キレイの先生

ホーム > 美肌 > 肌トラブル > 

毛穴レスに!つるつるの肌の作り方11個!芝浦の隠れ家エステに聞く

アンチエイジング フェイシャル専門サロン Celeseville  小島 直子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「毛穴レスのお肌の作り方」です。

東京都芝浦・田町・三田 アンチエイジングフェイシャル専門サロン Celeseville の小島 直子 先生にインタビューさせていただきました。

鏡をみて、毛穴が目に付くようですと、とても気になってしまいますよね。

できれば、毛穴レスのつるつるのお肌でいたいものです。

毛穴が気になるときは、どうすれば良いのでしょうか?

毛穴レスのお肌の作り方を、小島先生に教えていただきました。

目次

毛穴レスの肌になりたいけど…

毛穴が目立つ原因
・毛穴の開き・黒ずみの原因
・毛穴のたるみの原因

毛穴レスのつるつるの肌を作るには
・毛穴の開き・黒ずみを改善するには
・毛穴のたるみを改善するには
・朝のお手入れで自分の肌の状態を把握する
・生活習慣で心がけたいこと

まとめ

本日のキレイの先生

アンチエイジングフェイシャル専門サロン Celeseville

小島 直子 先生

「キレイの先生」編集部

毛穴レスの肌になりたいけど…

小島先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「毛穴レスのお肌の作り方」です。

毛穴レスのお肌ですと、見た目はどんな印象に見えますか?

毛穴の開いていないお肌は、キメの細かい状態といえますから、そのキメ細やかさが透明感となって、品格のある清楚な印象や、お手入れが行き届いているような印象にもつながると思います。

毛穴の状態は、女性の第一印象にも大きく影響しますよね。

逆に、毛穴が目立ってしまっていると、どうなるでしょうか…。

毛穴が開いていることで、毛穴に詰まった皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)が酸化して黒ずむ要因にもなります。

そうすると、お肌全体がくすんだ印象になってしまいます。

お肌がくすんでいると、見た目の印象も変わりますよね?

そうですね、「顔色が悪いのかな…?」、「疲れているのかな…?」、「お手入れ不足かな…?」といったように見えてしまいますので、マイナスの印象があると思います。

先生のサロンのお客様にも、毛穴悩みを気にされている方はいらっしゃいますか?

はい、80%くらいのお客様が、毛穴の悩みを抱えていらっしゃいます。

そんなにですか!?

はい、お客様には最初のカウンセリングで、肌悩みを全部お書きいただくのですが、多くの方が毛穴についても書かれますね。

毛穴が目立つ原因

毛穴が目立ってしまうのは、どうしてなんでしょうか?

毛穴のお悩みには、大きく3つあります。

ひとつ目が「毛穴の開き」、二つ目が「毛穴の黒ずみ」、三つ目が「毛穴のたるみ」です。

どれも同じ毛穴の悩みではありますが、毛穴の開き・黒ずみと、毛穴のたるみでは、原因が違います。

それは、どういうことでしょうか?

皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)が過剰に分泌されて、毛穴から正常に排出されないと、毛穴の中で古い角質(かくしつ・皮膚表面の古い肌細胞)と混ざり、それが固まって角栓(かくせん)になり、毛穴の開きにつながります。

ちなみに、その場合は、お肌が硬くごわついて、皮脂が出にくくなっていることが多いです。

そして、毛穴に詰まった角栓の表面が酸化して黒くなったのが、黒ずみです。

毛穴のたるみは、それとはまったく別で、お肌のたるみから毛穴が涙型に開いてしまっているような状態です。

つまり、「毛穴レス」のお肌というのは、それとは逆の状態ということですね…。

はい、角質(皮膚表面の古い肌細胞)が厚くなることもなく、皮脂バランスが整っていて過剰な皮脂な分泌されず、お肌にハリがある状態ですね。

それに、お肌にハリがあると毛穴もたるみづらいので、毛穴が目立ちにくいといえます。

そうお聞きすると、毛穴レスのお肌は、なかなかハードルが高そうな気がしてきました…(苦笑)。

毛穴が目立つのは…

■ 毛穴の開き・黒ずみ
1. 皮脂が過剰に分泌されて、毛穴から正常に排出されない(お肌がごわついて肥厚し、皮脂が出にくい状態になっている場合が多い)
2. 毛穴の中で皮脂と古い角質に混ざって固まる(角栓になる)
3. 毛穴が開く
4. 角栓の表面が酸化して黒くなる(毛穴の黒ずみ)

