっても、頭部はあまり(ケアを)行わない方も多いと思います。

そうですね、私も、(顔に比べると)頭部にはそれほど意識が向いていません。

ただ、(顔と頭部は)皮膚一枚でつながっていて、しかも、頭部の方が面積は大きいです。

ですので、(顔のたるみをケアするのに)顔だけではなく、頭皮もケアしてあげると、効果が違います。

特に、(まぶたのたるみには)おでこの前頭筋(ぜんとうきん)をケアしてあげると効果的です。

(まぶたのたるみの原因は)後は、眼精疲労もあります。

特に最近は、スマホの影響も大きいです。

まぶたのたるみを改善するには?

では、まぶたのたるみを改善するのに、できることを教えていただきたいと思います。

今回、リクエストさせていただいたのは、「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」を使って、スキンケアのときに行えるフェイスマッサージです。

1. 目をゆっくりと開閉する

まぶたのたるみをケアする方法は、とても簡単です。

まずは、ただ目をパチパチするだけでも、目のトレーニングになります。

え? それだけで良いのですか?(笑)

はい(笑)。

例えば、身体の筋トレは、マシントレーニングでも、ゆっくりとやる方が(筋肉を鍛えるのには)効果的です。

まぶたもそれは同じなので、まぶたをゆっくりと閉じてギューッとし、その後、まぶたをゆっくりと開けていきパーッと目を見開いて、ゆっくりと(目を)パチパチさせます

これで、眼輪筋や上眼瞼挙筋などを鍛えることができるのですね。

はい、トレーニングになりますよ。

2. マッサージ

(まぶたのたるみを改善するのにおすすめの)もうひとつの方法です。

まぶたを動かすと、おでこの筋肉も一緒に使ってしまいます。

そうですね、まばたきをすると、おでこも動きます。

(まぶたのたるみを改善するには)できれば、まぶたを動かす筋肉だけを使いたいので、おでこを手で押さえます

イメージとしては、おでこを下に押さえるような感じです。

その状態で、まぶただけを上げるように動かします。

まぶたのたるみ改善のマッサージ

おでこを押さえた状態でまぶたを上げることで、まぶたを動かす筋肉を中心的に動かすことができるのですね。

はい、そうです。

3. ツボ押し

(まぶたのたるみを改善するのに)後は、「ツボ押し」です。

眉毛の真ん中に、「眉中(びちゅう)」というツボがあるので、そこをプッシュします。

次が、目尻から少し横のくぼんだところには「瞳子りょう(どうしりょう)」というツボがあるので、そこをプッシュします。

まぶたのたるみ改善のツボ

この2つは、まぶたのたるみを改善するのに、おすすめのツボです。

まとめ

日隈 先生のお話で印象的だったのが、まぶたのたるみは、自分では気付きにくいということです。

鏡をみて、「あれ、ちょっと老けた…?」と感じるときは、まぶたのたるみから来ているのかもしれません。

まぶたのたるみを改善するのにおすすめの3つの方法は、どれもとても簡単なもので、努力なしでも続けやすいと思います。

まぶたのたるみが気になる方はもちろん、老け顔の予防に、普段のスキンケアのときに行ってみてはいかがでしょうか?

そして、「キレイの先生バラに満ちるオールインワン」はテクスチャーがやわらかく伸びも良いので、スキンケアをしながらマッサージするのにおすすめですよ。

日隈 先生にも商品をお試しいただき、感想をいただいていますので、下をご覧になってみてください。

今回取材した日隈 裕子 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

肌なじみが良くマッサージしやすかったです。香りも良くて、マッサージしながらスキンケアを1回で済ませたい人には使いやすくておすすめです。

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込み、水を一滴も加えずバラ水に置き換え、バラのチカラで年齢肌をうるおわせます。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


本日のキレイの先生