キレイの先生

ホーム > 小顔 > 顔の歪み > 

顔が長い…?自分で出来る顔の長さを短くする簡単な方法とは

推拿整顔 AKUA(アクア)  菅沼 きわこ 先生

顔が長い…?自分で出来る顔の長さを短くする簡単な方法とは

「キレイの先生」編集部です。

今回は、推拿整顔 AKUA の菅沼 きわこ 先生に取材させていただきました。

先生のサロンでは、顔の輪郭などを東洋医学ベースで整える「推拿整顔(すいなせいがん)」を行っていらっしゃいます。

そこで、今回の取材では、顔の形の悩みである「丸さ」と「(縦の)長さ」について話をお聞きしました。

この記事では、「顔の長さ」について取り上げ、顔が長いのを改善する方法をまとめます。

顔は、物理的に長くなるだけではなく、見た目で長く見えてしまうこともあるそうです。

菅沼 先生には、顔を短くする(そのように見せる)ためのアドバイスをいただきました。

目次

顔が長いのは…

顔を短くする方法
・笑う
・マッサージ等

まとめ

本日のキレイの先生

推拿整顔 AKUA

菅沼 きわこ 先生

「キレイの先生」編集部

顔が長いのは…

先生には、ここまで「丸顔」について、お話しいただきました。

ここからは、「顔の長さ」について、話をお聞きしたいと思います。

先程のお話では、先生のサロンにも、「顔が丸い…」というお客様は多くいらっしゃるといいます。

「顔が長い…」というお悩みの方はいらっしゃるでしょうか?

割合的には、丸顔でお悩みの人や、エラが張って「顔が四角く見える」とお悩みの人の方が多いでしょうか。

顔が長いと、顔の印象はどうなりますか?

女性は丸っこい輪郭なので、顔が長いと、がっちりして男っぽく見えてしまいます。

顔の長さは、骨格によるところが大きいのでしょうか?

はい、骨格的に(顔が)長い人もいます。

例えば、口から顎先までが長いと、顔も長く見えてしまいます。

(顔の長さが)骨格による場合は、ホームケアでの改善は難しいですよね…。

後は、(骨格的には顔が長いわけではなくても)顔が長く「見えて」しまう場合もあります。

それは、どういうことでしょうか?

顔の長さや大きさは、頬の面積が大きく関係しています。

頬の面積ですか…?

ポイントのひとつになるのが、「頬骨(きょうこつ)のふっくらした部分のいちばん高いところがどこにあるか?」ということです。

頬骨の場所

頬骨の場所

通常、頬骨のいちばん高いところは、目の少し下のところにありますよね。

(頬骨のいちばん高いところの)ポイントが下がっていけばいくほど、頬の面積が広く見えて、顔が長く見えてしまいます。

つまり、物理的に顔が長いのではなく、「見た目」の印象で、顔が長く見えるということですか?

目の錯覚のようなものですね。

頬骨のいちばん高いポイントが下がると、頬の面積が広く見えて、顔も長く見えるとのことでしたが、胸骨は下がってくるものなのですか?

はい。

正確に言うと、頬骨自体が下がるわけではなく、その上の皮膚や肉がさがってくるという感じでしょうか。

例えば、年をとると、表皮(ひょうひ)を支えている身体全体の筋肉が柔らかくなってくる上に、真皮(しんぴ)内のコラーゲンやエラスチン(皮膚の弾力成分)もなくなってきます。

そうしたことによって、頬骨のポイントも下がってきます。

皮膚の構造について

皮膚は、下の図のように、「表皮」・「真皮」・「皮下組織(ひかそしき)」の3層構造になっています。

皮膚の構造について

すると、年をとると頬骨が下がって見えて、顔も長く見えやすくなるのですか?

はい、そうです。

顔の(見た目の)長さは、年齢も関係しているのですね…。

後は、頬が(凹凸が少なく)平べったかったり、老廃物やたるみなどで(頬の)下の方が盛り上がって重心が重くなったりしていると、顔は大きく長く見えるようになります。

老廃物について

体内の老廃物は、血液やリンパなどで回収されて排出されています。血液などの流れが悪くなっていると、老廃物がたまったりして、むくみなどにつながります。

顔には、表情筋(表情を作る筋肉)があります。

筋肉は使っていないと衰えますから、話さなかったり無表情でいたりすることが多いと、表情筋も衰えてくるといいます。

表情筋の衰えによって、(顔の)筋肉がたるんできて、それによって顔が長く見えることにもつながりそうです。

また、先生の(丸顔についての)お話の中でも、表情筋を使えていないと、老廃物もたまりやすくなるというお話もありました。

後は、加齢による筋肉の衰えも、頬がたるんで顔が長く見える原因になりそうです。

そうですね。

先生の話をお聞きすると、顔の長さは、頬の面積や凹凸によって、印象が大きく変わってくるのですね。

はい、頬の面積がとても大切です。

顔が長い…?