■ 毛穴のたるみ
肌のたるみから毛穴が涙型に開く

毛穴の開き・黒ずみの原因

毛穴悩みは、大きく「毛穴の開き」・「毛穴の黒ずみ」・「毛穴のたるみ」に分けられるとのことでした。

それぞれ、どんなことが原因になるんでしょうか?

毛穴の開き・黒ずみの原因としては、睡眠不足精神的にストレスの多い生活脂分の多い食事油分の多いスキンケア…これは、ファンデーションなどのメイク用品も含みます…、それから、オイルクレンジングの使用などが挙げられます。

それらは、皮脂の分泌を過剰にしてしまうんですか?

そうですね、それに、睡眠不足やストレスなどは、ホルモンバランスとも関係していますから、角質肥厚(皮膚の表面で角質が厚くたまること)も起こしやすいです。

毛穴のたるみの原因

では、毛穴のたるみは、どんなことが原因になりますか?

年齢によるお肌のハリの弾力低下コラーゲンやエラスチンの減少・変性紫外線を多く浴びること喫煙による活性酸素糖分の過剰摂取などです。

お聞きしていると、毛穴のたるみは、全体的にお肌の老化によるところが大きそうですね。

そうですね、加齢が大きな原因になっていると思います。

後は、糖分の摂り過ぎは、コラーゲンを変性させて糖化(とうか)の原因にもなります。

毛穴レスのつるつるの肌を作るには

毛穴レスのつるつるのお肌を作るには、先生のサロンでも行われている「グリーンピール」もおすすめとのことでした。

グリーンピールは、どんな施術なんでしょうか?

グリーンピールは、元々は、ニキビなどのトラブル肌の改善やアンチエイジングを目的に、ドイツの皮膚科医によって開発された肌再生トリートメントです。

100%オーガニックのハーブの粉に専用液を混ぜてミクロ状の結晶を作り、それを毛穴からお肌の心臓部まで浸透させていくことで、肌代謝を上げて肌環境を整えます。

表面的なケアというよりも、深部からお肌ごと改善していくような感じです。

グリーンピールは、ハーブの結晶を毛穴から入れるため、毛穴の引き締め・黒ずみの排出・皮脂のコントールなど、毛穴悩みには特に即効的にパワーを発揮して、お肌をつるつるにしてくれます。

毛穴の開き・黒ずみを改善するには

普段のスキンケアで、毛穴レスのお肌を作るのにできることはありますか?

まずは、毛穴の開き・黒ずみを防止するには、クレンジングを見直すことです。

それは、「クレンジングで毛穴の汚れをちゃんと取りましょう」ということですか?

というよりも、お肌に対して、かなり強いクレンジングをお使いの方が多いんですね。

そういう方は、お肌が乾燥しているのに皮脂分泌のお悩みがあって、「毛穴の黒ずみが気になって…」といったお声もよくお聞きします。

それは、強いクレンジングですと、お肌のうるおいまで取ってしまって、お肌が「うるおいを保たなきゃ!」と皮脂の分泌を促して、それで過剰に皮脂が出て毛穴も開いてしまうんですね。

