キレイの先生

ホーム > 美肌 > 肌トラブル > 

顔のヒリヒリを改善するには?セラピストがアドバイスする方法8つ!

リラクゼーションサロン ゲリール・デ・シュー  横山 美幸 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回は、お肌がヒリヒリするときはどんなお手入れをしたら良いかということをテーマに、兵庫県姫路市リラクゼーションサロン ゲリール・デ・シュー の横山 美幸 先生にインタビューさせていただきました。

例えばスキンケア化粧品を付けたときに、ヒリヒリしたことはありませんか?

それは、何が原因なのでしょうか?

改善するには、どうすれば良いのでしょうか?

横山先生に教えていただきました。

目次

顔のヒリヒリの原因
・顔のヒリヒリは年齢も関係している?
・スキンケアで原因になること
・生活習慣で原因になること

顔のヒリヒリを改善するには
・スキンケア
・生活習慣

まとめ

本日のキレイの先生

リラクゼーションサロン ゲリール・デ・シュー

横山 美幸 先生

「キレイの先生」編集部

顔のヒリヒリの原因

横山先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「顔のヒリヒリ」です。

先生のサロンのお客様にも、顔のヒリヒリする症状のある方はいらっしゃいますか?

そうですね、「季節の変わり目は敏感肌で…」という方もいらっしゃいますし、アトピー性皮膚炎の方も多くいらっしゃいます。

後は、大人ニキビの方ですね。

顔がヒリヒリするような状態ですと、見た目にも影響があるんですか?

ヒリヒリすることが見た目に直接影響するというわけではありませんが、例えば、お顔に赤みや湿疹、プツプツが出たりすることはありますよ。

顔がヒリヒリするのは、何から来ているんですか?

どうして、お肌は刺激を感じるんでしょうか?

皮膚は、(例えると)身体のふたのようなものです。

それが、乾燥してひび割れが起きて、そこに直接的な刺激があると…特に女性は、スキンケアやお化粧をしますので…そうすると、傷に塩を塗るというわけじゃありませんが、(お肌が)過敏になっているため、お肌に合わないものだとヒリヒリを感じやすくなります。

イメージとしては、(皮膚の)ふたがきちっと閉まっていないような状態です。

それは、敏感肌の状態ということですか?

そうですね、敏感肌は乾燥肌から来る場合が多いのですが、お肌が乾燥していると、(皮膚の)ひび割れたところから表面がパラパラと剥がれやすい状態になり、本来なら保護されている部分に刺激を与えて敏感になってしまうといった状況が起きます。

顔のヒリヒリは年齢も関係している?

顔のヒリヒリは、年齢も関係していますか?

年を取るほど、顔がヒリヒリしやすくなるといったことはあるんでしょうか?

サロンで(フェイシャルの)施術をやっていて、お顔のヒリヒリが年齢と直接的に関係があるとは、あまり感じられません

10代の子でも、(お顔のヒリヒリで)お越しになられる方もいらっしゃいますし。

ただ、年を取るほど代謝も悪くなりますので、特に40代前後くらいから、傷の修復が遅くなるということはあると思います。

スキンケアで原因になること

日々のスキンケアで、顔のヒリヒリの原因になることはありますか?

洗顔のしすぎでゴシゴシしてしまっていることです。

それは例えると、固い雑巾で皮膚を洗っているようなものです。

固い雑巾でお肌を洗うと、傷つけてしまいますね…。

はい、きれいになると思って、一生懸命(ゴシゴシ)されるんでしょうが…。

もし、それをやってしまったなら、その後に、確実に保湿しなければいけません。

ただ、(洗顔でゴシゴシと洗う)そういった方に限って、きちんと保湿できていないことが多い印象です。

それから、洗顔以外でも(お手入れで)圧がかかりすぎているのは良くありませんし、保湿不足も、お顔のヒリヒリの原因になりますよ。

生活習慣で原因になること

生活習慣で、顔のヒリヒリの原因になることはありますか?

