キレイの先生

ホーム > 美肌 > 肌トラブル > 

毛穴の黒ずみを改善するには?簡単なオイルマッサージの方法

フェイシャルサロン カプア  吉田 奈津子 先生

毛穴の黒ずみを改善するには?簡単なオイルマッサージの方法

「キレイの先生」編集部です。

お肌の悩みの中でも、毛穴の悩みは、年代を問わないものだと思います。

今回取り上げるテーマは、その中の「毛穴の黒ずみ」についてです。

フェイシャルサロン カプア の吉田 奈津子 先生に取材させていただきました。

毛穴が黒ずんでいると、目立ってしまいます。

例えば、「イチゴ鼻」も、鼻の毛穴の黒ずみから来るものですよね。

では、毛穴の黒ずみは、何が原因なのでしょうか?

改善するには、どんなことができるでしょうか?

吉田 先生に教えていただきました。

目次

毛穴の黒ずみとは

毛穴の黒ずみの原因

毛穴の黒ずみを改善するには

まとめ

本日のキレイの先生

フェイシャルサロン カプア

吉田 奈津子 先生

「キレイの先生」編集部

毛穴の黒ずみとは

吉田 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「毛穴の黒ずみ」です。

毛穴が黒ずんでいると、顔はどう見えますか?

(顔が)くすんで見えたり、顔色が悪く見えたり、不健康そうに見えたりします。

先生のサロンのお客様にも、毛穴の黒ずみが気になれている人は多いですか?

はい、多いですね。

(毛穴の黒ずみは)シミや、シワと並んで、三本指の中に入る(お肌の)お悩みではないでしょうか。

毛穴の黒ずみとは、何なのでしょうか?

毛穴の中で、何が黒くなっているのですか?

角質(かくしつ)や、皮脂(ひし)、日々のメイクの汚れなどが落とし切れていないと、毛穴の中で酸化して黒くなります。

「角質」と「皮脂」について

「角質」は、皮膚の表面の古くなった肌細胞のことをいいます。角質は通常、ターンオーバー(皮膚の新陳代謝)の働きによって、垢になって剥がれ落ちます。

「皮脂」は、毛穴の中の皮脂腺(ひしせん)という器官から分泌されている油分です。皮膚の水分を保持する役割などがありますが、過剰に分泌されると、べたつきなどの原因になります。

それらが毛穴の中に詰まって酸化すると、毛穴の黒ずみになります。

「酸化」というのは、例えば「油が酸化する」などといいますが、同じようなことをいうのですよね?

はい。

(サロンの)お客様には例え話をするのですが、例えば、スーパーのコロッケなどのお惣菜を揚げる油を、繰り返し使うと、黒くなっていきますよね。

それが、「酸化」です。

顔の中では、どんな場所に、毛穴の黒ずみが出やすいですか?

例えば、眉間や鼻、顎(あご)、小鼻の横あたりの頬などです。

眉間や鼻は、Tゾーンと呼ばれる場所です。

特に、鼻は、「イチゴ鼻」という言葉もあるように、毛穴の黒ずみが出やすい場所だと思います。

Tゾーンは、皮脂の分泌が多いので、その分、毛穴の黒ずみにつながりやすいということですよね?

はい、そうです。

先生の話をお聞きすると、Tゾーンだけではなく、顎や頬も、毛穴が黒ずみやすいのですね。

私はあまり、そういったイメージはありませんでした。

Uゾーン(頬から顎にかけての「Uの字」のライン)は、ホルモンバランスの乱れや、ストレスなどから、毛穴の黒ずみにつながる場合があります。

毛穴の黒ずみは、「年代的に何歳くらいから出やすい」といったことはあるのですか?

それとも、年齢はあまり関係ないのでしょうか?

例えば、若い世代の人は、皮脂の詰まりから毛穴の黒ずみにつながる人が多いです。

たしかに、若いときの方が、皮脂の分泌が活発ですね。

毛穴の黒ずみのケース1.