インナードライ」の状態ですね。

そういった方がどんなクレンジングをお使いなのかお聞きすると、オイルクレンジングとお答えになることが多い印象です。

そんなときは、ミルククレンジングに変えてみることもおすすめです。

はい、サロンのお客様の中には、「ミルククレンジングだとお化粧が取れなくて、そっちの方が毛穴は詰まるんじゃない…?」とご心配される方もいらっしゃいますが、舞台メイクをしているわけじゃないですので、お肌に合わせたクレンジングを選択することで、毛穴の黒ずみの原因を取り除くこともできます。

必要な場合は、ディープクレンジングを取り入れるのもいいと思います。

それから、クレンジング前にホットタオルで毛穴を開かせてあげると、毛穴汚れを除去しやすくなります。

インナードライとは

皮脂は、皮膚の表面で汗などの水分と混ざり合い天然の保護膜「皮脂膜」を作ります。皮脂膜は、皮膚の水分が蒸発しないように防いだり、外部の刺激から皮膚を守ったりする働きがあります。

強いクレンジングで、そのお肌にひつような油分まで取り過ぎてしまうと、お肌は乾燥に傾きやすく、皮膚の水分の蒸発を防ぐために皮脂の分泌が増える原因になります。そうして、お肌の内部は乾燥しているが、表面はオイリーな状態を「インナードライ」といいます。

毛穴のたるみを改善するには

毛穴のたるみを防止するには、「ビタミンC」や、ハリやリフトアップが期待できる成分が配合されているスキンケア化粧品をお使いになることもおすすめです。

それから、日中のアイテムも重視してほしいです。

例えば、ナイトクリームは栄養が入っているので大切といわれています。

たしかに、夜のお肌の修復時間に栄養を与えることも大事です。

ただ、日中は紫外線・乾燥・環境汚染などもあって、お肌は日中に老けやすいです。

その日中にお肌を守ってくれるような成分を、お肌に与えてあげることも大事にしてほしいと思います。

朝に自分の肌の状態を把握する

後は、サロンのお客様には、朝起きたときに、お肌の状態をきちんとみましょうね、ということもお伝えします。

日本には四季がありますから、一年中、同じ美容液やクリームがいいというわけではありません。

お肌は、日々変わります。

ですので、朝の洗顔後にお肌を触ってみて、その状態に対してベストなものを与えてほしいです。

本当にお肌を改善したいというサロンのお客様には、そういった自分のお肌の状態を把握することの大切さもお伝えしています。

生活習慣で心がけたいこと

毛穴レスのお肌を作るのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

脂分の高い食事・睡眠不足・ストレスフルな生活・アルコールの過剰摂取・喫煙などは、皮脂分泌を過剰にして、毛穴を開かせて黒ずみの原因にもなります。

ですので、これらのことを改善することでも、きれいな肌に近づくことができます。

特に生理前は、ホルモンの関係で皮脂分泌が促され、皮膚が厚くなって毛穴も詰まりやすいです。

さらに、この時期は女性にとって、食欲やイライラなどのコントロールが大変な時期でもありますので、入浴やマッサージなどリラックスできることを取り入れたり、リラックスできるような場所を持っておいたりするといいですよ。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、毛穴レスのつるつる肌の作り方をまとめます。

1. 強いクレンジングを使っている場合は見直す
2. クレンジング前にホットタオルで毛穴を開かせる
3. ビタミンCやハリ・リフトアップ効果のある成分が配合されたスキンケア化粧品
4. 日中のお肌を守るためのアイテムも重視する
5. 朝に自分のお肌の状態を把握する
6. 脂分の高い食事に気を付ける
7. 睡眠不足に気を付ける
8. ストレスフルな生活に気を付ける
9. アルコールの過剰摂取に気を付ける
10. 喫煙に気を付ける
11. 生理前は皮脂分泌が促されやすいので特に生活習慣に気を付ける

毛穴が気になるときは、クレンジングをしっかりやりたくなりますが、それでお肌のうるおいまで取り過ぎてしまうと、逆に毛穴が目立つ原因にもなります。

そういったときは、まずはクレンジングを見直すことが、毛穴レスのつるつる肌を作る第一歩になるのかもしれませんね。

本日のキレイの先生