キレイの先生

ホーム > 美肌 > 肌トラブル > 

肌が汚い…肌をきれいにするには?すぐ始められる7つの方法

クレセント Aroma & Natural Style  村上 由紀子 先生

肌が汚い…肌をきれいにするには?すぐ始められる7つの方法

「キレイの先生」編集部です。

「あれ?お肌が汚い…?」

今回は、そんなときにどうすればお肌をきれいにすることができるのか、クレセント Aroma & Natural Style の村上 由紀子 先生に取材させていただきました。

お肌が汚いと感じると、気分も滅入ってしまいますよね。

でも、そう感じるのは、何が原因なのでしょうか?

それは、汚れを落とし切れていないだけなのでしょうか?

そして、お肌をきれいにするには、ホームケアでどんなことができるのでしょうか?

村上 先生に教えていただきました。

目次

肌が汚い…

肌が汚くなる原因

肌をきれいにする方法
・スキンケア
・その他

まとめ

本日のキレイの先生

クレセント Aroma & Natural Style

村上 由紀子 先生

「キレイの先生」編集部

肌が汚い…

村上 先生、よろしくお願いします。

今回は、「お肌が汚い…?」と感じたときに、どうすればお肌をきれいにすることができるのか、お話しいただきたいと思います。

「肌が汚い」というのは、少しきつめの表現ですが、ご容赦ください。

まずは、お肌が汚いと顔はどう見えるか、教えていただけますか?

(お肌が汚いと)見た目の印象も、かなり変わると思います。

「暗い」・「元気がない」・「不健康そう」といった印象になって、(顔も)老けて見えてしまいます。

全体的に、マイナスの印象といいますか…。

先生のサロンのお客様にも、「お肌がきれいじゃない…」とお悩みの方はいらっしゃいますか?

「(お肌が)きれいじゃない」という言葉を使う人はいませんが、「きれいになりたい」というのは、共通の想いです。

(サロンでの施術を)終えた後に、「お肌が明るくなった!」喜ぶ方がいちばん多いので、皆さま、口にはしませんが、(お肌のきれいさは)気にされている部分だと思います。

「肌が汚い」というのは、お肌がどうなっている状態のことをいうのでしょうか?

ひとつは、クレンジングが不十分だったりして、メイクの汚れを落とし切れていない状態です。

メイク汚れが残っていることで、お肌が暗く見えるということですか?

目に見えるほど、メイク汚れが残ることは、あまりないと思いますが…(苦笑)。

すいません、それもそうですよね(苦笑)。

例えば、毛穴の中に入った汚れが取れていないと、(クレンジング・洗顔後の)化粧水などもお肌にうまく入っていきません。

そういったことの積み重ねで、お肌の状態は変わっていきますね。

後は、余分な角質(古い肌細胞)がたまっていると、お肌が汚く見えそうですね。

そうですね。

他には、血行が悪くて(お肌が)くすんで見えたり、乾燥していたりすることも、(お肌が汚く見えることに)関係しています。

乾燥によっても、お肌が汚く見えてしまうのですか?

お肌がうるおっていると、(お肌は)きれいに見えますよね。

逆に、お肌に水分が不足して乾燥していると、お肌のモチモチ感もなくなります。

「肌が汚い」とは

「肌が汚い」というのは、下のような状態といえそうです。

メイク汚れが残っている
余分な角質がたまっている
血行が悪くてくすんでいる
お肌が乾燥している
など

肌が汚くなる原因

メイク汚れが残っていると、お肌が汚く見えてしまうとのことでした。

それは、クレンジングが不十分なことが、原因としては大きいのでしょうか?

そうですね。

例えば、小鼻の周りや、下唇の下あたりなどのくぼんでいるところは、(クレンジング・洗顔で洗うのを)割と忘れがちな場所です。

また、(メイクなどの)汚れは基本的に、浮かび上がらせて洗い落とします。

(クレンジング・洗顔で)ゴシゴシと洗うと、洗えている部分と、洗えていない部分ができやすく、汚れを落とし切れていない場合もあります。

しかも、(クレンジング・洗顔で)ゴシゴシと洗うのは、お肌への摩擦にもなって、お肌がダメージを受けてしまいますね。

はい、それもありますね。

では、(皮膚の表面に)余分な角質がたまるのは、どんなことが原因になりますか?

角質は、毎日洗顔をしていても、通常の洗顔だけではたまっていくものです。

ですので、週に一回程度は、角質ケアをしてあげるのが良いと思います。

角質ケアについて

角質ケアは、余分な角質を取り除いてあげるケアのことをいいます。

後は、血行が悪いと、顔もくすむとのことでした。

血行が悪くなるのは、どんなことが原因になりますか?