皮脂の分泌が活発になると、下のような流れで、毛穴の黒ずみにつながります。

1. 皮脂の分泌が活発になる。

2. 毛穴の中に皮脂が詰まる。

3. 皮脂が酸化して黒ずみに。

また、年齢が上がって40代以降になると、たるみ毛穴から、毛穴の黒ずみにつながるという人も増えてきます。

たるみ毛穴から毛穴の黒ずみにつながるのは、毛穴がたるんで開くことで、そこに角質や皮脂が詰まって酸化し、黒ずみになるということでしょうか?

はい、そうです。

毛穴の黒ずみのケース2.

たるみ毛穴は、下のような流れで、毛穴の黒ずみにつながります。

1. お肌のたるみなどから、毛穴が開く

2. 皮脂や角質などの汚れが詰まりやすくなる。

3. その汚れが酸化して黒ずみになる。

後は、ホルモンバランスが乱れて、例えば、男性ホルモンが優位になって皮脂が出やすくなったりして、毛穴の黒ずみにつながる場合もあります。

毛穴の黒ずみの原因

先生の話をお聞きすると、毛穴の黒ずみは、幅広い年代の(お肌の)お悩みといえそうですね。

はい、若い人たちにも、小鼻の黒ずみの「イチゴ鼻」を気にしている人が少なくありません。

皮脂の分泌の多い年代ですから。

そして、年をとると、お肌のたるみなどから毛穴が開いて、黒ずみの原因になるのですね。

その他に、どんなことが、毛穴の黒ずみの原因になりますか?

ひとつは、食事です。

例えば、ジャンクフードやチョコレートなどの糖質・脂質の多い食べ物を口にすることが多いことも、皮脂の分泌に影響があります。

また、洗顔がきちんと行えていないことも、(毛穴の黒ずみの)原因になります。

洗顔で汚れを落とし切れていないと、それが毛穴に詰まって、黒ずみにつながるということですね。

喫煙も、毛穴が黒ずみやすくなります。

それは、どうしてですか?

(喫煙によって)ホルモンバランスが乱れて、皮脂の分泌にも影響があるからですか?

それもありますが、タバコはビタミンを奪いやすいということも聞きます。

すると、コラーゲンンの生成にも影響があり、お肌の弾力が落ちてきて毛穴も開き、汚れがたまりやすくなります。

(毛穴の黒ずみは)後は、光老化や紫外線の影響によるところもあります。

紫外線などを浴びると、お肌が固くなりやすいです。

毛穴に汚れが詰まったまま、お肌が固くなると、汚れを落としにくくなり、それが酸化すると、(毛穴の)黒ずみにもつながるということですね。

はい、お肌はやわらかい方が、汚れは落としやすいですね。

毛穴の黒ずみを改善するには

毛穴の黒ずみを改善するには

取材前にお電話でお話ししたとき、毛穴の黒ずみを解消するには、オイルトリートメント(マッサージ)がおすすめとのことでした。

それは、どういうことなのでしょうか?

(オイルでマッサージすることで)油の汚れを、油で落としてあげます。

オイルマッサージの効果

毛穴の黒ずみは、皮脂(ひし)などの油汚れが詰まって酸化した状態です。水と油は混ざり合わない性質なので、油汚れは油分で落とす必要があります。

そのため、毛穴の黒ずみには、オイルマッサージが効果的です。

(毛穴の黒ずみを改善するのに)黒ずみを剥がすパックなどもありますが、お肌への負担が大きいです。

オイルトリートメントは、黒ずみを溶かす出すようにして、お肌への負担が少ないです。

オイルマッサージは、クレンジング・洗顔の後に行うのでしょうか?

