キレイの先生

ホーム > 美肌 > スキンケア > 

自宅で簡単に顔の角質除去!洗顔の泡でパックするだけの方法

西宮・苦楽園プライベートエステサロン Sola  山本 理恵 先生

自宅で簡単に顔の角質除去!洗顔の泡でパックするだけの方法

「キレイの先生」編集部です。

今回は、西宮・苦楽園プライベートエステサロン Sola の山本 理恵 先生に、取材させていただきました。

山本 先生と取材前に電話でお話ししたとき、「洗顔の泡を顔に乗せておいてパックするのもいいんですよ」というお話がありました。

「洗顔の泡がパックに?」と意外だったので、今回の取材のテーマとして取り上げることにしました。

先生の話をお聞きすると、洗顔の泡でパックするのは、顔の余分な角質を除去するのに、効果的だそうです。

今日の洗顔から、参考にできる内容ですよ。

目次

洗顔の効果

顔の角質除去に効果的な洗顔の泡パック
・やり方

まとめ

本日のキレイの先生

西宮・苦楽園プライベートエステサロン Sola

山本 理恵 先生

「キレイの先生」編集部

洗顔の効果

(取材前の)先日のお電話で、「洗顔の泡でパックするのも良い」というお話がありました。

今回は、そのことについて、もう少し詳しくお聞きしたいと思います。

まずは、洗顔にはどんな役割があるのか、それから教えていただけますか?

洗顔は、(顔の)汚れを落とすものです。

「顔の汚れを落とす」という意味では、クレンジングも同じだと思います。

クレンジングと洗顔では、落とす汚れが違うのですか?

クレンジングが、メイクなどの油性の汚れを落とすのに対して、洗顔は、皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)や、いらなくなった角質(皮膚表面の古い肌細胞)、軽い汚れなどを落とします。

例えば、(顔に付いた)ほこりなども、洗顔で落としています。

そのため、メイクをせず日焼け止めしか塗っていない日などは、(夜のスキンケアでクレンジングを行わず)洗顔だけでも良いでしょう。

洗顔は、どんな効果があるのですか?

きれいに汚れを落とすことで、その後の化粧水や美容液の浸透力が変わってきます。

お肌に汚れが残っている状態では、化粧水などを入れても(奥には)届きにくいです。

洗顔が、化粧水や美容液の効果の助けとなるようなイメージです。

また、いらない角質を取ることで、お肌のざらつきがなくなって、透明感が出てきます。

そして、代謝が良くなることで、ターンオーバーの正常化にもつながります。

角質除去の効果

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれ、それが少しずつ表面に上がってきて、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ちることで、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

ターンオーバーが乱れたりして、いらなくなった角質が剥がれ落ちずに、皮膚の表面にたまっていくと、お肌は固くなって、くすみ・ごわつき・ざらつきなどの原因になります。

そのため、洗顔で、いらなくなった角質を取り除くことで、お肌のくすみが解消され透明感が出る他、ごわつきやざらつきなどの改善にもつながります。また、(皮膚表面の余分な角質が取り除かされることで)ターンオーバーの活性化の効果も期待できます。

顔の角質除去に効果的な洗顔の泡パック

顔の角質除去に効果的な洗顔の泡パック

洗顔の泡をパックのように乗せておくこともできるとのことでした。

それは、どんな効果があるのでしょうか?

洗顔料の美容成分を(お肌に)与えてあげるようなイメージなのですか?

いいえ。

簡単にいうと、(洗顔の泡でパックした)その部分だけ、汚れをもっと落としてあげます。

角質がたまっている場所は、(お肌が)ざらざらします。

その角質が分厚くなっている場所に、(洗顔の泡で)パックして、余分な角質を落とします。

なるほど、私は勘違いしていました。

洗顔の泡でパックするというのは、顔全体ではなく、ポイントポイントで行うのですね。

はい。

「余分な角質をしっかり落としたいから」と、(洗顔の泡のパックを)顔全体で均等に行うと、例えば目元など、かえって乾燥してしまう場所が出てくる場合もあります。

洗顔で乾燥する?

