キレイの先生

ホーム > 美肌 > 肌トラブル > 

でこぼこ肌の原因とは?肌がでこぼこするのを改善するには?

total beauty studio Opuntia  高野 麻由美 先生

でこぼこ肌の原因とは?肌がでこぼこするのを改善するには?

「キレイの先生」編集部です。

お肌を触って、「あれ、でこぼこしている?」、「ごわごわしている?」と感じたことはありませんか?

今回は、そんな「お肌がでこぼこすること」について、取り上げたいと思います。

total beauty studio Opuntia の高野 麻由美 先生に取材させていただきました。

お肌がでこぼこしたり、ごわごわしたり感じるのは、どうしてなのでしょうか?

どんなことが原因になっているのでしょうか?

そして、お肌のでこぼこを改善するには、どんなことができるのでしょうか?

高野 先生に教えていただきました。

目次

でこぼこ肌の原因
・毛穴の詰まりがでこぼこ肌にも…

でこぼこ肌を改善するには
・古い角質をとる
・保湿(スキンケア)
・その他

まとめ

本日のキレイの先生

total beauty studio Opuntia

高野 麻由美 先生

「キレイの先生」編集部

でこぼこ肌の原因

高野 先生、よろしくお願いします。

今回は、お肌がでこぼこしたり、ごわついたりしているときの改善方法などについて、話をお聞きしたいと思います。

サロンのお客様にも、「お肌がでこぼこしているな…」、「お肌がごわついているな…」という方はいらっしゃいますか?

はい。

中には、自覚のない方もいらっしゃいます。

お肌がでこぼこしたり、ごわついたりするのは、お肌がどうなっている状態なのでしょうか?

古い角質(かくしつ)が、お肌の表面に残っている状態です。

角質について

角質は、古くなった肌細胞のことをいいます。

皮膚は、正常であれば20代で、28~30日の周期で生まれ変わっていて、古い角質は垢になって剥がれ落ちます。

それは、「ターンオーバー」のことですよね。

はい。

皮膚は、いくつかの層に分かれていて、(皮膚の)中で新しい皮膚が生まれて、それが少しずつ押し上げられていきます。

そして、古い表面の皮膚がそれに押し上げられるように、垢になって剥がれ落ちて、新しい皮膚が表面に出るイメージです。

ターンオーバーの周期は、年をとると、遅くなるといいますね。

それによって、古い角質が剥がれ落ちずに(皮膚の表面に)たまったりすると、お肌のでこぼこやごわつきにつながるのですね。

はい、そうです。

お肌がでこぼこするのは…

高野 先生のおっしゃったように、皮膚は、ターンオーバーが働いていて、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ちることで、日々新しく生まれ変わっています。

ターンオーバーについて

古くなって役割を終えた角質は、水分の保持力も低いです。

それが、(ターンオーバーの周期が遅くなることによって)皮膚の表面にたまって厚くなると、お肌が固くなったり、でこぼこしたり、ごわついたりする原因になる他、くすみなどにもつながります。また、肌トラブルが改善されるのも遅くなります。

先程、ターンオーバーは、正常であれば20代で、28~30日の周期というお話がありました。

その周期も、加齢とともに少しずつ遅くなっていきますから、年をとると、お肌のごわつきなども、出やすくなりそうですね。

そうですね。

ですので、30代以降、特に角質のケアをしていないと、お肌がごわついたりする場合もあります。

お肌がでこぼこしたり、ごわついたりするのは、ターンオーバーの周期が遅くなって、古い角質が皮膚の表面に残ることが、原因になります。

では、ターンオーバーは、どんなことで周期が遅くなってしまうのでしょうか?

ひとつは、「乾燥」です。

現代は、夏でも冷房などで、お肌が乾燥している人も少なくありませんね。

後は、「冷え」も良くありません。

冷えで肌がでこぼこに?

皮膚のターンオーバーに必要な栄養は、血液から届けられています。身体が冷えると、血流も悪くなるため、(身体の末端の組織である)皮膚に栄養が行き届きにくくなり、皮膚が栄養不足になると、ターンオーバーの働きも低下して古い角質が皮膚表面にたまって、お肌がでこぼこしたり、ごわついたりする原因になります。

ターンオーバー(の周期)が遅くなる原因は、「なにかひとつ」というわけではありません。

ターンオーバーは、日々の生活バランスも大きく関係しています。

そのため、睡眠などの生活リズムが乱れていると、(ターンオーバーも乱れたりして)お肌にも影響が出ます。

毛穴の詰まりがでこぼこ肌にも…

後は、クレンジングで手を抜いたりすることも、(お肌の)ごわつきなどの原因になります。

それは、どういうことでしょうか?

クレンジングも、ターンオーバーに関係しているのですか?

というよりも、クレンジングでメイクを落とし切れていなかったり、汗や皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)を洗い切れていなかったりして、それが毛穴の中に詰まって固まると、(お肌の)ごわつきなどにもつながります。

また、ニキビの原因にもなります。

ですので、スキンケアでは、クレンジングも、とても大切になります。

肌がでこぼこする原因

お肌がでこぼこしたり、ごわついたりするのは、大きく2つの原因が考えられそうですね。

ひとつが、「古い角質が皮膚の表面に残ってたまっていること」です。

そしてもうひとつが、下のように、メイクの洗い残しから来る「毛穴の詰まり」です。

1. クレンジングで、メイク汚れ・汗・皮脂などを洗い切れていない。

2. それらが毛穴の中に詰まって、固まる。

3. 皮膚を触ったときのごわつきなどにつながる

でこぼこ肌を改善するには

でこぼこ肌を改善するには

古い角質をとる

お肌がでこぼこしたり、ごわついたりしているのを改善するには、どんなことができますか?

