キレイの先生

ホーム > 美肌 > 肌トラブル > 

小鼻の黒ずみを解消するには?お手入れのコツ等を美容家がアドバイス

aging care Joelle 自由が丘  高橋 かな 先生

2100065_a01

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「小鼻の黒ずみ」です。

aging care Joelle 自由が丘 の高橋 かな 先生にインタビューさせていただきました。

小鼻が黒ずむと、「イチゴ鼻」といったりしますよね。

それによって、顔の印象も変わってきてしまいます。

小鼻の黒ずみは、何が原因なのでしょうか?

そして、小鼻の黒ずみを解消するには、どんなケアをすると良いのでしょうか?

高橋 先生に教えていただきました。

目次

小鼻の黒ずみの原因とは
・原因

小鼻の黒ずみを解消するには
・UV対策
・洗顔
・スキンケア
・その他

まとめ

本日のキレイの先生

aging care Joelle 自由が丘

高橋 かな 先生

「キレイの先生」編集部

小鼻の黒ずみの原因とは

高橋 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「小鼻の黒ずみ」です。

小鼻が黒ずんでいると、顔はどんな印象になりますか?

小鼻がブツブツと黒ずんでいると、「イチゴ鼻」と言ったりもしますね。

鼻は顔の中心ですから、(小鼻の黒ずみで顔が全体的に)くすんだ感じのお肌に見えてしまうようにもなります。

(先生の)サロンのお客様にも、小鼻の黒ずみでお悩みの方はいらっしゃいますか?

はい、「小鼻(の黒ずみ)だけで来たい!」という方もいらっしゃいますよ。

そうなんですか!?

はい、旦那様(小鼻の黒ずみのことを)言われてお越しになったお客様もいらっしゃいますし、基本的にメンズエステはしていないのですが男の子も(小鼻の黒ずみの悩みで)来たことがありますね。

小鼻の黒ずみとは、何なのでしょうか?

何が黒くなっているんですか?

主には、皮脂の過剰分泌や、メイク汚れなどの過酸化脂質などが洗顔でうまく洗い落とせずにステイしていることから来ていて、(黒ずみは)それらが紫外線の影響で黒くなってしまった状態です。

つまり、(毛穴に残っていた)汚れが紫外線で酸化しているということですか?

はい、そうですね。

例えば、発色のいい(メイク)化粧品は石油系で出来ていることが多いので、洗顔できちんと汚れを落とせていないと、紫外線の影響でより黒ずみやすいです。

顔の中でも、小鼻はどうして黒ずみやすいんでしょうか?

ひとつは、(顔の中でも高さ的に)トップになるので紫外線の影響を受けやすいことはあると思います。

例えば、日焼けして鼻が真っ赤になる人もいますが、それと同じです。

それに、(鼻を含む)Tゾーンは皮脂分泌の多い場所です。

そうですね、ただそれは、その人の体質や遺伝的、生れ育った環境によるところもあります。

人は体温調整するために、寒い地域で生まれた人は比較的毛穴が引き締まっている方が多く、暖かい地域の人は発汗などで毛穴が開きやすい方が多いです。

(小鼻の黒ずみには)そういった影響もありますね。

小鼻の黒ずみは、(年齢の)若い人ほど多いようなイメージがあります。

そうですね、(若いときほど)皮脂の分泌が多いですから。

(先生の)サロンのお客様では、小鼻の黒ずみでお悩みの方は、どのくらいの年代に多いですか?

高校生から、2030代くらいまでです。

逆に、ご年配の方には(小鼻の黒ずみでお悩みの方は)少ないですか?

そうですね、ご年配になってくると、(お肌の)水分量が少なくなり乾燥しやすく、皮脂の分泌も減るので、(小鼻の黒ずみは)気にならなくなる方が多いようです。

原因

生活習慣で、小鼻の黒ずみの原因になるようなことはありますか?

洗顔や保湿不足などです。

小鼻の黒ずみの原因は?