はい、汚れをいちどきれいに落としてから行います。

オイルマッサージの手順

毛穴の黒ずみを改善するのに、オイルマッサージを行うときは、スキンケアの手順は下のようになります。

1. クレンジング・洗顔

2. 【オイルマッサージ】

3. 化粧水

4. 乳液・クリーム

おすすめなのは、(オイルマッサージを)お風呂で湯船につかった状態で行うことです。

お風呂で温まって毛穴も開いているので、汚れが落としやすそうです。

はい、お肌もふやけてゆるんでいる状態です。

マッサージに使うオイルは、キャリアオイル(植物オイル)などで良いのですか?

はい、大丈夫です。

(オイルマッサージに使うオイルは)アロマショップなどでは、毛穴の黒ずみのケア用として、あらかじめキャリアオイルや精油がブレンドされたものが出ていたりするので、そういったものでも良いです。

さらに、油を溶かし出すような成分の入っていると、尚良いですね。

それは、どんな成分があるのですか?

例えば、「紫根エキス」などです。

オイルマッサージは、どのように行うと良いですか?

毛穴の黒ずみが気になる場所に、オイルをクルクルとなじませていきます。

(マッサージを)強くやりすぎてしまうと、黒ずみを(毛穴の奥に)押し戻してしまうこともあるので、浮かび上がらせるような感じで優しく行います。

マッサージの後は、オイルを拭き取るのですか?

はい、オイルで2~3分くらいクルクルしたら、(オイルを)拭き取るか、洗い流します。

皮脂の残りやすい人や、べたつきが気になるときは、その後に石鹸での洗顔を行っても良いです。

おすすめなのは、お風呂場でオイルトリートメントを行い、その上から(お湯で濡らして絞った)温かいタオルを乗せて、冷めてきたら(そのタオルで)そのまま拭き取ることです。

「ホットタオル」ということですね。

後は、(オイルトリートメントをした後に)シャワーキャップを顔にはめて、口の部分だけはさみで切ると、スチーム効果があります。

(ローション)パックの上からラップをかけて閉じ込め効果を高める方法がありますが、それと同じですね。

オイルマッサージを行う上で、他にポイントなどはありますか?

オイルトリートメントの後は、しっかり保湿して、お肌をやわらかくしてあげましょう。

例えば、ヘチマたわしは、カピカピの状態では穴が大きいですが、水分を含むと、プクッと膨らんで穴が小さくなると思います。

毛穴も同じように、(お肌が)水分を含むと小さくなります。

オイルマッサージのポイント

オイルマッサージトの後は、しっかり保湿して毛穴を引き締めることで、汚れを詰まりにくくします。それによって、毛穴の黒ずみの予防にもなります。

特に、オイルトリートメントの後に、パックをしてあげると、お肌を冷まして毛穴を引き締めることができるので、おすすめです。

このマッサージは、オイル以外のものでも代用できますか?

はい、乳液やクリームでも大丈夫です。

その場合も、マッサージの最後は、(乳液やクリームを)拭き取ったり、洗い流したりするのですよね?

はい。

オイルマッサージは、毎日行った方が良いのでしょうか?

それとも、時々のスペシャルケアなのでしょうか?

週に一回くらいのスペシャルケアで良いと思いますよ。

まとめ

毛穴の黒ずみを改善するには、オイルトリートメント(マッサージ)がおすすめとのことでした。

毛穴の中の油汚れを、オイルで浮かび上がらせるように、優しくマッサージします。

吉田 先生のおっしゃったように、お風呂場でオイルマッサージを行い、その後は、ローションパックなどで毛穴を引き締めると、さらに効果的です(毛穴を開いて汚れを取って、その後に毛穴を引き締めて、汚れを詰まりにくくする、ということですよね)。

このマッサージは、オイルをお持ちでない方も、クリームや乳液などで代用できるとのことでした。

毛穴の黒ずみが気になるときは、今夜のスキンケアのときに、お試しになってみてはいかがでしょうか?

本日のキレイの先生

7000207_b

吉田 奈津子 先生