いちばん大きいのは、睡眠不足だと思います。

後は、食事のバランスや便秘などです。

他にも、冷えによって顔がくすんで見えたり、メンタル面では、ストレスで顔色が変わったりします。

また、紫外線も(お肌に)良くありません。

後は、喫煙も、お肌を汚くしてしまう原因として考えられています。

肌をきれいにする方法

肌をきれいにする方法

スキンケア

では、お肌をきれいにするには、どんなことができるのか教えていただきたいと思います。

まずは、スキンケアです。

ひとつは、メイクを完全に落とすことです。

また、メイクをしていないときも、顔は裸でいるような状態で、空気中の雑菌がお肌に付着して、皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)などと混ざると、雑菌が繁殖しやくなります。

そのため、(メイクをしていないときも)洗顔で顔をきれいにすることは大切です。

クレンジングや洗顔でのポイントはありますか?

汚れは、浮かせて洗い流すことを、頭に置いておいてほしいと思います。

クルクルと優しくなでて、汚れを浮かせるような感じで、洗ってあげましょう。

先程のお話では、(お肌をきれいにするのに)週に一回くらいの角質ケアもおすすめとのことでした。

はい。

(角質ケアを)自分で行うときは、優しいタイプ(の角質ケアの化粧品)をお使いになるのが良いと思います。

スクラブなどは、ゴシゴシとすると、お肌を傷つけてしまう可能性があるので、ご注意いただきたいです。

スクラブについて

スクラブは、細かな粒子の入った化粧品などで、物理的に余分な角質を取り除くことをいいます。

(角質ケアで)いちばんなのは、できれば月に一回くらい、サロンで(角質ケアを)お受けになられることです。

サロンでお受けになっている方は、お肌の状態が本当に違いますね。

ちなみに、先生のサロンでは、(角質ケアに)どんな化粧品をお使いになっているのですか?

サロンでは、季節によっていくつか使い分けていますが、いまは紫外線ダメージケアと保湿もできる「ニールズヤード レメディーズ」のホワイトティ(ハーブの美容成分)のフェイシャルパックを使用しています。

ホワイトティフェイシャルマスク

・ブランド:ニールズヤード レメディーズ
・容量:50g
・通常価格:税別7,500円(2017年10月時点)

これは、クレイに色々なハーブや美容成分が入っているパックで、顔に塗って、1~2分したら洗い流すだけで角質ケアすることができ、洗い終わりはくすみが取れて(お肌が)しっとりとします。

他に、(お肌をきれいにするのに)スキンケアで心がけたいことはありますか?

保湿です。

化粧水も一回付けるのではなく、何回か(に分けて)たっぷり入れてあげると良いです。

(化粧水の)重ね付けですね。

乾燥が気になるときは、化粧水をコットンにたっぷりと湿らせて、コットンパックにして貼るのもおすすめです。

後は、「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をパックにするのも良いですね。

しっかりと密着してくれるので。

ありがとうございます、うちの商品の名前を出していただいて(笑)。

いいえ(笑)。

ちなみに、オールインワンジェルは、ロールオンタイプの容器に入れて、持ち歩くようにするのも良いですよよ。

例えば、室内で冷房や暖房が当たっていることが多いときは、目元などの乾燥が気になる場所に、(ロールオンタイプの容器から)ジェルを直接または手に付けて、化粧の上から塗ることもできます。

食べ物

お肌をきれいにするのに、おすすめの食べ物などはありますか?

いちばんは、バランスの良い食事をすることです。

その上で、おすすめなのが、「ビタミンA」や「ビタミンC」、「ビタミンE」などです。

たしか、ビタミン群は、皮膚の再生にも必要なのですよね。

はい。

それらの栄養は、どんな食べ物に多く含まれているでしょうか?

「ビタミンA」は、ニンジンなどの緑黄色野菜、ビタミンCは、緑黄色野菜・イモ類・果物全般など、「ビタミンE」は、アーモンド・豆類・かぼちゃ・卵黄・うなぎなどに含まれています。

食べ物以外で、お肌をきれいにするのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

睡眠時間をしっかり取ることです。

出来れば、日付が変わる前には、寝てほしいと思います。

他には、腸内環境を整えることや、紫外線の予防、紫外線を浴びてしまったときのケアなども、大切です。

まとめ

今回の取材で上がった、お肌をきれいにするために行えることをまとめます。

1. [スキンケア]クレンジング・洗顔で顔の汚れをきちんと落とす

2. [スキンケア]週に一回くらいの角質ケア

3. [スキンケア]しっかりと保湿する(化粧水の重ね付けや、コットンパックなど)

4. [スキンケア]紫外線の予防、浴びた後のケア

4. [食べ物]バランスの良い食事

5. [食べ物]ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEを摂る

6. [その他]睡眠時間をしっかり取る

7. [その他]腸内環境を整える

今日からでも始められることが多くあるのではないかと思います。

「あれ? お肌が汚い…?」と気になったときは、できることからお試しになってみてはいかがでしょうか?

本日のキレイの先生

7000090_b

村上 由紀子 先生