キレイの先生

ホーム > 小顔 > マッサージ > 

デコルテを綺麗にするには?マッサージ等でケアする方法8つ

アロマテラピーサロン ニワトコ - 庭常 -  青野 由布子 先生

デコルテを綺麗にするには?マッサージ等でケアする方法8つ

「キレイの先生」編集部です。

今回は、アロマテラピーサロン ニワトコ – 庭常 – の青野 由布子 先生に取材し、私の方からテーマをリクエストさせていただきました。

内容は、『「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」を使ってスキンケアしながら行えるデコルテのマッサージ』です。

「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」は、このサイトから生まれ、水を一滴も加えずにローズウォーターに置き換えた、美容成分98%の濃密なオールインワンです。

伸びが良いため、スキンケアしながらマッサージするのにもおすすめです。

青野 先生には、スキンケアのときに一緒に行える、デコルテを綺麗にするマッサージを教えていただきました。

目次

デコルテに年齢が表れるのは…
・鎖骨のラインがぼんやりする
・鎖骨のラインが上がる
・デコルテのハリやツヤがなくなる

デコルテを綺麗にするマッサージ

デコルテをケアする方法(スキンケアなど)

まとめ

本日のキレイの先生

アロマテラピーサロン ニワトコ – 庭常 –

青野 由布子 先生

「キレイの先生」編集部

デコルテに年齢が表れるのは…

青野 先生、よろしくお願いします。

今回の取材では、先生にテーマをリクエストさせていただきました。

リクエストしたテーマ

「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」を使ってスキンケアしながら行えるデコルテのマッサージ

デコルテは、年齢の表れやすい場所だと思います。

サロンのお客様にも、デコルテに年齢の表れている方はいらっしゃいますか?

はい、いらっしゃいます。

何歳くらいから、(デコルテに年齢が)表れるものですか?

早い人で20代後半から、大体は30代半ばあたりからだと思います。

鎖骨のラインがぼんやりする

デコルテには、どのような形で(年齢が)表れやすいのでしょうか?

分かりやすいのは、鎖骨のラインがぼんやりとすることでしょうか。

どうして、鎖骨のラインがぼんやりとしてしまうのですか?

冷えなどで、血液やリンパの流れが悪くなることによって、老廃物が滞ることが大きいです。

鎖骨のラインがぼんやりするのは…

リンパは、全身に張り巡らされていて、体内の老廃物を回収して排出する役割があります。リンパの流れが悪くなると、老廃物がたまって、むくみなどの原因になり、鎖骨のラインも出づらくなります。

鎖骨は、全身のリンパの出口だったと思います。

(鎖骨のラインがぼんやりするのは)それも、関係していそうですね。

はい。

特に、左側(の鎖骨リンパ)はリンパの出口として、とても重要です。

左側の鎖骨リンパは、鎖骨下静脈(さこつかじょうみゃく)と合流して心臓に血液を戻し、最後は、リンパがキャッチした老廃物や病原体などのいらないものを、腎臓で処理して尿として身体の外に排出されます。

老廃物が流せていないことで、鎖骨のラインがぼんやりとするのは、若い人にも少なくありません。

また、それによって、肌荒れが出たり、顔の血色が悪くなったりする原因にもなります。

鎖骨のラインが上がる

鎖骨のラインは本来、平行に近いのですが、ラインが上がって(鎖骨のラインが)きつめのVネックやUネックの服のような形になっている方もいらっしゃいます。

鎖骨のラインは、平行に近いのが理想なのですか…。

私は、(鎖骨のラインが)V字のようになってしまっています…。

あまりきれいなラインとはいえなさそうです(苦笑)。

理想的なデコルテラインとは

鎖骨のラインは、どうして上がってしまうのですか?

鎖骨は、広頚筋(こうけいきん・下顎から鎖骨までつながっている大きい筋肉)や、僧帽筋(そうぼうきん・後頭部から背中までつながっている大きい筋肉)など、色々な筋肉が付着していて、負担がかかりやすいです。

つまり、(鎖骨に付着している)筋肉が凝り固まって縮むと、鎖骨もそれに引っ張られて、(鎖骨の)ラインも上がってしまうのですね。

はい。

ですので、姿勢の乱れや、同じ姿勢で長時間いるデスクワークなどで、重たい頭を支える首に負担がかかると、筋肉疲労で、鎖骨のラインもキュッと上がりやすくなります。

鎖骨のラインが上がるのは…

首や肩のコリは、筋肉が凝り固まって収縮している状態といえます。鎖骨は、首や肩の筋肉にも付着しているため、首や肩のコリによって引っ張られ、(鎖骨の)ラインも上がりやすくなります。

デコルテのハリやツヤがなくなる

また、デコルテは、お顔や首と同様に皮膚の薄い場所です。

そうなのですか!?

はい。

ですので、(デコルテが)紫外線・外気などの有害物質に長時間触れることや、スキンケアの不足などで、ハリやツヤがなくなったり、くすんだり、シミが出たり、乾燥したりすることにつながります。

それは、顔と同じなのですね…。

ただ、デコルテは顔と比べると、スキンケアもおろそかになりがちです。

そうですね。

デコルテにも日焼け止めを塗ったり保湿したりするなど、(デコルテに)気を遣っている方はいらっしゃいますが、スペシャルケアでデコルテに何かしているかというと、お顔と比べると、その割合・比重は少ないと思います。

例えば、メイクを落とすときや、クリームを付けるときでも、デコルテはおろそかになりがちではないでしょうか?