お顔のヒリヒリは、体内のバランスが乱れているときに出ることが多いです。

例えば、身体でもそうですが、ストレスを抱えていると、湿疹が出たりしますよね。

(お顔のヒリヒリは)そういった精神的なストレスからも来ますし、食生活の乱れや、生理などの女性ホルモンの乱れも関係しています。

顔のヒリヒリを改善するには

(先生の)サロンの施術では、顔のヒリヒリを改善するのに、どんなことが効果的ですか?

お顔がヒリヒリするときは、(体内の)流れも悪くなっていて、お肌の修復が通常であれば3日間のところ10日間くらいかかっているような場合もあります。

サロンには、筋肉や筋膜にアプローチしていくメニューもあるので、まずは筋肉をほぐして(体内の)流れを良くしてから、正常な状態に持っていくようなこともしています。

スキンケア

自宅でのお手入れで、顔のヒリヒリを改善するのにやれることはありますか?

まずは、保湿が大切です。

しっかりと保湿するには、どんなことがやれますか?

例えば、化粧水を手で押さえるようにして付けることです。

「手パック」じゃありませんが、(化粧水を手で押さえて)浸透するのを待ちます。

それは、化粧水を手で押し込んでいくようなイメージですか?

そうですね、(化粧水を手で押さえて付ける方法を)私たちは「プレスする」と言います。

干からびた大地に水を入れていくようなイメージですね。

しっかり保湿するのに、化粧水をコットンで付けたりするのは、いかがですか?

(お顔が)ヒリヒリしているときは、手の方がいいかもしれません。

コットンは、意外と刺激がありますから。

コットンでペタペタと化粧水を押さえるだけならいいですが、こするように付けると刺激になりやすいです。

(顔のヒリヒリを改善するのには)とにかくお手入れで圧をかけないことです。

お肌がピリピリしているときに限っていえば、(お手入れも)極力負担のないようにした方がいいです。

それは、クレンジングや洗顔などで、特に注意したいことですね。

はい、それから、お湯で洗顔しないようにしてほしいです。

それは、どうしてですか?

あまり熱いお湯で洗顔すると、お肌から水分が抜けていってしまうんですね。

ですので、洗顔のときは、ぬるま湯が理想的です。

シャワーも直接お顔にかけると刺激になりますから、手で(ぬるま湯を)すくって洗うようにしてほしいです。

(お顔のヒリヒリには)後は、ハーブティーをコットンに湿らせて行う「ハーブパック」も、お肌を冷やして鎮静化してくれます。

ハーブパックには、ラベンダーやペパーミントがおすすめです。

その後に、オイルや美容液を塗ったりするのもいいですよ。

生活習慣

生活習慣で、顔のヒリヒリを改善するのに心がけられることはありますか?

お顔がヒリヒリしたり痛みを感じたりするときは、身体のバランスが崩れているということなので、睡眠をきちんと取ったり、適度な運動をしたりして、身体のバランスを戻してあげたいです。

顔がヒリヒリを改善するのにおすすめの食べ物はありますか?

そうですね、お顔のヒリヒリはストレスの多い方に出やすいので、そのときは好きなものを食べて、ゆっくりしてもいいと思いますよ。

もちろん、偏り過ぎは良くありませんが。

なるほど、食事はバランスが大事ですが、ストレスで顔のヒリヒリが出ているときは、(食事で)我慢をしてストレスをさらにため込むよりも、好きなものを食べてストレス解消するのも大切ということですね。

そういった点では、(お顔のヒリヒリには)マッサージに行って、プロの手を借りてリラックスするのもおすすめです。

(症状が)あまりにも長く続く場合や、ヒリヒリがひどい場合には、病院に行くようにしましょう。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、顔のヒリヒリを改善する方法をまとめます。

1. 化粧水を手で押さえるようにして付ける
2. 圧をかけないようにお手入れする
3. 洗顔はぬるま湯でする
4. ハーブパック
5. 睡眠をきちんと取る
6. 運動をする
7. 好きなものを食べる
8. マッサージに行ってリラックスする

顔のヒリヒリを改善するには、刺激を与えないようにお手入れする、しっかりと保湿する、ストレス解消する、といったことが大切といえそうです。

「顔がヒリヒリする…」といったときは、横山先生に教えてもらった方法をご参考にしてみてはいかがでしょうか?

本日のキレイの先生