キレイの先生

ホーム > 美肌 > 肌トラブル > 

鼻のブツブツを解消する!鼻の毛穴ケアの方法9つ!セラピストに聞く

隠れ家エステサロン アフィニーテ  吉成 由美子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「鼻のブツブツ」です。

隠れ家エステサロン アフィニーテ の吉成 由美子 先生にインタビューさせていただきました。

鼻は、毛穴の詰まりなどから、触ったときに「あれ、ブツブツしている…?」といったことを感じやすい場所だと思います。

そのままにしておくと、黒ずみなどにもつながって、見た目の印象も変わってしまう可能性もあります。

鼻のブツブツを解消するには、どんなケアをすると良いのでしょうか?

吉成先生に教えていただきました。

目次

鼻のブツブツは何から来ているのか?
・鼻のブツブツとは

鼻のブツブツの原因
・身体の状態が鼻のブツブツに?
・お手入れの不足が鼻のブツブツに?

鼻の毛穴をきれいにしてブツブツを解消するには
・クレンジングで鼻の毛穴をきれいにする
・どうしてもすぐに毛穴のブツブツを解消したいときは…
・鼻をしっかり保湿する
・鼻にラップをかけてマスクするなど
・食べ物などで心がけたいこと

編集部の選ぶ鼻のブツブツにおすすめの化粧品

まとめ

本日のキレイの先生

隠れ家エステサロン アフィニーテ

吉成 由美子 先生

「キレイの先生」編集部

鼻のブツブツは何から来ているのか?

吉成先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「鼻のブツブツ」です。

鼻がブツブツしていると、見た目の印象も変わりますか?

(鼻のブツブツは)遠くからみると分からないでしょうが、おしゃべりするくらいの近くの距離ですと、お顔の印象も少し変わると思います。

ほっぺがスベスベしていても鼻がブツブツですと…ちょっと残念な感じはありますよね。

例えると、(全身のコーディネートが)全部決まっているのに、靴だけ「あれ…」といったような感じでしょうか。

それに、鼻はお顔の真ん中にあるので、(ブツブツを)人が気にする以上に、ご本人が気にしますよね。

ファンデーションで隠そうとしてみも、(ブツブツは)シミとは違って凹凸がありますので、隠し切れないこともあります。

(先生の)サロンのお客様にも、鼻のブツブツを気にされている方はいらっしゃいますか?

はい、結構多いですよ。

鼻のブツブツは、どのくらいの年代に多い肌悩みですか?

年をとるにつれて、増えてきますか?

いえ、年齢とともに少なくなってきます。

(鼻のブツブツのお悩みをお持ちなのは)10代から30代くらいまでで、メインは20だと思います。

男性は別として、40代以降は少なくなってきますよ。

鼻のブツブツとは

鼻のブツブツは、何から来ているんですか?

毛穴が関係していると思うんですが…。

(鼻のブツブツは)大きく2パターンあると思います。

皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)のブツブツ」と、「黒ずみのブツブツ」です。

中には、両方が合わさったパターンの方もいらっしゃいます。

「皮脂のブツブツ」というのは、毛穴に皮脂が詰まって固まった状態のことですよね?

はい、そうですね。

通常、皮脂は毛穴から流れ出てくるものです。

それが、(皮脂が毛穴から)出ないで、何かしらの原因で固まってしまうと、ブツブツにつながりますね。

「黒ずみのブツブツ」は、毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒ずむということですか?

そういう場合もありますが、ゴミ・角質(皮膚表面の古い肌細胞)・小さな産毛などが、毛穴に詰まって黒くなっていることもありますよ。

鼻のブツブツの原因

鼻は、顔の中でもブツブツが出やすい場所だと思うんですが、それはどうしてでしょうか?

身体の中心部は、皮脂の分泌が盛んなエリアであることが大きいです。

Tゾーンがテカりやすいのも、身体の中心部にあるからです。

(身体の中心部が)大事なところだからこそ、働きが盛んということもあります。

鼻のブツブツは、どんなことが原因になるんですか?

大きくは、身体の中から来る原因と、お手入れ不足による原因があると思います。

身体の状態が鼻のブツブツに?

鼻のブツブツは、身体の中から来る原因もあるとのことでしたが、それはどういうことでしょうか?

皮膚は、すごく大きなデトックス器官で、お顔もその一部です。

皮脂が(毛穴から)出てこなくて詰まるというのは、うまく出せない身体に問題があるとも考えられます。

極端なことをいうと、身体の状態が良ければ、例えばエステティックを受けていなくても、目に見えた肌悩みは出づらいです。

つまり、身体の状態が良くないことが、鼻のブツブツにも表れるということですか?

はい、それは、(鼻のブツブツだけではなく)鼻以外に症状が出る場合もありますよね。

お手入れの不足が鼻のブツブツに?