(サロンの)お客様にも、普段のスキンケアの方法を確認すると、「お顔は一生懸命ケアしているけど、デコルテはそれほど…」という方が多いです。

私自身、耳の痛い話です…。

後は、加齢によって、お肌や筋肉が衰えてくると、胸元のふっくら感がなくなり、そげるようになって骨ばってしまいます。

ガリガリではありませんが、そこだけあばらが浮き出てしまうような感じです。

デコルテを綺麗にするマッサージ

では、デコルテを綺麗にする方法を教えていただきたいと思います。

今回、リクエストさせていただいたのは、「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」を使って、スキンケアのときに行えるフェイスマッサージです。

まずは、デコルテ全体にオールインワンジェルを塗ります。

そして、左側の鎖骨をゆるめてあげます。

先程、左側の鎖骨リンパが特に大切というお話がありました。

左側の鎖骨をゆるめて、リンパを流していくのですね。

はい。

それは、どのように流していくのでしょうか?

指で鎖骨の上下を外側に流すのも良いですし、2本指で鎖骨をはさむようにして外側に流すのも良いです。

デコルテを綺麗にするマッサージ

次は、右の鎖骨も、同じように流します。

デコルテを綺麗にするマッサージ

その後は、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん・首の側面にある筋肉)をゆるめます。

胸鎖乳突筋は、顔を横に向けると浮き出る首の筋肉です。

デコルテマッサージとしてももちろんですが、顔が片側に傾いている方や、首に疲れが出ている方、自律神経の乱れが気になっている方にも、是非ゆるめていただきたいです。

耳の裏側から鎖骨まで、人差し指・中指・薬指の3本の指で、クルクルとマッサージして、それを何回か、左右両側で行います。

デコルテを綺麗にするマッサージ

そして、年齢の出やすい首の横じわやたるみの原因となる広頚筋(こうけいきん・下顎から胸部の上部までつながっている首の筋肉)をゆるめます。

手の指4本(人差し指から小指)を広く面で使って、鎖骨の下から顎までを流します。

デコルテを綺麗にするマッサージ

このマッサージは、鎖骨のリンパを流すだけではなく、鎖骨周りの筋肉をゆるめてあげるのにも、効果がありそうですね。

はい。

お風呂上がりで身体が温まっているときに、スキンケアの前に行うことがおすすめです。

オールインワンでしたら、(マッサージで)余った分を顔に付けることもできますし、便利ですよね。

はい、ありがとうございます(笑)。

デコルテをケアする方法(スキンケアなど)

デコルテを綺麗にするのに、マッサージ以外では、どんなことができますか?

スキンケアでは、お顔に基礎化粧品を付けるとき、デコルテにも化粧水・美容液・クリームなどを塗って、保湿することです。

デコルテ専用のクリームなども良いですね。

また、お肌が弱い方は、(お風呂で)デコルテをボディソープで使うよりも、洗顔フォームでお顔と一緒に洗ったり、低刺激の石鹸などで摩擦を避けて優しく洗ったりするなど、お顔の延長線として、お顔同じくらい気を遣って(デコルテを)ケアしてほしいと思います。

後は、ストレッチしたり、お風呂で肩までしっかり浸かって入浴したり、皮膚に刺激の少ないやわらかいストールなどをゆるく巻いて首の冷えを防いだりして、血流の流れを良くすることです。

他にも、補正下着などの締め付ける下着を付ける頻度を減らしたり、帰宅したらすぐに変えてオンオフをすぐに変えたりして、デコルテが常に圧迫された状態は避けた方が良いと思います。

また、素肌に当たるインナーを、シルクやオーガニックコットンなどの柔らかい素材に変えることで、摩擦による皮膚への負担を減らすことができます。

まとめ

今回の取材で上がった、デコルテを綺麗にする方法をまとめてみます。

1. デコルテのマッサージ

2. スキンケアで保湿する

3. 洗顔フォームや低刺激の石鹸などで洗う

4. ストレッチ

5. お風呂で肩まで浸かって入浴する

6. ストールを巻いて首の冷えを防ぐ

7. 補正下着の頻度を減らしたり、帰宅したらすぐに着替えたりする

8. インナーを柔らかい素材のものにする

青野 先生もおっしゃっていましたが、デコルテは顔と比べると、ケアがおろそかになりがちな場所だと思います。

デコルテは年齢の表れやすい場所でもありますから、普段からデコルテまでケアすることを、意識されてみてはいかがでしょうか?

そして、「キレイの先生バラに満ちるオールインワン」はテクスチャーがやわらかく伸びも良いので、デコルテのマッサージにもおすすめですよ。

青野 先生にも商品をお試しいただき、感想をいただいていますので、下をご覧になってみてください。

今回取材した青野 由布子 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

まずは何より、天然のバラの高貴な香りに満足です。オールイン化粧品は何度か試したことがありますが、どれも軽すぎたり重すぎたりして、ひとつで補うには物足りないものばかりでした。この商品は、香りも良く、テクスチャーも心地良くて、1本で満足感がありました。お顔だけでなく体の保湿にも使ってみて、ちょうど良かったです。刺激もなく、かゆみが出ていた肌の炎症が落ち着き、うるおいました。

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込み、水を一滴も加えずバラ水に置き換え、バラのチカラで年齢肌をうるおわせます。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


本日のキレイの先生