キレイの先生

ホーム > 美肌 > スキンケア > 

コットンパックのやり方!化粧水の量は?乗せておく時間は?

西宮・苦楽園プライベートエステサロン Sola  山本 理恵 先生

コットンパックのやり方!化粧水の量は?乗せておく時間は?

「キレイの先生」編集部です。

化粧水は、いくつかの付け方があります。

手で付けるのも良いですが、コットンパックもおすすめの方法です。

保湿効果がアップします。

今回のテーマは、そんな「コットンパック」についてです。

西宮・苦楽園プライベートエステサロン Sola の山本 理恵 先生に取材させていただきました。

コットンパックは、どんなやり方で行うと良いのでしょうか?

ポイントはあるのでしょうか?

山本 先生に教えていただきました。

目次

コットンパックとは
・効果

コットンパックのやり方
・タイミング・頻度
・方法

まとめ

本日のキレイの先生

西宮・苦楽園プライベートエステサロン Sola

山本 理恵 先生

「キレイの先生」編集部

コットンパックとは

山本 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「コットンパック」です。

まずは、コットンパックが何か、お話しいただけますか?

コットンパックは、コットンに、ローション・化粧水を浸してパックすることをいいます。

先生ご自身も、コットンパックを行うことがありますか?

はい、いまの時期(夏)は、夜にやることが多いです。

効果

コットンパックは、手で化粧水を付けるよりも、お肌にたっぷり(化粧水を)与えることができそうです。

はい。

(コットンパックは)保湿効果がとても高く、角質層(かくしつそう)をしっかりうるおわすことができます。

角質層について

角質層は、下の図のように、皮膚のもっとも表面にある層のことをいいます。角質層

(コットンパックは)手で化粧水を付けることと比べても、保湿効果が断然違いいます。

お肌も透明感が出てきます。

また、スキンケアの方法には(人それぞれの)癖があって、手で化粧水を付けたときに、きちんと付けられていない場所が出てきたります。

(それに対して)コットンパックは、顔の全体を網羅するように、化粧水をきれいに付けることができます。

たしかに、スキンケアは毎日のことですから、(スキンケア化粧品の付け方に)無意識の癖があると思います。

コットンパックでしたら、化粧水を顔全体にくまなく付けることができそうです。

後は、コットンパックを、朝(のスキンケア)にするか、夜にするかでも、効果は変わってきます。

それは、どういうことですか?

朝にコットンパックを行うと、メイクのよれや崩れを防いだり、メイクの乗りを良くしたりするのに効果的です。

手で化粧水を付けると、手の方に化粧水が入っていったり、その間に(化粧水が)生ぬるくなったりして不衛生の場合もあります。

(それに対して)コットンでしっかりパックすることで、化粧水がきちんと角質層まで届き、角質(皮膚表面の古くなった肌細胞)がやわらかくなる他、顔全体が冷えて毛穴の引き締めになり、皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)の分泌を抑えることにもつながります。

ですので、「メイク崩れをしたくない…」というときなどには、朝にコットンパックを行うのがおすすめです。

そのときは、化粧水を冷蔵庫に入れて冷やしておくと、顔をキュッと引き締める効果を、さらに実感できると思います。

夜のコットンパックは、どんな効果が期待できるのでしょうか?

夜(のコットンパック)は、鎮静効果が高いです。

保湿や美容が目的の場合は、夜(のコットンパック)がおすすめです。

コットンパックを朝するのか、夜するのかは、用途に合わせて考えると良いと思います。

コットンパックの効果

コットンパックは、化粧水が角質層まで届き保湿効果が高く、化粧水を顔全体にむらなく付けることができます。その上で、コットンパックを朝するのか、夜するのかで、効果が少し違うようです。

■ 朝のコットンパック
顔全体を冷やして毛穴を引き締め、皮脂の分泌を抑えることで、メイクのよれや崩れを防ぎ、メイクの乗りも良くなる

■ 夜のコットンパック
鎮静効果が高い

例えば、日差しの強い夏場などは、紫外線を浴びたお肌の鎮静に、夜のコットンパックは良いそうです。

コットンパックは、どんな人におすすめですか?

乾燥肌の人におすすめです。

また、吹き出物が出来ると、取る方に意識が行きがちですが、(お肌の)水分が足りずに脂(あぶら)が出て、乾燥からニキビが出来ている場合もあり、そういう人にも、コットンパックをおすすめしています。

大人ニキビの人も、コットンパックを続けることで、ニキビが出来にくくなります。

乾燥肌からニキビに?

