キレイの先生

ホーム > 美ボディ > ボディケア > 

歯は元々黄色い?歯を白くする「ホワイトニング」の効果とは

ホワイトニング・デンタルエステ dental clinic bijou  橘 佳苗 先生

歯は元々黄色い?歯を白くする「ホワイトニング」の効果とは

「キレイの先生」編集部です。

このサイトではこれまで、「歯」について、ほとんど取り上げたことがありません。

ただ歯の色は、顔の印象を変えます。

私自身、歯が少し黄ばんでいて、気になっている場所でもあります。

出来れば白い歯でいたいですが、いちど黄ばんでしまうと、なかなか白く戻すことは難しいです。

今回は、ホワイトニング・デンタルエステ dental clinic bijou の橘 佳苗 先生に、「ホワイトニング」について、話をお聞きしました。

ホワイトニングは、薬剤や光を使って、歯を白くする技術のことをいいます。

私も初耳のお話ばかりで、「歯」についての知識を深めることのできた取材でした。

ホワイトニングとは、何なのでしょうか?

そして、どんな効果が期待できるのでしょうか?

橘 先生に教えていただきました。

橘 先生の記事

こちらは、橘 先生の前編の記事です。後編では、歯磨きのアドバイスをまとめています。

目次

歯が白いと…

歯の黄ばみについて

ホワイトニングの効果

まとめ

本日のキレイの先生

ホワイトニング・デンタルエステ dental clinic bijou

橘 佳苗 先生

「キレイの先生」編集部

歯が白いと…

歯が白いと…

橘 先生、よろしくお願いします。

先生の歯は真っ白で、本当におきれいですね。

そんなことありませんよ(笑)。

それに比べて、私は…。

先生に歯をお見せするのが、恥ずかしいです(笑)。

例えば、街の中を歩いているときでも、「この人、歯がきれいだな」と感じられる人は、どのくらい、いらっしゃいますか?

2割いれば、というところでしょうか。

大体、1割くらいだと思います。

私も人のことはいえませんが、「歯が真っ白できれいだな」という方には、あまり出会いません。

歯の「白さ」にも、様々な色があります。

詳しくは後程お話しますが、元々、大人の歯は黄色っぽい色をしています。

例えば、日本人の歯の色は、平均がこのくらいです。

(歯の色見本のようなものを見させていただく。橘 先生が、日本人の平均と色と指したのは、黄色っぽい色をしている)

こんなに黄色っぽいのですか!?

私は、元の歯の色は、真っ白だと思っていました。

「乳歯」は真っ白ですが、大人の「永久歯」は真っ白ではありません。

そのため、「白目」の色と比べると、黄色っぽく見えてしまう一面はあります。

歯の色の理想は、白目と同じ色をしていることです。

歯が白いと、印象が良いですよね。

歯が白いと、お肌が明るく見えたり、笑顔が輝いて見えたりします。

歯がレフ版のようなイメージでしょうか。

そして、白目の色ともリンクして、目が輝いて見えます。

歯の黄ばみについて

歯は元から黄色っぽい色をしていると、おっしゃっていました。

それは、どういうことでしょうか?

歯の表面には半透明の「エナメル質」があり、中の「象牙質(ぞうげしつ)」の色が透けて見えています。

この象牙質が、黄色っぽい色をしています。

歯の色は、象牙質の色といえます。

象牙質は、年齢と共に、内側に厚くなります。

そのため、年齢を重ねるにつれて、象牙質の色が濃く透けるようになって、歯は黄色っぽくなっていきます。

歯の黄ばみは、歯に色が付いたのではなく、内側の象牙質の色だったのですか…。

もちろん、生活習慣によって、歯の表面に着色する場合もあります。

例えば、赤ワインやコーヒー・紅茶などを習慣的に飲んでいると、歯に色が染みこんで黄色っぽくなります。

また、タバコなども、歯が黄ばむ原因になります。

ホワイトニングの効果

ホワイトニングの効果

歯の黄ばみが、内側の象牙質の色が透けているものだとすると、自分で白くするのは難しそうです。

はい。

市販の歯磨き粉にも『ホワイトニング』の商品がありますが、それらは歯の表面を落として、元の色に近付けるもので、「クリーニング」といえます。

それに対して、「ホワイトニング」は、歯自体を白くするもので、別物と考えた方が良いでしょう。

ホワイトニングとは、何なのですか?

歯を削ることなく、歯の本来の色よりも白くすることをいいます。

どうやって、歯を白くするのでしょうか?