鼻のブツブツは、お手入れの不足も原因になるとのことでした。

はい、いちばんは、クレンジングや洗顔の部分に問題があることです。

それは、クレンジングなどでしっかりと洗えずに、汚れをきちんと落とし切れていないということですか?

それもありますね。

毛穴に汚れが詰まっていては、下から出てくるもの(皮脂)が出せません。

ただ、クレンジング不足に関しては、皆さま、気を付けてやっていると思います。

後は、(鼻のブツブツの原因として)クレンジングのやりすぎもあります。

クレンジングをしすぎると、今度は必要なものまで取り過ぎてしまいます。

そうすると、お肌は乾燥しやすくなって、毛穴の開きにもつながりますし、乾燥を補うために身体の中から頑張って油を出そうとします

いわゆる「インナードライ」の状態ですね。

(クレンジングでの皮脂の取り過ぎで)乾燥から皮脂の分泌が増えることで、毛穴も詰まりやすくなってブツブツにつながるんですね…。

インナードライとは

毛穴から分泌された皮脂は、皮膚の表面で汗などの水分と混ざり合って天然の保護膜「皮脂膜」を作ります。皮脂膜は、皮膚の水分が蒸発するのを防いだり、外部の刺激から皮膚を守ったりする働きがあります。

お肌が乾燥していると、皮膚の水分を保持しようと皮脂の分泌が増え、お肌の表面はオイリーでも内部は乾燥している「インナードライ」の状態に傾きやすくなります。

鼻の毛穴をきれいにしてブツブツを解消するには

(先生の)サロンの施術では、鼻のブツブツを解消するのには、どんなことが効果的ですか?

(鼻のブツブツを解消するには)適切なクレンジング・洗顔が大切です

まず汚れを取った上で、毛穴に詰まったものを出すには、毛穴を開いてあげる必要があります。

そこで、ホットタオルやパックで毛穴を開いた上で、マッサージできるクレンジングオイルで、再度汚れを取っていきます。

それから最後は、毛穴を引き締めます。

後は、(鼻の)ブツブツの凹凸の激しい方は、お肌が乾燥しがちで、表皮のターンオーバーもうまく行われていなかったりするので、ピーリングをやったりもします。

一般的なピーリングは、酸などの液体でお肌表面を溶かす方法が多いですが、私のサロンでは、「ダイヤモンドピーリング」という方法で、色んなキメのダイヤモンドをちりばめた複数のチップで、その方のお肌の状態に合わせて優しく削っていきます。

マイルドでダウンタイム(施術から回復までの時間)がほとんどなく、直後からメイクもできるピーリングです。

ターンオーバーとは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ちて、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

クレンジングで鼻の毛穴をきれいにする

普段のお手入れで、鼻のブツブツを解消するのにやれることはありますか?

ひとつは、油を取り過ぎないクレンジング料や洗顔料を選ぶことです。

ちなみに、「クレンジングオイルは油を取り過ぎてしまう」と言われることもありますが、オイルだから(油を)取り過ぎてしまうわけではありません。

メーカーごとに特徴がありますので、クレンジングオイルでも、弱酸性の皮脂膜は保護できるというものもあります。

そういったクレンジングオイルで、お風呂で摩擦をかけないようにマッサージして、毛穴を開いていくのもいいですよ。

「皮脂を取り過ぎないクレンジングオイル」は、お店で見分けることができるんでしょうか?

いちばんは、直接メーカーに聞いてみるのがいいと思います。

例えば、「(クレンジングオイルで)マッサージできるか」というのは、ひとつの目安になると思いますよ。

後は、(クレンジング料は)香料のきつくないものがおすすめです。

それは、どうしてですか?

香料が人工的なものですと、身体には毒で、毛穴から吸い込ませるのは良くありません。

それから、特に安価なオイルは、わずかですがお顔にオイルの色が沈着してオイル染みが出来る場合もあります。

ですので、クレンジング料や洗顔料はいいものを使ってほしいです。

鼻のブツブツが気になるときは、鼻は丹念にクレンジングした方がいいんですか?