皮脂は、皮膚の表面で汗などの水分と混ざり合って天然の保護膜(皮脂膜・ひしまく)を作り、皮膚の水分の蒸発を防いだりする役割があります。

そのため、お肌が乾燥していると、(皮膚は)皮膚の水分が蒸発しないように、皮脂の分泌を増やします。そのようにして、皮膚の表面はオイリーだが中は乾燥している状態を「インナードライ」といい、それがニキビの原因になる場合もあります。

コットンパックのやり方

コットンパックのやり方

タイミング・頻度

コットンパックは、スキンケアの中で、どのタイミングで行うと良いですか?

夜は、クレンジングをして洗顔後、朝は、洗顔後です。

つまり、(コットンパックは)化粧水を付けるタイミングで行うということですね。

はい。

ちなみに、乾燥のひどい人や、インナードライの人には、朝は(泡の)洗顔はせず、ぬるま湯で顔をよく洗い流して、そのままコットンパックをしても良いです。

それは、どうしてですか?

(乾燥のひどい人や、インナードライの人が)洗顔をすると、必要な皮脂なども取り過ぎてしまう場合があるのですね。

夜に、クレンジングや洗顔をきちんと行っていれば、汚れは落ちているので、乾燥がひどいときなどには、朝は洗顔せず、そのままローションパックでも大丈夫です。

コットンパックは、化粧水の代わりに行うとのことでしたが、毎日行った方が良いのですか?

欲をいうと、毎日の化粧水を塗る代わりに、コットンパックをすると、すごく良いです。

ただ、(コットンパックは)化粧水の量も使うので、毎日ではなく、週に1、2回でも、効果は実感いただけると思います。

方法

コットンパックに使うコットンは、どんなものを使いますか?

薬局などで売っている、あらかじめ5枚に裂かれているコットンがおすすめです。

自分でコットンを裂くと、毛羽立ったりする場合もありますので。

(コットンパックに)化粧水は、どのくらいと使うと良いですか?

コットンパックが乾いてしまうと、お肌が乾燥してしまい逆効果になるので、たっぷりと使っていただきます。

(化粧水で)コットンがひたひたになって垂れ落ちないくらいに、浸します。

化粧水は、結構な量を使うのですね…。

お肌が弱い人や、アトピーっぽい人は、コットンを(化粧水で)ひたひたにすると、化粧水の濃度が高く、ピリピリする場合があります。

そのときは、コットンを精製水に濡らしてギュッと絞ってから、化粧水を付けると良いです。

精製水は、薬局などに100円くらいで売っています。

また、ベビー用品に、精製水に濡らされたコットンもあるので、それに化粧水を付けて使っても大丈夫です。

(化粧水を浸した)コットンは、顔のどのように乗せますか?

両頬・鼻・おでこ・顎に5枚置いてから、優しく引っ張って伸ばし、隙間のないように置きます。

コットンの置き方

5枚に裂いたコットンは、下のように置くとのことでした。

・1枚目 頬(右)

・2枚目 頬(左)

・3枚目 

・4枚目 おでこ

・5枚目 

上の5ヶ所に置いたら、(それぞれのコットンを)優しく引っ張って伸ばし、隙間が出来ないようにします。

コットンは、何分くらい、顔に乗せておきますか?

(サロンのお客様には)2~3分くらいを目安に、とお伝えしています。

(コットンが)乾いてしまうと逆効果なので、ひたひたの状態で終えるようにしましょう。

「(コットンがひたひたで終わるのは)もったいない…」というときは、例えば、首やデコルテなどに、(コットンを)もう1回貼って使うのも良いですね。

首のシワなどがきになるときにおすすめです。

まとめ

コットンパックは、保湿効果の高い化粧水の付け方です。

山本 先生のお話で印象的だったのが、朝と夜のローションパックの効果の違いです。

私は、ローションパックは夜に行うイメージが強かったです。

ただ、朝にコットンパックを行うと、顔全体を冷やして毛穴の引き締めになり、メイク崩れを防いだり、メイクの乗りが良くなったりする効果が期待できるのですね。

ちょっと特別な日の朝に、コットンパックを行うのも良さそうです。

コットンパックは、やり方も簡単なので、時間があるときのスペシャルケアとして、お試しになってみてはいかがでしょうか?

本日のキレイの先生