多いのは、薬剤を表面に塗り光を補助的に当てて、歯を表面から白くしていく方法です。

薬剤は、濃度が濃いものの方が効果も出やすいですが、その分、染みて痛みも出やすいです。

そのため、「ホワイトニング」というと、痛みがあるイメージも強いかもしれません。

先生のサロンのホワイトニングも、痛みがあったりするのですか?

いいえ。

サロンでは、光でホワイトニングを行っています。

高出力のLEDの光を当て、歯の象牙質の色を中から抜いていく方法です。

一般的なホワイトニングでは、強めの薬剤を使って、光は補助的に当てます。

これが、一般的なホワイトニングの光です。

(ホワイトニングの機械を照射する。青い光が、ピッ、ピッと光る)

それに対して、こちらがサロンで使用している機械です。

(橘 先生が、もうひとつの機械の照射口に、サングラスを置く。機械から照射される光は、サングラスを通じても、とてもまぶしい。最初の機械とは比べ物にならない強さの光で、ピカッ、ピカッと光る)

すごい…。

サングラスを通じても、パワーがまったく違いますね。

はい。

サロンでは、この高出力の光で歯の色を抜くため、薬剤はごく薄いものを使っています。

そのため、痛みもありません。

また、薬剤を使用せず、光のみでホワイトニングを行うこともできます。

私がこのサロンを始めたとき、「安心」で、「安全」に、「確実に効果のある」ホワイトニングを行いたいと思いました。

そこで行き着いたのが、この機械です。

これは、私が使い始めたとき、日本には3台くらいしか入ってきていませんでした。

いまは、もう少し増えたようですが。

ホワイトニングの流れを教えていただけますか?

まずは、カウンセリングを行い、歯の色を確認させていただきます。

そして、歯の表面の汚れを簡単に落とし、口を広げる器具を付けます。

歯肉と唇に保護材を、歯にホワイトニングジェルを塗布して、光を30~40分間、照射します。

ホワイトニングは、即効性を感じられるのでしょうか?

はい、感じられます。

これまで、お客様から「白くなっていない」といわれたことはありません。

私自身、効果があるということにも、こだわっています。

ホワイトニングで白くなった歯は、黄色っぽく戻ったりしないのでしょうか?

いちどのホワイトニングで、色が完全に定着するのは難しいです。

最初のホワイトニングで白くなった歯は、一ヶ月くらいすると、半分くらい色が戻ります。

そこでまたホワイトニングを行うと、最初のときよりも、さらに白くなります。

そして、また一ヶ月くらいすると、色が少し戻ります。

歯には、これ以上はなかなか白くならない「限界色」があります。

何回かホワイトニングを行って、限界色まで到達すると、歯に色が定着し、半年くらいしても、色が大きく戻ることはありません。

ホワイトニングは、元々の歯の色にもよりますが、2~3回行うことで、元の色に戻りにくくなります。

その後は、2~3ヶ月にいちどのメンテナンスで、キープしていく感じです。

編集部のコメント

橘 先生のお話を簡単にまとめさせていただきます。

歯の白さを、1~12のレベルで分け、数字が小さい方が白く、大きい方が黄ばんでいるとします。

歯の白さが「12」の人が、ホワイトニングを受けると、下のようなイメージです。

1) 1回目のホワイトニング 12 → 【6】

2) 一ヶ月後 6 → 【9】

3) 2回目のホワイトニング 9 → 【3】

4) 一ヶ月後 3 → 【6】

5) 3回目のホワイトニング 6 → 【1(限界色)】

このように、ホワイトニングを繰り返し行うことで、「歯が白くなって、少し色が戻り…」を繰り返し、少しずつ白さのレベルを上げていくといいます。

そして、限界色まで来ると、色が戻りにくくなります。

まとめ

橘 先生の歯は、真っ白で、本当におきれいでした。

私は自分の歯の色が恥ずかしく、取材中は、あまり大きく口を開くことができませんでした(橘 先生、モゴモゴとした話し方になっていたようでしたら、申し訳ございません)。

歯は、内側の象牙質の色が透けていて、その象牙質が黄色っぽい色をしています。

私たちの歯は元々、真っ白ではなく、黄ばんでいるものだったのですね。

自分のちからで、それ以上の白さにすることは難しいのも、仕方ありません。

自分で行えるのは、歯の汚れを取る「クリーニング」までです。

元の歯の色よりも白くしたいときは、クリニックなどで、「ホワイトニング」を受けるようにしましょう。

橘 先生の後編の記事では、歯の汚れを取るためのポイントを、まとめます。

こちらは、自宅でも行える内容です。

橘 先生の記事

こちらは、橘 先生の前編の記事です。後編では、歯磨きのアドバイスをまとめています。

本日のキレイの先生