ひとつは、(古い)角質を取ることです。

(古い角質を取る)種類としては、「スクラブ」や、ケミカルな成分を使った「ピーリング」などがあります。

ピーリングについて

下の記事でも紹介していますが、ピーリングは、「酸などのケミカルな成分を使って(古い)角質をやわらかくして剥がし落とす」方法のことをいいます。

保湿(スキンケア)

そして、(お肌のごわつきなどを改善するには)保湿もとても大切です。

乾燥も、ターンオーバーの乱れる原因になるとのことでしたね。

スキンケアでしっかり保湿するのに、おすすめの方法はありますか?

(サロンの)お客様に提案したり、私自身も行っていたりするスキンケアの方法をご紹介します。

お風呂でクレンジングなどを行うのですが、まずは、お風呂で湯船につかりながら、タオルを温かいお湯で湿らせて「ホットタオル」にして、顔に乗せて(顔を)蒸します。

それによって毛穴が開き、(メイクなどの)汚れが落ちやすくなるので、その状態でクレンジングや洗顔などを行います。

ホットタオルについて

高野 先生のおっしゃったように、お風呂の中で、ホットタオルを作ればとても簡単です。

ちなみに、ホットタオルは、湿らせたフェイスタオルをラップで巻いて電子レンジでチンすることでも、作ることができます。

ホットタオルをラップに巻いたまま(メイクをしている)顔に乗せると、タオルにメイクが付くこともなく、片付けも簡単です。もちろん、毛穴を開いて、汚れを落としやすくする効果もあります。

私は、(ホットタオルをしてクレンジング・洗顔した)その後に、保湿力の高い「アルガンオイル」を、顔や首、年齢の出やすい手などに塗って、またその上からホットタオルを乗せて温め、(オイルを)浸透させるようにしています。

それは、アルガンオイルを「ブースターオイル」としてお使いになっているということですか?

はい、そうです。

ブースターオイルについて

アルガンオイルなどのキャリアオイル(植物油)は、一般的には、化粧水の後などに使うことが多いと思いますが、洗顔後すぐに付けて、その後の化粧水などの浸透を高めるような使い方もできます。下の記事でも紹介していますが、そのようにオイルを使うことを、「ブースターオイル」といいます。

そして、毛穴が開きっぱなしでは、汚れが入りやすくなるので、お風呂を出たら、フェイスマスクで毛穴を引き締めるようにしています。

ローションパックを15~20分行うのが大変という方は、シートマスクをお使いになっても良いと思います。

ローションパックについて

ローションパックは、化粧水(ローション)をパックで付けることをいいます。手で付けるよりも保湿力が高いので、おすすめの化粧水の付け方です。このサイトでも、ローションパックの方法は、何回か取り上げました。

私は、(シートマスクの後に)それにプラスして、美容液を付けたり、シルク100%の細かいパウダーをブラシで軽く付けたりして、うるおいを閉じ込めるようにしています。

それによって、(お肌の)表面はサラサラで、中のうるおいを逃さないよう抑えてあげることができます。

また、そのパウダーは、お肌の油分と水分のバランスを整えるような効果も期待できます。

でこぼこ肌を改善するのに…

高野 先生が行っているスキンケアの方法をまとめます。しっかり保湿するのにおすすめとのことです。

1. メイクをしたまま、お風呂の中で、ホットタオルで顔を蒸らす

2. (ホットタオルで毛穴が開いたところで)クレンジング・洗顔を行う

3. アルガンオイル(キャリアオイル)を付ける(そこでホットタオルをもういちど乗せて、オイルの浸透を高めるのも良い)

4. お風呂から上がったら、シートマスクで毛穴を引き締める

5. 美容液を付ける

6. 最後は、シルクのパウダーをブラシで軽く付けて、うるおいを閉じ込める

その他

お肌がでこぼこしたり、ごわついたりするのは、ターンオーバーの周期が遅くなることも、原因のひとつです。

ターンオーバー(の周期)を整えるには、どんなことができますか?

(ターンオーバーを整えるのに)「どれかひとつ」というのは難しいです。

日々の生活で、睡眠時間をきちんと取るようにしたりするなど、生活バランスをトータルで改善することが大切です。

まとめ

お肌がでこぼこしたり、ごわついたりするのは、下のふたつが、大きな原因として考えられるとのことでした。

・ターンオーバーの乱れなどで、古い角質が剥がれ落ちずに皮膚表面にたまる

・洗い残しのメイク汚れ・汗・皮脂などが、毛穴に詰まって固まる

高野 先生に教えていただいたスキンケアの方法は、そのどちらにも良いですので、今夜のスキンケアから参考にしてみてはいかがでしょうか?

今回の取材では、高野 先生に、古い角質を取り除く「スクラブ」についても、お話しいただきました。

スクラブも、でこぼこ肌の改善につながる方法です。

その内容は、別の記事でまとめさせていただきます。

こちらと合わせてご覧になってみてください。

本日のキレイの先生

7000205_b

高野 麻由美 先生