洗顔で余分な皮脂やメイク汚れをきちんと落とせていないと、それらが紫外線を浴びて酸化して、黒ずみにつながる原因になります。

また、(スキンケアでの)保湿が足りていないと、皮膚が固くなってしまい毛穴汚れも落としにくくなり、それによって黒ずみにつながる場合もあります。

洗顔は毛穴をやわらかくする効果もありますが、特に、小鼻は(洗顔が)おろそかになりがちな場所です。

サロンのお客様でも、普段きちんと洗顔をされていて毛穴がやわらかくなっている人の方が、(フェイシャルエステのときに)汚れを落としやすいです。

(洗顔不足で)お肌が固くなっていると、毛穴汚れは余計に取りづらいですもんね…。

小鼻の黒ずみは、皮脂の分泌が増えることからも起こると思いますが、生活習慣で、皮脂の過剰分泌につながってしまうようなことはありますか?

発汗する食べ物…例えば香辛料の多い食べ物などの取り過ぎもそうですし、偏った食事でひとつのものを食べ過ぎたりすることにも注意した方がいいと思います。

例えばですが、チョコレートばかりを食べていると、糖質の過剰摂取で皮脂の分泌を促しやすくなります。

小鼻の黒ずみを解消するには

2100065_a04

(先生の)サロンでは、小鼻の黒ずみでお悩みの方には、どんなケアをされているんですか?

お肌が固くなっている方には、小鼻に酸を入れてやわらかくしてから、スクライバー・超音波洗浄で汚れを取って、その後に引き締めていきます。

では、小鼻の黒ずみを解消するのに、セルフケアではどんなことができるでしょうか?

UV対策

(小鼻の黒ずみを解消するのに)ひとつは、日焼け止めをきちんと塗ってUV対策することです。

目はサングラスで紫外線を防いだりすると思いますが、鼻は無防備ですので、UV対策はしっかりしていただくのがいいと思います。

鼻は(高さ的に)トップなので、紫外線の影響を受けやすいですもんね…。

はい、ですから、お出かけ前には(鼻にもきちんと)日焼け止めを塗ってほしいです。

洗顔

それから、(小鼻の黒ずみを解消するには)洗顔です。

洗顔を毎日しっかりやっていれば、小鼻もやわらかくなって汚れが取れやすくなります。

洗顔は、ゴシゴシと力を入れる必要はないんですよね?

はい、お肌はデリケートですので、(洗顔に)力は必要ありません。

優しくやわらかく洗ってあげてください

スキンケア

先生には、「毛穴レスのお肌にするには?」というテーマでも、インタビューさせていただきました。

その中で、スキンケアは化粧水で終わらせずに乳液・クリームで仕上げる、といったお話もありましたが、それは小鼻の黒ずみにも同じですか?

そうですね、小鼻の黒ずみは、皮脂の分泌が多くなっているケースもあるので、質感の軽い乳液などで終わらせるのもいいと思いますよ。

皮脂の分泌が多い状態でも、(スキンケアは)化粧水では終わらせない方がいいということですね。

はい、(スキンケアを)化粧水で終わらせると、お肌が固くなってごわつきの原因にもなりますので。

その他

スキンケア以外で、小鼻の黒ずみを解消するのにできることはありますか?

毛穴の悩みだけじゃなくて全般にいえることですが、デトックス(体内の毒素を排出すること)も大切です。

毛穴の悩みは、活性酸素が(体内で)発生していることからも来ますので、それを外に出してあげます。

デトックスには、どんなことができるんですか?

例えば、ルイボスティーなどは、活性酸を出してくれる作用も期待できるので、そういったお茶もいいと思いますよ。

後は、できるだけストレスを作らないことです。

ストレスも、活性酸素の原因になりますから。

まとめ

「イチゴ鼻」というように、小鼻は黒ずみの出やすい場所です。

小鼻の黒ずみは、皮脂の分泌とも関係しているので、どちらかというと若い人に多い毛穴の悩みではないでしょうか。

小鼻が黒ずんでいると、顔全体の印象も変わってきてしまいます。

解消するには、UV対策や毎日の洗顔などが大切とのことでした。

小鼻の黒ずみが気になっている方は、高橋 先生のアドバイスをご参考にされてはいかがでしょうか?

本日のキレイの先生

高橋 かな 先生