顔の長さは、頬の凹凸などによって、見た目の印象が変わるとのことでした。

そこで、頬のいちばん盛り上がっているところの高さによって、顔の印象がどのように変わるのか、イラストで試してみました。

■ 頬の「上」の方に盛り上がっている

顔が長い…?

■ 頬の「下」の方が盛り上がっている

顔が長い…?

いかがですか? ふたつを見比べると、下のイラストの方が、顔が長く見えませんか?

顔の長さは、頬の部分で印象が変わることが、お分かりいただけるのではないかと思います。

顔を短くする方法

骨格的に顔が長い場合は、自分で改善することは難しそうですが、見た目でそう見えている場合は、ケアもできそうです。

そうですね。

顔を短くする、正確には、顔を短く「見せる」ようにするには、どんなことができるでしょうか?

笑う

ひとつは、「笑う」ことです。

笑う、ことですか…?

はい。

笑顔は、顔の筋肉(表情筋)を使うことができ、顔のトレーニングにもなります。

ちなみに、例えば目が笑っていないような口角を上げるだけの笑顔は、かえってほうれい線などの原因になってしまいます。

頬の筋肉の全部を使えるように、鏡で(笑顔の)練習をしてみてください

マッサージなど

(頬骨のいちばん高いポイントを上げたり、老廃物を流したり、たるみを引き上げたりするには)マッサージなども良さそうですね。

そうですね。

マッサージではなくても、手で頬を上げるように押さえて、(頬骨や筋肉などの)位置を手で持っていくようにすることも良いです。

頬を引き上げるようにして、手で押さえるのですね。

はい、頬の上の部分に盛り上がりを持っていくようにすると、たった数mmの差でも、凹凸が出来て、顔が小さく短く見えるようになります。

ただ、それには、筋肉や脂肪などの上げられるものがなければなりません。

年をとると、筋肉は弱って細くなり、皮膚も脂肪も下がってきます。

ですので、顔のトレーニングをしたり、食べ物で(筋肉や脂肪になる)必要な栄養素を摂ったりすることも、大切です。

ちなみに東洋医学的には、たるみは、「気(き)」が足りない・落ちている状態(虚証)と考えることができます。

気が落ちていると、持ち上げる力がなくなってきます。

「気」とは

東洋医学では、人の身体は、「気」・「血(けつ)」・「水(すい)」という3つの要素が循環しているとされています。

頬に手を当てるのは、「補気(ほき・気を補うこと)」にもなります。

(頬の盛り上がりを上げるように)手で頬を押さえることは、物理的に頬を上げるだけではなく、東洋医学的には、気を補うこともできるのですね。

東洋医学的なところでいうと、「腎精(じんせい・東洋医学でいうエネルギーのひとつ)」を補えるような食べ物を摂ることも、(たるみには)良いでしょう。

それには、どんな食べ物があるのでしょうか?

例えば、黒豆や黒ゴマなどの「黒い食べ物」です。

後は、脾(ひ・東洋医学でいう胃腸)の働きが低下していると、吸収率が悪くなり、(食べ物を)食べても「気」が作れないため、胃腸を整えていくことも大切です。

まとめ

菅沼 先生のお話の中で印象的だったのが、「目の錯覚」によっても、顔が長く見えてしまうということでした。

顔の長さの印象で大切になるのは、頬です。

頬が平べったかったり、(頰骨のいちばん高いポイントが下がったり、老廃物がたまったり、筋肉がたるんでいたりして)盛り上がりが下の方にあったりすると、顔が長く見えるといいます

骨格から来る顔の長さは、自分で改善するのは難しいと思います。

ただ、目の錯覚から来ている場合は、その原因を改善すれば、顔を短くすることもできるのではないでしょうか(厳密には、顔が短く「見える」ようになる、ということですね)。

「顔が長いな…」とお悩みのときは、まずは鏡で、頬の凹凸をチェックしてみるのも良いかもしれません。

本日のキレイの先生

7000209_b

菅沼 きわこ 先生