そうですね、ただ、(鼻のラインに沿って)直線的にこすったりすると、摩擦が大きい割には汚れを拾えません。

ですので、ブツブツの気になるところは、(クレンジングで)こするのではなく滑らせる感じで、力を入れずにクルクルと円を描くようにするといいですよ。

どうしてもすぐに毛穴のブツブツを解消したいときは…

毛穴の詰まりをいちどに取るのに、貼って剥がして毛穴の詰まりを取るようなパックや、詰まりを爪で押し出したり、ピンセットで取ったりする方法などもあります。

ただ、それらはどれもお肌を痛めてしまうので、あまりおすすめできません

必要な角質まで取り過ぎてしまいますし、例えば爪で(毛穴の)詰まりを押し出すと、毛穴そのものがダメージを受けて広がってしまう可能性もあります。

もし、「ここいちばん!」というときに、どうしても(毛穴の)詰まりをすぐに取る必要があるときは…その3つの中でいうと…ピンセットで優しく取ってあげるのがいいです。

その後は、しっかりと保湿してあげてください

ただ、それも、「どうしても」というときの応急処置ですので、極力やらない方がいいです。

(鼻のブツブツを解消するには)お肌のやわらかさで毛穴を広げて余分を出してあげるステップを、地道にやっていくのがいちばんです。

鼻をしっかり保湿する

(鼻のブツブツを解消するのに)お肌をやわらかくするには、保湿も大切そうですね。

はい、すごく大切ですよ。

特に、化粧水が大切です

お肌に水分が不足していても、過度に油を出す原因になってしまいます。

鼻は、冷暖房に当たりやすいこともあって、乾燥しやすい場所です。

化粧水を手で付ける場合も、コットンで付ける場合も、鼻にはしっかり付けてほしいです。

鼻のブツブツが気になるときは、鼻は凹凸があって意外と手では化粧水を付けづらいので、鼻だけでもローションパックをしてあげるのもいいですよ。

例えば、裂けるタイプのコットンなどもありますから、鼻の形にカスタマイズして、小鼻にコットンをぴったりと貼り付けてうるおわせてください。

さらに、コットンを貼った上から化粧水を直に足してあげるのもいいと思います。

鼻に化粧水をたっぷりと付けて保湿してあげた上で、年齢に合わせて、美容液・乳液・クリームを付けていってあげましょう。

鼻にラップをかけてマスクするなど

先程、サロンではホットタオルをされているとおっしゃっていました。

ホームケアでも、鼻のブツブツにホットタオルは良さそうですね?

はい、毛穴をやわらかくするのにいいと思いますよ。

それは、クレンジング前にホットタオルで毛穴を開いて、汚れを落としやすくするような使い方がいいですか?

汚れている状態で毛穴を開かせて、汚れが毛穴に落ちるのもいやなので、それよりも、汚れを取ってから(ホットタオルをするの)がいいんじゃないでしょうか。

お化粧をしている状態でホットタオルをしますと、(タオルに汚れが付いて)やりづらいでしょうし。

それから、鼻にホットタオルを乗せるのは(面積的に)厳しいので、例えば、クレンジングしたきれいな状態の鼻に、ラップをしていただいて、その上からマスクをかけると、自分の体温で毛穴が開きやすくなりますよ。

食べ物などで心がけたいこと

鼻のブツブツを解消するのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

オイリーな食べ物を避けることもそうですし、冷暖房にも気を付けていただきたいです。

冷暖房で、お肌は乾燥しやすくなりますもんね…。

はい、そうですね。

編集部の選ぶ鼻のブツブツにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、吉成先生のインタビュー記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだ鼻のブツブツにおすすめの化粧品をご紹介します。

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

手前味噌ですが、このサイトから200人以上の美容スペシャリストの方々の教えをまとめた「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」です。

水を一滴も加えず、バラの美容成分の詰まったローズウォーターに贅沢に置き換えました(全成分に水の表記がありますが原料由来のものです)。

自然なバラの優しく華やかな香りに包まれながら、美容成分98%のチカラでお肌をうるおします

ローズウォーターには収れん(引き締め)作用があるので、鼻の毛穴悩みにもおすすめですよ。

美容家の感想

よくあるバラ系コスメよりも、優しくふんわりしたバラの香りで、強い香りが苦手な方でも癒される香りだと思います。オールインワンの便利さからはあまり期待できそうにない肌のしっとりモチモチ感を体感できました! コスパも良く便利だと思います。

編集部のここがオススメ!

水を一滴も加えずに美容成分豊富なローズウォーターに置き換え!

98%の美容成分のチカラで肌をうるおす!

ローズウォーターの収れん作用で毛穴悩みにもおすすめ!

バラに満ちるオールインワン

商品名:キレイの先生 バラに満ちるオールインワン
ブランド:キレイの先生
容量:65mL
通常価格:税別2,880円
初回特別価格:税別1,000円

まとめ

今回のインタビューで挙がった、鼻のブツブツの解消法をまとめます。

1. 高品質なクレンジングオイルでマッサージしながらお化粧を落とす

2. クレンジングでは鼻は優しく円を描くようにクルクルとする

3. 応急処置としてピンセットで毛穴の詰まりを取ってしっかり保湿する

4. 鼻は化粧水でしっかりと保湿する

5. 鼻だけコットンパックで化粧水を付ける

6. クレンジング後にホットタオルを乗せる

7. クレンジング後にラップをかけてマスクをする

8. オイリーな食べ物を避ける

9. 冷暖房に気を付ける

鼻のブツブツは毛穴の詰まりから来ますので、クレンジング・洗顔で汚れをきちんと取ってあげることや、しっかりと保湿してあげることが大切です。

鼻のブツブツが気になったときは、吉成先生に教えてもらった解消法をお試しになってみてはいかがでしょうか?

本日のキレイの先生