例えば、洗顔で落とす「皮脂」は、皮膚の表面で汗などの水分と混ざり合って天然の保護膜(皮脂膜・ひしまく)を作り、皮膚の水分が蒸発しないように防いだりする役割があります。そのため、目元などの皮膚が薄く乾燥しやすい場所で、(洗顔によって)必要な皮脂まで取り過ぎてしまうと、かえって乾燥の方に傾いてしまいます。

また、小鼻の脇や顎の凹んでいるところは、汚れなどがたまりやすいです。

ただ、鏡をみながらクレンジング・洗顔する人は少ないので、小鼻の脇や顎の凹んでいる場所はサーッと(クレンジング・洗顔を)行いがちで、汚れがたまりやすいです。

そういった場所を、洗顔の泡でパックすることで、汚れなどをきれいにとることができます。

洗顔の泡パックは、顔全体の汚れをきれいにとるための方法といえます。

やり方

では、洗顔の泡でパックする方法を教えていただきたいと思います。

洗顔料は、いつもお使いのもので良いのですか?

はい、日常の洗顔料や洗顔フォームで大丈夫です。

角質を取る(ピーリングの)成分の入っているものや、代謝を上げる炭酸のものですと、尚良いですね。

洗顔の泡のパックは、まずは顔全体を洗顔した後に行うのですよね?

はい、そうですね。

全体の洗顔をして、その後に、ポイントポイントで泡を乗せていきます。

(顔全体の洗顔は)どの場所から洗い始めると良いのでしょうか?

油の(分泌量の)多いTゾーンから泡を乗せていって、目元や頬などの乾燥しやすい場所を最後にすると良いです。

洗顔の泡のパックは、ポイントポイントで行うとのことでした。

例えば、どんな場所に行うと良いですか?

例えば、油の(分泌量が)多くて角質のたまりやすいTゾーンなどです。

また、(サロンのお客様など)皆さまの洗顔をみていると、凹凸のある場所は洗い忘れやすく、きちんと洗顔できていない場合があります。

小鼻の脇や顎の凹んでいる場所などですね。

そういった場所に、(洗顔の)泡のパックを行うことで、汚れを取って、顔全体をきれいにすることができます。

後は、洗顔するときに、優しくなでながら指先に集中して、(お肌の)ざらつきをチェックします。

ざらつきやすい場所は、大体決まっていますので、例えば、「小鼻は大丈夫かな…」といったようにチェックして、「今日はザラザラしているな…」と感じたら、その部分に泡のパックを乗せていきます。

つまり、洗顔したときに、お肌のざらつきを感じる場所に、洗顔の泡でパックすると良いのですね。

はい、自分のお肌と会話してコミュニケーションをとることは大切です。

他には、ニキビやシワなどの気になる場所に、(洗顔の泡のパックを)行っても良いです。

(余分な角質を取って)代謝を上げることで、シミを浮き上がらせたり、ニキビを改善したりすることにもつながります。

洗顔の泡のパックは、どのくらいの時間、乗せておくと良いですか?

1分、乗せても2分くらいです。

(洗顔の泡のパックを乗せておくのが)短めなのは、長く乗せ過ぎると、かえってお肌の負担になるから、ということですね。

泡のパックは最後、洗い流すのですよね?

はい。

最後は、洗顔料が(顔に)残らないように、きっちり洗い流します。

洗顔の泡のパックは、毎日行った方が良いのですか?

いいえ。

やり過ぎてしまうと、かえって乾燥の原因になるので、週に1回くらいのスペシャルケアです。

ただ、「週に1回」と決めるよりも、お肌のざらつきを感じたとき、その場所に行うのが良いと思います。

また、(洗顔の泡のパックは)背中のニキビや、肘、膝、二の腕など、ボディにもおすすめです。

ボディで行うときは、週に2~3回でも良いです。

洗顔の泡のパックを行う上で、注意点やポイントはありますか?

(洗顔の泡が)粘膜に付くと刺激を感じやすいので、唇などには付かないようにしましょう。

また、泡は、水でびしょびしょとしていては、垂れてきてしまいます。

そのため、ちょっと固めのしっかりした泡がおすすめです。

いちど(固めの)泡を作ると、モコモコと出来ますから、顔と一緒に、ボディに付けても良いですね。

まとめ

取材前に、「洗顔の泡のパック」のことを聞いたとき、頭に「?」が浮かんでいました。

洗顔は、顔の汚れを取ることが目的です。

その泡を、どうしてパックのように、顔に乗せておくことができるのでしょうか?

ただ、先生の話をお聞きして納得しました。

洗顔の泡パックは、顔の余分な角質や、取りにくい汚れを取るための方法なのですね。

角質がたまりやすい場所や、顔全体の洗顔では汚れを落としにくい場所に、ポイントポイントで(洗顔の泡のパック)を行うことで、顔全体をまんべんなくきれいにすることができます。

皆さまも洗顔時、お肌のざらつきが気になる場所があれば、1分くらい泡でパックしてみてはいかがでしょうか?

顔の余分な角質を除去することにもつながりますよ。

本日のキレイの先生